ヘッドライン

やよい「りぴーとあふたみー?うっうー」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/05(日) 19:02:51.64 ID:nmjfDlR00
春香「うっうー」

やよい「ノノノ、うっうー」

春香「うっうー」

やよい「おー、イエスイエス」

やよい「うっうー!」

春香「うっうー!」

やよい「…」

やよい「んー、オッケー」

春香「…」

春香(なにこれ)




真「朝起きたら真美が5人になってた…」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 20:45:40.13 ID:posE7OHQ0
真「ふわぁ…」

真美A「あっおはよ、まこちん」

真美B「……」

真美C「おはよ///」

真美D「おっはよ→」

真美E「おはよう、まこちん」

真「…なんだ夢か」




貴音「新装開店 麺や貴音」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/29(日) 22:13:01.11 ID:LPMbImuZ0
律子「営業先からただいま戻りましたー」ガチャ

律子「……」

律子「はあ、このセットいつになったら撤去するのかしら。事務所で応対もできないし、テレビも見れないなんて本末転倒じゃない……」

律子「なんだか企画も動いてないみたいだし、一度ガツンと言ってやろうかしら」

P「ガツンと言ってもらおうじゃないか」

律子「わわっ!?」

律子「ぷ、プロデューサー……いつからそこに?」

P「事務所内って意味なら最初からいたぞ。悪かったなあ、企画も動かせないダメプロデューサーで」

律子「いえ、さすがにそこまでは言ってな……」

P「話は中で聞こうじゃないか。さあ。さあさあさあ」

律子「ちょっ、プロデューサー!? 押さないで……きゃっ!?」バサッ


貴音「いらっしゃいませ、お待ちしておりました」

律子「えっ」




貴音「765らあめん 麺や貴音」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/01(日) 23:48:58.43 ID:bHtO35rX0
貴音「……」ズズ…

貴音「風味よし。これならば期待できるでしょう」

真美「お姫ちん、何してんの→?」

貴音「おや、真美ではありませんか。まだ開店前ですよ」

P「それ以前に立ち入り禁止って札かけといたはずだが」

真美「だってなんか変な匂いするんだもん! そのボコボコいってる鍋、何やってるのさ?」

P「ん、そんなに匂うか? 慣れちまってわからなかったな」

貴音「臭みを消すための野菜を控えましたからね……これは申し訳ないことをしました」

真美「別にいいからさ→、何やってるのか教えてYo!」

貴音「これはらあめんのスープ……豚骨でスープをとっていたのですよ」

真美「え? うわ→本当だ、真っ白じゃん!」




貴音「創作らあめん 麺や貴音」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/26(火) 06:04:12.33 ID:5RKokNoE0
春香「おはようございまーす! ……あれ?」

真「どうしたのさ春香、入口で立ち止まったら事務所に入れないじゃないか」

春香「えっと……765プロの事務所ってこんなに狭かったっけ?」

真「え……? 本当だ、何か足りないような」

春香「あっ! いつも美希が寝てるソファーとか、テレビもなくなってる!」

真「っていうか、リビング自体がなくなって壁になってるね……ん、のれん?」パサッ




【安価】P「音無さんが悪女になってしまった…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523762621/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 12:23:41.86 ID:G+nIo1Pz0
小鳥「ピッヨッヨッ…」

律子「そんな…一体どうして!?」

P「…はっ! 多分原因は>>2のせいだ…!」

律子「それで>>3をしていると言うんですか!?」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 12:24:45.67 ID:XeTci4jr0
最近みてたドラマ

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/15(日) 12:27:00.67 ID:y1GG9bwX0
ガイアメモリを売りさばいてる




P「デリバリーやよいサービス」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/13(月) 21:57:12.12 ID:FUqhuPL2i
やよい「何ですかぁ、それ」

P「アイドルの家にやよいがお邪魔するサービスだ」

やよい「それ、本当にお邪魔だと思います…」

P「大丈夫、家事とか肩たたきとかをするだけだ」

やよい「そうですか…じゃあ頑張ります!」

P「うん、頑張って」




伊織「気が変わったわ。」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/15(土) 00:09:41.94 ID:QXX8bnuR0
春香「プロデューサーさんって時々話聞いてないときあるよね。」

真美「だね→。「ん?何か言ったか?」とか言われちゃうと言う気も無くなるっていうか。」

貴音「難聴ということは無いでしょうし、わざととは思いたくありません。」

春香「もしかして耳垢たまりすぎてて聞こえないとか?」

真美「あははは! まさかぁ→。」

春香「それだったら耳かきしてあげたいなぁ……」

真美「膝枕でだよね!」

春香「だよねー!」




[ 2018/04/14 18:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

P「やよいがぐれた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/10(金) 09:46:35.75 ID:96yZhaYti
やよい「ふーん!」プイ

P「ほら、麦茶だ」

やよい「わぁ、ありがとうございますっ!」


コクコク


やよい「ぷはぁ……あ!」

やよい「ふん!」プイ



P(なんだかよく分からんが、可愛い)




P「うちのアイドルが、ヴァンパイアガールだった……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 22:18:48.43 ID:5Jx6CsAV0

【Pの家】

ガララッ

響「……おじゃましまーす」

ソロリソロリ

P「ぐがー……ぐがー……」

響「えへへっ、よく寝てるみたいだぞ……♪」

シュルシュル……

響「おおっ……、意外と良いカラダしてるんだな、プロデューサー」

響「……じゅるるん」

響「それじゃあさっそく……いただきまーす♪」

かぷっ




ページランキング