ヘッドライン

凹んだ時、アイドル達が慰めてくれる。 【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486565168/

1 : ◆5Zs67o7uls 2017/02/08(水) 23:46:08.60 ID:6b1YJpmH0
9作目です。

ミリマスのSSとなります。
一人3レスくらいでアイドル達に慰めてもらいます。
一人ずつ気ままに書いていこうと思います。書き溜めなしです。




【ミリマス】茜「炙り花束ネジ巻きエンゲル奮闘記です」

2 : ◆BAS9sRqc3g 19/07/04(木)22:37:19 ID:Cv2

茜「プロちゃん!」

P「どうした?」

茜「どうしたもこうしたもないよ!」

P「ははは」

茜「何わろてん?茜ちゃん今度漫才コンテストに出るってなに?」

P「へえ、そうなの?」

茜「いやそれをプロちゃんに聞いてるの!」

P「俺も今知ったわ」

茜「茜ちゃん一応アイドルなんだけど?」

P「心配するな。麗花も一緒に出るから」

茜「不安要素が増えた!」






グリP「よーし茜ちゃーん! パ、パパ特盛頼んじゃうぞーっ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1545567025/

2 : ◆2UonITSXok 2018/12/23(日) 21:12:10.20 ID:9FJYbIqi0
―――お好み焼き屋にて

グリP「お好み焼きは広島風に限るぞ、そして今作っているヤツが広島風だ」カシャカシャ

茜「…………」

グリP「こうやってな生地が固まってきたタイミングで、その横で麺を焼くんだ。生地と麺が焼けるタイミングをよく見計らってなぁ。麺は鉄板で焼くと、焦げ目がついて食感と風味が大変によろしいんだぞ。カリカリの麺が下に張り付かないように油は多めに敷いておいて…、はいじゅんじゅわー」カシャカシャ

茜「………………」

グリP「お次は生卵を鉄板に落として、ただし目玉焼きではなく、こう黄身を潰して、横に伸ばして。はい最高、最高だよ茜ちゃん。この伸ばした卵の上に炒めた麺を乗せて、その上に生地を乗せて…こう三層に」

茜「………………………」

グリP「仕上げに調味料ね、生地にソースをたっぷり……それから青のりを振って……かつお節をぶち込んでだな……」

茜「………………………………」




[ 2018/12/26 18:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

【ミリマス】茜ちゃんと踊る馬鹿人間

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1543845055/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2018/12/03(月) 22:50:55.73 ID:HY1MskrZ0
===

十二月、それは新年へ向けたカウントダウン。

突入すれば「一年過ぎるのも早いもんだ」なんてしみじみ振り返ってみたり、
まだ半月以上もあるというのにクリスマスの輩があちこちに姿を現したり。

とにかく日本人というやつが、八月と並んで馬鹿に陽気になるのが十二月なのではないだろうか?


また、読者諸氏には知られた話であるだろうが、
吹き付ける海風の勢いが増そうと765プロライブ劇場は相変わらずの常春気分。

女三人寄れば何とやら、と言ったお決まりのフレーズが安売りされているようなこの場所では、
まぁ、季節というのは基本あって無いようなモノであり、彼女らのプロデューサーである私としては、

順調に増えだすグルメロケと年末年始のイベントラッシュの方が余程寒波よりも身近な悩みである。




[ 2018/12/04 11:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

北上麗花「もしも私が」【ミリマスSS】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531320411/

1 : ◆UEry/CPoDk 2018/07/11(水) 23:46:51.41 ID:fnuax+mw0
北上麗花さんの元カレとのお話。

アイドルのプロデューサー以外との恋愛話が苦手な方はご注意ください。

2 : ◆UEry/CPoDk 2018/07/11(水) 23:48:38.58 ID:fnuax+mw0
(劇場事務所)
麗花「おはようございます律子さん、今日もナイス眼鏡ですね、頑張りましょう!」


律子「おはようございます。なんですかそのナイス眼鏡って。」


麗花「律子さんと言えば眼鏡じゃないですか、とっても普通に似合ってますし。」

律子「はあ、どうも。アイドルですから普通だと困るんですけとね。」

麗花「そんな事ありませんよ、普通って良くも悪くもないんです。ステキじゃないですか?」

律子「まあ、一応褒め言葉として受け取りますね。」

茜「麗花ちゃんはその普通っての好きだよね。なんか理由でもあるの?」


麗花「うーん……まあね。」

茜「おおっ、麗花ちゃんが珍しくアンニュイだよ!もしや茜ちゃん、謎多き麗花ちゃんの秘密に迫っちゃった?」

律子「こら茜、変な事聞かないの。」

麗花「大丈夫ですよ、たいした事じゃありませんから。」




【アイドルマスター ミリオンライブ】茜「茜ちゃんのプリンが、またしても!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530681086/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/04(水) 14:11:26.51 ID:wgzsZ5SW0
茜「プリンがなくなってる! 名前も書いておいたのに!」


