ヘッドライン

武内P「ノンケの証明」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1602379126/

1 : ◆SbXzuGhlwpak 2020/10/11(日) 10:18:46.12 ID:3tMV5qMAO
注意事項

・武内Pもの

・武内Pもの







ワイワイ、ガヤガヤ


武内P「ここは……法廷?」


「今日は誰?」

「ほらあそこ。あの顔が怖くて大きい人」

「あ、CPのプロデューサーじゃん。何やらかしたんだろ」


武内P(噂で聞いたことがあります。346プロの地下6階には、プロデューサーとして許されざる者を裁く場所があると)

武内P(12歳のサッカー好きの少女をお城のようなホテルに連れて行った者は、メキシコ送りになったとか)

武内P(黒服の男たちに無理矢理連れてこられた法廷のような場所……まさか噂が本当だったとは)

武内P(しかし……なぜ私が? 心当たりはないのですが)

まゆ「心配しなくても大丈夫ですよ、CPのプロデューサーさん」

武内P「佐久間さん!? 佐久間さんは私がここに連れてこられた理由をご存じなのですか?」

まゆ「はぁい。まゆは今回弁護士の役割を与えられていますから。CPのプロデューサーさんにかけられている疑惑が何であるか、そして無実であることもちゃーんと知ってますから」

武内P「そ、そうでしたか。よろしくお願いします。それで、私にかけられている疑惑とは――」


『来たぞっ!!』


ザワ……ザワ……!


武内P「……ッ!?」

まゆ「……検察官役の方が来たようです。気をしっかりもってください。何せあの人は――」



――ホモは嘘つき

――大胆な告白はホモの特権

――疑わしきは腐女子の有利に



まゆ「この三つの原則を駆使し、数えきれないほど多くの男性にホモの烙印を背負わせた人……っ」

由里子「大西由里子……推参。今宵こそは、まゆPとCPのプロデューサーの赤裸々な関係を証明してみせるじぇ!」

武内P「」





佐久間まゆ
http://i.imgur.com/3ZsN97I.jpg

大西由里子
http://i.imgur.com/TQozyrl.jpg




日野茜「近寄らないでください文香ちゃん!!!」鷺沢文香「!?!?!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1595084957/

1 : ◆5AkoLefT7E 2020/07/19(日) 00:09:18.09 ID:TyUhG/fh0

~事務所~


塩見周子「うへぇ……暑い……」パタパタ

周子「でもマスク外せないし……まぁあたししかいないけど……」

ガチャ

日野茜「おはようございます!」

周子「おー、茜ちゃん。おつかれー」

茜「周子ちゃん!! お久しぶりです!!!」

周子「ねー、なかなか事務所にも来れなかったもんね」

茜「事務所、私も久しぶりに来ました!」

周子「あ、流石に茜ちゃんもマスクしてるんだ」

茜「はい! お隣、いいですか!」

周子「おっと茜ちゃん、それは”密”だよ」

茜「はっ! そ、そうでした……!」

周子「茜ちゃんは距離感が近いし、気を付けなきゃね? 今までは家にいたかもだけど、この先はだんだんお仕事も再開するから」

茜「はい! ……あれ?」ガサゴソ

周子「どしたん?」

茜「あ、いいえ! 水筒がなくて……忘れちゃったのかな……?」

周子「あー、ホントならシューコちゃんのお茶を飲ませてあげたいけど……」

茜「いえいえ! ちょっと自動販売機で買ってきます! 周子ちゃんは……」

周子「まだ余ってるから平気。ありがとね」

茜「では行ってきます! 荷物、見ておいていただけると!」

周子「いってら~」フリフリ

ガチャ

周子(マスク越しでも茜ちゃんは元気だねー)

周子(あたしもお茶飲も……)

「あ! 文香ちゃん!!! おはようございます!!!」

周子(うわ! びっくりした……廊下に文香ちゃんがいたんだね)ゴクゴク

「……--……--」

周子(ま、さすがにここからじゃ文香ちゃんの声は聞き取れないけど)ゴクゴク

「はい! お茶を買おうと!!!」

周子(ってか逆に茜ちゃんの声が聞こえすぎなんだよね……)ゴクゴク

「あ!!! 近寄らないでください文香ちゃん!!!!!」

周子「ブフゥーーーッッッ!!!!!!!!」






新田美波「ハンサムPさん?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1401462617/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/05/31(土) 00:10:17.98 ID:A7hbtNJv0
文香「……お疲れ様でした」ペコリ

