ヘッドライン

【ミリマス】探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~

1 : ◆U2JymQTKKg 2018/10/20(土)22:49:29 ID:qcp
TB第3弾「劇場ミステリ」が明後日からなので、投票期間中に書いた応援ドラマをば。

つむつむは出ないけど、百合子とまつり姫は出ます。

2 : ◆U2JymQTKKg 2018/10/20(土)22:51:14 ID:qcp
「到着致しました、七尾様」

 空想の大海原で船を漕ぐ私の耳を落ち着いた声が撫でる。

「……七尾様」

 今度は少し強い声。目の前に広がっていた青い空が徐々に暗い車内へと変化していく。

「到着致しました」

 3度目の声で目の前から海が消える。ぼやけた視界のまま声のした方に顔を向けると開いたドアの向こうからこちらを覗く顔があった。

くしゃっとした髪の毛に端正な顔立ち、真っ黒のスーツの胸元からはパリッとしたノリの利いたシャツを覗かせている真壁さんと目が合ったところで私はようやく今の状況を理解した。

慌てて通学カバンを手に取り、スカートの皴を伸ばすことなく車から降りようとすると、スッと目の前に手が伸びてくる。




北沢志保「なかったことにしてください」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540039477/

1 : ◆C2VTzcV58A 2018/10/20(土) 21:44:37.56 ID:igAXJrjpO
ある日の事務所


志保「戻りました」


P「おかえり、志保。レッスン、どうだった」

志保「別に、いつも通りです。課題がいくつか見つかったので、次までに直しておかないと」

P「そうか。志保ならきっとできるさ」

志保「……適当に言ってませんか?」

P「統計と信頼に基づいた発言だ。安心してくれ」

志保「調子いいんだから……まあ、いいですけど」

P「あ、そうそう。昨日のメールの件、今話してもいいか?」

志保「昨日の……ああ、あのことですか。お願いします」

P「結論から言うと、俺もEScapeを一度きりのユニットとして終わらせるのは惜しいと思っていた。瑞希と紬の意見も必要になるけど、いつかは再結成してクール系美少女ユニットの新たな活動を行うのもありだと思っている」

志保「あの物語の終わり方に手を加えるのは、難しい気もしますけど」

P「そうだなぁ。あの映画自体は、綺麗に終わってるもんな。そのあたりも含めて要検討だ」

志保「……ありがとうございます。弟のお願いに耳を傾けてくれて」

P「大好きなお姉ちゃんを仕事で借りてるんだ。このくらいのお返しはしないとな。……ところで、ちょっと話が変わるんだけど」

志保「なんでしょう」

P「これ、志保が昨日送ってくれたメールなんだが」





[ 2018/10/21 06:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

【ミリオン】ジュリア「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」 響「うんっ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1539626282/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/10/16(火) 03:15:23.70 ID:rKGtikYd0

──カァーン。


ジュリア 「ビッキーって、ホントにカンペキだよな」

響 「うんっ、そうだね!」

ジュリア 「ダンスがヤバいくらい上手いのはみんな知ってるし、それに歌だって、かわいい曲もカッコいい曲もどっちもイケるしな!」

響 「まぁね、自分カンペキだし!」

ジュリア 「確かに背はちょっと低いけど、そこがまたかわいいというか、え~といわゆる萌えポイント(?)だろ? 全然気にならないよ。それに、そう……結構出るとこ出てるしな。まさにカンペキなアイドルだよ!」

響 「う、うん、そう……だぞ!すごいでしょ、えっへん!」

ジュリア 「ああ、ホントに大したもんだ。しかも、料理はプロ級で、掃除に洗濯だってお手のもの。まったく、ビッキーの爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいよ。チハのヤツに、うんとたっぷりね!」

響 「うん、まぁね……なんたって自分、カンペキだし……」ゴニョゴニョ

ジュリア 「それに何より、とびっきり明るくて優しいときたもんだ。きっと、すぐにでも良いお嫁さんになれるよ。あたしが保証する」

響 「う、うぅ~~……」

ジュリア 「いや~、ホントのホントにカンペキだよな~、ビッキーってさ!他にも──」

響 「うぅ~~……うぎゃ~っ!もうっ、面と向かってそんなに褒められたら、テレるぞ……///」



──カンカンカンカンカン!





琴葉「おかえりなさい、あなた」

1 :名無しさん@おーぷん 2018/10/14(日)21:01:03 ID:fgQ
琴葉「わっ、びしょ濡れ…外、思ったより大雨だったみたいですね…」


琴葉「ほら、風邪を引いてしまいますから早く上着を脱いで…お風呂、用意しておきましたから」

琴葉「あ、それと……」

琴葉「……んっ///」チュッ

琴葉「…これだけは、しておきたくて…///」

琴葉「…はい、ちゃんとゆっくり浸かってくださいね」




[ 2018/10/15 11:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

武内P「北上麗花さん、ですか」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420858017/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/10(土) 11:47:07.46 ID:4v8gIPYW0
高木「うむ、彼女も最近アイドルになったばかりでね。だが、初めてプロデュースするには…」

