ヘッドライン

【モバマスSS】夏美「ロマツアin京都」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511097498/

2 : ◆yz988L0kIg 2017/11/19(日) 22:21:15.71 ID:+khqvKoD0
芽衣子「やってきました、京都!」


惠「ここが鴨川…」


椿「綺麗な川ですね」パシャッ


夏美「撮影前も撮ったのにまだ撮るのね」


惠 「確か夏美さんって京都出身よね」

夏美「うん、でもあんまりこっちの方に来たことはないから新鮮かな♪」

芽衣子「本当にカップルが等間隔で座ってるんだね」

椿「まるで定規の目盛りみたいですっ♪」

惠「ねぇ、あれ……」

夏美「惠までどうしたの?」

芽衣子「なになに?」




フレデリカ「圧迫面接ごっこ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511099439/


2 : ◆TDuorh6/aM 2017/11/19(日) 22:51:49.25 ID:SNr1KoKKO


杏「うぇー……明日オーディションじゃん」

杏「なんかこう、大いなる力的なのでぱぱっと合格しないかなー」

杏「……はいはい、分かってるって」

杏「杏的には不合格でも休めるからいいんだけどね」

杏「テキトーにやっとけばなるようになるでしょ」

杏「あ、代わりにプロデューサーがオーディション受ける?」

杏「いや冗談だからね?本当にやられると割とアレ」

杏「まーいーや、んじゃまた後でね」




橘ありす「総理大臣フレデリカ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511098063/


2 : ◆5AkoLefT7E 2017/11/19(日) 22:28:18.10 ID:u+ekF+To0

~事務所~


橘ありす「うーん……」

ガチャ

的場梨沙「あら、ありすじゃない、小難しそうな顔してどうしたのよ」

ありす「ああ、梨沙さん、お疲れ様です……」

梨沙「ん、お疲れ様……原稿用紙?」

ありす「宿題です」

梨沙「へぇ、読書感想文とか? あ、横、座るわね……よいしょ」

ありす「いいえ、作文の宿題なんです」

梨沙「ありすが悩むなんて珍しいわね。テーマが面倒なの?」

ありす「はい、『将来の夢』なんですが……」

梨沙「ふーん? アンタ、夢ないの?」

ありす「急に夢と言われても……梨沙さんはあるんですか?」

梨沙「アタシの夢は決まってるじゃない! パパと結婚するのよ!」

ありす「……ああ、そうでしたね」

梨沙「何よその目」




志希「新薬! 『シンパイニナール(心配性になる)』だよ♪」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507124883/


2 : ◆hAKnaa5i0. 2017/10/04(水) 22:48:42.84 ID:Kaaaakzt0
志希「大変だよ! プロデューサー! 大変!」

P「どうしたんだ。そんなに慌てて。何が大変なんだい志希博士」

志希「新薬ができちゃったっ!」

P「それは『大変嬉しい』の大変なのか。『大変困った』の大変なのか。どちらなんだい?」

志希「大変嬉しい♪」

P「予想はしていたがガッカリだよ」

志希「んふふ♪ 今回できたのは『シンパイニナール』って薬なんだ~♪」

P「もはや聞くまでもなさそうだが、一応聞こう。いったいどんな薬なんだ?」

志希「飲んだ人が心配性になる薬」

P「ダヨネー」

志希「にゃはは♪」




【モバマス】速水奏「ねぇ、どうしてあなたは泣いてるの?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510668116/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/14(火) 23:02:32.65 ID:+r4IWQ3w0
―ねぇ、どうしてあなたは泣いてるの?

モバP(以下P)「だって、お、お前がキスしないとアイドルにならないって…ヒック、でも、女子高生にキスしたら社会的に終わるかもって…ヒック、でも、アイドルになってほしかったし…ヒック、だから勇気だしてしようと思ったのに…」ブワァ

速水奏(以下奏)「うふふ、そんなの冗談に決まってるでしょ?」


P「大人をからかうんじゃない!」ドバァ

奏「うふふ、ごめんなさい。でも、想像以上に反応がいいもんだから、クセになりそうね。」

奏「これからもよろしくね?プロデューサーさん?」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




[ 2017/11/19 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
[タグ] モバマス 速水奏

【モバマス】モバP「ようこそ、我がプロダクションへ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511022197/

1 : ◆45SR4r0flud5 2017/11/19(日) 01:23:17.60 ID:Kh3u+ScGO
モバP「いやぁ、アイドルになりたいって言ってくれて嬉しいよ」

モバP「さあついた。ここが俺たちのプロダクションだ。たくさんのアイドルがここでトップアイドルを目指して頑張ってるんだ」

モバP「カフェスペースやトレーニングルーム、あとはレコーディングブースもあるぞ。あと小さいけど撮影スタジオもね」

モバP「みんなやる気に満ち溢れてる宝石箱みたいなところさ!さぁ、入って」ガチャ

森久保「むぅ~りぃ~っ」

森久保P「逃げるな森久保ぉっ!仕事だぁっ!」

モバP「.....」

モバP「きょ、今日も森久保は元気だなぁ!え?あぁ、少しシャイなんだ、彼女」






[ 2017/11/19 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【モバマス】 速水奏「ゴーゴーカレーには人生がある」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511034585/


