ヘッドライン

モバP「悩んでいる奈緒の気晴らしに付き合う」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499273336/


1 : ◆JBqI9RdT/Q 2017/07/06(木) 01:48:56.68 ID:uIwpw62u0
▼前作
モバP「仁奈が旅行券を握り締めてやってきた」

▼関連SS
モバP「美穂の演技練習に付き合う」

※予告したのとタイトルを変えています


飛鳥「そう...あれは二週間ほど前の、出来事だったかな...」

飛鳥「美穂さんがモバP(以下P)の助力を得て、演じる役割への理解を深めようとしていたんだ」

飛鳥「それを知ったボク、夕美さん、智絵里さんは二人を見守る事にしたんだ」

飛鳥「その道中にライラさん、奈緒さん...卯月さんが加わって」

飛鳥「一緒に行動し...その行く末で」

飛鳥「悲劇が起こったのさ...悲劇の犠牲は、奈緒さん」

飛鳥「悲劇の中身は、奈緒さんの秘匿していた禁忌が暴かれてしまったのさ....」




奏「どうして私達が怒ってるか…分かるかしら?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500292185/

2 : ◆TDuorh6/aM 2017/07/17(月) 20:50:25.72 ID:9jSn4k0kO


奏「どうして私が怒ってるか…貴方に理解出来るかしら?」

P「唐突」

奏「物事と言うのは、常に突然始まるものよ。そう…ラブストーリーの様に」

P「…カルシウム不足か?」

奏「…貴方のそういうところよ」

P「いやそれより前は会話してないじゃん」

奏「ありふれたラブストーリーなら、ここで男性はその理由を当てるか外すわ」

P「2/2じゃん」

奏「なのに、貴方は当てようともしなかった…ふふっ、映画の様には思い通りにいかないところ、よ」

P「でも奏って恋愛映画あんまり観ないだろ?」

奏「だったら、一緒に観に行ってくれる?」

P「…お前最初から誘いたいだけだっただろ?」

奏「さぁ、どうかしら?当てるか外すかしてみたら?」

P「まぁ俺しばらくずっと休み無いんだけどさ」

奏「…ふーん…貴方、そんな事言っていいのかしら?」

P「…何かあるのか?」

奏「怒るわよ?」

P「怒ってたんじゃないのかよ」





鷺沢文香「遣らずの雨」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500128405/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/15(土) 23:20:06.01 ID:nGBjmZlt0
デレマスの鷺沢文香さんのSSです。地の文多めです。
普段は渋で活動しているので、こういう形で投稿するのははじめてになります。
至らない点がありましたらご容赦ください。


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/15(土) 23:22:41.71 ID:nGBjmZlt0
覚悟はしていたのだ。

プロデューサーさんにスカウトされアイドルになると決心したあの日から、私は想像の及ばない困難が待ち受ける世界に足を踏み入れたのだと。

演技もダンスも歌も経験はない。運動も人付き合いも、笑顔を見せることすら不得手である。そんな私がアイドルの道を目指したのだから、苦労しないわけがない。そう覚悟はしていた。

しかし、こんなことになるなんて聞いていなかった。




[ 2017/07/17 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

晶葉「できたぞ助手! アイドルがメス犬になるスイッチだ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1487501571/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/19(日) 19:52:52.07 ID:Akj/eCzC0

 ・下品です


晶葉「できたぞ助手! アイドルがメス犬になるスイッチだ!」

P「さすがあきえもん! 倫理も道徳も超越した悪鬼のごとき所業を平然とやってのけるゥ!!」

晶葉「マッドサイエンティストA・Iに不可能はない! しかしこのスイッチはまだ開発途上! よって助手に試験運用を命ずる!」

P「鬼畜博士! 鬼畜博士!」

晶葉「ふはははは! 口では非難しつつも助手の目は爛々と輝いているではないか! では受け取るがいい、これがメス犬スイッチだ!」

P「やめろぉ! ナイスぅ!」ポチッ

晶葉「ためらうことすらなく押したな、助手!」

P「………………?」ポチポチ

晶葉「?」

P「いやここはお前、わんわんって甘えてくる展開だろ後鳥羽JK」

晶葉「島流しにするぞ。生憎とそのスイッチはアイドルの犬属性値に比例して効果を発揮するように作った」

P「何だよその属性値は!」

晶葉「ちなみに私だとこの程度がせいぜいだな」ピョコン

P「犬耳ぃぃぃいいいいいい!!! あきえもんの頭に犬耳ぃぃぃいいいいい!!!!!!! 天才か!!!!!」

晶葉「言うまでもなく天才だが? おっと助手、今ちょうど犬属性アイドルが事務所のソファで全裸でメス犬になっているようだぞ?」

P「乗るしかないこのビッグウェーブに!!!」





鷺沢文香「愛と妄執のファムファタル」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1499777083/