武内P「なるほど……では、まずは北上さんをプロデュースさせていただきます」

高木「ほ、本気かね? こういうのは不本意だが、北上くんは色々な意味で難しい子だが…」

武内P「やらせていただけないでしょうか」

高木「いや、君がいいと言うなら私は止めはしないよ」

武内P「ありがとうございます」




[ 2018/10/12 02:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(1)

【ミリマス】P「しほりん」志保「はい?」

2 : ◆CS7uVfQgX. 2018/10/09(火)12:25:50 ID:4Hr
P「しほりん」

志保「…頭でも打ちましたか」

P「うわ、本気で訝しんでる目だ」

志保「急にそんなこと言い出したら誰だって頭の心配しますよ」

P「いや、ふと考えたんだよ」

志保「いい脳外科医がどこの病院にいるかですか?」

P「ちがうわい。志保のあだ名ってなんだろうって」

志保「私のあだ名ですか?」

P「そうそう。志保ってファンのみんなから名前で呼ばれることが多いだろ?」

志保「そうですね…志保さん、志保ちゃん、とかがほとんどですね」

P「な?だからさ、なんかいいあだ名があればもっと親しみやすくなるんじゃないかなーって」

志保「つまり、プロデューサーさんは私が親しみにくいと、遠回しに言ってるんですね。傷つきました」

P「いやいやいや!そんなこと言ってないぞ!」

志保「まぁ分かってますけどね」

P「…心臓に悪いなぁ」

志保「日常にはちょっとの刺激が必要なんですよ、たぶん」

P「そんなこと言って、志保が楽しみたいだけのくせに」

志保「そうともいいますね」クスッ




[ 2018/10/09 20:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(3)

百合子「765事務所探偵倶楽部第一話!」美奈子「もっと食べたい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395200939/

1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/19(水) 12:48:59.94 ID:LonBq82H0
ミリマス×クトゥルフ

1話完結のまったりとしたものです


基本的にご都合主義です
お許しください



3 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/03/19(水) 12:50:12.78 ID:LonBq82H0
アクアフロントシアター12:30

百合子「ただいま帰りました!」

ニャルラトホテP「おお百合子、ちょうどいいところに」

百合子「どうかしたんですか?」

P「今から昼飯に行こうと思ってたんだが、一人じゃ寂しいから誰か誘おうと思ってな」


百合子「小鳥さんいますよ?やさしいプロデューサーさんに限って小鳥さんを無視するような真似は………ハッ!もしかして」

百合子「またしてもCIAからの圧」

P「そんなわけないだろ、今日は奢ってやるからさっさと行こう」

百合子「はぁ……夢も希望もない……、今日は何処に行くんですか?」

P「美奈子の店だ」

百合子「そういえば美奈子さん、店を事務所に引っ越したって言ってましたね」

P「近いうまいデカイが詰まってるからなかなか便利だぞ」

百合子(美奈子さんの『デカイ』は洒落になりませんけどね)




【ミリマス】シャチホコトハ

1 :名無しさん@おーぷん 2018/10/05(金)00:58:18 ID:QAI

しゃちほこばる、なんて言葉がある。視線を上にやって思い出した。

私にピッタリだなと思う。

緊張しいで、頑なって、融通も利かない性格の面倒な人間。

それが、十八なんて周りよりちょっとお姉さんしてるから、
連絡役やまとめ役を任されることが多くなって。

そうするとやっぱり、人を口うるさく叱る機会も自然と増えていって。




[ 2018/10/05 06:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

千鶴「別の世界の自分が見られる機械?」【ミリマスSS 】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513673076/

1 : ◆UEry/CPoDk 2017/12/19(火) 17:44:36.71 ID:i73+6k8w0

律子「はい。劇場の大掃除ついでにタイムマシンのメンテナンスをしてたんですけど、そこでふと思い付きまして。」

千鶴「どこからつっこんだらいいか分からないような説明はおやめ下さいな、ただでさえツッコミ役は慢性の人手不足だというのに。」

律子「まあまあ。細かい事を気にしてたら芸能界は乗り切れませんよ。」

千鶴「あなたがそっちに回られるとどうにも出来ませんわね…それで、その機械とやらは具体的に何をする物なんですの。」

律子「読んで字のごとくです、アイドルになっていない別次元の自分を見に行けるというわけですよ。」

千鶴「別次元のわたくし?」








【ミリマス】北沢志保「うそつきの口紅」

1 : ◆CS7uVfQgX. 2018/09/25(火)19:15:48 ID:BIi
こんばんは。

アイドルマスターミリオンライブ!のSSになります。

では、デレそうでデレてない…志保のお話です。

2 : ◆CS7uVfQgX. 2018/09/25(火)19:16:32 ID:BIi
事務所

志保「プロデューサーさん」


P「んー?お疲れ志保、どうした?」

志保「今忙しいですか?」

P「いや、別に火急の仕事じゃないから忙しいってほどでもないな。どうした?」

志保「いえ、次の撮影の現場まで送っていただけたらなって」

P「おっけー、キリつけちゃうから10分ぐらい待てる?」

志保「はい、お願いします」




ページランキング