ヘッドライン

美波・夕美「「新人さん?」」文香「警戒せねば……」クワ-

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1555248492/


1 : ◆hAKnaa5i0. 2019/04/14(日) 22:28:13.29 ID:YXH0zjMo0
陽気な清楚と7人の新人

2 : ◆hAKnaa5i0. 2019/04/14(日) 22:29:51.02 ID:YXH0zjMo0
(事務所)

美波「新人さんがくるみたいよ! 夕美ちゃん!」カッ!

夕美「新人さんがくるみたいだね! 美波ちゃん!」カッ!

2人「「どんな子たちだろう!!」」バ-ン!

美波「まだ顔は合わせてないけど7人も入ってきたらしいのよね。新人さん」

夕美「私も全然知らないけどどんな人たちなのかな。新人さんたちは」

美波「どんなタイプでも歳下で私を慕ってくれる子なら大歓迎よ」フフフ

夕美「うんうん。私も尊敬されたい。『夕美さんのこといつもテレビで見てます』とか『尊敬してます』とか『可愛いです』とか言われたいなぁ♪」ニコ-

美波「ふふふ。きっと言われるわよ。顔を合わせるのが楽しみね♪」

夕美「そうだね! 今日ここに来るみたいだから優しくしてあげよう!」

アハハハハ♪
ウフフフフ♪




【モバマス】池袋晶葉「出来たぞ助手!!アイドル触手機械姦マシーンだ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1552994422/

1 : ◆q4ctS9nNro 2019/03/19(火) 20:20:23.44 ID:kGrsF8FTo
モバP「ラボに呼ばれて来たんだが、この箱はなんだ?」

晶葉「どうだ?凄いだろう?」

モバP(それは棺桶の形をした箱だった……フタの部分はガラスになってる)

晶葉「なんと中に入ったアイドルがこの機械によって陵辱される、触手もあるぞ」ドヤァ

モバP「……」


モバP「さすがに今回のはヤバいから今すぐ破壊しろ」


晶葉「ほぉ~このマシーンは、助手のパソコンにインストールされているゲームを参考にしたんだがな」

モバP「!?」




美波・夕美「「Pさんに膝枕をしてもらうよ!」」文香「承知…」キラ-ン

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1552313043/


1 : ◆hAKnaa5i0. 2019/03/11(月) 23:04:03.88 ID:aVj3tcbM0
(事務所)

美波「プロデューサーさんに膝枕をしてもらうわよ! 夕美ちゃん!」カッ!

夕美「プロデューサーさんに膝枕をしてもらおうね! 美波ちゃん!」カッ!

2人「「やるよ!」」ガシッ!

文香「おはようございます……美波さん……夕美さん……普段の浅ましさ全開の願いと比べて……今日は随分とハードルを下げてきましたね……」ヒョコリ

美波「おはよう文香さん。今回の私たちは堅実さが売りなのよ」

夕美「おはよう文香さん。今回の私たちは確実な勝利を狙いにいくんだよ」

文香「ふむ……なるほど……目的が明確であることはわかりましたが……どうして数ある行為の中で膝枕を選んだのか……教えていただけますか……?」

美波「もちろんよ。あれは昨日のことでね……」





荒木比奈「超能力バトルゲーム!2ッス」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1381673546/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/10/13(日) 23:12:26.52 ID:yTngWqf50
※モバマスSSです。

モバマスと、その他複数の作品の情報が出てきます、ご注意下さい。

知らない作品でも、もしかしたら楽しめるかも?

詳しいルール、前作はこちら↓

モバP「超能力バトルゲーム?」

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2013/10/13(日) 23:13:07.48 ID:yTngWqf50
(事務所)


荒木比奈「…ふぁ~、暇ッスねー」ダラー

P「ん~、今日はもう仕事終わったしなー」

比奈「そこそこの休みにそこそこの仕事、これぞ至福ッスわー」シミジミ

P「齢20が何を言うか…、まぁ間違っちゃいないけどなー」

P「あ、あれやるか。あのゲーム」

比奈「おぉ、いいでスね」ダラー

P「こんなダラダラしてるよりいいだろ、あれ楽しいし。よしっ」ガシッ

比奈「うぁ~」ズルズル




美波・夕美「「バレンタインチョコを作るよ!」」文香「真心込めて…」グッ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1549810953/


1 : ◆hAKnaa5i0. 2019/02/11(月) 00:02:34.30 ID:aQ6QpGKk0
(事務所)

美波「バレンタインチョコレートを作るわよ! 夕美ちゃん!」カッ!

夕美「バレンタインチョコレートを作ろうね! 美波ちゃん!」カッ!

2人「「やるよ!!」」ガシッ!

