ヘッドライン

池袋晶葉「なに、眼鏡の修理をしてほしいって?」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 04:54:05.61 ID:s/o3u4eS0
P「ああ、できないか?」

晶葉「……プロデューサー。私は発明家であって修理屋じゃないんだぞ」

P「それでも晶葉なら何とかできるだろ? 頼む! ほら、このとおりだ!!」

晶葉「とは言われてもね、君。これはさすがにプロでも修復不可能じゃないのか」

P「そこをなんとか!! 晶葉のことだ、タイムふろしきみたいな発明品もあるんだろ? それでちゃちゃっと……」

晶葉「あのね、プロデューサー。いくら万能な科学でも出来ることと出来ないことがあるんだよ。壊れた眼鏡を元に戻すなんて、非科学的な……」

P「……くっ、じゃ、じゃあ、眼鏡作ってくれよ!! それなら科学的だろ!!」

晶葉「なっ!? む、無茶言うな!! そういうのこそ私の管轄外だ! 眼鏡屋にでも任せてろ!!」

P「頼むよ、晶葉……これがないと仕事にならないんだって……なぁ、実はなんかあるんだろ? 一時的に視力の良くなる薬とか、度を自由に調整できる単眼鏡とかさ……」

晶葉「とは言われてもなぁ……んー……ん? ……待てよ、眼鏡……眼鏡か……」

P「……なにかあるのか?」

晶葉「ああ、少し、昔作った発明品で心当たりがあってな」

―――

晶葉「あった、あったぞプロデューサー! これだ!!」

P「おお、眼鏡!! ……と、なんだ、そのピンバッジ」




モバP「もしもアイドル達がお隣さんだったら」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 21:48:59.15 ID:XHJfrb2G0
ちひろ「お隣さん……ですか?」

P「えぇ、ふと思いついたんです」

ちひろ「一体どういった内容で?」

P「何だかんだで自分を信頼してくれて懐いてくれてるじゃないですか」

ちひろ「アイドルとプロデューサーですからねぇ」

P「あんな可愛い子達に懐いてもらえるのはやっぱり男としては嬉しいワケで」

ちひろ「……それで、お隣さんだったらどうしたいんです?」

P「もしも彼女たちがお隣さんで、自分と長い付き合いだったりしたらどういう風になるかなー、と」

P「家族というのも考えたんですがやっぱり血のつながってない方がロマンがあるので」

ちひろ「まぁ……妄想だけならタダですし、聞かせて頂きましょうか」

P「はい……まずはこんなイメージで……」

カチッ

――――――
―――――
――――




卯月「お兄さん」凛「兄さん」未央「お兄ちゃん!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 14:52:13.44 ID:hOv5xzDR0
P「一度に呼ぶな」

卯月「お兄さん、明日買い物付き合ってくれません?」

凛「だめよ卯月、兄さんは私と買い物に行くんだから」

P「いやそんな約束してないし」

未央「だったら私と行こうよお兄ちゃん! サービスするよ?」

P「何だよサービスって」

未央「女の魅力を充分に使って楽しませてあげるってのよー、どうどう?」

凛「未央、はしたないよ」

卯月「とりあえず凛は私の事をお姉ちゃんって呼んでくれないかな?」

凛「やだ」

未央「うづきんはうづきんでしょ☆」

卯月「姉のとしての尊厳がー……プライドがー……」

P「まあそうしょげるなよ」

卯月「へこたれません! お兄さん、明日は私と一緒に……!」

P「明日? うーん……」




凛「千早さんって可愛いよね」楓「ええ、とっても」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1360315063/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/02/08(金) 18:17:43.54 ID:UDoYp/Y40
凛「思ったより早く終わりましたね」

楓「そうね。記者さんもカメラマンさんも優しそうな人だったし、記事になるのが楽しみね」

凛「はい。ところで楓さん、今日の仕事はこれでお終いで直帰ですよね? この後少し、お時間ありませんか?」

楓「大丈夫だけど、どうして?」




ありす「お願いが、お願いがあるんです!」 奈緒「……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530374908/

1 : ◆YBm93b2VSc 2018/07/01(日) 01:08:28.66 ID:r1XZIobz0
神谷奈緒メインのSSです。ギャグです。

3 : ◆YBm93b2VSc 2018/07/01(日) 01:10:44.15 ID:r1XZIobz0
 それは事務所でゆったりとしている日の事であった。

久しぶりというほどでも無い休日に、特にやる事も無し、かといって家に引きこもっているような気分でも無かったあたしは、早々に家を出て事務所に足を運んでいた。

扉を開ける。誰も居ない。まあ、皆が暇なわけでは無いか。それにまだ早い時間だし。

ホワイトボードを見やれば、レッスンや仕事の合間に何人かは此処に寄るだろう事も分かったし、取り敢えずソファに身を委ね、本を読んで過ごす事にした。




池袋晶葉「逆柱の女」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530421231/


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/01(日) 14:04:22.67 ID:2gba+AqL0




