ヘッドライン

真姫「間接キス」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/08(木) 21:52:46 ID:S5AAune2
絵里「そうよ。知り合いの小学校の先生に頼まれてね。μ'sのメンバーが子供達に楽器の使い方を教えて、みんなで一緒の曲を演奏するの。」

絵里「小さい子たちへの知名度アップにも繋がると思うし、どうかしら?」

穂乃果「うん!いいと思う!頼まれたからには精一杯やって喜んでもらおう!」

絵里「わかったわ。それじゃ、大丈夫だって伝えておくわね。」

海未「あ、あの、すみません。1つ聞いていいですか?」

絵里「ん、なに?」




真姫「ホタテをちょうだい」寿司屋穂乃果「ほたて…?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2018/03/25(日) 10:13:43 ID:V0Z5IJgk

寿司屋穂乃果「ほたて・・・ほたて・・・・・・ぁ・・・へい!ホタテ!」

真姫「・・・」

寿司屋穂乃果「ホタテですね!よいしょ、ほいしょ・・・」ニギニギ

真姫「・・・」

寿司屋穂乃果「へい、おまち!」

真姫「ちょっと・・・」

寿司屋穂乃果「なんでしょ?」

真姫「これ・・・タイよ?」




真姫「サッポロ一番?イミワカンナイ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522931017/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/05(木) 21:23:37.34 ID:VKQrC3qh0
穂乃果「は~い。真姫ちゃ~ん。待ってたよ~」

真姫「今日は一体なんなのよ?」

穂乃果「なんだと思う?」

絵里「はい!」

穂乃果「はい!絵里ちゃん!」

絵里「前はカップ焼きそばでと卵かけご飯だったから。今回は炒飯とか?希から聞いたけど冷凍チャーハンって美味しいんでしょ?」

前作 真姫「卵かけご飯」

穂乃果「あっ!ある意味惜しい!」

絵里「え?本当?」




穂乃果「嫌だ。自分でカルピス作る」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1522748276/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/04/03(火) 18:37:56.56 ID:XqSCd4jGO
ミーンミンミンミン

8月某日。

真姫「暑い…」

この日の気温は39度。炎天下を歩いていると身体が溶けてしまいそう。

普段だったらこんな日は家で冷房をつけて勉強でもしているのだけれど今日は用事があったからそう言う訳にもいかなくて。

真姫「あら?」

そしたら、どこかで見た事ある顔を発見。

亜里沙「ちょっと待っててね」

パキッ。

見覚えのある姉妹が二人。コンビニで買ったアイスを半分に分けている所だった。

亜里沙「あっ、均等に割れなかった…。お姉ちゃん…」

絵里「大きい方は亜里沙が食べなさい」

亜里沙「でも…」

絵里「いいのよ。私は今ダイエット中だから」

亜里沙「本当?」

絵里「ええ」

亜里沙「お姉ちゃんありがとう」





穂乃果「CLUB音ノ木坂」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519997979/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/03/02(金) 22:39:39.97 ID:QsgCboc80
花陽「でね、その炊飯器の凄い所はね」

真姫「へ、へ~そうなの?凄いわね」

花陽「まだ何も言ってないよ?」

真姫「うん。でも、十分伝わったから」

ガチャ

穂乃果「いらっしゃいませ」

にこのぞりん「ようこそ。CLUB音ノ木坂へ」

絵里「……」

海未「……」

真姫「は?」

花陽「ど、どう言う事?」




希「最近…えりちの様子がおかしいんよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1519651445/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/02/26(月) 22:24:06.14 ID:TjNnv9uE0
凛「ふんふふ~んふん。穂乃果ちゃ~ん。希ちゃ~ん。今日練習終わったら遊びに行くにゃ~」

穂乃果「ええ?絵里ちゃんの様子が?」

希「そうなんよ。何かコソコソしてると言うか…」

凛「穂乃果ちゃん?希ちゃん?」

希「ん?ああ…凛ちゃん」

凛「真面目なトーンでお話しなんてしてどうしたの?」

希「えっとな…」

穂乃果「なんか絵里ちゃんの様子がおかしいんだって」

凛「絵里ちゃんの?」

希「そうなんよ」

凛「ふ~ん。そうなんだ」

希「ふ~んっ…興味ないの?」

凛「大ありにゃ!」




真姫「なんだか希っていい匂いしない?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463409361/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/16(月) 23:36:01.49 ID:MWldEFTB0
※百合注意

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/16(月) 23:36:49.42 ID:MWldEFTB0
凛「真姫ちゃん、突然どうしたの?」

真姫「ほら、私って意外と希と一緒にいること多いじゃない?」

凛「知らないにゃ」

真姫「そのたびに希の香りでくらくらしちゃうのよね」

真姫「困った悩みだわ…」ハァ

凛「重症だにゃ」




にこ「真姫に振られた」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460253091/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/10(日) 10:51:31.92 ID:cJxmqwGgO
3ヶ月前
ーLINEー
にこ「にこと付き合ってください!!」

真姫「ごめん。ちょっと、無理ね……」

にこ「そっか。…分かった。」

真姫「ごめんね。その、他の人でも見つけて…」

にこ「……うん。そうするわ」

にこ(私はが好きなのは真姫だけなのに……)グスッ





真姫「音楽室の音泥棒」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430723302/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/04(月) 16:08:32.50 ID:zZZmx4PA0
夕日が差し込む放課後の音楽室
一人ピアノを弾いていると、そいつは突然現れた





にこ「え?サインですかぁ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1517152826/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/01/29(月) 00:20:26.28 ID:RjTnOhbMO
にこ「ったく。あの子達遅いわね」

女の子A「あの~」

にこ「え?何?」

女の子A「えっと…」

女の子B「早くいいなよ」

女の子A「いや…あなたから言ってよ」

女の子B「えー…」

にこ「あっ、もしかしてサイン?」




ページランキング