1 : ◆agif0ROmyg 2017/07/11(火) 21:44:43.74 ID:sMd6jM2r0
アイドルマスターシンデレラガールズの鷺沢文香のR18SSです。





「痴人の愛」という小説があります。

いわゆる耽美派の小説のなかでも最も有名な作品のひとつで、簡単にあらすじを要約すると、「自ら見出して育てようとした美少女に、逆に支配されるようになる男性の話」です。

作品の冒頭、主人公は「あまり世間に類例がないだろうと思われる私たち夫婦の間柄」「恐らくは読者諸君にとっても、きっと何かの参考資料になるに違いない」などと言っています。

私のような内向的な人間が、あのような魔性の魅力に満ち溢れたファムファタルの生き様を参考にするなど、到底不可能だと思ってはいたのですが。

不可能だからと言って心惹かれないわけでもありません。

実際、お気に入りの小説の一つです。

一度、私を担当してくれているプロデューサーさんにお貸ししたこともあります。

「ところどころ感情移入しがたい場面もあったが、ストーリーラインの上では、身につまされることもあった」とのことでした。

女の私とは注目する点が当然異なっていて、2つの視点から小説の内容について語り合うのは大変興味深く、また私の読解力を高めてくれるものでもありました。

聞けば確かに、アイドルのプロデューサーをしている人にとって見れば、地味で目立たなかった女を見つけ出して育てるのは、本業であり本望であることでしょう。

私、アイドル鷺沢文香も、そうやって見つけてもらったものの一人です。

彼に声をかけてもらうまで、私は自分の魅力や女性性について全く意識を向けてきませんでした。

ひたすら自分の好きな本を読みふけり、外へ出ることも少なかった私ですが。

プロデューサーさんの献身的な仕事ぶりのおかげで、近頃人気が出てきているようです。



そんなある日。

大学の廊下を歩いていた時、空き教室の中から話し声が聞こえてきました。

立ち聞きするつもりはなかったのですが、話題がなんと私のことだったので、つい聞き耳を立ててしまいました。

男子学生が数人集まって、話しているのはアイドル鷺沢文香のこと。

いわく、「エロい」「やりたい」「声かけてみろよ」「俺らじゃ相手にされねえよ、ほとんどしゃべらんし」「どうせ業界の、俳優なりエライさんなりが手ぇつけてんだろ」「清純そうなのはフリだけか、芸能人ってのはこれだから」、その他もろもろ。