~事務所~


高垣楓「ふふ~♪」ナデナデ

池袋晶葉「・・・」

楓「えへへ~♪」ムギュー

晶葉「・・・///」



神谷奈緒「なんかこう、されるがままの晶葉ってのは新鮮だな」

渋谷凛「そうだね」

本田未央「うんうん!」

晶葉「いや・・・ど、どうすればいいんだ私は///」


奈緒(可愛い)

凛(可愛い)

未央(可愛い)

 




加蓮「叱られたい」奈緒「(まためんどくさいことを…)」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526828269/

1 : ◆hAKnaa5i0. 2018/05/20(日) 23:57:49.80 ID:U4GG2fJq0
(事務所)

ドタドタドタ!

P「ゴラァ! 柚ッ! 俺の焼きそばに青海苔一袋入れやがったなァ!!」ガシッ!

柚「な、ナンノコトデショウ?」シドロモドロ

P「きちんと俺の目を見て言いなさい。それから俺の歯を見ながら言いなさい。青海苔が隙間に挟まって大変なことになってるぞ」ニ-ッ

柚「あはは♪」

P「午後のレッスンはスペシャルコースね」

柚「そんなッ!」ガ-ン!

P「性根を叩き直してもらってきたまえ。マストレさんには連絡しておくから」

柚「ま、待って! わざとじゃないから! プロデューサーサンに喜んでもらおうとしただけだから!」

P「うん。頑張ってきなさい」

柚「取りつく島もない! 鬼だよ! 慈悲を柚にかけるべきだよ!」ガシ-!

P「ええいうっとおしい。歯磨きしてくるから覚悟を決めておけ! 柑橘系!」

柚「嫌だァァァ!!」ブンブンブンブン!

加蓮「…」




【モバマス】ちひろ「不公平だと思うんです」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1367330324/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/30(火) 22:58:45.43 ID:0kiBAMFu0
モバP「急にどうしたんですか?」

ちひろ「プロデューサーさんは私の売り出してる物を色々買ってってくれますよね?」


モバP「まあ、アイドル達のためですからね。スタドリとかエナドリとか」

ちひろ「おかげ様で私の財布は常に潤っているのですが……」

モバP「(ちひろさんにとって)良いことじゃないですか」

ちひろ「だから不公平なんです。プロデューサーさんが潤ってないじゃないですか」

モバP「アイドル達の晴れ姿を見て精神的には十分潤ってますけどね」

ちひろ「ええ、そういうのは置いておいて……」

モバP「何気に酷いですね」

ちひろ「まあまあ。と、いうわけで、プロデューサーさん」財布を出す

モバP「はい?」





ちひろ「貴方のこれからの人生を買わせて下さい」

モバP「訳が分からないですよ」




モバP「渋りん」 凛「違う。しぶりんだよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525096389/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/30(月) 22:53:09.55 ID:AuCkEg+I0
卯月「ゴメンね、凛ちゃん……」

凛「……」

卯月「私、ダンス苦手で……」

凛「……」

卯月「さっきから何度も同じ所で失敗しちゃってて……。せっかく凛ちゃんが一緒に練習してくれてるのに……」

卯月「……ゴメンね」

凛「……」

凛「かまわんよ」

卯月「え?」

凛「というか、もともと覚悟してたし」

卯月「そんなぁ~」

凛「だから……」

卯月「……?」

凛「卯月が納得いくまで付き合うよ」

卯月「凛ちゃん!」パァァ!




【モバマスSS】奈緒「迷宮無しの名探偵……なーんてな」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1523131681/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/08(日) 05:08:01.89 ID:18qSfHb/0
――これまでのあらすじ


奈緒『あたしは、高校生アイドルの神谷奈緒だ』

奈緒『幼馴染で同じアイドルの北条加蓮と遊園地に遊びに行って、緑ずくめの人物の怪しげな取引現場を目撃した』

奈緒『野次馬根性で取引を見るのに夢中になっていたあたしは、背後から近付いてくる、もう一人の仲間に気付かなかった』

奈緒『あたしはその人物に毒薬を飲まされて、目が覚めたら……』



ナオ(奈緒)『体が縮んでしまっていた!』

ナオ『神谷奈緒が生きていると奴らにバレたら、また命を狙われて周りの人間にも危害が及ぶ』

ナオ『同じアイドルの池袋晶葉博士の助言で正体を隠すことにしたあたしは、加蓮に名前を聞かれて、とっさに『神山ナオ』と名乗り、一般家庭の加蓮の家に転がり込んだ』

ナオ『このくだり毎回必要なのか?』





ページランキング