ヘッドライン

美希「エンジェルのAは愛してるのA、なの」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529124494/


2 : ◆a/VLka4bp3Eo 2018/06/16(土) 13:49:12.90 ID:NSDqj0DG0
 週末。花金。飲み会。
 実に心躍る予定はあらかじめご破算になっていた。
 それもしょうがない。こんな仕事を初めてしまったのがいけないのだ。




【ミリマス安価】P「日替わりアイドル?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528865676/

1 : ◆X4Pj7hxVEI 2018/06/13(水) 13:54:36.73 ID:uxx2xqCCO
安価ルール
・765ASまたはミリオンスターズ、事務員含む54人から1人ずつ
・連投なし
・被りなし
・無効の場合は安価↓
で進行します。安価は初めてなので時間かかります。方言間違ってたらごめんなさい。


時間つぶしに過去作でも

伊織「アイドルたちがエセ科学に騙されているわ!」

春香「ポッキーだよ!」美希「トッポなの!」

2 : ◆X4Pj7hxVEI 2018/06/13(水) 13:55:18.66 ID:uxx2xqCCO
P「戻りました~」

小鳥「お疲れ様です。今日もコンビニ弁当ですか?」

P「はい、体に良くないのは分かっているんですが、弁当作るのがめんどくさくて」

小鳥「夜はどうしているんですか?」

P「夜は米だけ炊いて、おかずはスーパーの惣菜です」

小鳥「そんな生活していたら体壊しますよ…」

P「まあわかってはいるんですけどね…はあ、誰か俺の世話してくれないかなあ…」

小鳥「ピ、ピヨッ!?じゃあわた」

社長「ウオッホン!そこでだ!」

P「うわっ!社長いたんですか!?」

小鳥「」

社長「君の担当アイドルたちに日替わりでお世話をしてもらうというのはどうだね?」




【ミリマス】 アイドルのねぎらいかた

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529068360/

1 : ◆iS7ssyYWSI 2018/06/15(金) 22:12:41.24 ID:iIgS2iqk0
莉緒「ねえPくん、私たちに何の相談?」

P「この前、仕事を頑張った茜を撫でていた時に思ったんだ。人の頭を撫でることは難しいことだ、と」

風花「難しい?」

P「ああ。相手は人間。犬や猫とは勝手が違うし、わしゃわしゃ撫でたら髪型が崩れてしまい、それを嫌がる者もいるだろう」

P「どう撫でればいいのか、そう考えだすと『人の頭を撫でる』ことが難しく思えてしまってな……」

麗花「なるほど、Pさんは困っているんですね!」

千鶴「……訳が分かりませんわ」

あずさ「まあまあ、千鶴ちゃん、Pさんも困ってるみたいだし、ね?」

このみ「このメンツを揃えた理由は?」

P「なんとなく大人組なら相談相手として適任かなと。青羽さんも小鳥さんも忙しそうですし」

歌織「はあ」

P「というわけで、『撫でる』以外の方法でアイドルをねぎらうことについて意見を聞かせてください」




馬場このみ『Touch my heart.』【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528729204/

1 : ◆Kg/mN/l4wC1M 2018/06/12(火) 00:00:09.94 ID:fE378DvDo
「アイドル」。
その言葉の意味は、それを認識する人の数だけ答えがあるのだろう。
偶像と仮面。出会いと成長。道と輝き。そして、夢と願い。
それはきっと、彼女自身にとっても同じこと。
この想いがあるから。それでも、信じたいものがあるから。
無数の線は──。




【ミリマス】このみ「いわゆる一つのぱにっくホラー」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526102465/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2018/05/12(土) 14:21:05.66 ID:Yjk5w41g0
===

突如として劇場に響き渡った絹を裂くような乙女の悲鳴!
偶然にも廊下にいたこのみと風花は声のした方へと疾く走る、走る!

「一体何があったっていうの!?」

「このみさん! あれを見てください!!」

勢いよく楽屋に駆け込んだ二人をショッキングな光景が出迎える。

風花が指でさすその先では、二つの人影が床の上で激しく取っ組み合っている最中だったのだ。




【ミリマス】P「風花を全力で脱がす」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526035585/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/11(金) 19:46:25.56 ID:Rq6CVE6f0
莉緒「は?」

