ヘッドライン

伊織「第77回 765プロ妹会の会合を始めるわ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532002347/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/19(木) 21:12:27.69 ID:m8QlLbgm0


注・765プロ妹会とは
765プロの妹メンバーのみで構成された会のことである



亜美「わーー」パチパチパチ

響「わーわー」パチパチパチ

美希「あふぅ」フワ~

伊織「なお、今回の司会進行役は私、水瀬伊織がさせていただくわ」

亜美「おなしゃーーす」

響「やっぱり伊織が進行役だと場が引き締まるなあ」

美希「そんなことよりお腹がすいたの、デコちゃんお菓子」





P「クリスマスキャロルに包まれて」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1387983521/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/12/25(水) 23:58:41.36 ID:Uqtxv6Wn0


25日
午後5時
BBSテレビ本社

「今日の収録は、これで終了です、765プロの皆さんも、クリスマスだと言うのに本当にお疲れ様でしたー」

クリスマスと言えど、収録はある。
今日は新春番組の収録の大詰めだった。
春香、千早、美希、つまりは『生っすか!サンデー!!』のコーナー収録が今終わったところだ。
本来であれば、もう12月も半ばには撮り終わっている筈のものだが、色々と『大人の事情』という奴だ。

「お疲れ様です、プロデューサーさん」

「ああ、春香もお疲れさま。千早、美希も」

「むーっ、プロデューサー。折角のクリスマスなのに、ミキ達にお仕事入れるなんて、デリカシーが無いって思うな」

「いや、本当にすまん…いろいろ出演者の変更とかが重なってなぁ」





[ 2018/07/19 02:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

響「プロデューサーとは合意の上だったんだ……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376233204/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/12(月) 00:00:05.21 ID:WFe6NyD40

響「……その日はもう、夜遅かったんだ。
  自分が事務所に帰ってきたときにはもう電気も消えてたし、誰もいなかった。
  仕事上がりで疲れてたし、自分も忘れ物だけ取ってさっさと帰るつもりだったんだ」

周囲「……」

響「そしたら、その時……
  何か寝息が聞こえてきたんだ。
  電気も消えてるし、おかしいな、って思って、自分そーっと奥の方に進んでったさ。そしたら……
  プロデューサーがソファの上で寝てることに気づいたんだ」

周囲「……」

響「自分びっくりして、でもすぐ落ち着き取り戻して、プロデューサーも疲れてるんだなあとか思ってなんかホッとしたさ。
  多分、ちょっとソファで休むつもりがそのまま寝ちゃったんだろうなあ、とか考えてさ。
  しばらくプロデューサーの寝息聞きながらそこに座り込んでたんだ」

周囲「……」

響「すっごい静かでさ、ちょっと虫の鳴き声が聞こえるぐらいかな。
  事務所でこんな静かだったことなくて、すごく新鮮で……
  なんていうか、いつもと違う場所にいるような気分だったさ。
  全然別の世界にいるような気がしてたんだ」

春香「挿入まだ?」

律子「黙りなさい」





[ 2018/07/18 02:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(1)

千早「おかえりなさい、プロデューサー!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373110760/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/06(土) 20:39:20.32 ID:Ul0G3JMd0
P「ただいま」

千早「ふふ、今日は遅かったですね」

P「・・・なあ、千早?」

千早「はい、なんですか?」

P「どうして俺の家にいるんだ・・・」




[ 2018/07/15 02:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

春香「......律子さんたちさぁ......」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531397462/

1 : ◆pvi4t7el1QeD 2018/07/12(木) 21:11:03.24 ID:jCW3B3Qb0


How do you like 765 pro?




