ヘッドライン

京子「あやのー!」結衣「あやのー?」あかり「あやのちゃ~ん!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420039806/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/01(木) 00:30:06.08 ID:n5UOldKzO
〈放課後〉


ちなつ「それであかりちゃんったら面白くて、ベイマックスのことを “ペイマックス” って読んでて、『いっぱいお金を出してくれるロボットなのかな?』とか言ってるんですよ!」

結衣「くくくく……///」ぷるぷる

あかり「よ、読み間違えちゃったんだもん!」

ちなつ「私もう面白くて……授業中とかも思い出し笑いを抑えるのが大変でしたよ」

結衣「あかりらしいな……お金いっぱい出すロボットの映画もそれはそれで面白そうだね」

あかり「でしょ? 面白そうだからあかりも早く見たいな~って思っちゃってたよぉ」

結衣「でも確かに、あかりと同じ勘違いしてる人もいると思うな」

あかり「そ、そうだよね~」





[ 2020/07/02 09:55 ] ゆるゆりSS | TB(0) | CM(0)

【ゆるゆり】あかり「百合師だよぉ」二


1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/20(日) 20:12:40.49 ID:rhRaUadg0.net
およそちかしとされしもの

高尚で可憐

見慣れた色恋沙汰とはまるで違うとおぼしきモノ

それら異形の一群を、ヒトは古くから畏れを含み、

いつしか総じて“百合”と呼んだ




【ゆるゆり】あかり「百合師だよぉ」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/04/20(日) 14:02:45.26 ID:rhRaUadg0.net
およそちかしとされしもの

高尚で可憐

見慣れた色恋沙汰とはまるで違うとおぼしきモノ

それら異形の一群を、ヒトは古くから畏れを含み、

いつしか総じて“百合”と呼んだ




ちなつ「友達同士でキスするのって普通なんだよ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1362477950/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/05(火) 19:05:50.91 ID:8haaizc10
あかり「そ、そうなの?」

ちなつ「え~、知らなかったの~?」

あかり「う、うん!き、キスって恋人さん同士がするものだと思ってたから……」

ちなつ「友達同士でもするの!ちょっとした挨拶とかお礼代わりにね。だからこの前の練習だって全然おかしいことじゃないの!」

あかり「へぇ~、そうだったんだ~」

ちなつ「と、いうわけで……」ズイッ

あかり「ちちちちちなつちゃん!?」

ちなつ「……しよっか」スッ

あかり「わ、わわわっ!だめだよぉ!」

ちなつ「……え? ……私とあかりちゃんって……友達じゃないの……?」

あかり「と、友達だけど……」

ちなつ「じゃあいいよね!」ニコッ

あかり「ちょっとまって~!」




ここでSSを書くのが初めてなので何かミスを犯すかもしれませんが、その時はアドバイスください。




櫻子「船見先輩の家にお泊まりしたい!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395385954/

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/21(金) 16:12:35.01 ID:omD7iKV10
櫻子「よーし、明日船見先輩に聞いてみよっと!」

向日葵「そんなのだめに決まってますわ

櫻子「えっ、なんで?」

向日葵「だいたい櫻子の面倒を看るなんて、船見さんの身にもなったら分かるでしょうに。船見さんが災難でなりませんわ」





櫻子「あかりちゃんは渡さない!」 向日葵「渡しませんわ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/06(木) 20:05:15.30 ID:Vz5MOdyvO
~古谷家~

櫻子「……」ポケーッ

向日葵「あなた勉強の邪魔ですわ……、用もないなら帰ってくださいな」

櫻子「えーっ、別にいいじゃん、ケチおっぱいめ……」

テーンシノヨウニアイノメッセージ♪

櫻子「あっ、花子からメール……。しまった、今日は夕飯の当番だったか……」

向日葵「……」ジトーッ

向日葵「櫻子あなた、今の着信音……」

櫻子「あ……///」カアァ




【ゆるゆり】結衣「おぼえてる?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1393749056/

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/02(日) 17:30:56.94 ID:cdt9ilkTo

 京子と「約束の話」をしたのは、いつもと同じような日のことだった。

 いつもと同じ平日の午後。
 いつもと変わらない休み時間。
 私の視界に映っているのは教室の真ん中でクラスメートと話す金髪の幼なじみの姿。
 いつもと同じ金色。

 その日私は机に向かって頬杖をついて、なにをすることもなく私はその金色を見ていた。





[ 2020/06/26 13:25 ] ゆるゆりSS | TB(0) | CM(0)

【ゆるゆり】花子「お、おねしょしちゃったし……」

7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/27(木) 02:30:01.10 ID:P3b0xF3x0
花子「うぅ……小学校にあがってからはなおったのに……どうしよう……」

花子「と、とにかく櫻子にバレるのはまずいし……!」

花子「櫻子はまだ起きないはず……」

花子「恥ずかしいけど撫子お姉ちゃんに言おう」




[ 2020/06/25 13:25 ] ゆるゆりSS | TB(0) | CM(0)

【ゆるゆり】あかり「朝がこないよぉ」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/12/27(火) 01:03:39.226 ID:nKN1vnVEd.net
天と地の狭間で赤座あかりは悩んでいた

この世に生を受けたこと

恒星を廻る小さな惑星の上に

敢えなく誕生したこと

ちっぽけな存在

天使としての自分

赤座あかりというもの


赤座あかりは自分の存在がなんなのか

確かめたかった




【ゆるゆり】あかり「つまんないよぉ」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/05/13(火) 22:01:06.69 ID:FV/dqLhH0.net
あかり「なにかいい事起こらないかなぁ」




ページランキング