ヘッドライン

【シャニマス】恋する汎用抱き枕カバー?

1 : ◆Vysj.4B9aySt 平成31年 04/29(月)16:28:31 ID:rKA
――それはメンバーの少女の一言から始まった



果穂「皆さん!抱き枕ってなんですか!?」

『はぁ?』




【シャニマス】智代子「こんなこと、樹里ちゃんにしか頼めないんだよぉ~!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1555417892/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/16(火) 21:31:33.14 ID:tYZninQx0
樹里「ちょこが1週間も学校休んでる?」


P「ああ。親御さんから連絡があって」


P「具合が悪いって、部屋からも出ようとしてないらしい……」


樹里「……流石にちょっと心配だよな。」


樹里「プロデューサー、アタシって今週もうオフなんだろ?」


樹里「ちょこの家、行ってきてもいいか?」


P「俺からも頼むよ。親御さんとか、学校の友達とかには相談しにくい事かもしれないし」


P「ユニットのメンバーとして、力になってやってくれ」




西城樹里「ミドリ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1555239754/

1 : ◆TOYOUsnVr. 2019/04/14(日) 20:02:35.30 ID:jB+QKM/40
「凛世、そのままのリズムよ!」

「……はい」

「智代子、腕が下がってるわ。最後まで気を抜かない!」

「ひーっ!」

「樹里、ちょっと走ってる。ちゃんと曲を聴きなさい!」

「……っ、わかってるよ!」

「果穂、もっと自分の立ち位置を意識してちょうだい!」

「はいっ! 夏葉さん!」

ダンスシューズと床とが擦れて鳴る、きゅっきゅっという音がレッスンルームに響く。

完璧な動きを見せながら、常に指示を飛ばし続けているこの女の体力は無尽蔵なのだろうか。

後奏が終わり、音楽が完全に鳴り止んだところで、アタシを含めた他のメンバーは、どさりと床へ崩れ落ちた。

「…………っ、はぁ、はぁ。……きっつ」

這うようにして部屋の隅に置いてあるタオルとスポーツドリンクに向かい、手を伸ばす。タオルで汗を拭い、スポーツドリンクを一気に半分ほど飲み干して、またしても床へ倒れ込んだ。

「樹里ちゃん~……わ、私にも取って……」

一人を除いて、死屍累々、といった様相だ。

全員分のタオルと水筒を抱え、運んでやると、各々息を整えることに努めた。

「みんな、かなり良くなってるわ」

ぱちん、と手を叩いて、アタシたちに指示を飛ばしていた鬼教官が言う。

「そりゃどーも。夏葉、よくアタシら見ながら動けるよなぁ」

「ふふ! 当然でしょう? 私は有栖川夏葉だもの。ほら、みんな、十分休憩したらまた通しで行くわよ!」

「えー! 夏葉ちゃん、もっと休ませて……」

やいのやいのと騒いでいる面々を見て、懐かしい記憶が蘇る。そういえば、この鬼教官は最初からずっとこんな感じだった。

いちばん後にアタシたちのユニットに来たくせに、どうしてか最初からずっといたような感覚になってしまうから不思議である。

ああ、そういえば、初めて会った時もこんなだったっけ。

もうひとくち、スポーツドリンクを口に含んで、いつかの景色にアタシは想いを馳せる。






【シャニマス】樹里「果穂がかほじゅりもののエロ本隠し持ってた......」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1552922118/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/19(火) 00:15:19.17 ID:6PngS3zvo
樹里「果穂がぁ、果穂が怖いぃ!」ガタガタ

果穂「誤解です!誤解ですから!」

樹里「果穂に犯されるぅ!」ブルブル

果穂「やめてください!」




西城樹里「温もり」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1547215444/

1 : ◆Ceuv.hziBQ 2019/01/11(金) 23:04:05.01 ID:O6PKRtIG0
アイドルマスターシャイニーカラーズ 西城樹里のSSです

2 : ◆Ceuv.hziBQ 2019/01/11(金) 23:15:28.44 ID:O6PKRtIG0
見覚えのある体育館。そしてアタシが持っているのはバスケットボール。

……あぁ、またあの夢だ。

あまり思い出したくないのに、無意識に引き出された記憶が容赦なく襲い掛かる。

夢の中のアタシはバカ正直に、ゴールとなるリングを見つめていた。

……まだ右足の怪我も完治していないのに、レギュラーの座が欲しいからって無理しやがって。

……やめろ。ボールを投げるな。

この後どうなったかはよく覚えている。

もう何度夢で見たことか。

……。

…………?

なんだろう、いつもと違うような……。

……何かすごく、温かくて……安心する。

……。




【シャニマス】樹里「…理想のP?」智代子「一緒に考えよう!」カッ!

