ヘッドライン

ハニエル「ねぇガヴお姉ちゃん、どうして人を殺しちゃいけないの?」


1 :ゆるーくたのんます 2017/04/17(月) 22:44:22.410 ID:ZeiUrzJv0.net
ガヴ「えぇ…………」

ガヴ(なにこれ?なんの罰ゲーム?こんな無垢な子が重い質問する?
普通しないでしょ?私だってしたことないよ?わかんないよそんなの)

ハニ「ガヴお姉ちゃん?」

ガヴ「えっと……ハニエル?なんか辛いことでもあった?」

ハニ「ううん?ないよ?今日はゼルお姉ちゃんもガヴお姉ちゃんもおうちにいてとっても幸せ!」

ガヴ「そ、そう?え?じゃあ何でそんなこと思ったの?」

ハニ「…………えへっ」

ガヴ「ハニエル?目が笑ってないよ?」




ガヴリール「神様ありがとう」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/23(日) 19:40:22.893 ID:Z+znl3jn0.net
ラフィエル「おめでとうございます!!!ヴィーネさん!」

サターニャ「ヴィネットー!今とても輝いてるわよーー!!!」


ヴィーネ「ありがとうラフィ!!サターニャ!!」

タプリス「月乃瀬先輩!!おめでとうございます!!」

ヴィーネ「こら、私はもう『月乃瀬』じゃ無いのよ?」

タプリス「あっ!うっかりしてました…えへへ…」

ヴィーネ「ふふ、タプちゃんは変わらないわね」


ガヴリール「…」

ヴィーネ「…ガヴ、どうかな?似合ってる?」

ガヴリール「…ああ、似合ってるよヴィーネ。おめでとう」

ヴィーネ「…ありがとう!」ニコッ


ヴィーネが結婚した




ヴィーネ「それって私も誘われてるのかしら?」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/22(土) 01:18:11.839 ID:CRCYSnEB0.net
学校

タプリス「勉強教えてくれてありがとうございます!」

ラフィエル「うふふ、いいんですよ」

ヴィーネ「タプちゃん頑張ってるわね」

タプリス「二人のおかげです!」

ラフィエル「では、そろそろ帰りましょうか」

ヴィーネ「そうね」

タプリス「ふぅ~勉強したらお腹すきました」

ラフィエル「あ、そうだタプちゃん」

タプリス「はい?」




ガヴリール「異世界転生?」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/21(金) 19:18:41.065 ID:Ed5F8jIx0.net
ガヴリール「私の名前はガヴリール。
ごく普通の高校生だったがトラックにはねられて死んでしまった」

ゼルエル「私は女神だ。
流れ的にガヴリールにチートを与えて異世界へ送りだす」

ガヴリール「なんで普通の高校生にチートくれるんだ?」

ゼルエル「魂の質と純真なる輝きが云々……」

ガヴリール「なるほどわからん。まあいいや、もらえるならもらうよ」

ゼルエル「死んでも復活できるのと、配管工の星の如く無敵になれるの。
お前はどちらがいい?」

ガヴリール「後者に決まってんだろ」

ゼルエル「心得た。では、行ってくるがいい」




サターニャ「ガヴリールオンザライス!」ガヴリール「他人丼。あとカツカレーうどん」

4 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/18(火) 23:14:20.099 ID:CAcHT1N20.net
ガヴ(……はぁ、やっと補習おわった……)

ガヴ(まさかテスト中に居眠りするとはな……うかつだった……)

ガヴ(あぁしかし、半日学校って腹減るな……)グゥ~

サターニャ「ガヴリール!待ちなさいよ!」

ガヴ「ん~?あぁサターニャか……お疲れ……」

サターニャ「お疲れさま♪じゃなくって!なに?なんかいつもに増して元気ないじゃない?」




ガヴリール「癒しが欲しい……」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 22:46:25.258 ID:DYPCSBh80.net



グラサン「……おい天真、聞いてるのか?」

ガヴリール「ふぇ……?」

グラサン「まったく、授業中に居眠りとはいい度胸だな」

ガヴリール「え、えっと……」

グラサン「まぁいい、この問題を解いてみろ」

ガヴリール「…………」

ガヴリール(やっべー、授業中ずっと寝てたからまったくわからん……)



グラサン「授業に参加する気がないなら廊下に立ってろ」

ガヴリール「……はい」




ガヴリール「この輪っかすごい便利なんだ」ヴィーネ「輪っかって天使の輪?」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/17(月) 22:13:20.367 ID:o/67rcSlr.net
ガヴリール「そうそうこの天使の輪っかには色々機能があるんだ」

ヴィーネ「機能?天使力とかそういうこと?」

ガヴリール「それもあるんだけどもっと実用的なんだ」

ヴィーネ「天使力ほど実用的なものもないと思うけど……」

ガヴリール「取り敢えずこの輪っかを外すだろ」

ヴィーネ「外れるの……」




ガヴリール「疲れた…私を…抱っこして運べ…///」サターニャ「いいわよ。ただしお姫様抱っこね」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/16(日) 20:46:17.622 ID:DruTEkYY0.net
サターニャ「クチャクチャクチャクチャ…」

ラフィエル「そのガム、味がしなくなったらここに出してくれませんか…?私が捨てておきますので…」

サターニャ「わかった…」

ヴィーネ「待って…」

サターニャ「何よ…」

ヴィーネ「サターニャ、これ食べて…」

サターニャ「いや、ガム噛んでるし…」

ヴィーネ「いいからそのまま食べて…」

サターニャ「クチャクチャ…」




ラフィエル「ガヴちゃん一緒に行きましょう?」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/14(金) 00:10:17.081 ID:HYSU1AHT0.net
※山谷落ち意味なしグダグダ注意

ヴィーネ「お花見に行きます!」

ラフィ「わー♪」パチパチ

ガヴ「行ってらっしゃい」

ヴィーネ「ガヴも来るの!」

サターニャ「お花見ってなに?花なんか見て何が楽しいのよ?」




タプリス「天真先輩は私の物です!」ラフィエル「ガヴちゃんは渡しません!」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/04/11(火) 23:25:47.354 ID:YD/si1Lpd.net
サターニャの部屋

サターニャ「で、なんでアンタ達は私の部屋でケンカしてんのよ?」

ラフィエル「聞いてくださいサターニャさん!タプちゃんたら、ガヴちゃんの事を1番好きなのは自分だとか言うんですよ!」

サターニャ「へぇ、そうなの」

タプリス「事実を言ったまでです!白羽先輩はいっつも天真先輩と一緒だから有り難みを忘れてるんです!だから1番好きなのは私なんです!」

サターニャ「なるほどなるほど」

ラフィエル「サターニャさん!」

タプリス「胡桃沢先輩!」

サターニャ「なによ」

ラフィエル「ガヴちゃんを半分こする道具出してください!」




ページランキング