ヘッドライン

海美/紗代子/のり子/奈緒/亜利沙「超ビーチバレー~高校青春篇!~」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513965473/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/23(土) 02:57:54.13 ID:5VjfZaSW0
~~~~~~~~~~~~~

私、高坂海美、私立ミリオン高校の新入生!いよいよ~高校生!

高校生っていうと、もうどんなことが待ってるんだろ!

あ~も~楽しみ過ぎて~☆


海美「青春するぞー!」


???「ひゃぁ!なんですか?!この眩しすぎるセリフ!」

???「亜利沙には、亜利沙には・・・」

海美「亜利沙ちゃん、だっけ?びっくりさせちゃった?」

亜利沙「い、いえ。亜利沙は大丈夫ですけど」


海美「ごめん、ごめん、テンションあがっちゃって」

海美「でもありりん、面白いね!」

海美「そーだ!ありりんはどこの部活入るか決めた?楽しそうなとこが多すぎて私、決められなくてさ~」

海美「せっかくだしありりん!一緒に見学行こうよ!」

亜利沙「むむっ!亜利沙に、部活のことを聞きましたね!」

亜利沙「よくぞ聞いてくれました。亜利沙がこのミリオン高校に入学したのも何を隠そう、超ビーチバレーのゴールデンペアの追っかけちゃんだからなのです!」

海美「ごーるでんぺあ?」

亜利沙「そうですっ!超高校級のゴールデンペア!福田のり子と高山紗代子。超ビーチバレーに興味がある人は誰でも知ってる2人です!」

海美「超ビーチバレー、ってなんだろ?あっ!バレエなら私、昔やってたよ!」

亜利沙「なんとっ!同級生、同じクラスに経験者がいるなんて!」

亜利沙「そうと決まれば話は早いです!百聞は一見にしかず!」

亜利沙「さぁいきましょう!」

海美「あ、ちょ、ちょっとまって!ありり~ん、ひっぱらないで~」

~~~~~~~~~~~~~




【グリマス】海美「サイクリングの後に」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1488442956/

1 : ◆KakafR9KkQ 2017/03/02(木) 17:22:36.45 ID:RpUJ7MJX0
いつものレズセですが、今回それとは別にアブノーマル要素があるので気をつけてください。

2 : ◆KakafR9KkQ 2017/03/02(木) 17:23:18.78 ID:RpUJ7MJX0
可憐「はぁっ…… はぁっ……」

海美「おつかれ~ はいこれ」

肩で息をする可憐に買ってきたスポーツドリンクを手渡す

可憐はスポドリを手に取ると、すぐにキャップをあけてごくごくってすっごいスピードで飲み干しちゃった

可憐「んっ、けほっけほっ」

海美「もー、がっつき過ぎだよ~」

可憐「だ、だって…… 凄く喉乾いてて……」




【安価】P「シアター組にもカバー曲をですか?」【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514468738/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 22:45:38.85 ID:sGQfJLKU0
小鳥 「はい。最近、シアターの子達もメディアの露出が増えてきて、ファンも増えてきていますので」

小鳥 「それで、ファンの方々から先輩たちみたいに彼女たちのカバー曲も聞いてみたいという声も増えて」

P 「そういうことでしたか。でもカバーといっても、利権やらなにやらで、すぐにじゃあやるぞというわけには」

小鳥 「そうですよね。今思えば一事務員の私までもがカバー曲を披露しているなんて驚くことですし」

P 「ただ、カバーCDを出すわけじゃなくて、俺だったらこの曲を歌わせてみたいなってものはありますよ」

小鳥 「そうなんですか。ぜひ聞かせていただけませんか?」

P「ではまずは >>3から」

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/28(木) 22:49:21.74 ID:GvpmRw6QO
うみみ




