ヘッドライン

【ガルパン】ねこにゃー「もしあれが現実になったら。」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510580618/

1 : ◆yef3W6r46A 2017/11/13(月) 22:43:38.45 ID:A74pJpKR0

TV「FIGHT!!!」


ねこにゃー「………」カチャカチャカチャカチャ


TV「波動拳!!!」


ゴモヨ「ありえない……」

ねこにゃー「ん?」

ゴモヨ「人は手から火の玉なんて出せない……」

ねこにゃー「当たり前……」

ゴモヨ「ゲームとはいえ、おかしいと思わない?」

ねこにゃー「全然…」

ゴモヨ「私は納得できない…」


TV「KO!!!」


ねこにゃー「確かにゲームを含め、フィクション作品は非現実的なものが多いよ……」

ねこにゃー「メタいこと言えば、ボク達どころかこの世界すら存在しないし……」

ねこにゃー「でも……逆にフィクション作品をすべて現実にしたらどうなるのか……」

ねこにゃー「2人で考えて見よっか………」

ゴモヨ「うーーん……」

_____________________


ねこにゃー「っというわけで、ショートコント集。」

ねこにゃー「テーマは、『もしあれが現実になったら』。」

ねこにゃー「始まりだニャン♪」

ゴモヨ「誰に言ってるの!!?」






【ガルパン】みほ「もっと学園十色の短編集です!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510582025/


1 : ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:07:05.97 ID:izrf7FiJo

【オープニングです!】


アズミ「…え?その話、いますること?」

ルミ「隊長の命令がなくてヒマだけどさ、まだ試合中だよ?」

メグミ「…分かってるわよ。いい?もう1回言うわよ?」

アズミ「どうぞ?」

メグミ「年上のお姉さんっぽくて、どことなくエロいのがアズミ」

アズミ「照れるわね」

メグミ「ボーイッシュっぽくて、メガネかけてるのがルミ」

ルミ「外面の特徴って言うなら、そうかな」

メグミ「…私は?」

アズミ「…」

ルミ「…」

メグミ「ちょっと…」

アズミ「いや…」

ルミ「ご、ごみん…」

メグミ「ビジュアルだけでいうと一番地味だし…ねぇ?」

アズミ「でも、大洗戦だとセンターにいたし、普段から良い戦車回してもらってるじゃない」

メグミ「それは戦車道の能力としての話でしょ?キャラクターとして没個性じゃないかな、って…」

ルミ「んー、そんなことないと思うんだけどなー…」





まほ「負けたぁあああ」エリカ「いい加減泣き止んだらどうです?

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/02(火) 19:59:24.09 ID:GwyjCYa60
まほ「ううぅ……」

エリカ「いいじゃありませんか。副隊…元副隊長のことお母様に認めて貰えたんですよね?」

エリカ「隊長は絞られたみたいですけど……」

まほ「言わないでくれ…」

エリカ「とにかく、素直に喜んであげましょう?」

まほ「だって……」

エリカ「だって?」




喪黒「逸見さん、ココロのスキマをお埋めします」エリカ「はぁ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492929772/

1 : ◆e6ps/CejpA 2017/04/23(日) 15:42:52.08 ID:YapgHnP10
ガルパンと笑ゥせぇるすまんのクロス




私の名は喪黒福造、人呼んで『笑ゥせぇるすまん』。ただのセールスマンじゃございません。
私の取り扱う品物はココロ、人間のココロでございます。
この世は老いも若きも男も女も心の淋しい人ばかり。そんな皆様のココロのスキマをお埋めします。
いいえ、お金は一銭も頂きません。お客様が満足されたらそれが何よりの報酬でございます。
さて、今回のお客様は…



逸見エリカ(17)




【ガルパン】みほ「副隊長格付けチェックです!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1497706836/


