ヘッドライン

【メイドインアビス】ナナチ「いいか? オイラの言うことは絶対だぜ?」レグ「わ、わかった」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1558963975/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 22:32:55.02 ID:hLTkM85AO
「おいてかないでぇぇええええっ!!!!」

アビスの深層に悲痛な叫びが響き渡る。

「リコォォォォォォオオオオオッ!!!!」

まだ声変わりもしていない、澄んだ声音。
彼は必死に少女の名を呼ぶが、返事はない。
少年の大切な宝物は沈黙したまま、動かない。

「うわぁあああああああああああん……!」

一緒にいこうと約束したのに。
リコは独り、先に行ってしまった。
取り残された自分は、独りぼっち。

寂しくて、悲しくて、怖くて。

「うわああああああああああああん!!!!」

広大な地下空間を震わせる、慟哭。
その嘆きがあまりにも、不憫で。
ポロポロと大粒の涙を流す少年が、可哀想で。

「……そいつ、まだいってないぜ?」

つい、声をかけてしまうのは、己の弱さか。
それとも、その身に残る人間性によるものか。
ナナチには、その感情すらも、罪に思えた。




[ 2020/01/28 13:25 ] その他 | TB(0) | CM(0)

桃「シャミ子ってキスしたことある?」シャミ子「えっ」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/28(火) 02:16:22.630 ID:xkJUJu//0.net
~シャミ宅~

桃「~♪🌸」ゴロンネロン

シャミ子「…おいきさま」

桃「あ、シャミ子?もうお昼ご飯できたの?🌸」

シャミ子「そうじゃない!きさま相変わらずごろんねろんくつろぎおって!宿敵の家だぞ!」ポコー!

桃「ええ…ダメなの?」

シャミ子「ダメじゃないですけど!なんか納得いかない!あとご飯はもう少しで出来るので待っててください!」

桃「わーい🌸」ゴローン




[ 2020/01/28 11:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
[タグ] まちカドまぞく

桃「シャミ子…実は私、彼氏ができたんだ」シャミ子「えっ」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/27(月) 03:02:39.952 ID:+nLg2A3L0.net
シャミ子「そそ、そうなんですね!お、おめでとうございます!」シッポグニャグニャ

桃(まあ嘘なんだけどね…動揺してるシャミ子可愛い)

シャミ子「ち、ちなみにどんな人なんですか?」

桃「え?あー…(やば、そこまで考えてなかった)」

桃「…一言で言えば素敵な人、かな」

シャミ子「そ、そうですか…」シュン

桃(しょんぼりしてるシャミ子可愛い…でも可哀想だしそろそろネタばらししようかな)

桃「なーんてn「じ、実は!」

シャミ子「実は私も…最近付き合い始めた人がいるんですよ」

桃「え?」



桃「…えっ?」




[ 2020/01/27 14:55 ] その他 | TB(0) | CM(2)
[タグ] まちカドまぞく

桃「シャミ子、市民プールに行こう」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/25(土) 21:33:57.407 ID:oRPW9eyb0.net
桃「シャミ子、市民プールに行こう」

シャミ子「良いですけど、でも─」

桃「その点は心配しなくて良い、水着は貸してあげるし、泳ぎも私が教えるから」

シャミ子「な、なんで何も言ってないのにわかるんですか!?でもありがとうございます!」

シャミ子「それで、いつ行くんですか?」

桃「そうだね、来週の日曜日なんかどう?」

シャミ子「良いですよ!来週が楽しみです!」




[ 2020/01/26 13:25 ] その他 | TB(0) | CM(0)
[タグ] まちカドまぞく

痴漢魔「シャミ子が悪いんだよ・・」ケツモミモミ シャミ子「ひっ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1568732477/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/18(水) 00:01:18.24 ID:TVLTY0Wj0
~電車内~


シャミ子「なっ!何ですか貴方!
ちょ!誰!?」



痴漢魔「シャミ子が悪いんだよ・・」チクビクリ・・クリ・・


シャミ子「んひぎぃ!?」ビクン!ビククゥン!!!





