ヘッドライン

【ミリマス】探偵百合子・最初の事件~魅裏怨劇場の怪~

1 : ◆U2JymQTKKg 2018/10/20(土)22:49:29 ID:qcp
TB第3弾「劇場ミステリ」が明後日からなので、投票期間中に書いた応援ドラマをば。

つむつむは出ないけど、百合子とまつり姫は出ます。

2 : ◆U2JymQTKKg 2018/10/20(土)22:51:14 ID:qcp
「到着致しました、七尾様」

 空想の大海原で船を漕ぐ私の耳を落ち着いた声が撫でる。

「……七尾様」

 今度は少し強い声。目の前に広がっていた青い空が徐々に暗い車内へと変化していく。

「到着致しました」

 3度目の声で目の前から海が消える。ぼやけた視界のまま声のした方に顔を向けると開いたドアの向こうからこちらを覗く顔があった。

くしゃっとした髪の毛に端正な顔立ち、真っ黒のスーツの胸元からはパリッとしたノリの利いたシャツを覗かせている真壁さんと目が合ったところで私はようやく今の状況を理解した。

慌てて通学カバンを手に取り、スカートの皴を伸ばすことなく車から降りようとすると、スッと目の前に手が伸びてくる。




【ミリシタ】このみ「Pとダベるだけ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534678142/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 20:29:02.41 ID:OSo63Mah0
~事務所~

P「ふぅ、そろそろ帰るかな」

ガチャ

このみ「プロデューサーいる?」

P「あれ?このみさんまだ帰ってなかったんですか?」

このみ「晩御飯まだでしょ?一緒にどうかなぁって」

P「健気にまっててくれたんですか?うれしいなぁ」

このみ「そういうんじゃないわよ。で、どうなの?」

P「いきましょいきましょ!いつもの店でいいですか?」

このみ「決まりね。タクシー捕まえとくわ」

P「ありがとうございます」




[ 2018/08/20 16:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

【ミリマス】星梨花「あ、あの……プロデューサーさん……」モジモジ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534653966/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 13:46:06.33 ID:rjYNqui70
P「どうした星梨花?」

星梨花「え、えっと……」

P「?」

星梨花「……よ」

P「よ?」






















星梨花「……よ、呼んだだけーっ!」エヘヘ

P「……は?」




[ミリマス] 風花「たいへんなへんたいさん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532557020/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/26(木) 07:17:01.23 ID:FRT+znic0
(劇場の控え室。二人とも椅子に腰掛けて、このみが風花の相談を受けている)

風花「このみさん、聞いてくださいー。プロデューサーさんがまたグラビアのお仕事を取ってきちゃって…。」

このみ「よしよし。風花ちゃんも苦労するわね。わかったわ。私の方からプロデューサーくんにガツンと言っておいてあげる!」

(このみが立ち上がってPに直接抗議に行くようだ。風花は黄昏ている)

風花「はぁ…、いつになったら清純なイメージの役がもらえるのかな…。」




ミリP「FairyTaleじゃいられないがプレイされる度にこのみさんが果てるボタン」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529900819/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/25(月) 13:27:00.25 ID:qkPpBdxJo
ミリP(以外P)「押す?」

P「押す!!」


ポチッ


このみ「ひゃん❤」///

P「お、さっそく」




[ 2018/07/01 01:10 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

このみ「限界を調べてみよう」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529715316/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 09:55:16.82 ID:VvM+Mqad0
アイマス×リンカーンシリーズ第3弾

歴代の作品

春香「限界を調べてみよう」

春香「亜美真美の誕生日を盛大に祝おう!」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/23(土) 10:05:06.55 ID:VvM+Mqad0
このみ「祝秋月律子生誕祭記念!限界を調べてみよーう!」