美波「お疲れ様でした! お仕事楽しかったね!」

文香「……そういえば」スッ

美波「? なあに? そのメモ」

文香「……さっきスタッフさんから連絡がありまして……。ファンイベントに向かってほしいと……」

美波「そんなのスケジュールにあったっけ?」

文香「なんでも、事務所の方から緊急で連絡が来たと……」

美波「まあ、いいか♪ あと一本、頑張ろうね!」




[ 2020/07/10 22:25 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

武内P「ホモのショックで記憶が」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1593212226/

1 : ◆SbXzuGhlwpak 2020/06/27(土) 07:57:06.53 ID:6UUG/lssO
注意事項

・武内Pもの

・武内Pもの





アーニャ「プロデューサー……」

ダダダダダダダダッ、ガチャッ

美波「アーニャちゃん!」

アーニャ「美波!? 来てくれたのですね」

美波「プロデューサーさんが倒れたって話は――プロデューサーさん!?」

武内P「」チーン

美波「こんな……脂汗を流しながら、うなされてる。早く医務室に、ううん、救急車を!」

アーニャ「アー、待ってください美波。その前に、プロデューサーが倒れた原因を見てください」

美波「原因? この様子だと働きすぎ――でも今朝会ったときはそんな様子は見られなかったし、誰か重いことを言い過ぎて胃に穴が!?」

アーニャ「プラーウダ……真実はこの、グリモワールに刻まれています」

美波「この本は……」



まゆP「ホモを取り戻せ」
原案:大西由里子
作画:荒木比奈



美波「あっ……(察し)」

アーニャ「プロデューサーは、このグリモワールに刻まれたウージャス……ボウトクテキ? メイジョウシガタイモノ? を見てしまい、倒れてしまったのです」

美波「……」ペラペラ

アーニャ「!!? いけません美波!」



♂ ♂ ♂



性紀末吸精主まゆP「武内! きさまの精●一滴もこの世には残さぬ」

性帝武内P「ホモなど見えない! ホモなどわからぬ! ホモなど終わらせる!」

武内P「滅びるがいいホモとともに!」

まゆP「ホモは死なぬ!」



♂ ♂ ♂



アーニャ「美波!? たいへんです美波!?」

美波「待ってアーニャちゃん! プロデューサーさんの濡れ場がまだなの! まゆPさんとくんずほぐれつはしているけど、肝心の濡れ場はまだなの! プロデューサーさんの聖帝十字陵が、まゆPさんに天破活殺されてないの! 敵は全て下郎(アへ顔ダブルピース)がまだなの!」

アーニャ「ニェーット! プロデューサーが目覚めそうなんです!」

武内P「う、うう……」



アナスタシア


新田美波





モバP「頼子、〇〇と仲良いんだよな」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1391922417/

1 : ◆m1/9P3R/Ihfa 2014/02/09(日) 14:06:57.77 ID:epcMwQzq0
モバP「頼子、〇〇と仲良いんだよな」

Pが頼子さんから他のアイドルとの交友関係を聞くSSです
Pとのイチャラブ要素、アイドル同士の百合っぽい関係もややあります
複数回投下する予定ですが、投下感覚はそれなりに空きます
次回作の予定が変わってごめんなさい





プロデューサーとアインフェリアと壁ドンと

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590588222/

1 : ◆WO7BVrJPw2 2020/05/27(水) 23:03:43.16 ID:2W1HMdpE0



※BAD END



――事務所

相葉夕美「う~ん……」

モバP(以下P)「どうした夕美。悩み事か?」

夕美「あ、Pさん、おはよ。これね、この前貰ったドラマの台本なの」

P「ああ、準ヒロインだから出番も多いだろ」

夕美「うん、だからしっかりやりたいんだけど……ちょっと分からないところがあって」

P「なんだ、台本の解釈的な?」

夕美「ちょっと違う、かな……主人公の友人のプレイボーイに迫られるシーンがあるんだよね」

P「ああ」

夕美「それを、軟派な人になんか興味ないって断るの。それ自体は分かるんだけど……」

P「けど?」

夕美「私そんな経験ないから、実際に迫られたときの気持ちって、よく分からないなって」

P「ナンパされたことってないのか」

夕美「あー、無いこともないんだけど……台本みたいな強引なやり方じゃないんだよね。しつこくすると嫌がられるってわかってるんだと思う」

P「へぇ」





文香「プロデューサー、今お時間大丈夫でしょうか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1580781565/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/02/04(火) 10:59:25.74 ID:vQQcUK6O0
周子「おはよー文香ちゃん」

奏「あ、文香おはよう」

文香「あ、もしかして打ち合わせ中でしたか?」

P「あ、今終わったところだから問題ないよ。で、どうした?」

文香「実は最近、プロデューサーの食生活が不安定だとお聞きしまして、料理を作ってみたんです」

P「え?珍しいな」

文香「実は最近ハマっておりまして…プロデューサーに食べていただきたいのですが…」

P「もちろん食べさせてもらうよ。俺もそろそろ改善しないととは思ってたところだからな」

P「あ、お前らはどうする?」

周子「い、いや私たちはいいよ」

奏「打ち合わせ前に食べてきたから」

P「そうか。じゃあいくか」

文香「あ、その前にありすちゃんのところによっていいですか?この前私が貸した本そろそろ読み終えたと思うので」

P「わかった。じゃあ行くか」

かなしゅー「「…」」

かなしゅー((プロデューサー、ご武運を!))




[ 2020/02/04 14:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【デレマス】千川ちひろ「アイドル風俗『しんでれらどりーむ→NEXT』」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1577883664/


1 : ◆q4ctS9nNro 2020/01/01(水) 22:01:04.07 ID:PpEaSeqBO
『……許可を得ずにサービスを伴う接客をさせていたとして☓☓☓区にある風俗店が摘発されました』

 テレビから流れるニュースに耳を傾けながら、俺は友人からもらったアヤシイ風俗店の会員カードを眺めていた。

「アイドル級の女の子か……」

 その会員カードをくれた彼はそう言っていた。だが電話番号もURLも書かれていない住所だけのカードに違和感を覚えていた。

「あぁ~」

 ムラムラする。その欲望がお店に行った理由だった。

──




ページランキング