ヘッドライン

P「流局……流局……」冬馬「流れるなよ……頼む!来い!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 19:37:32.34 ID:DsGyNxRk0
冬フェス前日の夜

冬馬「よっしゃああああああ!!!!ツモ!チュウーレン、だぜ!!」

P「うわぁぁ!ハコった!ちくしょう!お前イカサマしてないか!?」

冬馬「してねぇよ。それにバレないイカサマは立派なテクニックだ。文句言われる筋合いは無ぇな」

P「くそぅ絶対してるだろ……汚いなさすがあまとうきたない……」

北斗「俺は何とか首の皮を繋いだか……流れてたらちょっと危なかったな」

黒井「明日の晩飯は貴様のおごりだからな」

P「そこをなんとか!そこをなんとか!」

北斗「なりませんよ。そう言うルールですから☆」

P「なんてこった……」

翔太「麻雀ってよく知らないけど、見てても面白そうだよね~。やってみよっかな」

黒井「やるのは構わんが、物や金を賭けたりしてやるのだけはやめろよ」

P「飯おごらせてる黒井社長が言っても説得力が皆無ですよ」




P「貴音と仲直り大作戦!」冬馬「なんだそりゃ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/29(火) 18:08:07.22 ID:jJ9rXQ5m0
北斗「何したんですか?その子に」

黒井「そうだぞ、謝るなら早い方が良いだろう」

P「もう俺が、何かしでかしたってのが前提なんですね……いやそうだけどさ」

翔太「ほらやっぱりそうじゃん!」

P「いやほら、この前って貴音の誕生日だったんだよ」

冬馬「あぁ、そういやお前の所の天海春香も仕事の時に言ってたっけか」

P「あぁ確かラジオで共演した時か、そうそう春香は手作りのケーキ持って来てたな」

北斗「で、当然プロデューサーさんも何か用意したんですよね?」

P「いや、それが……」

北斗「そこですか……」

冬馬「とにかくそのなんだ?仲直り大作戦って……アンタが直々に頼みに来るって事は……」

北斗「あっ……(お察し)」

P「そう!サプライズステージだ!」




P「ヘーイ!パスパス!」冬馬「ウホッ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/24(月) 13:50:33.18 ID:KGKwQZD40
黒井「ブロッキング! 冬馬ボール!」

冬馬「ど阿呆が。俺達を止められると思うなよ」

響 「くっそー! 球技は得意なんだけどなぁ」

北斗「落ち着いて、落ち着いて一本いこう!」

美希「やよいー! 投げるのー!」

やよい「はーい! それっ!」ヘナッ

雪歩「あっ」

翔太「いただきっ!」

P「ナイスカット! 俺がフリーだぞ!」

翔太「冬馬君!」

P「えっ……おい!」

12月の中旬。俺達P.Kジュピターは萩原雪歩の誕生日ライブに備えて特訓を続けていた。

雪歩はファンクラブの幹部でもあるため、メンバーの気合も十分だ。




P「俺達んとこ来ないか?」美希「あふぅ!!!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/23(金) 21:00:08.74 ID:4UVeVan50
テッテッテッテッテレレレレー

北斗「あふぅふぅ!」

テッテッテッテッテレレレレー

黒井「Woooあふぅ!」

テテッテッテッテッテレレレレーレッレ

翔太「ぁふぅー!」

冬馬「ワンナイッ!カーニバル胸の奥!」

北斗「ズキ☆ズキと音たてるエンジェル!」

P「今日は美希の誕生日……もう765プロには……帰りたくない!」

北斗「エンジェル☆」

テッテッテッテッテレレレレー

美希「あふぅ!!!」




冬馬「暇だな」P「俺は忙しいけどな」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 13:01:15.77 ID:ApQ2zmOY0
冬馬「じゃあなんで961にいんだよ。事務所戻って仕事すりゃいいじゃねーか」

黒井「全くだ」

P「ここでの休息は重要なんですよ。コーヒーくれ冬馬」

冬馬「自分でいれろよ……」

翔太「へーほーふーん」

北斗「テレビにかじりついて何みてるんだ?」

翔太「南の島だってさ! 北斗君行ったことある?」

北斗「俺はないな。現地のエンジェル達には興味あるけど……プロデューサーさんは?」

P「あぁ、それなら今度」

ガチャ

三条馬「皆、次の仕事が決まったわよ!」




P「暇だからネット掲示板で釣りしよう」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/30(日) 20:31:37.61 ID:K/CylNCU0
以下、名無しにかわりましてPがお送りします
  今月の使用料金ヤバイ ゴールドプラン入っとけば良かった


P「まあ今更こんなのに引っかかるやつは……」



千早「し、使用料金!?」

あずさ「そんなものがあるのね~」

真「聞いてないよ……」

雪歩「あぅぅ……」

亜美「これはちょっと洒落になんないかも……」

真美「無料だって書いてたじゃん……」

美希「こんなの嘘っぱちなの!!聞いたこと無いもん!」

響「だ、大丈夫。自分そんなに使ってないし……」

貴音「なんということでしょう」

春香「こんなの誰にも相談出来ないよ……こんなサイト使ってるなんて……」




[ 2020/08/17 14:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

P「春香。そんな体じゃムリだって」春香「ケホケホ…、大丈夫です」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/22(土) 19:44:49.63 ID:PHERL37T0
P「熱もあるし、ムリするなって」

春香「だめですよ、せっかくのレギュラーなんですから……」

P「なにいってんだよ、風邪が酷くなったらどうするんだ?」

P「それに、共演者の人にも迷惑がかかるだろ?」

春香「そうですけど……、ケホケホ」

P「ほら、咳もでてるし」

春香「だ、大丈夫ですよ」

P「春香……」

P「わかった、お前がそういうなら俺は力尽くでもお前を止めてみせる」

P「 卍  解 」




[ 2020/08/14 22:25 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

小鳥「プロデューサーさん、チョコです」P「小鳥さん大好き!」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/15(水) 13:33:34.35 ID:7RYHkqY70
小鳥「プロデューサーさん、チョコです」

P「小鳥さん大好き!」

小鳥「えっ///も、もうプロデューサーさん、そんなこと言って…」

春香「プロデューサーさん、やっぱり小鳥さんのこと好きなんだ」

美希「小鳥、ハニーとお似合いなの。ミキも敵わないの」

伊織「もう、あんたたち結婚しちゃったら?」

小鳥「ほ、ほら…みんな誤解しちゃってるじゃないですか…」

P「誤解じゃないです」

小鳥「えっ…」

P「俺、前からずっと小鳥さんのこと…」

小鳥「プロデューサーさん////」

ちゅっちゅ

HAPPY END




[ 2020/08/05 11:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

春香「プロデューサーさん!天下一品ですよ、天下一品!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 09:54:36.10 ID:OxOo7wyKO
春香「やっと終わったね~」

千早「写真一枚撮るのに何個フィルムを使うのかしらね、あのカメラマン」

真「お腹ぺっこぺこだよ~!帰りに何か食べましょうよプロデューサー!」

P「そうだなぁ、何が食べたい?」

春香「プロデューサーさん!天下一品ですよ、天下一品!」




P「961プロから引き抜きが入ってるだと!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/27(金) 14:36:24.80 ID:bYcOAPHiO
P「一体だれが!?」

黒井「ウィ・・・では教えよう・・・君だ!」

P「・・・」

黒井「・・・」

P「ごめん、だれ?」

黒井「君だよ!765の敏腕プロデューサーの君だ・・・」

P「ちなみに手取りは?」

春香・美希「!?」




[ 2020/07/18 16:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
ページランキング