パチパチパチ

このみ「今日は律子ちゃんの誕生日を祝おうということで、やるき茶屋さんでこの企画を行うわよ!」

律子「祝ってくれるのはうれしいけど、わざわざこの企画でなくても…」

莉緒「前回結構きつかったわよ」

千鶴「今回は何を調べるのですの?」

このみ「ジョッキの数を調べるわよ」

風花「え!?」

あずさ「あらあら~」

このみ「飲み物全部これで来るから、これ全部なくしましょう」

律子「めちゃくちゃありそうね…」

このみ「今回もいろんな事務所の20歳以上のアイドルに助っ人要請してあるわよ」

麗花「それなら大丈夫かな~」

このみ「あとウーロン茶などのソフトドリンクでも大丈夫だからね」

莉緒「そっちの方がきついわよ」




美希「エンジェルのAは愛してるのA、なの」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529124494/


2 : ◆a/VLka4bp3Eo 2018/06/16(土) 13:49:12.90 ID:NSDqj0DG0
 週末。花金。飲み会。
 実に心躍る予定はあらかじめご破算になっていた。
 それもしょうがない。こんな仕事を初めてしまったのがいけないのだ。




【ミリマス安価】P「日替わりアイドル?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528865676/

1 : ◆X4Pj7hxVEI 2018/06/13(水) 13:54:36.73 ID:uxx2xqCCO
安価ルール
・765ASまたはミリオンスターズ、事務員含む54人から1人ずつ
・連投なし
・被りなし
・無効の場合は安価↓
で進行します。安価は初めてなので時間かかります。方言間違ってたらごめんなさい。


時間つぶしに過去作でも

伊織「アイドルたちがエセ科学に騙されているわ!」

春香「ポッキーだよ!」美希「トッポなの!」

2 : ◆X4Pj7hxVEI 2018/06/13(水) 13:55:18.66 ID:uxx2xqCCO
P「戻りました~」

小鳥「お疲れ様です。今日もコンビニ弁当ですか?」

P「はい、体に良くないのは分かっているんですが、弁当作るのがめんどくさくて」

小鳥「夜はどうしているんですか?」

P「夜は米だけ炊いて、おかずはスーパーの惣菜です」

小鳥「そんな生活していたら体壊しますよ…」

P「まあわかってはいるんですけどね…はあ、誰か俺の世話してくれないかなあ…」

小鳥「ピ、ピヨッ!?じゃあわた」

社長「ウオッホン!そこでだ!」

P「うわっ!社長いたんですか!?」

小鳥「」

社長「君の担当アイドルたちに日替わりでお世話をしてもらうというのはどうだね?」




【ミリマス】 アイドルのねぎらいかた

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529068360/

1 : ◆iS7ssyYWSI 2018/06/15(金) 22:12:41.24 ID:iIgS2iqk0
莉緒「ねえPくん、私たちに何の相談?」

P「この前、仕事を頑張った茜を撫でていた時に思ったんだ。人の頭を撫でることは難しいことだ、と」

風花「難しい?」

P「ああ。相手は人間。犬や猫とは勝手が違うし、わしゃわしゃ撫でたら髪型が崩れてしまい、それを嫌がる者もいるだろう」

P「どう撫でればいいのか、そう考えだすと『人の頭を撫でる』ことが難しく思えてしまってな……」

麗花「なるほど、Pさんは困っているんですね!」

千鶴「……訳が分かりませんわ」

あずさ「まあまあ、千鶴ちゃん、Pさんも困ってるみたいだし、ね?」

このみ「このメンツを揃えた理由は?」

P「なんとなく大人組なら相談相手として適任かなと。青羽さんも小鳥さんも忙しそうですし」

歌織「はあ」

P「というわけで、『撫でる』以外の方法でアイドルをねぎらうことについて意見を聞かせてください」




馬場このみ『Touch my heart.』【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528729204/

1 : ◆Kg/mN/l4wC1M 2018/06/12(火) 00:00:09.94 ID:fE378DvDo
「アイドル」。
その言葉の意味は、それを認識する人の数だけ答えがあるのだろう。
偶像と仮面。出会いと成長。道と輝き。そして、夢と願い。
それはきっと、彼女自身にとっても同じこと。
この想いがあるから。それでも、信じたいものがあるから。
無数の線は──。




ページランキング