ヘッドライン

藤原肇「何気ない、素敵な日々の階段を」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490712214/


1 : ◆OW1CEojZt0DI 2017/03/28(火) 23:43:34.48 ID:YccxIyl90

肇ちゃんが色んな人とお話しする話

・独自設定多め
・事務所の設定は↓を読んで頂ければ

     藤原肇「ハンズ事務所?」

前作  藤原肇「も、もうかえっで下さい…!」


それでは、よろしくお願い致します。

2 : ◆OW1CEojZt0DI 2017/03/28(火) 23:46:58.21 ID:YccxIyl90

【事務所】


P「…」カタカタ


肇「…」ジー


聖來P「…」カタカタ


聖來「…」ジー


P「…」カタカタ


肇「…」ジー


聖來P「…」カタカタ


聖來「…」ジー




武内P「女性は誰もがこわ……強いですから」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486799319/

1 : ◆SbXzuGhlwpak 2017/02/11(土) 16:48:40.05 ID:u9Op5e3S0
・アニメ基準

・武内Pもの

・長い

・マジで長い





①私たちが知らない女性と、抱き合ったりしたことあるんでしょうか



「プロデューサー……付き合ってた人っている?」


それは脈絡の無い問いでした。

冬の夜は暮れるのが早い。
冷たい雨が降り注ぐ音と道路の喧騒が外で鳴り響く一方で、車内は長いこと静かでした。
そんな信号待ちの最中に、不意に静けさを破って助手席から今の質問が発せられたのです。

ひょっとすると彼女が今の今までずっと黙っていたのは、質問する機をうかがっていたからなのか。
驚きのあまり、ついまじまじと彼女――渋谷さんを見つめてしまう。

渋谷さんはシートに身を預け、私から顔をそむけるようにして頬杖をつき、窓の景色を眺めている。
質問する機をうかがっていたのではないかという推測が的外れに思えるほど、その姿は平静でした。

――ふと、一年前のことを思い出してしまう。

あの時も車内で二人きりでした。
ただし彼女は渋谷さんとは違い、いつも以上によく話したかと思いきや突然黙り込み、それから突然同じ質問をしました。
私から顔をそむけ、しかし顔が真っ赤であることが耳まで染まっていたことからわかり――


「プロデューサー」

「は、はい」

「信号、青だよ」


後ろからクラクションが鳴る。
どうやら思索にふけりすぎたようです。
慌てて足をブレーキからアクセルへと踏みかえます。


「その……私に付き合っていた人がいたかどうかですが」

「うん」

「大学生の頃に一度だけあります」

「……………………ふーん、そっか」


その声は異様なまでに平坦でした。
理由はわかりませんが、胃の辺りが締めつけられたような錯覚すら起きます。
チラリと助手席の様子を見るも、先ほどと何の変化も見受けられません。

……サイドミラーからでも彼女の顔が見えないのは幸か不幸か。


渋谷凛





渋谷凛「金縛りしてごめん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488284991/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/28(火) 21:30:23.02 ID:vKUFmkvh0

──砂浜──

ザザーン ザザーン…

未央「白い砂浜、青い海!」


奈緒「そして後ろにそびえるのは……」


卯月「私たちが泊まる旅館ですっ」


キャッキャ

凛「全く、この暑い中で元気なんだから」


加蓮「はしゃぐ気持ちもわかるけどね。ここ最近、息がつまるようにレッスン漬けだったから」





モバP「親戚の伏し目がちな子をスカウトしよう」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486379626/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/06(月) 20:13:47.05 ID:/fT4wNuB0
ちひろ「プロデューサーさん、ちょっといいですか」

モバP「なんですか?」

ちひろ「うちの事務所も軌道に乗って随分経ちました」

モバP「そうですね、お陰さまでアイドルも仕事も増えました」

ちひろ「でも私ちょっと思うんですよ」

モバP「え?」

ちひろ「クール勢の層が薄いんじゃないかと」

モバP「……まあ、凛と楓さんの2人ですからね」





武内P「次の休みは他社のアイドルと泊まりで旅行に行ってきます」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486372563/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/06(月) 18:16:03.87 ID:ZWMUay8r0
書き溜めありです。
以下前置き的注意点。

※一応アニメ準拠ではありますが、ゲーム準拠のネタ・設定等も混在しています。
※メインはモバマスですが、アイマス・エムマス等のキャラも登場します。
※ミリマス未プレイのため、765プロは13人のままです。エムマスも未プレイですが都合上315プロ所属になってます。


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/06(月) 18:17:02.67 ID:ZWMUay8r0
――夜、事務所

ちひろ「プロデューサーさんが連休なんて珍しいですね。どこかへ出かけられるんですか?」

武内P「はい。……久しぶりに旅行へ。丁度スケジュールの調整ができましたので」

ちひろ「お友達とですか? ふふっ、楽しそうでいいですね」

武内P「友達……では、ないのですが……。他社のアイドル、ということになるのですけれど」

ちひろ「え? どういうことですか?」

武内P「実は……」

<トゥルルルルルル

武内P「少し失礼します。……はい。お世話になっております。……はい。はい。了解しました。今からですと20分ほどで到着できると思います。はい。失礼いたします」ガチャ

