ヘッドライン

【ガルパン】赤星小梅「水難の相?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1548810680/

2 : ◆y952N4RGnc 2019/01/30(水) 10:13:00.73 ID:Mhi4tErs0
みほが高1の頃のお話


黒森峰女学園

小梅「みほさん見てみて。占い屋さんがある」

みほ「本当だ。学園艦に珍しいね」

小梅「ちょっと寄ってみない?」

みほ「わ、私は遠慮しようかな」

占い師「いらっしゃい」

みほ「小梅さん、私は見てるから興味あるなら遠慮なくどうぞ」

小梅「じゃあ、お願いします!」

占い師「はい。では手を見せていただけますか……ほう、これは水難の相!」




【ガルパン】まほ「みほ派と逸見派の抗争?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1548141903/

2 : ◆G309cXFSD. 2019/01/22(火) 16:26:07.69 ID:D78quWfM0
黒森峰女学園 


小梅「ふんふふーん」

小梅「私の名前は赤星小梅!元気な高校1年生!ちなみに読み方は『あかほし』じゃなくて『あかぼし』だよ!」

小梅「身長は低め!好物はチャーハン!あと戦車道を頑張ってるよ!」

みほ「おはよう、小梅さん」

小梅「この人は西住みほ!同じ黒森峰の1年生で副隊長をやってるすごい人だよ!」

みほ「誰に向かって喋ってるの?」

小梅「そんなことよりみほさん、話したいことがあるの」

みほ「何?」

小梅「逸見派を粛清しましょう」

みほ「えっ」




【ガルパン】エリカ「隊長に誕生日プレゼントを贈るわよ!」小梅「はい!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530368839/

1 : ◆saI1ZNzQKuJn 2018/06/30(土) 23:27:19.44 ID:pzNlaWK80
六月三十日、この日は戦車道の名門、黒森峰女学園が最も緊張と興奮で包まれる日のひとつだ。
何故なら翌日は黒森峰の隊長であり、高校生ではナンバーワンの実力があるとされている西住まほの誕生日。
住んでいる人間のほとんどが彼女のファンであるこの学園艦では、彼女に贈るプレゼントの準備でクリスマスやバレンタインのように盛り上がっていた。
そして当然、それは彼女たちも例外ではない。

エリカ「隊長へのプレゼントを用意するわよ!」

小梅「はい!」

戦車道を履修している彼女たち、とりわけまほを崇拝と言っても過言ではないほど尊敬している逸見エリカは燃えていた。




【ガルパン】みほ・まほ「朝起きたら体が入れ替わってた……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522672170/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/02(月) 21:29:30.62 ID:86hAklTu0
ピピピピッ ピピピピツ

みほ「朝か」ガバッ

みほ「…………ん、制服が無い」

みほ「昨日どこかに移動しただろうか?」キョロキョロ

みほ「ここは?」

みほ「(私は気が付くと見覚えの無い部屋に居た。ボコのぬいぐるみが一杯のアパートの一室)」

みほ「(しかし、ここがみほの部屋だと気づくのにそんなに時間はかからなかった)」

みほ「…………え?」


――――――――――――――――


ピピピピッ ピピピピッ

まほ「んー」パチッ

まほ「ふわぁ……」ノソノソ

まほ「ん?お姉ちゃんの部屋?」

まほ「…………あれ?」

まほ「あれぇ?」


※みほとまほの入れ替わりネタ(君の名は。は関係ないです)
 キャラ崩壊注意




【ガルパン】エリカ「ビデオ通話で画面を飛び越えて移動できる能力を身に着けたわ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514301547/

1 : ◆G309cXFSD. 2017/12/27(水) 00:19:07.44 ID:PPqZrmXA0

小梅「えっ」

エリカ「だからちょっと実験相手になってもらえる?」

小梅「どういうことなのかさっぱりわからないんだけど」

エリカ「だから、スカイプとかでビデオ通話してる相手のところに移動できるってことよ」

小梅「貞子みたいにってこと?」

エリカ「まあビジュアル的にはそんな感じね」

小梅「一ミリも信じられないんだけど、なんでそんな能力をいきなり……」

エリカ「ドイツに行った隊長と通話してたら寂しくなって、会いたくなったから鍛えたのよ」

小梅「いや、そんな気持ちだけで鍛えられる能力じゃないでしょ!?」

エリカ「とにかく、いきなりドイツはたぶんしんどいから小梅の部屋に移動してみるわね」

小梅「この状況がしんどいんだけど」

エリカ「いいから部屋でスカイプ開いて待ってなさい!」






【ガルパン】まほ「みほ警察だ!!!」小梅「最終章」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513519043/


