ヘッドライン

シャミ子「ククク、桃姫はいただいていくぞ」桃「助けてー」ミカン(助けてほしくなさそう…大きな声を出そうとか頑張りなさいよ!)

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/17(木) 01:46:31.242 ID:n09xp1m40.net
なんやかんやで

ミカン「魔王シャミ子!降参して桃姫を返せ!」

シャミ子に「うぅ…こうなったら私の第二形態です!ききかんりー!」

シャミ子「ククク、この強くなった私をた、たお…倒してみろ魔法少女ぉ!」

ミカン(勝てる気がしないのを隠そうとしてるのね)

ミカン「ねぇ魔王シャミ子、戦って血を流すより、今度私とシャミ子都桃姫でお茶にしない?ね?友達になりましょ?」

シャミ子「うぅ…ごめんなさいでした…」

ミカン「ほら桃、帰るわよ」

シャミ子「桃もミカンさんもいなくなっちゃうんですね…」

ミカン「ちょっとの間よ、すぐ戻ってくるからたくさんお話しましょう」

シャミ子「はい…」

桃「待って、この城から帰りたければ私を倒していけ魔法少女」

シャミ子「も、もんも❤」




[ 2019/10/18 13:25 ] その他 | TB(0) | CM(0)
[タグ] まちカドまぞく

桃「シャミ子、なんか太った?」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/17(木) 23:48:54.119 ID:o9Z7QddZ0.net
シャミ子「んん~~!このお饅頭美味しいです~♡」モグモグ

桃「……」

シャミ子「桃もどうですか?ここの所貰い物のお菓子が多くて処理に困ってるんです」

桃「ありがとう、それはいいんだけど」

桃「シャミ子、なんか太った?」



シャミ子「へっ?」

シャミ子「し、失礼な!まぞくとは言え私は女の子だぞ!?」

シャミ子「もう少しオブラートに包んだ言い方はないんですか!!」ムッチィィィィィ!!!!!

桃「……」ゴクリ


桃(食べごろだ……!食べごろまぞくだ…!!)

桃(饅頭よりも今すぐシャミ子を食べたいよ!!)




[ 2019/10/18 09:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
[タグ] まちカドまぞく

シャミ子「もんも」桃「どうしたの?」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/14(月) 01:05:23.865 ID:83Ujbw/70.net
シャミ子「もんも!」

桃「何? 本当にどうしたの、シャミ子」

シャミ子「もんももんももんも!」

腹パンどん!

桃「痛っ、急になんで、訳がわからないよシャミ子」

シャミ子「もんも......」グスッ

桃「え、え?な、泣かないでシャミ子」ギュッ

シャミ子「もんも~!」スリスリ

桃(とりあえず抱きしめたら泣き止んだけど、なんだかシャミ子がおかしい......)




[ 2019/10/18 02:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
[タグ] まちカドまぞく

シャミ子「台風でアパートの1階が浸水しました」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/16(水) 20:28:00.097 ID:ptMkxVkl0.net
リコ「そういうことやからシャミ子はん家に泊めてくれへん?」

店長「リコ君!言い方!もっと誠意をもってお願いしよう!」

リコ「見ての通り一階がかなり浸水して床を取り換えるまで寝起きする場所ないんよ」

店長「優子君の家でなくてもいいんだ、どこかいい場所を知らないだろうか。この通り」土下座

シャミ子「この街のボスとして見過ごすわけにはいきません!私からおかーさんに頼んでみます!」

リコ「そう言ってくれると思うてウチらの食材全部シャミ子はんちの冷蔵庫に移しといたわ~」

店長「だからリコ君そういうところだよ!?」

清子「あらあら、今夜はパーティですね~」

店長「奥さん、僕からもお願いです。数日、いや、一晩だけでいいので泊めてはもらえないでしょうか」DOGEZA

清子「これだけの食材を使い切るには人数が必要ですからね~しばらくは居てもらわないと困りますよ~」

店長「ありがとう、ありがとう」

リコ「ウチのおかげやでマスター」

店長「リコ君はちょっと黙ってようか」

ガチャッ

桃「ちょっと待とうか」




[ 2019/10/17 22:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
[タグ] まちカドまぞく

シャミ子「私ってサキュバスなんですか!?」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/16(水) 01:21:17.074 ID:Cn2yX4zg0.net
リリス「余やシャミ子は似たような力を持つ夢魔の種族であるわけだが」

