ヘッドライン

【ガルパン 】杏「あんこうチームは仲良いねー」ニヤリ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571747088/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/22(火) 21:36:15.84 ID:u3fsykqQO
沙織「あそこの喫茶店、二人組で入店するとケーキ無料だって!」

みほ「え、すごい!」

華「嬉しいですが経営の方は大丈夫なんでしょうか……?」

優花里「まあ、コーヒーとかドリンク類も頼むのが前提ですからね。なんだかんだ黒字になるようキャンペーンしてるんだと思いますよ!」

華「なるほど」

沙織「もちろんみんな行くでしょ?」

麻子「ああ、あそこのケーキ美味いからな」

華「ええ、ご一緒させて頂きます」

みほ「うん。行こう行こう!」

優花里「……ちょっと待ってください。5人で行ったら一人あふれるのでは?」

沙織「あ……」

優花里「あ、あはは。私はいいので皆さんで……
みほ「それじゃあ、1人分はみんなで出し合おっか!」

華「ええ、良い案だと思います」

麻子「そうと決まれば急ぐぞ」

沙織「もう麻子ってばこういう時だけは元気なんだから」

「あはははは」




[ 2019/10/24 02:55 ] ガルパンSS | TB(0) | CM(0)

【ガルパン】まほ「みほ……お誕生日おめでとう」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571742369/

1 :レッドスター ◆kRM.QKBezY 2019/10/22(火) 20:06:09.61 ID:RUfgLs9bO
ピーンポーン

みほ「うん? こんな時間に誰だろう?」ガチャ

小梅「みほさん! お誕生日おめでとうございます!」

エリカ「誕生日……祝いに来たわよ」

みほ「赤星さんにエリカさん……どうしてここに?」

エリカ「相変わらず鈍いわねぇ。貴方の誕生日だからに決まってるじゃない」

エリカ「私は別に貴方の誕生日なんてどうだっていいんだけどね」

エリカ「小梅がどうしてもって言うし隊……まほ先輩にもプレゼント渡すように頼まれてるから……それだけよ」

小梅「もーエリカさんは素直じゃないんだから」

小梅「エリカさん口ではこう言ってますけど本当は凄くみほさんに会える日を楽しみにしてたんですよ」

小梅「プレゼント選びの時だってどれにするか迷って何時間も……むぐ」

エリカ「小梅……これ以上何か言ったら晩御飯作ってあげないわよ」クチフサギ

小梅「んぐ……んー……んー!」ジタバタ

みほ「エ、エリカさん……このままだと赤星さんが……」

エリカ「あ、ああ……ちょっと力を入れすぎたみたいね」

エリカ「ごほん……ともかく私はまほ先輩のプレゼントと小梅の付き添いに来ただけだから……とりあえず部屋に入れて貰える?」

みほ「あ……ちょっとだけ待っててくれるかな。お部屋お片付けしないと」スタスタ

小梅「す、すみません。急に押し掛けちゃって」

みほ「ううん気にしないで……誕生日に人が来てくれるのって何だか新鮮だし私も赤星さんやエリカさんと話したかったから」タッタッタ




【ガルパン】女騎士エリカ「くっ、殺せ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1571496822/

1 : ◆saI1ZNzQKuJn 2019/10/19(土) 23:53:42.43 ID:AOsonBXw0
エリみほです
エリカの女騎士というキーワードだけで勢いに任せて書いたので至らないところは妄想力でカバーしてください




西住みほ「最近誤射による事故が多発しているそうです」実践編

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571217035/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/16(水) 18:10:36.00 ID:Upa/W3+DO
続きであります

あらすじであります

戦車道連盟から安全対策を徹底するよう展開があり
大洗女子学園戦車道チームも対応に追われていた
そこで隊長の西住みほはいくつかの案を作成し元会長の杏と技術責任者のナカジマにプレゼンを行う
次々とされる的確な提案に舌を巻く杏とナカジマ
が、ある提案に杏とナカジマは二の足を踏んでしまう
その提案とは誤射防止のゴム製カバーを作ると言うものであったが
その姿が「とある物」にそっくりだったのだ
しかし杏は希望に目を輝かせるみほを止めることは出来ず
プロジェクトは半ば強制的に始動してしまうのだった




[ 2019/10/17 13:25 ] ガルパンSS | TB(0) | CM(0)

【ガルパン】杏「クイズ・西住みほ100のこと~!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1543329959/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/11/27(火) 23:45:59.69 ID:NCQ+hDjW0
エリカ「ちょっと!!」

