ヘッドライン

岡部「ラーメン二郎アキバ店…?」鈴羽「ラボメンみんなで行こうよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395768139/


1 : ◆FtluuZw8OI 2014/03/26(水) 02:22:19.71 ID:d8nXyavAO
岡部「バイト戦士よ…二郎ってアレだろう?注文時に呪文を唱えるラーメン屋と聞いたことがあるが」

紅莉栖「はぁ?ラーメン屋なのに呪文を唱えるの?どんなラーメン屋よ…」

岡部「実際の所はどうなのだバイト戦士よ」

鈴羽「…よく分からない」

岡部「なっ!?よく知りもしないで行こうなどと言ったのか?よく俺たちを誘おうとしたな!こないだの激辛ペヤング事件、忘れたとは言わせんぞ」

鈴羽「あの時は本当に悪かったって…そんなに攻めないでよ」

橋田「なあオカリン、なんなら僕が案内しようか?二郎アキバ店は何度か行ったことあるし」

まゆり「ダルくんも行ったことあるんだ~。まゆしぃも何回か行ったことがあるのです」

岡部「なにっ本当か!まゆりにダルよ!」

まゆり「お小遣いとメイクイーンのお昼休みを計算してチャレンジしようと思ったらお昼は二郎にしてるんだ~」

橋田「まぁ僕も大体同じだお」

鈴羽「二人ともこう言ってる訳だしさ、岡部倫太郎も一緒に来ない?もし来るなら…この手を握って?」スッ

岡部「…ふっ…」ガシッ

岡部「…どうせ俺は、お前の手を握るように世界は収束しているのだろう?」

鈴羽「話が早くて助かるよ。牧瀬紅莉栖、君はどうする?」

紅莉栖「みんな行くのに私だけ留守番ってどんな罰ゲームよ…。私も行くわ」

鈴羽「決まりだね。じゃあみんな、自転車借りに行こう」

岡部「徒歩ではないのか?」

鈴羽「聞くところによると、二郎のラーメンは超大盛みたいだからね。少し体を動かして、空腹にしといた方が良いと思ってさ」

岡部「ふむ。どうせなら、他のラボメンも招集すべきだな。…まゆりよ、ルカ子にアポをとってくれ。俺はフェイリスと指圧師に連絡しておこう」

━━━あの時の俺は軽率過ぎた。あの時の自分に言ってやりたい。もっと慎重に動けと。
胃腸は俺のテンションやノリにホイホイついてこれるほど、常にハイテンションで動いているわけでも、動けるわけではないのだと。俺は、本当に愚かだった。




【シュタゲ】相似感情のウィンドミル

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1535715563/

1 : ◆K3Kbcj/nTY 2018/08/31(金) 20:39:23.53 ID:fSt5IFCp0

・シュタインズゲート無印の二次創作SSです

・オカクリです

・アニメ版SG世界線到達後がベースですがデジャヴや25話は存在していない世界線です

・完全には設定追いきれてません、申し訳ありません


21時頃から投下予定です。よろしくお願いします

2 : ◆K3Kbcj/nTY 2018/08/31(金) 21:02:52.13 ID:fSt5IFCp0


 *



「暑いわ……本当に暑い」

 残暑厳しい夏のある日の昼前である。
 大学特有の比較的長い夏季休暇もそろそろ中頃に差し掛かるといったところで、俺は特に用もなくラボに来てソファで先日買った本を読んでいた。


 ラボが異常なまでの騒がしさになっていたのはもはや過去の事になっている。

 というのも、少し前まではまゆりが今回用に渡すコスの衣装製作で、ダルは例年にない暑さのための対策やお目当てのブツを可能な限り入手するための作戦を立てるためにラボを頻繁に出入りしていたのだ。


 ――今年は間違いなく歴史に残るコミマだお。

 かつてない程に真剣な表情をして出発するダルに声をかけた時に言ったアイツの言葉が今でも思い出される。
 曰く、昔からずっと好きだった引退した作家が今回名義を変えて参加している、だとかなんとか。

 まあ、いくら力説されたところでコミマにはさほど興味はないし、蝉の鳴き声の如く聞き流したのだが。

 コミマ後その件の報告は来ていないので会えたのかどうかは知らないが、ともかく今日現在、ラボは静かな時を演出していた。






岡部「まゆりの下着が他の男に見られる世界線…だと…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452498909/

