ヘッドライン

島原エレナの『楽しい』のこと

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509883537/

1 : ◆KakafR9KkQ 2017/11/05(日) 21:05:37.73 ID:V1m7BoVa0
独自解釈&捏造設定です。

2 : ◆KakafR9KkQ 2017/11/05(日) 21:06:41.08 ID:V1m7BoVa0
エレナ「ふふんっ」

思いきり走るのって気持ちいいネっ! 足元のボールと一緒に走ってるみたい!

海美「今度こそ抜かせないよ! えれなん!」

奈緒「ここは通行止めやで!」

前をウミとナオが塞ぐ。 いくら何でも二人相手に強引にドリブルするのは無理、けど大丈夫 サッカーは一人でやるんじゃないんだからっ!

エレナ「ミズキっ!」

瑞希「受けとりました。 島原さん」

興奮して突っ込んできたウミの足元を抜いて逆サイドのミズキにパス。 ワタシに夢中になっててミズキは完全にフリー




【ミリマス】高坂海美「えっ!? アドリブで美女と野獣の劇やるのっ!?」

1 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/11/13(月)23:56:18 ID:Win


ミリP(以下P表記)「ああっ! 劇場のみんなで今度な!」

海美「すごーい! ねえねえ私なんの役!? なんの役~っ!?」ドムッ

P「分かるだろ? 主役だ!」ニヤリ

海美「しゅ、主役―っ!?」ドムッ

海美(そ、そっかー・・・! 私美女役かー! これは女子力上がっちゃうんじゃないかなー!)ドムッ

海美「うう~っ! 嬉しいよ~っ! プロデューサー!」ドムッ

P「喜んでもらえて俺も嬉しいぞ!」

P「・・・ところで何してるの?」

海美「うどんを粉から作ってるの! 9月14日はもがみんの誕生日だから!」ドムッ

海美「これがっ! 私のっ! 女子力っ!」ドムッ





【ミリマス】ミリP「海美がだるまさんがころんだに負けない方法を考案できたぞ!」

1 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/09/12(火)01:31:38 ID:rYR


高坂海美「本当!? すごいよプロデューサー!」

ミリP(以下P表記)「ああ!」

海美「ってちが―う! 私はだるまさんがころんだより鬼ごっことかで走りたいのー!」


2 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/09/12(火)01:34:01 ID:rYR


高坂海美(16)

3 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/09/12(火)01:35:11 ID:rYR




【ミリマス】海美「プロデューサー、最近構ってくれないんだけど!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502368028/


1 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/10(木) 21:27:08.62 ID:yd2DFdsk0

高坂海美(以下、海美) 「プロデューサー!今暇でしょ!?だったらさー、ボルダリング行こうよ!」

ミリP(以下、P) 「ボルダリングって……壁よじ登る奴だろ?やめとくよ、そこまで暇を持て余してるわけじゃないし」

海美 「えーっ!?それじゃ体に悪いよ、いつか美奈子のカロリーに負けちゃうよ!?」

P 「カロリーに負けるって、そんな事あり得る訳が……」

P 「……いや、下手すりゃ負けるな」アセアセ

海美 「でしょ!?じゃあ……」

P 「でもダーメ。俺は、今からビデオチェックの作業しながら飯食うのー」

海美 「び、ビデオチェックって」

P 「最近出来てなかったからなあ……ま、こういうのも欠かさないことがアイドルプロデュースってな」スタスタ

海美 「えー……そんなのつまんないよ、プロデューサー!」

P 「はーいはい、また後でな」





【ミリマス】765学園物語HED √LR

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471144425/


1 :BBP ◆SFvhMvS7IY 2016/08/14(日) 12:13:45.58 ID:OtGOqoLJO
P「明日から3年か…」

始業式前日、俺はそんなことを呟いた

去年は色んな事があった

後輩に知り合いも出来たし、プロダクションの手伝いや海美の大会を見に行ったりもした

中々に充実した1年だった

今年も充実した年にしたいものだ

そんなことを考えていると携帯が鳴った

ディスプレイを確認すると…

P「…母さん?」

母親からの電話だった




【ミリマス】765学園物語HED √UU A

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471270403/


1 :BBP ◆SFvhMvS7IY 2016/08/15(月) 23:13:23.09 ID:dKAjHnt/O
高等部2年の12月、俺は田中琴葉、高坂海美の2人と同時に付き合うことになった

2人で俺を取り合うのでは無く俺を共有することで皆が幸せになれる道を探すそうだ

最初はぎこちなかったが今では2人仲良く俺を共有している

しかし不満もあるようで…

月日は流れ高等部3年の9月

そろそろ琴葉や俺がプロダクションから退く日が近付いていた




【モバミリ】佐久間式P独占法

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501954710/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/08/06(日) 02:38:31.05 ID:nUQ6Xw160

===

「私、女子力上げたいんだ!」

 目の前に座った海美さんは、キラキラとした瞳をこちらに向けて言いました。

 対する私はと言うと、「はぁ」と曖昧な返事をして、思わず小首も傾げちゃいます。

「女子力ですか? 海美さん」

「うん! 女子力! 上げたいの!」

「……どうして私なんでしょう?」

「だってほら、まゆちゃんは女子力の塊~って感じがするからさ!」

 はて、そんな塊で出来ている覚えはありませんが。
 どうやら彼女にしてみれば、私は女子力の権化だそうで。

「それにそれに! まゆちゃんは困ってる私のこと、見捨てたりなんてしないよね?」

 お祈りをするように両手を組んだ、海美さんが私を見つめます。

 眉はたれ、泣きそうな目。結んだ口が表す不安。

 ああ、そんな迷える子羊みたいな表情で人を見つめるのは反則ですよ。




ミリマス アイドル「プロデューサーのお弁当」 小鳥「美味しいピヨ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501236851/

2 : ◆lJ4V3G9tkU 2017/07/28(金) 19:21:24.01 ID:RJ5JyHJ00
早朝 P宅

ピピピッ ピピピッ ピッ・・・

ムクッ

P「ふぁ・・・はぁ、朝か」

ガサゴソ ガチャ バタン

P(さて、今日からか)

P(みんなの仕事も安定してきてこっちも少し朝にゆったり過ごす時間が出来た。これで・・・久しぶりに趣味を)

トントン ガチャ

P(お弁当が作れる!)

P(最初の頃は時間もなくてお弁当や適当にすませてたが・・・よしっ。頑張るか)

P「昨日の夜に下準備はしてたし」

P「今日のメニューは・・・」

唐揚げ 卵焼き 梅紫蘇ご飯 マカロニサラダ チーチク

P「まずは唐揚げからだな」




シアター交換日記【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496318029/

1 : ◆drvGSnEVts 2017/06/01(木) 20:53:49.94 ID:ZZ9EP+r0o

プロデューサーに言われて交換日記をやることになった


2 : ◆drvGSnEVts 2017/06/01(木) 20:55:10.58 ID:ZZ9EP+r0o
6月1日 七尾百合子


「……あ」


日付と名前を書いて本格的に書くモードに入りかけたところで、そういえばと気付く。

私がさきほど日付と名前を書いたページは、見返しの横。
つまり、最初のページだ。
交換日記……というか、そもそも文章を書き慣れていないメンバーもいるなか、一番槍の私がどんなものを書くかというのは重要な気がする。

一度パタンとノートを閉じて、じっくりと背表紙を眺めた。
選ばれし語り部によって紡がれていく、でもきっと中身はなんてことない文字でいっぱいになるであろう、まだ真っ白な一冊。
そっと、少しもへこんでいない角を親指でなぞってみる。




ページランキング