ヘッドライン

春香「清純派ちーちゃんと健やかな日々」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/15(土) 01:44:07.92 ID:MSqx5Ere0
春香「ちーちゃんは最近、プロデューサーさんにお熱です」



(パカッ)

千早「……ふふ」

春香「あれ、ちーちゃん、嬉しそうだね?」

千早「えっ、そ、そうかしら?」パタン

春香「今、笑い声が漏れてたよ」

千早「な、何でもないわ。何でもないの」アセアセ

春香「……」

千早「……」

春香「……今、携帯見てたよね」

千早「え、えぇ……」

春香「誰のメール見てたのかなー?」グリグリ

千早「や、やめて……」カァッ




春香「清純派ちーちゃんの初めての悩み」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 23:51:42.03 ID:1Bs+5WmL0
千早「……」ハァ

春香(ちーちゃんが悩ましげな溜息を……!)

春香「千早ちゃん、どうしたの?」

千早「あ、春香……」

春香「何か悩み事?」

千早「え、べ、別に……」アセアセ

春香「もう、私達の間で隠し事は無しだよ?」

千早「……」

春香「話してみて?」

千早「えっと、その……」

春香「うん」

千早「最近、プロデューサーを見てると、胸が苦しくなるの……」

春香「それは恋だよ千早ちゃん」

千早「えっ」




春香「りめんヴぁーい! ハールカッカー!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/16(日) 20:49:37.04 ID:sngTqYL80
P「ふっふっふ……今夜はどのアイドルと遊ぼうかねェ……?」

小鳥「プロデューサーさん……もうやめてあげてください! みんな傷付いてるんです!」

P「じゃかしぃっ!!」バンッ!

小鳥「ひぃっ!」

P「アイツらは、俺のお陰でアイドルになれたんだ……俺に尽くすのは当然なんだよ!」

小鳥「…………あの頃を思い出してください……入社したばかりの、情熱の日々を……!」グスッ

P「はんっ、そんなものは忘れちまったよ! アイドルがダメなら、お前でもいいんだぜェ?!」ガバァッ!

小鳥「いやぁ! 誰か、助けて……!」


『忘れた頃にやってくる!!!』


P「?! 何モンだ!?」


『悪あるところにリボンあり……』イヨォーーーッ

『音を外せど、踏み外せぬは人の道……』カカンッ!


ハールカッカー「人呼んで、正義の味方、ハールカッカー!」ハッ! ドドンッ!




響「自分、我那覇響!種族は鵺!アイドルやってるぞ!」

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/06(水) 06:14:11.51 ID:h919noyr0
響「ふー、今日も一日頑張ったなー。早く帰ってゆっくり休もう」

???「……」

響「あれ、電灯壊れてるのかな。うう、この道、暗いとすごく不気味だな……」

???「フシュー……フシュー……」

響「うぎゃー!? い、今なんか、動いた!?」

???「……」

響「……なんだ、壊れた傘が風で揺れてただけか。こんな道端に捨てて行くなんて、マナー悪いよ」

???「フシュー……フシュー……グジュ、ブブブ」

響「うう、さっさと帰ろ! 怖くない怖くない!」

???「ゴアァッ!!」

響「きゃあ!?」




[ 2017/09/17 23:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

P「気休めのお守り」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/08(火) 17:22:38.37 ID:k8NLBxnX0
P「ふぃー…。今日は事務所が正月休みなのに来ちゃう俺…」

P「独り身だから沁みるなぁ…」
ーーーーー
事務所

P「折角来たし、書類整理でもしてくかな」

P「~~~♪」

P「って、これは…」

P「美希が来た頃の資料か」

ペラリ

P「(結局、去年はAランクで終わっちゃったな)」

P「(俺は美希のポテンシャルを引き出せたのか…?)」

P「(ホントに俺に…)」

P「って、辛気くさいな俺」

P「(キラキラしたい、か…。担当としてはやはりSランクになって貰いたい)」

グギュルルルル

P「そういやまだ朝飯すら食ってないや…」




[ 2017/09/17 08:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

真美「髪留めが見当たらない……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/22(木) 23:28:30.31 ID:M0HxBaec0
某日 765プロ

真美「すぅ……むにゃ……」

真美「んむ……ふわぁ、お昼寝しすぎた……」

真美「あれ? 誰もいないのかな?」ムクリ

ハラリ

真美「? あれ、あれあれ?」

真美「髪解けちゃってるや」




P「アイドルが全員やめてしまった……!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 20:55:16.73 ID:t3Q8OULK0
P「ああ、どうしよう……」

小鳥「お、落ち着いてください!」

P「これが落ち着いていられっか!」

小鳥「あの。心当たりは?」

P「あります。……それが」

P「美希がですね、いつもの様にベタベタしてくるので」

小鳥「してくるので?」

P「俺とお前は、立場上そういうことしちゃいけない」

P「どうしてもしたけりゃ、アイドル辞めてからこい。そしたらいいよ、って言ったんですよ」

P「それを皆に聞かれてました」

小鳥「あっちゃぁ……」




P「響はダンスやってるからな」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 21:27:33.58 ID:x37FDfvP0
P「今日の営業もおわったなー」

真「でも、事務所の近くでお仕事って変な感じですよね」

P「あー、いままで割と遠くだったもんな」

響「でもそのお陰で歩いて移動できてよかったぞ!」

P「確かに、それはあるな」

千早「あら?」

P「どうした」

千早「プロデューサー……、あんな所に水溜りが」

真「あ、ホントだ。それに凄く大きい……」

P「…………まいったな。このままいったら泥が跳ねる」

響「自分、これくらいなら飛び越えられるかも?」

千早「まさか……、いくらなんでも」

響「せーの、……えいっ」 ヒョイッ

真「と、飛び越えた!?」

P「響はダンスやってるからな」




高槻「高槻やよい、22歳です。」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/03(日) 21:00:51.11 ID:cl/Kmlgr0
P「え?やよいが倒れた?」


伊織『ええ。今朝弟君から連絡あってね。今、新堂と一緒に様子を見に来てるんだけど…』

伊織『かなりの高熱で、思ってたより良くないわね』

P「わ、わかった…俺もすぐにいくよ」

伊織『待ちなさい』


伊織『やよい、あの様子じゃ、きっと今週いっぱいの仕事は無理よ。先に仕事の調整して頂戴』

伊織『それは、あんたにしかできない事でしょ?』

伊織『あんたがこっちに来ても何の役にも立たないんだから。どうせ来るなら全部片付いてからにして』

P「でも…」

伊織『しつこいわね!こっちは私に任せてって言ってるの!』


P「…わかった。すまん、そっちを頼む、伊織」

伊織『ええ。…律子、そこにいる?ちょっと電話代わって』




真美「生きづらい世の中だなぁ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/14(水) 13:20:07.16 ID:IF+HQHPu0
某日 765プロ

P「おはようございまーす」ガチャリ

春香「あ……お、おはようございます!」オロオロ

P「おはよう春香。どうした、何かあったのか?」

春香「あの、朝から真美の様子がちょっとおかしくて……」

P「……またか?」

真「またとか言わないであげてください。繊細な年頃なんです」

P「………」チラッ


真美「…………」ゴゴゴゴゴゴ


P「……目を血走らせた女の子がソファを独占してるんだがあれは何だ」

千早「真美です」




ページランキング