ヘッドライン

美希「ハニー……美希、3日出てないの……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/18(火) 00:54:36.31 ID:xHibwsOP0
P「なにが」

美希「……うんち」

P「コーラックは?」

美希「飲んだの」

P「んじゃこれだな」

美希「なにそれ」

P「イチジク浣腸」

美希「や!怖いの!」ダッ

P「待て待て-」ダッダッダッダッ

美希「やなの!!」

P「つーかまえた♪」ギュ

美希「や!!!!」

P「ヌギヌギしましょうね♪」カチャカチャ

美希「やあああああああ!!!」




[ 2019/08/20 22:25 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

千早「水瀬さんが使った後のトイレは良い匂いがする」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 03:05:47.47 ID:xD5GMXmo0
千早「良い匂いなんです」

小鳥「分かるわー、っていうかどの子の後もそれぞれに良い匂いがするわ」

千早「えっ」

小鳥「伊織ちゃんは柑橘系、春香ちゃんは甘いバターの香り、千早ちゃんは」

千早「聞きたくないです」

小鳥「そう?」

千早「自分がそういう事を言われる立場だとどうですか?」

小鳥「そういうのもそれはそれで良い、かも」

千早「まぁ、なんでも、いいですけれど」

小鳥「あ、物理的に距離を取らないで千早ちゃん待って」




律子「えっ?プロデューサーに引き抜きの話ですか?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/04(水) 22:20:09.85 ID:IfpqKWvt0
社長「うん、最近複数の大手プロダクションから話が来ていてね」

社長「本人にも話をしたのだが、まだはっきりとした答えをもらっていないんだ」

社長「一応君たちにも伝えておいたほうがいいと思ってね」

小鳥「そうですか・・・」

律子「プロデューサー最近人気ですからね」

律子「時々プロデューサーとしてアイドルと一緒にテレビに出ることもありますし」

律子「そういう話が来てもおかしくないかもですね」

小鳥「私はもっと一緒に仕事したいです」

社長「まだきまったわけじゃないから、この件はここだけの話にしておこう」




【アイマス】625(りつこ)プロにアイドルを引き抜かれた

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434465134/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/16(火) 23:32:24.64 ID:s6PcnWVv0
P「残ったアイドルは……美希、貴音、響か」

P「フェアリーじゃねえか」

P「あれは961プロのユニットだから世間の目を考えるとトリオ運用は難しいな」

P「ソロ中心で活動していくしかないか」

P「目指せトップアイドル!打倒625プロ!借金返済!」




P「千早と同棲を始めてから他のアイドル達のアタックが凄い」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/02(月) 01:08:58.35 ID:YhvYRhs60
P「ただいま」

千早「おかえりなさい、プロデューサー」

P「はは、家でまでプロデューサーはやめにしようって言ったじゃないか」

千早「そうでした、すみません……あ」
千早「ご、ごめんね? Pさん」

P「帰ったら美人の嫁さんが待ってるなんて、俺は幸せものだな」

千早「そんな……照れます」

P「慣れないうちは敬語のままで構わないよ」
P「肩肘張っていたら疲れてしまうからな」

千早「……はい」ニコ

P「良い匂いだな……今日は?」

千早「はい。Pさんの好きなハンバーグです」

――……プロデューサーとアイドルの恋愛はご法度。業界の常識だ。
 冗談混じりに嫁とは言ったが、千早は高校を卒業したばかりなので入籍はしておらず、同棲という形をとっている。




響「ねえ、貴音、大晦日どうするの?」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/02(月) 23:54:43.68 ID:bcFh+2RV0
響「ねえ、貴音は大晦日はどうするの?」

貴音「私、ですか?」

響「うん」

貴音「私は特には予定はないのですが……」

響「ねえねえじゃあさ、自分とどこかで年越ししない!?」




律子「修羅場」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1565942098/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/16(金) 16:54:59.23 ID:WzUFDAxro

つい先日の事だったんですけど、仕事の資料を忘れたので一旦家に帰ったんです。で、リビングのドアを開けたら丁度休みだった旦那が慌てた様子でいたんですよ。

「ただいまーって、急にバタバタしちゃってどうしたの?」
「え!? な、何でもないよ!」






[ 2019/08/17 06:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(1)

P「世にも奇妙なアイドルマスター」【その5】


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/07(月) 00:09:21.92 ID:KTuVlA6t0
いくつか思いついたんで投下。何回もスレ立てるのもあれだから、そろそろ終わらせたい。

P「古代ギリシアのオリンピアの祭典をもとに開催する事を19世紀末にソルボンヌ大における会議でフランスのクーベルタン男爵によって提唱、決議されたもの、それがオリンピックです」

P「アスリートたちがしのぎを削り、国の代表として頂点を目指す、スポーツの祭典です。今年もロンドンでありますね」

P「それにちなんで、オリンピックと名のつく物はたくさんあります。数学オリンピック、情報オリンピック。そのいずれも、その分野の頂点を決めます」

P「この物語の主人公も、あるオリンピックに出ることになります。一体、何で頂点を決めるのでしょうかね?」

どんがらがっしゃーん

P「あらま」




真「雪歩も意外とおっぱい大きいよなぁ……」雪歩「ひゃあっ!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/24(土) 06:37:02.22 ID:u6fO/ThC0
真「うーん……」

雪歩「難しい顔してどうしたの、真ちゃん?」

真「雪歩も意外とおっぱい大きいよなぁ……」モミッ

雪歩「ひゃあっ!?」

真「あずささんや貴音ほどのボリュームはないけど、形も良いしこれはこれで……」モミモミ

雪歩「ま、真ちゃん……駄目だよぅ、こんな所で……やぁんっ!」




美希「あぁーーーっ!! 二人とも何してるの!?」




伊織「私のそっくりさんのDVD?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/15(土) 03:23:17.89 ID:YGJFe9WF0
P「……伊織……」

P「…………」

P「……最低だ、俺って……」




ページランキング