ヘッドライン

ミリP「俺はハイタッチがしたいのに桃子がロー○△してくる」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507470178/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 22:42:59.25 ID:JaOJBbLX0
P「桃子! お仕事お疲れ様! はい、た~っ……」

桃子「てぇぃっ!!」□○△ーッ!!!

P「ぐはぁああぁっ!!!」グサアァアア

桃子「ぅ……ほ、ほんっと、お兄ちゃんって何考えてるの!? バッカじゃないの!?」ダッ



P「……くぅ……痛い……ちくしょうっ……!」ズキズキ





P「俺はハイタッチがしたいのにやよいがローキックしてくる」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 00:05:36.20 ID:mz9wV69d0

P「や、やよい!今日こそいくぞっ!はい、た~っ…」

やよい「ろーきっく!」ゲシッ

P「あぎゃぁぁぁぁあああ!!!!!」

やよい「……ぷ、プロデューサー!今日も頑張って下さいっ!」ダッ




P「……痛い…………ちくしょうっ……!」ジンジン

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 00:08:23.00 ID:hQ+bDtqB0
素直になれないやよいかわいい

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/11(火) 00:11:21.81 ID:DJ4IjxV00
ゃょぃっょぃ




美希「星井美希の、正直眠いの。ハニー☆」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/05(木) 00:07:28.36 ID:GPZK+aaU0
美希「7月なのー!!青い海が!空が!かわいい新作水着がミキを待ってるの!!」

美希「……グラビアの仕事でね…。そんなわけでミキだよー」

美希「ミキね、最近お姉ちゃんに料理を教わってるんだけど、卵焼きって案外難しいんだね」

美希「ぐちゃぐちゃになっちゃってちょっと自信なくしちゃったの……」

美希「でも、もっともっと練習して、いつかはイベントでもやってみんなに手料理を作ってあげたいな♪」

美希「それじゃあ、VTR…さあいっぱい食べようよ!」




P「やよいが実はエロかったなんて…」

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 20:23:46.74 ID:Dj5Naqzy0
P「……」ジー

やよい「どうしたんですか、プロデューサー?」

P「ん、いや……なんでもない。気にしなくてもいいぞ」

やよい「そうなんですかー?」

P「……やよいはかわいいなぁ」

やよい「?」

P「いや、なにも言ってないから気にしないでくれ」

やよい「そうなんですかー? ……あっ、そういえば差し入れって」

P「ん、そういえばそんなのもあったな。見てみるか? フルーツ盛り合わせとかあるぞ」

やよい「ありがとうございますーっ! ……あっ! プロデューサー!」

P「どうした?」

やよい「みてくださいこれ、おっきいバナナですーっ!」デデン




貴音「…にいづますたー」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 22:40:41.14 ID:x4Th5k6zO
貴音「…それは、どのような?」...メンヨウナ

P「ふふふ、お前たちにはこれから何人かで新妻を演じてもらう」

やよい「うっうー!プロデューサーのお嫁さんですー!」

春香「…プロデューサーの、お嫁さん…」

千早「…ふふっ。ふふふ」ポー

P「用意はいいか?」

P「なら、貴音からスタートだ!」

※新妻中、Pは出てきません




P「アイドルたちに足裏マッサージでもしてみようか」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/03(日) 22:34:50.02 ID:nEzXSjOQ0
―発端―

伊織「ねえ……、今日……いいでしょ……?」

P「ああ、仕事がひと段落ついたら会議室な」

……

「気持ちいい?」

「……ぁ、き、気持ちいい……って、いってるでしょ、あっ……」

「今日は随分素直じゃないか」

「……あっ……そこ……駄目ぇ……」




P「お前たちにそれぞれ属性を考えてきた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:28:08.41 ID:esFjlbF8O
――765プロ事務所

貴音「…はて。属性、ですか」

やよい「うっうー!何だかゲームみたいですー!」

伊織「属性…ね」

雪歩「…今度こそ…今度こそ…」ブツブツ、ブツブツ

あずさ「あらあら、うふふ~」

P「そうだ。元からあるお前たちの属性ではなく…」

P「新しい属性を付与することで、お前たちの魅力を引き出したい!」バーン!!!!




千早「クールビューティ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/02(土) 10:55:01.61 ID:+bvo/GJD0
春香「うん!千早ちゃんって本当に綺麗でクールだよね……憧れちゃうなー」

千早「そ、そんな事ないわ。私なんて、全然……」

春香「そんな事なくないよ!」

千早「そうかしら……ありがとう、春香」

春香「えへへ!……あーあ、私もそんな風に落ち着いた女の人になりたいなぁ。どうすればなれるかなぁ」

千早「……うーん……自分では、あまり分からないけど……動じない事が大切なのかしら」

春香「動じない事かぁ……あはは、私には難しそう」

千早「……」

春香「もうちょっと大人になれば私も――…」

千早「……じゃあ、特訓してみる?」

春香「え?」




P「やよいと真美と遊ぶことになった」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 20:03:42.63 ID:qJpSZOYe0
真美「兄ちゃーん遊んでよー」

P「おう、ちょっと待ってな」カタカタ

真美「兄ちゃーんヒマー」

P「おう、ちょっと待ってな」カタカタ

真美「さっきからずっとそれ言ってるよー」

P「おう、ちょっと待ってな」カタカタ

真美「…」

真美「フラミンゴ打法といえば」

P「おう、さだはるな。…っと、はい終わり」カタカタッターン

真美「終わった?ねえねえ何しよっかー!」

P「落ち着けって、もう少ししたら天使が来るから」

真美「えっ天使?何言ってんのこの人」

ガチャ

天使(やよい)「おはよーございまーす!!」




P「最近やよいが神出鬼没だ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/19(月) 19:56:03.45 ID:PmAd6fDj0
春香「え?」

P「いやな、突然現れるんだよ」

千早「そんな筈は……」

P「ちなみに今はやよいはここには居ないよな」

春香「はい」

千早「今日はオフですから」

P「そうか……」




ページランキング