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/19(日) 04:53:21.79 ID:VkMJYx3kO


P(そいつが俺の前へ現れたのは、突然のことだった)

P(速水奏……。ビジュアル、歌唱力、キャラクター性、そしてカリスマ力。どれをとっても申し分ない、アイドルという言葉そのものなアイドル)

P(ゆくゆくはこの世界の象徴になるような、そんな可能性を秘めた存在)

P(一言で表すならば天才)

P(そんな彼女を、敏腕でも著名でも実力者でもないプロデューサーの俺が担当することになった)

P(初めて会ったあの日からいくつか時は流れたが、俺のもとへ転がり込んで来た理由が未だに掴めない)

P(風の噂ではうちの系列の別の事務所でひと悶着あり、移籍という形でここへ流れ着いたらしい)

P(そして、上からの命令で俺が担当することになったと)

P(どうして俺なのか……。仕事である以上、正当な理由もなしに拒否することはできない)

P(正直、俺は彼女という天才をアイドルとしてどのように運用するか、それを計り兼ねている)

P(やがて、鈍い俺はようやく気付いたのだ……)



P(これはもしや、いわゆる『左遷』というものなのかと)







[ 2017/11/19 08:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

フレデリカ「不動産屋さんごっこ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511003410/


2 : ◆TDuorh6/aM 2017/11/18(土) 20:10:44.18 ID:pVUdjF0VO


杏「あー、家事全部誰かがやってくれればいいのに」

杏「印税でウハウハになったらお手伝いさんとか雇ってさ」

杏「……だめかー」

杏「ワンルーム執事付きの物件とかあればいーのにね」

杏「あーでもどーせなら2LDKのそこそこ広い家で一部屋に引きこもってたいかな」

杏「それで月々1万くらいの家ないの?」

杏「……まー完全に訳ありだよね」

杏「そいじゃ、また後でねー」




的場梨沙「いついつまでも、ロリコンプロデューサー」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511017775/

1 : ◆C2VTzcV58A 2017/11/19(日) 00:09:35.98 ID:+khqvKoDO
梨沙「もっちゃもっちゃ」


P「どうしたんだ梨沙。口いっぱいにガムを入れて」

梨沙「もっちゃもちゃちゃ」

P「なに言ってるのかわからない」

梨沙「………」←ちょっと待ちなさい、のハンドサイン

P「うん」

梨沙「………」モキュモキュ


梨沙「よし、これでしゃべれるわ」

P「ガムの処理が終わったみたいだ」

梨沙「噛むのに疲れた」

P「それはそうだろうね。あれだけの量を口に入れていたんだから」

梨沙「でもこれは必要なことなのよ」

P「必要? 何に」

梨沙「決まってるでしょ! パパとキスする準備よ」

P「何がどう決まってるのかわからないけど、そうなのか」

梨沙「もうすぐアタシの誕生日でしょ? 今年はちょうど日曜日だし、パパが一日デートしてくれるって約束してるの! 買い物して、映画を観て、いろんなところをまわって」

梨沙「そしてデートといえば、別れ際に愛のキスをするのが定番! 今からちゃーんとブレスケアをしておかないと」

P「でも梨沙とお父さんの場合、帰る家が同じだから『別れ際』は存在しないんじゃないか?」

梨沙「………」



梨沙「これは由々しき事態ね……!!」

P「今気づいたのか」

梨沙「どうしよう。じゃあその日だけアタシは晴の家か女子寮の誰かの部屋に泊まることにして……でもでも、そうすると誕生日の夜にパパと一緒に眠れなくなっちゃうし……」

P「はは、悩んでるなぁ」

梨沙「トーゼンでしょ! プロデューサーは恋人いないからわからないかもしれないけど」

P「グサッとくる一言だ」

梨沙「アタシがこの事務所に来てから今まで、ずっといないわよね。そういう人」

P「まあ、今はプロデューサーとしての仕事がたくさんあるからね。恋人うんぬんより、梨沙達のほうが大切っていうのもある」

梨沙「プロデューサー……」

梨沙「仕事を言い訳にしてると、いろいろタイミングを逃すってこの前読んだ雑誌に書いてあったわよ」

P「普段どんな雑誌を読んでるのか気になるな……」





[ 2017/11/19 01:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)

菜々「ウサミン星考察大会?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511007251/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/11/18(土) 21:15:10.85 ID:dmx38nVc0
菜々「ふぃ~…今日もお仕事終了!お疲れ様でした!」

プロデューサー(以下P)「お疲れ様でした」

P「菜々さんもお疲れでしょうに…荷物運びまで手伝っていただいてありがとうございます」

菜々「ふふっ、構いませんよ」




ページランキング