1 :以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/11(月) 16:55:09.47 ID:47f2GMezo
それはある日のことだった

岡部「まゆり、今日はずいぶん薄着だな」

まゆり「うん、最近暑いからね~。」

岡部「そうか。ところで他に寄りたいところはあるか?」

まゆり「うーん。コスの材料も買ったしもう大丈夫なのです。」

まゆり「きゃっ」イシニツマヅキ

岡部「まゆりっ!?」




かがり「パパ、だいしゅきぃ♡」ダキッ 岡部「ファーッ!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530829684/

1 : ◆/CNkusgt9A 2018/07/06(金) 07:28:04.39 ID:0JQ4r5cio
※アニメ組はネタバレ注意
未来ガジェット研究所



まゆり「オカリンが、パパ……?」キョトン

るか「え……えーっ!?」ドキドキ

かがり「すりすり~♡」

岡部「ちょ、ま、うぇ、おい、鈴羽ァ!? 話が違うぞぉ!?」

鈴羽「かがり!? お前は何を言ってるんだ!?」

ダル「まさかのファザコンプレイktkr! さぁ鈴羽も素直になると良いのだぜぃ……!」ジュルリ

鈴羽「父さんは話をややこしくしないで!」





【シュタゲSS】岡部「比屋定さんの陰毛がボーボーだったんだッ!!」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/12(土) 19:20:01.036 ID:EEQiGGqt0.net
岡部「もしもし!? なあダル! 聞いてくれ!」

ダル『またロシアかラウンダーが攻めてきたん!? 今度はフェイリスたんの家に!?』

岡部「違うんだ! 俺は、俺は見てしまったんだよ……!」

ダル『な、なにを?』ゴクリ

岡部「……比屋定さんの裸体を、だ」

ダル『は……?』




岡部「最近クリスティーナがマッド過ぎて怖い……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529831338/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/24(日) 18:08:58.34 ID:z0ImxC+e0


※若干のクズスティーナ成分注意※






【シュタゲSS】真帆「らめぇっ! 乳首とれちゃうぅっ!」ビクビク

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/11(金) 17:48:14.164 ID:6up2xNnr0.net
※エロ注意



ダル「んほー。いいよーいいよー」カタカタカタカタ

岡部「ん? ダルよ。またエロゲをプレイしているのかこのHENTAIめ」

ダル「HENTAIじゃなくてHENTAI紳士だっつーの。それに、今やってるのはエロゲじゃなくてプログラミングだし」

岡部「プログラミングでそこまで興奮できるのは充分HENTAIだと思うが」

ダル「まあ見てみなって」

岡部「ん……これは『Amadeus』の"比屋定さん"?」




【シュタインズ・ゲート】紅莉栖「まゆりが死んでいる?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528040483/

1 : ◆aPZUlJLxaE 2018/06/04(月) 00:41:23.99 ID:yZvYieU70
α世界線。0の8話と原作0を元に考えましたが観測者が岡部じゃなかったり、その他もろもろ設定で矛盾が起きますがこまけーこたあいいんだよってことでお願いします。

書き溜めあり。見切り発車なので着地点決まってません。




【シュタインズ・ゲート】紅莉栖「既成概念のメタフィクション」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527922487/


2 : ◆aPZUlJLxaE 2018/06/02(土) 15:56:24.85 ID:zf1EiWAw0
どうして今まで思い至らなかったのだろう。

私は“私”に問いかける。

トップダウン記憶検索信号が正常に働いていなかった?

あるいは。

海馬支脚に何か不具合が?

いいえ、重要なのは“想起”できなかった理由ではない。

脳なんてまだまだ未解明のことだらけなのだから。

とにかく今、重要なのは――――。

紅莉栖「私の服装が菖蒲院の制服しかない……!」

ホテルの衣装棚の前で立ち尽くす紅莉栖。

彼女の前には菖蒲院の制服を改造したものが何着も吊るされていた。





岡部「紅莉栖と結婚したい」ダル「!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527806733/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/01(金) 07:45:33.33 ID:LyIrUTDDO
岡部「はぁ・・・」

ダル「どしたん?大きなため息ついて」

岡部「いや何・・・少々考え事があってな・・・気にすることではない」

岡部「・・・はぁ・・・」

ダル「気になって仕方がない件について、というより聞いてほしいんだろオカリン」

岡部「うむ」

ダル「どしたん?」

岡部「実はな・・・」




ページランキング