このみ「社会的に殺すわよ」

P「違う違う、俺は風花が心配なだけだ」

このみ「意味がわからないわ」

P「どんな頼みごとをしても、最初は嫌がるんだ。でも最終的にはやってくれる。だからいつかMUTEKIデビューするんじゃないかと…」

莉緒「無敵?」

このみ「知らなくていい!」

P「だから全力で風花が脱ぐように仕向ける。脱いだら全力で叱ってやる」

莉緒「ドッキリね!楽しそう!」

このみ「それはちょっとかわいそうじゃないかしら…」

P「大丈夫だ。最初にテストしてアウトならすぐやめる」

莉緒「たのしみだわ!ドッキリなんて芸能人ってかんじ!」

このみ「するにしてもお金がかかるんじゃない?」

P「スポンサーはもうみつけた。深夜帯だが番組の枠を取ってある。あとはお前たち二人が協力してくれれば成立だ。」

莉緒「やるやる!」

このみ「そこまで進めてるのはちょっとズルい気がするけど…しょうがないわね」

P「よかった。詳細は後日連絡する」




歌織「プロデューサーさん、私、ドッキリに興味があるんです」【ミリマスSS】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524139508/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/19(木) 21:05:08.95 ID:gKVMl9Y50
※キャラ崩壊注意


P「……ん? 歌織さん、何か言いました?」

歌織「はい。実は私、ドッキリに興味があるんです」


P「ドッキリっていうと……あの、プラカード持ってくるような?」

歌織「ええ、まさにそのドッキリです」

P「なんだって急にそんなことを……?」

歌織「実は昨日、テレビを見ていたらドッキリ番組をやっていて……それで」

P「興味が出てきたと」

歌織「はい……」テレッ

P(影響受けやすい歌織さんもかわいい)





今日からアイドルの私たち、デビュー!【ミリマスSS】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524295750/

1 : ◆UEry/CPoDk 2018/04/21(土) 16:29:11.08 ID:YKiEB6Hg0
ミリオンライブでのアイドル達の出会いを幾つか妄想してみました。

2 : ◆UEry/CPoDk 2018/04/21(土) 16:31:36.45 ID:YKiEB6Hg0
風花「ここが765プロの事務所ね。今日の契約がすめば、私もアイドルとしてスタートすることになるわけか。」

風花「看護士を辞めてまで来たんだもの、友達や患者さん達も応援してくれてるし。子供の頃に夢見た正統派アイドル、必ずなってみせるわ…よし!」

風花「失礼します…あら、誰もいないのかしら。」

??「はーい、どなた?」

風花(わ、何この子。すっごく可愛い!さすがはアイドル事務所ね、こんな可愛い子がいるなんて。)

??「あ、プロデューサーが言ってた新人さんね、よろしく。まあ、私も似たようなもんだけど。」

風花(こんな小さな子がタメ口?芸能界ってやっぱりそういう所あるのね。)

??「どうぞ、座って待ってて。今日はあなたとあと一人来る予定なの、その子が来たら手続きを始めるから。」

風花(でも何だかすごく慣れてる感じだわ。あ、もしかして?)

莉緒「失礼します。あら、あなたオーディションで一緒だった。」




【ミリマス】Snow Drop

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521958082/

1 : ◆U2JymQTKKg 2018/03/25(日) 15:08:02.36 ID:5LLkONhVO
「あら、紗代子ちゃん。お茶碗も箸も並べてくれたのね」

突然のこのみさんの声に、本棚へ伸ばしかけた手を慌てて引っ込める。

「もちろんです。泊めてもらう上に晩御飯まで御馳走になるんですから。これぐらいしないと」

私は笑顔を返して何事もなかったかのようにクッションに座る。

そんな私を見て疑問に思う風でもなく、このみさんはにっこりと微笑んで鍋をテーブルの上に置いた。

「そんな気にしなくてもいいのに。あっ、それじゃあ、お酌してもらえるかしら?」

このみさんがチェック柄のミトンを付けたままテーブルの下から真っ白な瓶を取り出す。




百瀬莉緒、爆ぜる【ミリマスSS 】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519983651/

1 : ◆UEry/CPoDk 2018/03/02(金) 18:40:51.83 ID:ihcdGZdg0
※モバマスのアイドル達が会話の中に出てきます、あまり詳しくないので間違い等あれば申し訳ございません。


2 : ◆UEry/CPoDk 2018/03/02(金) 18:44:20.28 ID:ihcdGZdg0
莉緒「リア充爆発しろって、けっこう怖い言葉じゃない?」


このみ「急に何よ。」


莉緒「だってさあ、考えてみてよ。例えば手を繋いで歩いてたカップルが、目の前でいきなり破裂して、その肉片やら内臓やら血しぶきが飛び散ってごらんなさい?」

莉緒「一生モノのトラウマよ。私なら多分、二度とミートソースが食べられなくなるわね。」

このみ「またしょうもない事を考えるわね。」

風花「まあ、何度も見てればなんだかんだ慣れますけどね。でなきゃ仕事になりませんし。」


莉緒「怖っ!?やっぱナースって大変なんだ。」

風花「そういうお仕事でしたもん。けど莉緒さん、どうして急にそんな話を?」

莉緒「いや、キノコちゃんがよくそう言ってるのを聞いてたら、なんとなくそう思ったのよ。」

風花「キノコちゃん?あ、もしかして346プロの星輝子ちゃんの事ですか。え、お知り合いなんですか?」




ページランキング