武内P「すみません。現場でトラブルがあるそうなので、今から行ってきます。時間的に今日はもう戻ってこれないと思いますので、終り次第直帰します」

ちひろ「わかりました。お気をつけて」

武内P「それではよろしくお願いします」

ちひろ「行ってらっしゃーい。……あ、結局誰と出かけるのか聞きそびれちゃった」

???「…………」




渋谷凛「プロデューサーってヤンデレが好きらしいよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1485703407/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/30(月) 00:23:27.76 ID:pDVyoE2V0
凛「プロデューサーってヤンデレっていうのが好きらしいよ」

加蓮「へぇ、そうなんだ」

美穂「やんでれ? 新しいお菓子とか、ですか」

美波「専門用語、かも?」

加蓮「違うよ、もぐ……2人とも」

凛「ヤンデレっていうのは……もぐ、好きな女の子のタイプみたいだね」

美穂「……! ということはプロデューサーさんはヤンデレな女の子が好きなんですね……!」

美波「それで、ヤンデレっていうのはどういう女の子なの?」

加蓮「その人が好きすぎて病気に罹ったみたいに病んでるからヤンデレなんだって」

凛「まあ、そうなるかな……もぐ」

美穂「なるほどお……勉強になりますね!」





モバP「モバマスジョーク集NEXT」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1421133842/


3 : ◆lCNFYS45uOAi 2015/01/13(火) 16:54:13.34 ID:c0xokgVQ0
ある日、事務所で卯月と晶葉が話をしていた

卯月「晶葉ちゃん、論理学ってどういうものなの?」

晶葉「ふむ、説明するより実際にやってみせた方が早いな。そうだな...Paプロデューサー、ちょっと付き合ってくれないか?」

晶葉はそう言ってPaプロデューサーを呼ぶと、いくつかの質問を始めた

晶葉「君の家には芝刈機があるかな?」

PaP「あるよ」

晶葉「ということは、広い庭があるわけだな?」

PaP「そうだね、うちには広い庭がある」

晶葉「ということは、一戸建てだな?」

PaP「その通り、一戸建てだよ」

晶葉「ということは、家族がいるな?」

PaP「うん、妻と2人の子供がいるね」

晶葉「ということは、君はホモではないな?」

PaP「池袋さんはおかしな事を聞くね、もちろん俺はホモじゃないよ」

晶葉「いやすまない、ちょっと実験に付き合ってもらってたんだ。おかげで上手くいったよ。時間をとらせてしまってすまなかった」

晶葉はPaPにそう言うと、卯月の方を向いた

晶葉「今Paプロデューサーとしていたのが論理学だよ」

卯月「なるほど!」

深く感心した卯月は、翌日自分のプロデューサーに言った

卯月「プロデューサーさん!私、昨日晶葉ちゃんに論理学を教わったんです!」

CuP「それは凄いな、よかったら俺にも教えてくれないか?」

卯月「はい!頑張りますね!じゃあ始めます。プロデューサーさんの家に芝刈機はありますか?」

CuP「いや、ないよ」

卯月「ということは、プロデューサーさんはホモですね!!」

由里子「!?」ガタッ!

CuP「違うからお前は座ってろ」




モバP「ノロウイルスSR?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420177062/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 14:37:42.09 ID:0XZHSbcfO
・マジキチ、グロゲロ注意
・キャラ崩壊しまくり


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/02(金) 14:50:05.83 ID:0XZHSbcfO
ちひろ「はい、猛威を奮ってるみたいで。」


モバP「なんですか、ノロウイルスSRって?普通のノロウイルスと何が違うんですか?」

ちひろ「空気感染率が非常に高く、潜伏期間なしで発症しちゃうんです。」

モバP「うわあ・・・厄介ですね。みんな感染しなきゃいいけどな。」

ちひろ「症状も通常のノロウイルスより酷いみたいで、異常行動を引き起こすこともあるみたいです。」

モバP「まずいですね。マスクを着用させて、手洗いうがいを必ずやらせましょう。」

ちひろ「はい、じゃあイソジンを・・・おぼっ、おぼろろろろっ!!」ビチャビチャ!!

モバP「う、うわあああー!ちひろさんがゲロったああ!」

ちひろ「ま、まずい・・・私が既に感染してました・・・がぼるっしゃあああっ!!」ドドドッ!!

モバP「ど、どうするんですか!すぐに病院に行かなきゃ!」

ちひろ「院内感染を、警戒して・・・病院では特効薬の配布を・・・してます。それを持ってきておぼろろろろっ!」ビチャビチャ!!

モバP「分かりました!病院行ってくるんで誰も入れないでください!・・・おぼろろろろっ!おええっ!」ビチャビチャ!!

ちひろ「!!」




モバP「長い付き合いの○○」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482655177/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/12/25(日) 17:39:37.39 ID:tTnu1hAJ0
モバP「長い付き合いのふみふみ」

モバP「おはよう」

文香「おはようございます…」


モバP「貸してもらったアレ、面白かったよ」

文香「本当ですか…?良かったです…」

モバP「また何か面白そうなのがあったら教えてよ」

文香「はい………あの、今は事務所に誰も居ませんので…」

モバP「ので?」

文香「…意地悪しないでください」

モバP「ははは、おいで」




ページランキング