リリス「ここで一つ、まぞく的に力を有効活用するためにもこの力の詳しい話をしようと思う」

シャミ子「と言いますと?」

リリス「シャミ子よ、お前は夢魔についてどの程度の知識を持っているんだ?」

シャミ子「うーん…」

シャミ子「よくわからないけど、夢の中に入って心のお掃除をするごいごいすーな感じ…?」

リリス「夢魔は心のお掃除屋さんではないぞ!?」






リリス「良いかシャミ子よ、夢魔はどちらかというとお前の認識とは違って『汚す』側なのだ」

シャミ子「汚しちゃうんですか!?せっかく綺麗に掃除したのに!?」

リリス「掃除する方が特殊だ!夢魔とは古来より、相手の夢に侵入して…」

リリス「心を掌握するために誘惑する種族なのだ!」

シャミ子「…なんかすごいまぞくっぽい!」

リリス「ほらゲームとかでもよく出てくるだろ?いわゆるサキュバスってやつだ」

シャミ子「私ってサキュバスなんですか!?」




[ 2019/10/17 17:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
[タグ] まちカドまぞく

シャミ子「え?桃の家に魔力が大幅に上がるジュースがあるんですか!?飲みたい飲みたい!行きます桃の家!」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/14(月) 21:02:49.302 ID:9NSTdtbo0.net
シャミ子「あれ?今日はミカンさんいないんですか?」

シャミ子「はぁ、ご実家の方に。じゃあ今日は私と桃の2人だけなんですね!」

シャミ子「あ、これが例のジュースですか?」

シャミ子「え?一気に飲むんですか?ためらわず?」

シャミ子「わかりました!いきます!えい!」グイッ

シャミ子「……なんだか変わった味ですね」

シャミ子「……あれ?なんだろう、何だか急に、眠、く……?」フラリ

シャミ子「……スピー……スピー」zzz


桃「……」




[ 2019/10/17 02:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
[タグ] まちカドまぞく

シャミ子「最近私の体に桃の視線を感じます」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/13(日) 21:40:46.876 ID:wk5Zj9io0.net
シャミ子「いち、に、さん、し」

桃(チラッ)

シャミ子「に、に、さん、し」

桃(チラチラッ)

シャミ子「…桃、さっきからどうして私のほう見てるんですか」

桃「見てないよ」

シャミ子「??そうですか?なにか視線を感じましたけど…」

桃「気のせいだよ。さあ、トレーニング続けようか」

シャミ子「…はい。いち、に…」



シャミ子(このごろ筋トレやストレッチをしているときによく桃の視線を感じます…

桃は反射神経がいいので私が向くと必ずちがう方を見てますけど)




[ 2019/10/16 17:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
[タグ] まちカドまぞく

シャミ子「久しぶりに桃の夢の中に侵入してやりますっ」ガチャッ 桃「!!?」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/14(月) 20:53:22.563 ID:cGI6yUMx0.net
シャミ子「くっく、魔法少女よっ、夢の中で貴様に奇襲を…え?」

……

シャミ子?「ふふ…、桃、ここ舐められるのキモチいいんですね、可愛いです」

桃「あっあっ、シャミ子っ…、シャミ子っ……♡、……え?」

桃「シャミ子が……二人?」

シャミ子「……………」

シャミ子「桃……、何やってんですか?」




[ 2019/10/16 09:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
[タグ] まちカドまぞく

【まちカドまぞくSS】シャミ子「夢で逢えたら」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570905316/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/13(日) 03:35:16.56 ID:HcZGaOgS0
初投稿です。
シャミ悪要素はありません。




[ 2019/10/14 13:25 ] その他 | TB(0) | CM(0)
[タグ] まちカドまぞく

【まちカドまぞく】桃「たまにはミカンで抜いてみるか…」

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/13(日) 20:54:11.390 ID:XcnBvQ950.net
桃「勘違いしないでほしいんだけど、決してシャミ子をオカズにするのに飽きたわけじゃなくて」

桃「ただ、誰か一人を末永く愛し続けるためには、たまに箸休めを挟んでマンネリ化を防ぐのは必要なことだと思うんだ」

桃「よってこれは浮気じゃない。浮気なもんか」

桃「とはいえミカンか…昔から知ってる仲だし、果たしてそういう目で見られるかな?」

桃「ちょっと昨日のミカンを思い出してみるか…」


ミカン『はあっ…はあっ…もう、桃ったら(トレーニングが)激しすぎよぉ…///』ムチッ…ムチィィィ…

ミカン『やぁん…下着まで汗でベトベトぉ…///』ピチッ…ムッチィィィ…

ミカン『ちょっと桃ぉ!シャンプー詰め替え忘れてるわよぉ!シャワー中だから浴室まで持ってきてっ!』ムチィィィ…ブルンッ…

ミカン『う~ん…なんかまたブラきつくなったみたい…買い替えなきゃ…』タユンッ…ブルンッ…ポヨンッ…


桃「全然余裕じゃないかっ!!」




[ 2019/10/14 09:55 ] その他 | TB(0) | CM(2)
[タグ] まちカドまぞく
ページランキング