【ミリマス】女子力が招いた悲劇

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1511443162/

1 : ◆p7PT31uvn8zf 2017/11/23(木) 22:19:23.22 ID:koUfysdDo
「なるほどっ!」

ここは芸能プロダクション、765プロの所有している専用のライブ劇場

その劇場の控室に元気な声が響く

声の主は高坂海美、三つ編みが可愛らしい元気一杯の可愛らしい765プロのアイドルだ可愛らしい

そんな海美は今、劇場の控室で珍しく女性用週刊誌を読んでいた

使い込まれたのか、微妙によれているその週刊誌の表紙にはデカデカと

「究極の女子力特集!これを身に着ければあなたの女子力にみんなメロメロ!気になるあの人も振り向いてくれるかも!?」

と書かれている




島原エレナの『楽しい』のこと

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509883537/

1 : ◆KakafR9KkQ 2017/11/05(日) 21:05:37.73 ID:V1m7BoVa0
独自解釈&捏造設定です。

2 : ◆KakafR9KkQ 2017/11/05(日) 21:06:41.08 ID:V1m7BoVa0
エレナ「ふふんっ」

思いきり走るのって気持ちいいネっ! 足元のボールと一緒に走ってるみたい!

海美「今度こそ抜かせないよ! えれなん!」

奈緒「ここは通行止めやで!」

前をウミとナオが塞ぐ。 いくら何でも二人相手に強引にドリブルするのは無理、けど大丈夫 サッカーは一人でやるんじゃないんだからっ!

エレナ「ミズキっ!」

瑞希「受けとりました。 島原さん」

興奮して突っ込んできたウミの足元を抜いて逆サイドのミズキにパス。 ワタシに夢中になっててミズキは完全にフリー




【ミリマス】高坂海美「えっ!? アドリブで美女と野獣の劇やるのっ!?」

1 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/11/13(月)23:56:18 ID:Win


ミリP(以下P表記)「ああっ! 劇場のみんなで今度な!」

海美「すごーい! ねえねえ私なんの役!? なんの役~っ!?」ドムッ

P「分かるだろ? 主役だ!」ニヤリ

海美「しゅ、主役―っ!?」ドムッ

海美(そ、そっかー・・・! 私美女役かー! これは女子力上がっちゃうんじゃないかなー!)ドムッ

海美「うう~っ! 嬉しいよ~っ! プロデューサー!」ドムッ

P「喜んでもらえて俺も嬉しいぞ!」

P「・・・ところで何してるの?」

海美「うどんを粉から作ってるの! 9月14日はもがみんの誕生日だから!」ドムッ

海美「これがっ! 私のっ! 女子力っ!」ドムッ





【ミリマス】ミリP「海美がだるまさんがころんだに負けない方法を考案できたぞ!」

1 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/09/12(火)01:31:38 ID:rYR


高坂海美「本当!? すごいよプロデューサー!」

ミリP(以下P表記)「ああ!」

海美「ってちが―う! 私はだるまさんがころんだより鬼ごっことかで走りたいのー!」


2 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/09/12(火)01:34:01 ID:rYR


高坂海美(16)

3 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/09/12(火)01:35:11 ID:rYR




【ミリマス】海美「プロデューサー、最近構ってくれないんだけど!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502368028/


1 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/10(木) 21:27:08.62 ID:yd2DFdsk0

高坂海美(以下、海美) 「プロデューサー!今暇でしょ!?だったらさー、ボルダリング行こうよ!」

ミリP(以下、P) 「ボルダリングって……壁よじ登る奴だろ?やめとくよ、そこまで暇を持て余してるわけじゃないし」

海美 「えーっ!?それじゃ体に悪いよ、いつか美奈子のカロリーに負けちゃうよ!?」

P 「カロリーに負けるって、そんな事あり得る訳が……」

P 「……いや、下手すりゃ負けるな」アセアセ

海美 「でしょ!?じゃあ……」

P 「でもダーメ。俺は、今からビデオチェックの作業しながら飯食うのー」

海美 「び、ビデオチェックって」

P 「最近出来てなかったからなあ……ま、こういうのも欠かさないことがアイドルプロデュースってな」スタスタ

海美 「えー……そんなのつまんないよ、プロデューサー!」

P 「はーいはい、また後でな」





【ミリマス】765学園物語HED √LR

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471144425/


1 :BBP ◆SFvhMvS7IY 2016/08/14(日) 12:13:45.58 ID:OtGOqoLJO
P「明日から3年か…」

始業式前日、俺はそんなことを呟いた

去年は色んな事があった

後輩に知り合いも出来たし、プロダクションの手伝いや海美の大会を見に行ったりもした

中々に充実した1年だった

今年も充実した年にしたいものだ

そんなことを考えていると携帯が鳴った

ディスプレイを確認すると…

P「…母さん?」

母親からの電話だった




ページランキング