ヘッドライン

P「小鳥さんに甘えてみよう」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/18(月) 22:10:24.19 ID:i07InN42O
――765プロ事務所

P「小鳥さん、今夜はヒマですか?」カタカタ、カチカチ、

小鳥「えっ?今夜ですか?」カタカタ、カタカタ、チラッ、

P「はい。今夜…ウチに来ませんか?」カタカタ、チラッ、

小鳥「えぇ。いいですよー?」カチカチ、

小鳥「って!えっ?プロデューサーさん?///」バッ

P「ん?どうしたんですか?」




[ 2019/09/15 14:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

P「アイドル達にいきなりカンチョーしたらどうなるか反応を見たい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/21(木) 21:37:12.77 ID:ja4A7kCs0

P「よし、決めた。 今日はカンチョーに徹しよう」

あずさ「あら、おはようございますプロデューサーさん」

P「あ、おはようございます。 あずささん」

あずさ「うふふ……」ニコニコ

P「あずささん……」

あずさ「はぁい? 何でしょうか?」

P「何だか今日は一段と……綺麗ですね」

あずさ「えっ……//// そ、そんな……」カァァ…

P「あずささんのこと、好きになってしまいそうです……」

あずさ「そ、そんな、急に、その……」カァァァ

P「あずささん……」ジーッ

あずさ「や、やですよ……そんな見つめられたら……」クルッ

P(よし、後ろを向いた……! 今だ……!)

あずさ「プ、プロデューサーさん、私……その……ずっと貴方のゴガヒャアアアアア!!?!」

P「よし……」 シュゥゥゥ…




P「はぁ、音無さんと結婚したい…」 律子(また始まった…)

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/06(金) 00:28:00.42 ID:z+wPessb0
P「結婚したいなぁ…」

律子(じゃあ、すればいいじゃない…)

P「いや、でもあんな綺麗な人に恋人がいないわけないか…」

律子「」




小鳥「暇じゃないけど安価で何かする!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 21:19:18.34 ID:Gjp7cwCbP
小鳥「律子さんがいない……こんな絶好のチャンス逃すわけにはいかない!」

小鳥「仕事は溜まってるけど……」

小鳥「それ以上にストレスやら何やらがたまってるんですよぉ!」

小鳥「どこを見てもプロデューサーさんがイチャイチャしてるし……」

小鳥「いつまでもおとなしい事務員だと思ったら大間違いです!」

小鳥「誰かにイタズラしようかしら?それとも新しいカップリングの開拓?」

小鳥「とりあえず>>5をしようと思います」




小鳥「先日友達の結婚式があったんですよ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/17(金) 07:45:51.85 ID:jagncteRi
P「へえ…」

小鳥「仕事熱心な人で、なかなか恋愛に手が回らない人だったんですけど」

小鳥「やはり独り身の限界というのがあって…ボロボロだった時に」

P「支えてくれる人ができた、ということですね」

小鳥「はい、素敵ですよね」

P「そうですねぇ」




[ 2019/09/03 18:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(1)

P「俺は人の心が読める」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/18(土) 19:08:51.15 ID:tBVqN7Wq0
P「お疲れ、春香」

春香「あっ、お疲れ様です!」

春香(うぅ…早くトイレに行きたい…)

春香(でも…プロデューサーさんとお話し出来るならちょっとぐらい我慢しても…)

P「我慢するのは身体に毒だぞ?」

春香「そ、そうですよね…行ってきます!」ダダッ



春香「あれ?」




小鳥「プロデューサーさん、か」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/22(水) 21:27:22.13 ID:yrc5h9PA0
小鳥「あら、おはようございます、プロデューサーさん」

P「お、おはようございます……すみません、寝坊しちゃって」

小鳥「ふふ、寝癖立ってますよ?」

P「え、ああ!ちょ、ちょっと直してきます!」

小鳥「はい、まだアイドルのみんなも来てないので、ごゆっくり~」

P「は、はい!」

小鳥(……プロデューサーさんは、どこか抜けてる所があるのよねぇ)

小鳥(でも、そこが母性本能くすぐられるというか)

小鳥(いけないいけない……私も仕事しないと)

小鳥「お茶淹れよっと!」


亜美「おはよ→!ピヨちゃん!」

小鳥「おはよう、亜美ちゃん。今日は早いのね」

亜美「んふっふ→実は今日はゲームの発売日だから買ってそっこ→来たんだよ!」

小鳥「ゲームって……も、もしかして!?」

亜美「そう!!テイルズだよぉ!」




P「おはようのキスをして星井アイドルは……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/17(木) 07:39:19.31 ID:W0/pKIAS0
P「美希ですね?これがメンタリズムです」

小鳥「雪歩ちゃん」




P「安価で音無さんを救出する」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 00:24:58.55 ID:GiRAl5FR0
P「おはようございまーす」ガチャ

春香「あっ プロデューサーさん・・・」

千早「おはようございます・・・」

P「ん、皆どうしたんだ?なんか暗いぞ。」

真美「それがさぁ」

貴音「今日事務所の投函箱に、こんな手紙が入っていたのです。」


「私、音無小鳥は、○○さんという方と結婚をする運びとなりました。つきましては、今月付けで事務所を退職します。」




P「春香が散歩してるとしよう」千早「はい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/02(火) 20:29:54.55 ID:NV/YfjBF0
P「まあ、まず一回転ぶよな」

千早「そうですね」

P「で、誰もいないのに頭コツンてやって「てへへ」ってやるじゃん」

千早「やるでしょうね」

P「で、何事もなかったかのように立ち上がって歩きだすじゃん」

千早「はい」

P「で、前方に犬の糞みつけんだよ」

P「そして、踏まずに見つけたことを心の中でガッツポーズするんだ」

千早「まあ、するでしょうね」




ページランキング