2 : ◆pvi4t7el1QeD 2018/07/12(木) 21:12:08.06 ID:jCW3B3Qb0


春香「律子さんたちさぁ......」


春香「なんで必ず4人部屋押さえてんの?」


春香「ちょっと、気になってるんだけどね......」


律子「......どうしたの春香、あんたそんな言葉使いする子じゃないでしょ」


春香「いやいや私ちょっと怒ってるんですよね......」


律子「時々敬語に戻るのが何とも春香らしいわね」


春香「......」


律子「......まぁでも何よ?」


春香「いや、私たち一言でも言いました? 4人部屋にしてくれって......」


律子「......」


春香「どっちかっていうと私たちは常に、シングルを押さえてって言ってますよ?」






春香「ドジな私とドジなプロデューサーさん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1368178915/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/05/10(金) 18:42:42.83 ID:HDKFMiKS0
朝早く、まだ日も出ていない頃、私は自転車に乗っていた。

もう桜が咲く季節だと言っても、この時間帯は風が冷たく肌寒い。

それでも私はこの時間が好きだった。

なんだか意識が安らいで、穏やかな気分になれるからだ。

暫くすると駅に辿り着いた。

自転車を停め、小走りで改札を通る。

どうやら少しばかりゆっくりし過ぎたようだ。

このままでは電車に乗り遅れてしまう。

「――って、きゃあ!」

何もないところでこけてしまった。

はぁ……またやっちゃった。み、見られてないよね?

膝を地面に着けたまま辺りを見回してみるが、駅の中には私以外姿がない




[ 2018/07/12 08:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

P「これを」やよい「カボチャぱんつですか?」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/31(水) 22:35:18.99 ID:93GX1VtI0
P「さあ、着替えるんだ」

やよい「でもこれぱんつですよ? スカートからはみ出て恥ずかしいです」

P「違う、ドロワーズ」

やよい「どろわーず……」

P「ドゥオーロ、ゥウォアズ」

やよい「どろわーず」

P「見られてもいいパンツ、ドロワーズ」

やよい「ドロワーズ……へー、そうだったんですかー」

P「さ、着替えて着替えて」

やよい「分かりましたけど、ここで着替えるのはちょっと」

P「問題ない」

やよい「ありますよー!」

P「おれ、うしろ、むく。ぱんつ、みえない」

やよい「うう……鼻息が荒いですー」




[ 2018/07/12 02:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(1)

雪歩「一緒に歩く道」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1365343598/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/07(日) 23:07:43.62 ID:gVb9Xpc80
「今日、新しいプロデューサーが来るらしいよ」

真ちゃんがそう言ったとき、私は驚きよりも、期待よりも、まず先に怯えを感じていた。

「そ、その人って……」

恐る恐る口を開くと、真ちゃんは苦笑を浮かべる。

「男の人、だね」

ああ、やっぱり。

なんだか頭がくらくらしてきた。

「だ、大丈夫だって! きっと優しい人だよ」

曖昧に頷いて応える。

真ちゃんのフォローももう何度目だろうか。

前も、その前も、そのまた前も。

同じ言葉をかけてもらって、同じ結果に終わって。

未だに私には担当プロデューサーがいない。




[ 2018/07/11 18:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

雪歩「夏だしノースリーブにしなきゃ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531228494/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/10(火) 22:14:55.04 ID:bTQix80D0


春香「zzz~zzz~」

雪歩?「春香ちゃん春香ちゃん」

春香「zzz~zzz~」

雪歩?「起きて、春香ちゃん」

春香「zzz~はぶっ……あれ?雪歩?」

雪歩?「ふふ、おはよう春香ちゃん」

春香「え?なんで……ここにいるの?確か私の部屋……」

雪歩?「ふふふ、それはね……」


ユキホエル「私は雪歩じゃなくて、天使ユキホエルだからだよ」バサッバサッ

春香「ああ~なるほどね~……ごめん、答えてもらったのに、全然意味がわからないんだけど」





真「ボクの織姫様」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530964783/

1 : ◆pvi4t7el1QeD 2018/07/07(土) 20:59:43.33 ID:UQMVajfD0

P「一時間後から撮影だ。それまでここで待ってくれ」

春香「はい!」

真「はーい!」

P「じゃ、後でな。俺はディレクターと打ち合わせしてくるから.....」


ガチャ


春香「......ふぅ、なんか急だったね今日の撮影が決まったの」

真「そうだね、もともとの女優さんと俳優さんが急遽出られなくなったところをプロデューサーが取ってくれたみたいだけど......」

春香「そうだったんだ......」

真「うん...... あ、あったかいお茶とかいる、春香?」

春香「あー、うん! じゃあもらおっかな......」

真「おっけー...... ボクは......水にしとこっかな......」

春香「......」






ページランキング