ヘッドライン

モバP「茄子との出会いが思い出せない」

1 : ◆FPRtZdJjow 2018/10/12(金)00:10:05 ID:XXA
──12月31日 深夜

P「仕事終わらねぇー!」カタカタカタ

ちひろ「職業柄仕方ないとしても大晦日にこれは堪えますね……!」カタカタカタ


P「仕事が、仕事が多すぎる……もう三日寝てない……」スタドリゴクゴク

ちひろ「だからこうなるって言ったんですよ。考えなしにPさんがスカウトしてきたんですから、責任もって面倒見てくださいよ」

P「そんなペット拾ってきたみたいな言い方やめてください」

ちひろ「はぁ、こんな歳になって年越しを職場でなんて……」

P「いいじゃないですか、仕事なくてもどうせ独りでしょ」

ちひろ「お、生きて年を越すつもりがないようですね」

P「すまんて」

ちひろ「もう……別に家族やお友達と過ごせばいいですしー……Pさんとでもいいですし」ボソ

P「w」

ちひろ「刺繍封筒、全部シュレッダーにかけときますね」ガー

P「」




姫川友紀「クリスマスが今年もやって来るー♪」

1 : ◆VMJ7jgxHww4G 2018/10/01(月)00:11:03 ID:S5j


友紀「イエーイ!」ドンドンドンパフパフー


原田美世「・・・茄子ちゃん、友紀ちゃんなんであんな嬉しそうなの?」

鷹富士茄子「さ、さあ・・・?」





鷹富士茄子「できる女」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2018/09/23(日) 22:45:08 ID:dZM.YAXA



 「――あ! お帰りなさーい♪」



 「ただいま」

 「お鞄、預かりますねー」

 「ん、ありがとう」

 「それとも私?」




[ 2018/09/27 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【モバマス】『ギャンブラー』

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456954033/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/03/03(木) 06:33:41.15 ID:XAty6ZpAO
とある公営ギャンブル場にて

レナ『説明は以上・・・それじゃ始めるわよ!茄子さん勝負よ!』


茄子さんは微笑んでいるのみ、私自身が教えた、ポーカーフェイスだ!

しかし勝算はある!その為に色々な策を練って、この場に引きずり出したのだから。

今度こそ!今度こそ!茄子さんに勝ちたい!




鷹富士茄子「どうしてほたるちゃんは私に依存してくれないんですか!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534345829/

1 : ◆5AkoLefT7E 2018/08/16(木) 00:10:29.73 ID:GUGv/I9z0

鷹富士茄子「生まれ持っての不幸体質……! 周りの人を巻き込んでしまう……! そんな中現れた超幸運の女性……! しかも美人」


茄子「”他の人は私を避けるのに、この人は違う……!” 一緒にいるだけで自分まで幸せになる……! 私生活でも優しくしてくれる……! しかも美人」

茄子「こんなの依存するなっていう方が無理じゃないですか!!! 普通に考えて!!!」

茄子「どうして……!? どうしてほたるちゃんは私の家に入り浸ったりテレビのインタビューで”茄子さん……見てますか……? えへへ……”とか言って手を振ってくれたり私がいない時でも思わず私のことを考えてくれたりしないんですか……!?」






【モバマス・R-18】P「茄子さんを孕ませたい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1533491420/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/08/06(月) 02:50:20.89 ID:kFmioDGUO

「……はい?」
「あ、ごめん。聞いてた?」
「それはもう、ばっちりと」

 台所から出てきた茄子さんはお盆を手に持ったまま立ち尽くしてぱちくりと瞬きをしていた。
 風が激しい日だった。時折窓の外から獣の唸り声のような音が聞こえてくる。二人でオフの日を合わせてデートしようと思っていたのに、こう強風だと外へも出られない。まあ、茄子さんはラッキーだから怪我とか気にしなくてもいいとは思うが、プロデューサーとしてそこは徹底しておかなければならない。
 吹くなら緩やかな風でいてほしい。河原とか海原とか、神社の境内とか温泉街とか、茄子さんと行く先々で優しい風に包まれるのが、俺はすごく好きだった。

「手伝うよ。今日は洋風なんだね」
「はい。趣向を変えてみました」

 お盆を受け取って二人分の料理を狭いテーブルの上に並べる。白米・野菜のコンソメスープ・鮭のムニエルにはレタスとプチトマトが添えられていて、普段食べている男料理に比べたら何万倍も華やかだ。

「前から作れたの? レパートリー増やした?」
「はい。いつも和風でしたから舌が飽きちゃうかなって思って……」
「別にそんなことはないけど。でも俺のために勉強してくれたんだ。ありがとう茄子さん」
「は、はい……」