ほとんど会話したこともない相手に、よくここまで言えるものです。

感心してしまうくらいですが、それ以上に私の心は揺らぎました。

一人ならぬ男性から、女として、性欲のはけ口として見られていると改めて自覚すると、それまでに感じたことのない衝撃があったのです。

確かに、アイドルとして水着や、露出度の高い衣装を着ることはしばしばありましたが。

どちらかというとそういうのはもっと、こう……健康的な人の領分だと思っていました。

普通の女の子なら、たとえアイドルでなくとも、同世代の人間との付き合いの中で女性として見られることに慣れていくものなのでしょう。

しかし私にはそういった経験が全く欠けていて、この年になってやっと、こんな唐突で下世話な形で理解させられてしまったのです。

心臓が高鳴って、気づかれないようそっとその場を立ち去るのも一苦労でした。

よくよく考えてみれば、私はもうアイドルなんですから。

あんな風に扱われるのも、ある意味では当然でしょうね。

私の同僚の中には、自ら煽り立てるような言動を取る方もいらっしゃいます。

自分の良い所、美点をアピールするのが私より上手い人はいくらでもいます。

実際、アイドル鷺沢文香を売り出すにあたって、私が貢献できていることはあまり多くありません。

ほとんどの部分で担当のプロデューサーさんに頼りきりで……

と、いうことは、世間の人が私を欲望の対象として見ているのは、プロデューサーさんの想定通りということでしょうか。

だとしたら当然、プロデューサーさんも、私をそういった……いわば、女性、女として見る視点は持ち合わせているはずで。

そこまで考えて、首筋の毛が逆立ちました。

書店のカウンターで本ばかり読んでいた私に声をかけて、全然縁がないと思っていた世界に連れ出してくれて、見たこともないものをたくさん見せてくれたプロデューサーさん。




フレデリカ「キャンプごっこ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499670568/


2 : ◆TDuorh6/aM 2017/07/10(月) 16:10:08.56 ID:hQRIeXxpO


フレデリカ「フンフンフフーン、ファイヤー!」

杏「え、キャンプでも行くの?」

肇「流石に今月は2日以上の連休はありませんし、厳しくありませんか?」

文香「…そう、ですね…来月になれば、そこそこ休みはありますが…」

杏「まぁありがたい事でしょ、仕事が無いよりはいいよ」

肇「……」

文香「……」

フレデリカ「…杏ちゃん最近ちゃんと休めてるー?」

杏「張り倒すぞ特に肇ちゃん」






鷺沢文香「一番大きな向日葵は」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499676812/

2 : ◆TDuorh6/aM 2017/07/10(月) 17:54:53.41 ID:hQRIeXxpO


「さて!文香ちゃん、到着しました!!」

「ふぅ……長い道程でした。ですが、ついに……」

 本日の天気は快晴中の快晴。
 雲一つない一色の空は、何処までも広がっていて吸い込まれてしまいそうです。
 七月に入って初めての屋外での撮影でしたが、雨が降る事無く終わらせる事が出来て良かったです…が。
 梅雨の湿気とバトンタッチしたかの様に、火傷しそうな猛暑と日光が私達に降り注いでいます。

 日焼け対策の日傘を畳み、私は木陰に座り込みました。
 葉の間から漏れた陽の光は、私の足元まで降り注ぎます。
 風の心地よい涼しさと足元からの温もりは、少しずつ私の体力を回復させてゆきました。
 茜さんは、立ちっぱなしどころか今にも走り出しそうな表情をしていますね。





フレデリカ「トランプレゼンごっこ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499588995/


2 : ◆TDuorh6/aM 2017/07/09(日) 17:30:30.79 ID:yDGiwDkhO



フレデリカ「フンフンフフーン、復習」

肇「フレデリカさん、漢字間違えてますよ」

フレデリカ「なんとぉ!今回は本当に復習なんだー」

杏「バカな…フレデリカちゃんの口から、そんな単語が…」

文香「それで…一体、何の復習を…」

フレデリカ「アタシ達に足りて無いモノってなんだと思う?」

杏「ツッコミ」

肇「常識」

文香「落ち着き」

フレデリカ「そー!通販力!!」

杏「誰も言ってないよ」






鷺沢文香「手紙を添えて、貴方に添う」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499352664/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/06(木) 23:51:04.46 ID:rmr36/IDO
 プロデューサーさん。

 私は貴方が好きです。

 私は貴方が大好きです。

 私は貴方を愛しています。

 好き。好きでした。好きです。

 大好き。大好きでした。大好きです。

 愛している。愛していました。愛しています。

 好き。大好き。愛している。私は貴方のことを想っています。



 初めて顔を合わせた時、初めて言葉を交わした時、初めて身体を触れ合わせた時、

 私は貴方を好きになりました。

 顔を合わせる度、言葉を交わす度、身体を触れ合わせる度、

 私は貴方を大好きになりました。

 春夏秋冬、十二の暦、毎時毎分毎秒、

 貴方のことを考え、貴方という人を描き、貴方という人のことを想い、

 貴方と共に在る瞬間ごと、貴方と共に在れない瞬間ごと、貴方を知ったその時から今に至るまですべての瞬間ごと、

 私は貴方を愛するようになりました。

 貴方への愛を深め、強くして、どこまでも果てさえないほどに高めていきました。

 好きになりました。大好きになりました。愛するようになりました。私は、貴方を想うようになりました。




[ 2017/07/07 02:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【モバマスSS】モバP「プロデューサーってのは、アイドルの犬だと思うんだ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499088893/

2 : ◆51zZD3JOeE 2017/07/03(月) 22:35:26.19 ID:yScMtxCQ0

モバP(以下P表記)「アイドルとプロデューサーの関係ってなんなんだろうなって、考えることがたまにある。単なるビジネスパートナー? いや、俺達の関係はそんな浅い物じゃないと思うんだ。俺達の間には、信頼や信用、そして友情や愛情ってものがあるはずだ。じゃあ友達の関係か? それとも恋人か? いやそんなものでもない」

P「俺達プロデューサーってのは、アイドルが輝くために何でもするのが仕事だ。光を浴びて輝くアイドルをもっと輝かせるために、光の向きを変えたり、光量をもっと強くしたり……そうやってアイドルに全力をもって尽くすのがプロデューサーの仕事だって思う」

P「そう考えたら、俺はある一つの結論にたどり着いたんだ。」

P「プロデューサーってのは従順で忠実な……アイドルの犬なんだ」

P「ということでだ」

P「俺のご主人様になってくれないか?」





ページランキング