[ 2020/01/23 20:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
[タグ] まちカドまぞく

逢坂大河「たまにはいいのよ、たまにはね」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1579714132/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/23(木) 02:28:52.86 ID:VkxCchnrO
父の高須竜児と母の高須大河は高校生の時に出会い、大恋愛の末に結婚して、私が生まれた。

「いよいよ明日から高校生だな、松姫」
「うん、そうだね……」
「なによあんた、シャキッとしなさい!」

2人の愛に育まれながらスクスク育った私は明日、高校生となる。父や母の期待が重かった。
やけに嬉しそうな父は定食屋を営んでおり、入学前夜の献立は腕によりをかけて豪華な晩餐をこしらえ、私の好物ばかりが揃っていた。

「ほら、松姫。あんたの好きな竜田揚げよ」

気を利かせた母が竜田揚げを箸で掴みこちらに見せつけてから、何故かぱくりと頬張った。

「おいしーい! さっすが私の旦那ね!」
「大河。そこは娘に食わせてやるところだろ」
「おっと。私としたことが、遺憾だわ」

この阿呆らしいやり取りからもわかる通り、結婚から15年ほど経つというのに両親は仲睦まじく、娘としては他所でやれとゲンナリしつつも、不仲よりはよっぽどマシだと思った。




[ 2020/01/23 13:25 ] その他 | TB(0) | CM(1)
[タグ] とらドラ!

斧乃木余接「実はいま、僕はパンツを穿いてない」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1579534575/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/21(火) 00:36:15.09 ID:igAIR0zkO
「なあ、斧乃木ちゃん」
「なんだい、鬼のお兄ちゃん」

とある日の晩。
暇を持て余した僕は前々から気になっていたことを童女の居候兼、100年使われた付喪神である式神の斧乃木余接に尋ねてみることにした。

「特に深い意味はないんだけど、影縫さんと臥煙さんってどっちの方が胸が大きいんだ?」
「特に深くはないけど不快な質問だね」

斧乃木余接は無表情で適切なツッコミをした。

「教えてくれよ。頼む! こんなこと、君にしか聞けないんだ。僕を助けると思ってさ」
「鬼のお兄ちゃんは救いようがないと思うよ」

救いを求める僕に斧乃木ちゃんは辛辣だった。

「じゃあこうしよう、斧乃木ちゃん。教えてくれる代わりに僕に出来る範囲で何かする」
「何かって? 近所の交番に駆け込んで、お巡りさん僕です! って、自首するとか?」

そんな斬新な自首の仕方は御免被りたい。

「今はまだ、臭い飯は食べたくない」
「将来的には食べてもいいんだね」
「その時は、その時さ」

たとえ豚箱にぶち込まれて臭い飯を食う羽目になろうとも僕は2人の胸のサイズが知りたい。




[ 2020/01/21 09:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
[タグ] 物語シリーズ

【異種族レビュアーズ】メイドリー「あんた達にお客よー」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1575124104/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/30(土) 23:28:25.04 ID:S3QR01Ep0
クロスオーバーものです、一応。最新話のネタバレあり、注意
直接的な描写は原作程ないからこっちでも大丈夫……のはず




【ゆゆ式】ゆずこ「大人って、何なんだろうね」唯「ん?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458706176/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/23(水) 13:09:37.16 ID:6I697Rg+0
縁「おとな?」

ゆずこ「そう、大人」

唯「そりゃまあ、子どもの反対じゃないのか?」

ゆずこ「じゃ、子どもって何?」

唯「えぇ……子どもは子どもだろ」

縁「じゃ、私達は大人?子ども?」

唯「んー、まあ、まだ高校生だし。子どもだろ、年齢的には」

ゆずこ「えー!だったら何で電車やバスの運賃は大人料金なの!不公平~!」

唯「ああ、それは思う」




[ 2020/01/19 13:25 ] その他 | TB(0) | CM(0)
[タグ] ゆゆ式

桃(強硬派)「シャミ子が悪いんだよ」 桃(穏健派)「シャミ子は悪くないよ」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/11(月) 20:36:06.868 ID:sCw3FfyD01111.net
ある日 桃の家

桃「あれ、もうお昼か…、そういえばお腹すいたな、確かお菓子があった気が」

シャミ子「貴様またジャンクなお昼を過ごそうとしているなっ、
仕方ないので、桃にご飯作ってあげます」

桃「ありがとうシャミ子。ってあれ、そういえばなんでまだ危機管理フォーム
の恰好してるの?」

シャミ子「朝、桃から筋トレでしごかれて変身してから
戻れなくなってしまいました…、なんででしょう、調子が悪いみたいです」

シャミ子「けどまあ、この恰好でも普通にエプロンつけて作業すれば問題ないです」

シャミ子「今、作りますんで桃はちょっと待っててくださいね」

桃「………」




[ 2020/01/18 13:25 ] その他 | TB(0) | CM(2)
[タグ] まちカドまぞく
ページランキング