 茄子さんがこうしてご飯を作りに来てくれるようになったのは付き合い始めて間もない頃だった。事務所で差し入れを持ってきてくれることは何度かあったが、男女の関係になってからは家にまで作りに来てくれるようになったのだ。学生時代から白米・味噌汁・野菜炒めの三点セット以外作ったことがない俺にとって茄子さんの手料理は高級レストランの料理も同等だった。いや、確実にそれ以上だ。極めて庶民的な俺が高級レストランなんて行ったところで緊張して味がわからないだろう。家で食べる安心感。そして愛する人が作ってくれる料理。それらの意味で茄子さんの手料理は世界で一番なのだ。
 それにしても、和気藹々と話しているはずなのに何故か茄子さんはぎこちない。どことなくそわそわしているようにも見える。お腹が空いたのだろうか。確かに良い匂いだし、食欲がそそられる。作った本人も早く食べたいと思うかもしれない。

「じゃあ早速いただきます。……うん、美味しい」
「味付けは大丈夫でしたか?」
「完璧」
「良かった。じゃあ私もいただいちゃいますね」

 そっと手を合わせて、静かに瞼を下ろして、いただきますのポーズ。ほんの数秒(にも満たないかもしれない)の所作なのに、それだけで茄子さんの品位が感じられる。一連の動きがナチュラルで、作ったものではないという印象を受ける。昔から欠かさず繰り返してきたのだろう。きっと料理人や生き物への感謝という気持ちも忘れたことはないのだろう。

「ど……どうかしましたか?」
「いや。茄子さんってきれいだなあって」
「も、もう。今日のプロデューサー、だいぶ変ですよ」

 そうかなと思ったけれど、首を傾げるだけにとどめておいて、冷めないうちに料理をいただくことにする。スプーンでスープをすくって飲むとブイヨンと野菜の風味が口に広がる。キャベツ、にんじん、玉ねぎ。加えてウインナー。衒ったところがない、シンプルで昔ながらの味だ。体の芯がじんわり温かくなるのはスープの温度のせいだけではないだろう。

「はぁ~……」
「くすっ。そんなにおいしそうに食べてもらえると作ったかいがありますね」
「うん、ほんとうに美味しい……。毎日作ってほしい」

 茄子さんは息を呑んだようだった。

「プロデューサー……その、わかってて言ってます?」

 鮭の身を噛みながら俺はうなずいた。




[ 2018/08/07 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

姫川友紀「引っ越したい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533563945/

1 : ◆uMEAzbBMSc 2018/08/06(月) 22:59:05.35 ID:vsUYPYm+0
アイドルたちに対する自己流の解釈がいくつか含まれていると思うので一応注意されたし、という前置き

2 : ◆uMEAzbBMSc 2018/08/06(月) 22:59:45.34 ID:vsUYPYm+0


P「……なんだって?」

友紀「お引っ越ししたいの!」


P「誰が」

友紀「あたしが」

P「ほーん」



P「頑張ってな」プイ

友紀「そんなぁ!?」ガーン





モバP「なっちゃんとイタリアン」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533432765/


2 : ◆C2VTzcV58A 2018/08/05(日) 10:35:19.70 ID:49959fj5O
ある日の事務所


茄子「イタリアで撮影のお仕事、ですか?」


P「ああ。ほら、すごい綺麗な景色が見られるっていう海の洞窟あるだろ。バラエティー番組の企画であそこに行くんだ」

茄子「あ、聞いたことあります。運が悪いと洞窟に入れないとか」

P「そう、そこだ。水着の撮影もあるから、身体はちゃんと絞っておいてくれ」

茄子「でもP君少しお肉がついてる方が好みって」

P「俺の好みの話はしていないぞ」

光「アタシもお肉好きだぞっ!」


P「明らかに話の流れわかってない子が乱入してきた」

光「アタシカルビ好き! Pは?」

P「えっ……えーと」

光「?」

P「む、むね肉ともも肉……」

茄子「ぶふっ」

P「笑うな!」




佐久間まゆ「島根は鳥取の左側ですよぉ!」神谷奈緒「鳥取は島根の右側だぞ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1380001422/

1 : ◆hhWakiPNok 2013/09/24(火) 14:43:42.30 ID:2Um0e+g50
並木芽衣子「私が総合司会の旅番組、その名も『芽衣子の 選べる☆トラベル』。みんなに現地レポをしてもらうからね」

若林智香「ひゃっほーう☆」

まゆ「地方ロケですかぁ、楽しみですねぇ」

土屋亜子「タダで旅行に行けて、美味しいもの食べられるなんて……フヒヒ」

川島瑞樹「外ロケなら、任せて欲しいわ」

奈緒「島根と鳥取かあ、あんまりピンとこないな」

神崎蘭子「幻の大地へ、我は赴かん」(訳:島根と鳥取ってどこにありましたっけ?)




ページランキング