ヘッドライン

P「流局……流局……」冬馬「流れるなよ……頼む!来い!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 19:37:32.34 ID:DsGyNxRk0
冬フェス前日の夜

冬馬「よっしゃああああああ!!!!ツモ!チュウーレン、だぜ!!」

P「うわぁぁ!ハコった!ちくしょう!お前イカサマしてないか!?」

冬馬「してねぇよ。それにバレないイカサマは立派なテクニックだ。文句言われる筋合いは無ぇな」

P「くそぅ絶対してるだろ……汚いなさすがあまとうきたない……」

北斗「俺は何とか首の皮を繋いだか……流れてたらちょっと危なかったな」

黒井「明日の晩飯は貴様のおごりだからな」

P「そこをなんとか!そこをなんとか!」

北斗「なりませんよ。そう言うルールですから☆」

P「なんてこった……」

翔太「麻雀ってよく知らないけど、見てても面白そうだよね~。やってみよっかな」

黒井「やるのは構わんが、物や金を賭けたりしてやるのだけはやめろよ」

P「飯おごらせてる黒井社長が言っても説得力が皆無ですよ」




P「765プロで映画を撮るぞ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/10(月) 18:38:40.94 ID:b8KWEWiO0
P「タイトルは>>5でテーマは>>8、主演は>>12だ」




P「死んだので安価で行動する」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26(日) 18:07:31.21 ID:9X0Ip82LP
P「・・・まさか死んでしまうとは」

P「特に無念はないけどアイドル達に指導や悪戯をしたくないわけではない」

P「そこで>>5をしようじゃないか」

P「生き返るは無しだぞ、そんなのができたら苦労はしない、誰に言ってるんだ俺は」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/26(日) 18:09:03.10 ID:J+a8o9t50
蘇生




春香「けふは小鳥さんちに行きませう」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/25(土) 17:54:56.73 ID:n8fBCC3W0
春香「え? 今日はオフ?」

P「あぁ、せっかく来てもらったのに悪いが、急遽オフになったんだ」

春香「で、でも今日……撮影でしたよね?」

P「今朝先方から電話があってな、日程を変えてくれだとさ」

春香「当日に変更って……スゴイですね」

P「あぁ、それに関してはキッッッチリとクレームを入れたよ」

P「春香はここまで2時間もかけて来てるってのに……なぁ!」

春香「え、えぇ……それは別にいいんですけど……」

P「まったく、俺の大事なアイドルを何だと思ってるんだ!」

春香(俺の……大事な……)

P「それでだな……って、どうした? 顔が赤いぞ?」

春香「い、いえ……なんでもないですっ!////」

P「春香まで熱があるんじゃないか?」

春香「平気です! バリバリ全開ぶっちぎりです!」


春香(私までって……どういうことなのかな?)




小鳥「幸」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/24(日) 19:56:41.26 ID:empSB0fL0
春香「楽しみだね!今度のライブ!」


真「すっかり忙しくなっちゃったからね……仕事で全員集まるの、久しぶりじゃない?」

雪歩「み、みんなの足を引っ張らないように、私、頑張るね、真ちゃん」


やよい「今度は、ライブ以外にも、お話し会があるんですか?」

律子「お話し会って、学芸会か何かじゃないんだから。トークよ、トーク。」

伊織「芸人魂の春香やあみまみ始め、おバカなやりとりを期待しているお客さんも多いのよ」


千早「……私は、歌さえ歌えれば。それ以外は、あまり気が乗らないわね」

亜美「あいかわらずお堅いねぇ、千早お姉ちゃん!」

真美「千早お姉ちゃんは、声きれいだから、トークしてもその声でみんなうっとりしちゃうよ~」



小鳥(相変わらず、今日もにぎやかで、かしましい、765事務所です)




[ 2020/08/31 22:25 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

美希「春香、『Little Match Girl』の歌詞ってどういう意味なの?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/11(月) 12:56:14.14 ID:DT1xge4q0
春香「えっ?」

美希「ほら、一番最後のとこ」

春香「えっ?」

美希「『一度の火遊びでもいいから 今すぐ抱いて……』ってとこ」

春香「えっ?」

美希「……聞こえてるよね?」




小鳥「私がちょろいという風潮!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/20(木) 03:58:09.02 ID:RzQtQJCE0
P「へ?」

小鳥「プロデューサーさんっ! 私、ちょろくなんてありませんから!」

P「ちょろい? なんの話ですか?」

小鳥「某所では『小鳥は好きだよと言えばすぐぴよぴよする』だとかなんとか言われていますけどねっ」

小鳥「私だって女です、人間です! そう簡単に、他人に心を開いたりはしないんですよ!」

P「……そうですね」

小鳥「わかってもらえますか?」

P「ええ」

小鳥「さっすがプロデューサーさん! そう言っていただけると、私、信じてました~!」

P「……音無さん」

小鳥「はい、なんですか?」


P「俺、音無さんのことが、すきです」

小鳥「……え」

P「だから、お付き合いをしてくれないでしょうか……」

小鳥「……え、ぇ、えぇぇ……!?」カァァ




[ 2020/08/25 22:25 ] アイマスSS | TB(0) | CM(1)

P「俺とチューしたら千円あげよう」 やよい「うっうー」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 10:10:13.82 ID:7tdI683w0
春香・千早・伊織「!?」

やよい「私プロデューサーとチューしますよー」

P「やるかい?」

やよい「はい! んー」

チュッ

春香・千早・伊織「!!!!!??????」

やよい「えへへー♪」

P「はい、千円」

やよい「ありがとうございますー。これで今日の食費が浮きましたー」

P「やよいは可愛いなー」




小鳥「プロデューサーさんと結ばれてもう一年」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/27(木) 03:14:44.52 ID:eXEnRBBeP
小鳥「事務所のアイドルたちとの競走の末にプロデューサーさんと結婚して1年」

小鳥「泣きそうになってた子も居たけど、皆私たちの事を祝福してくれた」

小鳥「そこまでは良かったんだけど・・・」

小鳥「毎日代わる代わる人の家に勝手に上がり込んで人の旦那誘惑するのはやめてほしいピヨ・・・」


と言う妄想をしました
明日仕事な俺の代わりに誰か




P「婚活パーティに行ったら音無さんがいた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/20(木) 16:45:49.77 ID:irm86KXci
小鳥「…あ」

P「…え?」




[ 2020/08/13 20:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
ページランキング