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1541327607/

1 : ◆hAKnaa5i0. 2018/11/04(日) 19:33:28.21 ID:yrN8//W20
放クラSS。
浅まし枠は西城さん。
荒ぶる枠は園田さん。

2 : ◆hAKnaa5i0. 2018/11/04(日) 19:35:45.96 ID:yrN8//W20
(事務所)

果穂「えーとここはこうして…と♪」カキカキカキ

樹里「…」

果穂「これはいい。これはいいプロデューサーさんです…♪」カキカキカキ

樹里「…」

樹里「なあ。果穂」

果穂「はい。何ですか。樹里ちゃん?」

樹里「さっきから画用紙に何描いてるんだ? すげー楽しそうだけど」

果穂「ふっふっふっ…よくぞ聞いてくれました! これはあたしの理想のプロデューサーさんを描いたものです!」バ-ン!

樹里「理想のプロデューサー?」

果穂「はい! 見てください!」ペラッ




園田智代子「私が思うに、これは事件だよ!」

1 :名無しさん@おーぷん 2018/10/06(土)22:10:25 ID:tjo
樹里「いきなりなんだよ……」

果穂「事件ですかっ!? 大変です! いったいどうしたんですか? ちょこ先輩!」

樹里「ノリ良いな!」

果穂「事件ですから! 当然です!」

智代子「そうそう。果穂は素直な良い子だね~。樹里ちゃんとは違って!」

樹里「……チョコ」

智代子「ひぅっ! い、言い過ぎました。ごめんなさい……」




【シャニマス】凛世「親睦を深めたいのですが……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534686810/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 22:53:31.26 ID:iCk5Viz70

P「え?」

凛世「親睦を深めたいのです」

P「誰と」

凛世「放課後クライマックスガールズの皆様と、です」

P「俺が見る限りでは、もう充分に深まってるように見えるけど」

P「5人ともすごく仲がいいだろ?」

凛世「はい、凛世も仲良くさせていただいております。ですが……アイドルユニットで、遥か高みを志すためには」

凛世「『結束力』が一層必要になってくると、凛世は確信しているのです……」

P「なるほど。友達としてでなく、アイドル仲間としての絆も強めたいと」

凛世「左様でございます。そこで昨日、何か良い策はないかと、思考を巡らせました」

凛世「そして……閃きました」

P「ぜひ聞かせてくれ。プロデューサーとして力になりたい」

凛世「皆様と親睦を深める方法……それは……」

――――


果穂・智代子・樹里・夏葉「みんなでゲーム?」


P「そうだ。凛世がみんなと結束力を高めるため、ゲームをしたいそうだ」

果穂「結束力……! ヒーローにも必要なものですよねっ!」キラキラ

智代子「面白そうだね!」




【シャニマス】Pがアイドル達にヒゲを触られる話

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534600658/

2 : ◆3CFch4BKGs 2018/08/18(土) 23:11:10.97 ID:6ayP/ErZ0
P「これで次の企画『346アイドル前川みくの口にお魚ブチ込みドッキリ!(仮)』の説明は以上だ、質問はあるか?」

真乃「むんっ」

灯織「いいえ、特には」

めぐる「……」ジ-

P「おっ?どうしためぐる、俺の顔に何かついてるか?」

めぐる「いつも思ってたけどさ、Pはヒゲが濃いよね」

P「あぁ、毎朝剃ってるけどな…伸びるペースが早いだよなぁ…」

めぐる「ヒゲ触ってもいい?」ジョリジョリ

P「もう触ってるゥーッ!」

めぐる「この感触……クセになっちゃうな~♪2人も触ってみて!」

真乃「Pさん、おヒゲを触りますねっ」ジョリジョリ

P「ヤメロォ(本音)!ヤメロォ(本音)!」

灯織「ちょっと2人とも、Pが困ってるでしょ!?」

真乃「ほわぁ~♪」ジョリジョリ

めぐる「灯織も触ってみなよー」ジョリジョリ

灯織「わっ私はやらないわよ!」



灯織「……」ウズウズ




【シャニマス】夏葉「アイドトールマスターよ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1531365903/

1 : ◆ytRfQhDR4R7A 2018/07/12(木) 12:25:03.97 ID:VsBjNqgV0
注意:何!?ドトール要素は皆無なのか!?

2 : ◆ytRfQhDR4R7A 2018/07/12(木) 12:27:17.24 ID:VsBjNqgV0
果穂「レッスン、お疲れさまでしたー!!」

智代子「あぅぁ……あ、足が……!」

夏葉「智代子はまだまだ体力が足りないわね。またトレーニングメニュー組む?」

樹里「そういう夏葉だって結構息切らしてた癖に」

夏葉「あ、あれは酸素を取り入れて全身の細胞を活性化させるためにわざとよ!」

樹里「ふーん……」

夏葉「そういう樹里こそ足、震えてるわよ?」

樹里「はっ、んなわけねぇだろ。視界がぶれてんじゃねぇのか?」

凛世「……」

果穂「凛世さん汗一つかいてません!スゴいですっ!」

智代子「凛世ちゃんの体力どうなってるんですか?」

凛世「?」




ページランキング