ニュッ

文香「おはようございます……今日もまた熱意に満ち満ち溢れていますね……美波さん……夕美さん……」

美波「おはよう文香さん! 今年の私はひと味違うのよ! 必ずプロデューサーさんの心と胃袋を鷲掴みにしてみせるわ!」グッ

夕美「おはよう文香さん! 今年の私もひと味違うんだよ! プロデューサーさんを1発で惚れさせちゃうくらいすごいチョコを作るんだから!」グッ

文香「……なるほど……バレンタインデーに賭ける並々ならぬ想いと気概を感じます……料理は不得手ですが……私も負けてはいられませんね……」キラ-ン

美波「ええ、文香さん。チョコ作りは私もサポートするから一緒に頑張りましょう!」

夕美「私も手伝うよ! 友達だもんね!」

文香「……ありがとうございます……お二人の友情にはいつも感謝していますよ……」ニコリ

美波「いいのよ。さて、と。それじゃあ早速話し合いを始めましょうか♪」

夕美「そうだね♪」

美波「文香さん。頼んでおいた材料は用意してくれたかしら?」

文香「はい……例のブツは志希ちゃん経由でひと通り確保しました……」ドサドサドサ

美波「準備万端ね。ではーーー」

3人「「「チョコに何を盛ろうか♪」」」

【大量の志希ラボ産の薬】テ-ン!




【モバマス】ふみふみ「ふみっ、ふみっ」 はじはじ「プクー、プクプクー」

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 2019/01/23(水)02:32:53 ID:jkN
ふみふみ「フミフミ」

はじはじ「プクー」

ふみふみ「フミッ」

はじはじ「プクプク」

ふみふみ「フミ?」

はじはじ「プク?」

モバP(以降P表記…とぶよぉ)「…」

ふみふみ「フミー」キュッ

はじはじ「プクー」キュッ

P「………」

ふみふみ「フミッ」

はじはじ「プクー」

P「…………」

P「なぁ」

志希「んー?」

P「お幾らだね」キリッ

志希「仕事中でも滅多に見ない真面目な顔~」

P「今度は何しくさった」グニィー

志希「ふぁふぁふぁふぁふぁ!」

P「何々?「マスコット化したアイドルを体長30㎝にさせるドモホルンリンクル」薬?貴様また性懲りもなく」グニィー

志希「ひゃふぁふぁひゃふぁふぁ!」

P「てかドモホルンリンクル要素は何だ」グニィグニィー




美波・夕美「「清楚力を取り戻そう!」」文香「押忍…」ビシッ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546870276/


1 : ◆hAKnaa5i0. 2019/01/07(月) 23:11:16.85 ID:a5fJMic00
せい-そ【清楚】
[名・形動]飾りけがなく、清らかなこと。また、そのさま。「清楚なアイドル」「清楚な女子大生」「あのお姉さんたちは清楚だ」
[派生]せいそさ[名]

せい-そ-りょく【清楚力】
清楚に満ち溢れているさま。「ほとばしる清楚力」「彼女には清楚力がない」





鷺沢文香「埃を被る暇も無く」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546436854/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/02(水) 22:47:34.72 ID:JOYNjghK0

きっとこのまま、私は。
私の生涯を、大きな子供のようなままに終えるのだと、そう思っていました。


恐らくは、大学生の身分にまで収まり、先が見えてしまったからなのだと思います。
幼稚園、小学校、中学校、高校。
さしたる変化も成長も無く。
これまでの十数年、『人生の転機』などと言ったものは、一度として訪れませんでした。
多分、このまま叔父の書店を継ぐなりして――



――私の人生は、一冊の本として綴じられる類のものだと、そう思っていたのです。






[ 2019/01/05 06:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)

【モバマス】だいたいなんでも解決してくれる杏ちゃん小品集

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546509581/

2 : ◆ikbHUwR.fw 2019/01/03(木) 19:03:32.88 ID:p8Id/7Jt0
~高垣楓編~

3 : ◆ikbHUwR.fw 2019/01/03(木) 19:04:17.83 ID:p8Id/7Jt0
――事務所内の一室



楓(……少し、時間が空いちゃいましたね)

楓「こんなときは……ふふっ」

楓(窓、カーテン、テーブル、椅子……)キョロキョロ

楓(ドア、ドア……扉、戸……蛍光灯……明かり……)

楓(…………)

楓(…………?)

楓(おかしいですね、こんなはずは……)

楓(落ち着いて、落ち着くのよ楓。ダジャレを言うのは誰じゃ。――よし)

楓「ふぅ……」

楓(…………)

楓(……お、思いつかない!?)




鷺沢文香「待つ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491839053/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/11(火) 00:44:13.88 ID:TewfYlwY0
わたしは、東京のある駅にいました。人をお迎えにあがるのでもなく、古本屋に出向いくのでもなく、ただ、駅の冷たいベンチに座って、改札口をぼうっと眺めていました。




[ 2018/12/28 22:25 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
ページランキング