杏「いや~始まったね、とっておきの企画が」ニシシ

エリカ「ねえ!!」

杏「こんちゃー、司会の角谷杏だよ」

杏「これから解答者の4人に西住ちゃんに関するクイズを100問出すよ」

杏「ルールは簡単!その100問中、最も正解数が多かった人が優勝!単純だね!」

エリカ「人の話聞きなさいよ!」

杏「それではお待ちかね!解答者のご紹介~、まずは黒森峰代表の逸見エリカちゃ~ん」

エリカ「だから何で私がこんなクイズに参加しなきゃならないのよ!!」ウガー

杏「まあまあ落ち着いてよ、んじゃ次ねー」

エリカ「流された!?」

杏「サンダース代表、おケイ~」

ケイ「イェーイ!よろしくね!」

杏「聖グロ代表、ダージリン~」

ダージリン「よろしくお願いしますわ」

杏「そして最後に我らが大洗女子学園代表、秋山優花里ちゃ~ん」

優花里「不肖・秋山優花里!目指すは優勝です!!」




【ガルパン】優花里「台風ですか!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1565724201/

1 : ◆o3qhmpCK4I 2019/08/14(水) 04:23:21.99 ID:+1GK1Sfh0
9月某日…台風の日。

優花里「ちょっと倉庫の様子を見てきます!」

みほ「大変!!優花里さんが行方不明になっちゃった!」

華「生徒会にも職員室にも電話が繋がりません!」

麻子「携帯もここに置きっ放しらしい」

沙織「どうするの!?外すっごい雨と風だよ!?」

みほ「探しに行こう!!このままじゃ優花里さんがっ…」

麻子「西住さんまで行方不明になるぞ」

沙織「そうだよみぽりん!危ないって!」

華「気持ちは分かりますが今はダメです!」

みほ「こうして優花里さんのいない日常が始まったのでした…」




西住しほ「お母さんスイッチ」西住まほ「お姉ちゃんも可!」西住みほ「いきますよ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563602615/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/20(土) 15:03:35.28 ID:Rb5tfw5n0
・お母さん

みほ「お母さんスイッチ『あ』!」

しほ「……」

しほ「ふあぁ……」

みほ「お母さん、眠たいの?」

しほ「そ、そんなことないわよ」

しほ「……」

しほ「ふあぁ……」

『あ』くびをする




みほ「釣りガール、続けてます!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1470665898/


1 : ◆s2tmI36vx6 2016/08/08(月) 23:18:18.97 ID:T+DhBd/70

沙織「今度の帰港はどこ行こっかな~♪」

みほ「沙織さんなんだかご機嫌だね?どこか遊びに行くの?」

麻子「またか、…まぁ沙織が楽しいのならそれでいいんだが」

沙織「んー、なんかね?こう触れるたびに気持ちがわかるようになるっていうか…何を欲しがってるのか、どんなシチュエーションが好きなのか…ほら、私って
尽くすタイプだからぁ~」

華「尽くしたこともないのに?…とも言えなくなってしまいそうですね…」

沙織「あ、でもなかなか振り向いてくれない子が居るんだよねー。ちょっとシャイな子でさー、こっちがアピールしてもそっぽ向いちゃってー…ほかの子にはす
ぐ手を出すくせにさぁ…そんなんじゃ私だって他の子に浮気しちゃいそうだよ…」

優花里「な、なんだか真剣な話になってますが、…どんな方なんですか?」

沙織「マル」

みほ「まる…さん?」

沙織「うん、よく近所で見かけるんだけどー。のんびりしてるっていうかボーッとしてるって言うか…の割にはガード硬くってー。かと思ったら時々すごく激しっ
て…どうにかものにしてやりたいんだけどねぇ~」

優花里「は、激しいって…いつの間にそんな」

華「まぁ、まぁ、まぁ!」

麻子「…マルスズキだろ。ちゃんと言え」

沙織「あ、うん。他の子たちは基本ポイントを見定めて、存在感をアピールしてあげれば釣れてくれるんだけど、シーバスってなまじ身近なだけによくわかんなくっ
って…居つきだと一度釣られた子も多いだろうしねー」





みほ「釣りガール、はじめます!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1470097919/

1 : ◆s2tmI36vx6 2016/08/02(火) 09:32:00.29 ID:Anl4r+D30

沙織「ねぇねぇ、みんなは魚釣りってやったことある?」

優花里「釣りですか、以前は父とよく行っていましたねえ」

みほ「私も小さいころはお姉ちゃんとよく行ったなあ、川とか池とかだけど」

華「わたくしは金魚掬いくらいしかしたことがありません」

麻子「私もそんなものだな」

沙織「ふむふむ…半分も経験者が要ればなんとかなるかな?」

優花里「武部殿は釣りがお好きなんですか?」

沙織「んーん、やったことないよ?」

麻子「今度は何の影響を受けたんだ」



沙織「ほらこれ、今釣りガールってのが流行りなんだって!一緒に釣りして、釣れたお魚を一緒に料理して食べるなんて
素敵じゃない!?」

華「まぁ!アクティブで楽しそうですし、釣りたての新鮮なお魚も魅力的です!」

みほ「食べる前提なんだ…じゃあ海釣りだね。大洗なら釣りができる場所がたくさんありそう」

沙織「でしょー!?今度の週末は帰港だし、試合とかもないからみんなで行こうよ!」

優花里「そういうことなら、父におすすめの道具やポイントを聞いておきますね」

沙織「うん!自分でも調べてはいるんだけど、経験者の人の話があると助かるよ!お願いね!」

麻子「朝早そうなら私は遠慮しておく。帰る頃に呼んでくれ」

華「そうおっしゃらず、麻子さんも行きましょうよ。釣りを楽しめば早起きも楽しみになるかもしれませんよ?」

沙織「そうだよ麻子!せっかく遅刻取り消しになったのに、最近また登校ギリギリになってるじゃない!」

麻子「う…わかった。とりあえず今回は付き合おう」




ページランキング