ヘッドライン

【艦これ】Zara「ポ、ポーラが外で働くですって!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500237861/

1 : ◆DzqSqE/FWA 2017/07/17(月) 05:44:22.02 ID:2F+pmvxX0


Zara「本気ですか!?」

鹿島「先方たっての希望でして、今回はPolaさんがコンビニで働いてもらうことになりました!」

Zara「えええ! あの、Polaですよ! いつもお酒が抜けないで、
   たまに、いえ、時々服を脱ぎだすあのPolaですよ!」

鹿島「そこは大丈夫です! 一週間程時間を用意しまして、
   研修を兼ねてお酒を抜いてから働いてもらうことになっています」

Zara「えええ! Polaから一週間もお酒を取り上げるんですか!?」

鹿島「そうですね、二日酔いの心配もありますし、
   提督さんがちょうどいいや禁酒させようとおっしゃってましたので」

Zara「それは流石にPolaでもかわいそう……」

鹿島「大丈夫です、近所のアルコール中毒支援団体からもカウンセラーを呼んでいますし、
   ケアは万全です、心配ありませんよ」

Zara「そうですか、やっぱりPolaはアル中みたいな扱いになるんですか。
   少々度が過ぎるとは思ってましたけど……」

鹿島「いえ、まだ予備軍だって提督さんもおっしゃってました。
   それに、肝臓が心配だから飲みすぎる方がお酒を適度に飲めるようにする練習だとも」

Zara「うまくいくといいんですけど」

鹿島「大丈夫です、提督さんとスタッフさんを信じてください」

Zara「心配です……」






【艦これ】千歳「て・い・と・くぅ~♡」 提督「」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486050120/


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 00:44:38.40 ID:HtUI3fmA0
千歳「て・い・と・くぅ~♡」ウフフ

那智「酒宴につきあえ」ヒック

ポーラ「にがしませんよぉ~」ムフフ

提督「」

提督「……も」


提督「もう勘弁してくれぇぇぇ!!」ウワァァ


那智「? 急に頭を抱えてどうした。痛むのか」

提督「色んな意味でな! 昨日も誘われたんだよ、足柄隼鷹日向の3人に!」

提督「ぐいぐい飲まされて、あとから北上大井も加わって、騒がしいことになって……うう」ガックリ

千歳「あら、それは災難でしたね」

提督「そうなんだ……。だから今日は見逃してくれ、2日続けてはキツい!」

ポーラ「んー、そーですねー」

ポーラ「あっ! じゃあこーしましょう!」




神風「口噛み酒?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474030998/

1 : ◆3HTJL2wVew 2016/09/16(金) 22:03:18.76 ID:oYcSpssuo
神風「呼び出されて来てみればいきなり何なの?」

提督「いや・・・神風、ちょっと焦りすぎた」

提督「すまない、ただちょっと神風の口噛み酒が飲みたくて・・・」

神風「え?まぁいいけど、それでその口噛み酒って?」

提督「なんでも日本最古のお酒らしい、それで居ても立っても居られなくて」

提督「是非神風に作って欲しい!」

神風「そ、そう?私に・・・ふーんいいわよ、どうやって作ればいいの?」

提督「それはだな───




提督「初月ママーーーーーーーーーー!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1467827141/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:45:41.84 ID:NwPs6g6Uo
※割と書いてる人の好みが反映されています。
※キャラ崩壊もありますので、ご注意ください。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/07(木) 02:46:28.62 ID:NwPs6g6Uo


初月「またお前か、大人だろう?」

初月(最近、提督は強いストレスを感じるとこうして僕に甘えてくるようになった)

初月(一応ケッコンカッコカリしている身としては、悪い気分ではないのだが……)

提督「ママーーーーーー!! また議会の人たちがねーーーー!! 僕に意地悪をするんだよーーー!!」

初月(正直、大の男がこうして見た目少女の僕にママと甘えているのは何か空恐ろしいものを感じる)

初月(他の鎮守府でも霞や雷、夕雲辺りにこうして甘える提督は多いらしいが……)

初月(僕にまでこういったお鉢が回ってくるとは想像もしてなかった)

提督「ママ~、あったかいよぉ……。すぅ……」

初月「おや、泣き疲れて寝てしまったか。全く。仕方のない」

初月(これが幼子ならばまだ分かるのだが、六尺近くあるがっしりとした彼にされるのは違和感しかないな)

初月(でも普段は、僕から見る限りは凛々しく提督という仕事をこなしていると思うんだけど)

初月「どうしてこんなことになってしまったんだろうな」

初月(そういえば今回は議会って言ってたな。市議会の意見公聴会だかに一回同行したがあれはひどいものだったなぁ……)





提督「下っ端ですが何か?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459178942/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/29(火) 00:29:03.99 ID:FEXOEjNw0
地の文ありのSS。

息抜きに書いてたものです。

嫁艦いる方にはキツイ展開かもです。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/29(火) 00:29:52.58 ID:FEXOEjNw0
汗が溜まると彼女たちの愚痴を聞く。
暑い嫌だ嫌だと言いながら、タオル地が彼女らの首や胸をなぞる。
私は日差しを疎みつつ、近くの一人に日焼け止めを投げてやった。

「提督」

キョトンとした女に私は言う。

「シミがついては嫁の貰い手がなくなるだろ」

私の言葉に彼女は笑った。

「バカです、提督。選ぶのは女です」

「そうか」

と、私は言うとパナマ帽を深く被った。




雪風「えっ!山城さんが田んぼの様子を?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456815059/

1 : ◆9l/Fpc6Qck 2016/03/01(火) 15:51:00.13 ID:R4BlRhuk0


扶桑「そうなの……」

扶桑「鎮守府でお借りしてる田んぼが、雪に埋もれちゃったらしくて……」

扶桑「今月は田植えを控えてるから、今朝あの子が見回りにいったんだけど……」

扶桑「さっき、あの子の携帯から帰れなくなったって連絡があったの……」

雪風「なにがあったんでしょう?」

扶桑「えぇ……」

扶桑「無事なことは無事みたいだから、安心はしたけど……」

雪風「ひとあんしんです!」







ページランキング