P「茜。実はプリンを食べたのは、俺だったんだ! ごめんな!」

茜「P(ぷろ)ちゃん、どうしてそんなことを!」

P「茜が自ら買ってきたプリンが食べたくて。本当にすまなかった!
  おいしかったよ、ごちそうさま!(いつもの) これ、代わりのプリン。」

茜「カワイイカワイイ茜ちゃんの選んだのが食べたい気持ちはわかるけどぉ、ダメだよ! Pちゃん。
  って…こ、これは!」

袋ガサー


茜「手作りのプリン!」

P「いつも茜のプリンを食べちゃってるから、お詫びも兼ねて、な」

茜「それでも、今度から食べちゃダメだよ! わかった?」

P「善処するよ」

茜「まったくもう! では気を取り直して、いただきまーす!」

パクリ

茜「この甘さは! もしや!」

P「知っているのかAKANE!? そう、さんぼわさんぼ和三盆だよ!
  取り寄せた和三盆を使ってレシピ片手に作ってみたんだ(佐竹直伝)」

茜「Pちゃん!」

P「茜!」

ガシー(感動して抱き合う音)


通りすがりの紬「なんなん…」






【ミリマス】P「なんで琴葉しかいないんだ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530189201/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/28(木) 21:33:21.62 ID:xBgkSwDO0


P「さあて、今日もお仕事頑張りますか」


P「劇場がオープンして1年経ってシアター組の知名度も結構あがった」


P「彼女たちも先輩たちに負けず劣らず頑張ってくれている」


P「だけど彼女たちはもっと上を目指すことができる!だから俺が彼女たちの成長をサポートしてあげないとな!」






【ミリマス】北上麗花と星を知る者だよ茜ちゃん

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526527234/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2018/05/17(木) 12:20:34.91 ID:Fypyj9yR0
===

あのね、よくさ、物語は先が見えないからこそ面白い! だとか、
突然のハプニングを楽しんでこその人生だよね♪ なんて粋がっちゃう人いるじゃない?

別に他人のライフスタイルを真っ向からヒテーする程心狭いつもりじゃないんだけどね、
だからと言って毎度毎度、それに巻き込まれるってんじゃ正直堪ったもんじゃないのである。




麗花「茜ちゃんとの漫才です! 見てください♪」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1525524034/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/05(土) 21:40:35.19 ID:1KpeGuzUo
麗花「ねぇ茜ちゃん! 今度のライブの練習はどう? 順調に進んでる?」

茜「もっちろん! 可愛い茜ちゃんの可愛いところがどんどんレベルアップしてるよ!」

麗花「そうなんだ!」

茜「あ、でも茜ちゃん、最近ちょっと思うところがあるんだよね。
 アイドルたるもの、ファンのみんなの気持ちを一番に考えないといけないなって!」

麗花「ふんふん」

茜「だから、今日はちょっとファンのみんなの気持ちになってみようって思うんだ!」

麗花「ファンのみんなの気持ちに? でも、それってどうやるの?」

茜「例えば、ライブを見に行く人の気持ちになるとか!」

麗花「なるほど! じゃあやってみよう!」





[ 2018/05/08 11:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

木下ひなた「優しさ、かぁ...」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522392494/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/30(金) 15:48:14.34 ID:XheO0RYd0
とある一日。


ひなた達事務所のアイドルは皆、寮で生活をしている。


ひなた「今日も平和だねぇ」



少し静かな部屋でまったりお茶を飲むひなた。


亜美「たっだいま~!!」



ドタバタと帰ってくる亜美、真美、環。


環「急げ急げ~!!」



亜美「真美~早く早く~」


真美「あ~ん待ってよ亜美~」



ひなた「おかえり~。そんなに急いで、なにかあったのかい?」


亜美「あ、ひなぴー、ただいま!!」


真美「今日はなんと『劇場版!帰ってきたヤキニクマン!!ホルモン星人Jr.の逆襲』がTV初放映なんだよ~」


ひなた「へぇ~、なんだかよく分からないけど、楽しみだったんだねぇ」


真美「ひなぴーも一緒見ようよ!おもしろいよ~!」


ひなた「そこまで言うなら見ようかねぇ」


環「あ、始まるぞ!!」


目からキラキラが溢れる環。






ページランキング