ヘッドライン
[ 青春ブタ野郎シリーズ ] のタグを含む記事

双葉理央「私にも夢を見る権利くらいはある……か」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1586065156/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/05(日) 14:39:16.22 ID:FjCYaVznO
「梓川」
「なんだ、双葉」
「梓川、居る?」
「ああ。居るよ」
「私もどうやら青春ブタ野郎だったらしい」

『青春ブタ野郎』こと高校2年生の梓川咲太を取り巻く環境はまさに思春期真っ盛りであり、彼自身も含めて多くの関係者は『思春期症候群』を患っている。

『思春期症候群』とはその名が示す通り、思春期を迎えた男子女子が発症するとされるいわゆる都市伝説であり、『症候群』に相応しくその諸症状は多岐に渡る奇病である。

非接触性の身体的な外傷。
物理的な存在の希薄化。
局所的な時空の乱れ。
そして、同素体の生成。

当初はそのあまりに非医学的な症状に根拠を持てずにまるで信用していなかった私であるが、その症例の多さと、極めつけに自らも罹患するという大失態によって、この病がただの都市伝説ではないことを思い知らされた。

「私はね、梓川。自分が嫌いなんだよ」
「無理に好きになる必要はないだろう」

思春期とは厄介なもので、どれだけそうなりたくないと意識したところでむしろ逆効果となり、余計に悪化して拗らせる場合が多い。

「私は常に傍観者でありたかった」
「ああ。僕もそうでありたかった」

傍観者であろうと心がけるあまり、木乃伊取りが木乃伊となり、自身が木乃伊ならぬピエロとなる過程を客観的に観察した私はついにドッペルゲンガーを生み出すに至り、その滑稽さはまさに道化じみていたと言えよう。




[ 2020/04/05 17:55 ] その他 | TB(0) | CM(0)
ページランキング