1 : ◆45SR4r0flud5 2017/12/17(日) 22:57:23.98 ID:09IAG3TYO
優花里「しーっ!お静かにお願いします」

まほ「秋山優花里だな。何をしている?」

優花里「こちらのセリフです!......あぁ、しまった!とにかくお静かに」

???「どこへ行った!」

???「こちらから声がしたぞ!探せ!」

優花里「あぁ、やっぱり!気づかれてしまいました!」

まほ「なるほど、取り込み中か」

優花里「とにかくここにいては見つかってしまいますから、逃げましょうこっちです!」






アンチョビ「黒森峰諸君!ノリと勢いとパスタの国からドゥーチェ参戦だーっ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508419381/

1 : ◆t8EBwAYVrY 2017/10/19(木) 22:23:01.91 ID:s8qTWybo0
 ―アンツィオ高校―

カルパッチョ「ぜんい~ん、気をつけっ」

 \バッ!/

アンチョビ「みんな揃ってるな!今日は前々から言っていた大事な日だ!何の日か全員わかっているだろうなーっ!」

 \エー?/ \ナンダッケ?/ \ドゥーチェノタンジョウビ?/

アンチョビ「お、おいおい!忘れたのか?なんてことだ!ペパロニ、教えてやれ!」

ペパロニ「お前達、こんな大事な日を忘れるとはたるんでる証拠だ!今日はお昼のランチにトリュフが追加できる日だ!」

 \オオ~!/ \ソウダッタソウダッタ!/ \マチキレナイ!/

アンチョビ「ちがぁ~う!今日は次期ドゥーチェを決める選挙を行う日だと言っただろう!私が卒業した後のアンツィオの隊長を決める日だぞ!」

 \ソウダッケ?/ \ヨクワカンナイヨー/ \ドゥーチェハドゥーチェダモン!/

カルパッチョ「みんな、春にはドゥーチェは卒業しちゃうから、来年は私達だけになるのよ」

 \エエエエエ~!?/ \ウッソダァ~!/ \ジョウダンユッチャッテ~!/

アンチョビ「・・・だ、大丈夫なのだろうか・・・来年のアンツィオは・・・」




【ガルパン】まほ「私は悪くない」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501600226/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/02(水) 00:10:26.44 ID:c+ZLYhbL0

全国大会 大洗vsサンダース戦終了後


麻子「おばあが……」

まほ「ウチのヘリを使え」

エリカ「こんな子たちの為に!?」

まほ「これも戦車道よ」

沙織「私も行く!」


バババババババ






まほ「エ、エリカ!そのケーキ食べたのか!?」エリカ「へ?」モグモグ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507390415/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 00:33:35.77 ID:Xpk31dog0
※キャラ崩壊マシマシ


エリカ「ご、ごめんなさい隊長…共用の冷蔵庫に剥き身で置いてあったから自由に食べていいとばかり…」

まほ「いや、そんなところにしまわず素直に捨ててしまえばよかったんだ。私が悪い…!ただ私が悪いんだ!」ガンガン

エリカ「隊長!?テーブルに頭を打ち付けるのはやめてください!腐ってたくらいで怒りませんから!」

まほ「いや、そのケーキは腐ってるわけじゃない…」

エリカ「じゃあ、なぜそんなに慌てて」

まほ「…皿の裏を見てみろ」

エリカ「?」クルリ

【プラウダ製薬 製造部 心理化学チーム:作品番号46 スナオニナール】

エリカ「…………は?」

まほ「ごめん」




【ガルパン】愛里寿「私に良い考えがある…中隊長の代役をお願いしたいんですが」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494514338/


2 : ◆u4BqTnPhoo 2017/05/11(木) 23:55:46.19 ID:f2hbxRYF0


メグミ「今度の先輩の結婚式、準備はどう?」

ルミ「もちろん!完璧よ!」パチーン!

アズミ「私達が大学に入った頃からお世話になった先輩の門出だもの、しっかり祝わなくっちゃね」


メグミ・アズミ・ルミ「「「 私達の 『てんとう虫のバミューダ』 で!! 」」」


愛里寿「三人とも、ちょっといい?」

メグミ「隊長どうしました?」

愛里寿「『月刊 戦車道』の特集で私達が採りあげられる事になって、その撮影があるんだけど」

アズミ「それで、その撮影とはいうのは?」

愛里寿「うん、この日なんだけど…」

ルミ「うげっ!こ、この日は…」

愛里寿「どうかしたの?」






ページランキング