2 : ◆u4BqTnPhoo 2017/06/17(土) 22:41:52.79 ID:9mJYITMN0


桃「私が戦車道のPRをですか…?」

杏「そそ、西住ちゃんは来年の編成で忙しそうなんで、代わりに、かーしまに行ってもらいたいんだよね」

柚子「一応、桃ちゃん副隊長だし」

桃「桃ちゃんと呼ぶな!それに一応とはなんだ!!」

杏「まー、向こうには他のメンバーがいるし、PRって言ってもバラエティみたいなもんだからさ」

杏「…それに、私がこんな事を任せられるのは、かーしまだけだしね」

桃「会長、そこまで私を…わかりました!大洗の代表として、しっかりとPRしてまいります!!」

杏「おおー、期待しているよー!」

柚子「私達は行けないんで、独りになっちゃうけどお願いね」

桃「えっ」






【ガルパン】華さんの紙芝居屋さん

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501680019/


1 : ◆e6ps/CejpA 2017/08/02(水) 22:20:20.21 ID:opaxz4Jw0
前スレのようなもの
島田千代 「これが私の戦車道」


華「学園艦での紙芝居屋の営業を禁止されてしまいました…」

沙織「当たり前だよ!いくらなんでも『死霊のえじき』はないよ!」

華「ジョージ・A・ロメロ監督の追悼のつもりだったのですが…」

優花里「兵士たちがゾンビに食べられるシーンでは、近所の子どもたちどころか冷泉殿まで泣き叫んでましたからねえ」

麻子「まったく、久しぶりに心療内科のお世話になったぞ。両親が亡くなって以来だ」

華「本当に申し訳ありませんでした…」




まほ「エ、エリカ!そのケーキ食べたのか!?」エリカ「へ?」モグモグ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507390415/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 00:33:35.77 ID:Xpk31dog0
※キャラ崩壊マシマシ


エリカ「ご、ごめんなさい隊長…共用の冷蔵庫に剥き身で置いてあったから自由に食べていいとばかり…」

まほ「いや、そんなところにしまわず素直に捨ててしまえばよかったんだ。私が悪い…!ただ私が悪いんだ!」ガンガン

エリカ「隊長!?テーブルに頭を打ち付けるのはやめてください!腐ってたくらいで怒りませんから!」

まほ「いや、そのケーキは腐ってるわけじゃない…」

エリカ「じゃあ、なぜそんなに慌てて」

まほ「…皿の裏を見てみろ」

エリカ「?」クルリ

【プラウダ製薬 製造部 心理化学チーム:作品番号46 スナオニナール】

エリカ「…………は?」

まほ「ごめん」




五十鈴華「未来テレビですか…?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505696526/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/09/18(月) 10:02:06.08 ID:Gkf4Vk07O
沙織「昨日のゼクシィの広告についてたから買っちゃった」


麻子「いったいいくらだったんだコレ…」

沙織「10万くらい」

優花里「高っ!?詐欺ですよ絶対!」

みほ「衝動買いにしては高いよ…」


華「それで、使ってみたんですか?」

沙織「怖くて使えなかった☆ てへぺろ☆」

麻子「うん、バカだ」


沙織「10年後みてさ、まだ独身だったら怖いし」

優花里「それは分かりますが…」



麻子「…いや、それ以上の問題がある」

みほ「うん…」




【ガルパン】好きな食べ物の、二人の話。

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507119016/


2 : ◆nvIvS/Qwrg 2017/10/04(水) 21:11:52.96 ID:vDdOmgpL0
【エリカ編】

私の好きな食べ物は、アイアシェッケという事にしている。
ちなみにアイアシェッケとは、ドイツの地方菓子で、簡単に言えば四角いチーズケーキ。

実際に食べた事は一度も無い。

何故こんな事をしているのか、端的に言えば本当の好きな食べ物を隠すため。
本当の好きな食べ物を知られて、周囲からの自分のイメージが変わる事を恐れているため。

その恐れの一端を担っているのが、我らが隊長、西住まほ。
隊長は雑誌のインタビューで、好きな食べ物ははカレーですと答えた瞬間から一気にカレーのイメージが広まってしまった。
今では戦車道に興味が無い層にも、カレーの人として覚えられている節がある。

まさにそれは、私が恐れている状況そのもの。




ページランキング