ヘッドライン

P「気付いたらアイドルのスキンシップが危機的な状況になってた」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/30(木) 01:00:23.03 ID:yk2e/NGA0
小鳥「酷いじゃないですかプロデューサーさん!カメラ壊しちゃうなんて!」

P「酷いのはあなたです!いったいいつからつけてたんですか!」

小鳥「監視カメラって結構高いんですよ…しかも盗聴器まで見つけちゃうなんて…」

小鳥「やよいちゃんとどこまでいったんですか!やよいちゃんを家に連れ込んだのはわかってるんです!」

P「そんなの…俺の口から言えるわけないじゃないですか!」



やよい「こんばんわー!」ガチャ

P「おお。おかえり、やよい」

やよい「ぷ、プロデューサー…///」プシュウ








小鳥「やよいちゃん、どこまでいったのかしら(ゲス顔)」




千早「春香が死んでから2年と4ヶ月ね……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419263854/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/23(火) 00:57:44.79 ID:Cvd+QXxno
キャラ崩壊注意 

あとタイトルがシリーズ物っぽいけどシリーズ物じゃない






愛「おめでとうございます!」雪歩「ありがとうございます」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1419414686/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2014/12/24(水) 18:51:36.56 ID:dH5WaEgvo
・あいゆき 及び 微あいはる


春香「雪歩」

雪歩「なぁに、春香ちゃん?」

 みんなの仕事が終わり、少しだけ作ってくれた時間で、事務所で簡単な誕生日のお祝いをしてもらえた。
 今日は大勢に祝福してもらえた。こんな私のためにという思いがどうしても消えないけど、それを上回る喜びがある。
 それは、しっかり享受したい。
 喜びを喜びとして受け止められて、あとには感謝が残った。
 一人、また一人と帰って行く中、私は春香ちゃんに呼び止められた。

春香「ちょっと時間あるよね? 公園に寄ってみるといいよ」

雪歩「公園?」

 そういわれても、それだけじゃどこのことか分からない。
 この場合、帰路の途中にある公園なんだろうけど……。

春香「雪歩なら分かる所」

雪歩「?」

 ますます分からない。
 ちょっと意地悪になったらしい春香ちゃんは、ニヤニヤしながら背中に回り、私の両肩を掴んだ。ほんのり体重がかかり、気配が凄く近くなる。
 ……うん。
 必要以上に顔を近づけられてる。どうしちゃったの? 春香ちゃんどうしちゃったの?

春香「本日最後の春香さんはちょっぴり意地悪なのです」

雪歩「は、春香ちゃん?」

春香「妹をとられたみたいでちょっぴり寂しいから意地悪なのです」

 妹……?
 なんのことだろう。




[ 2019/11/20 22:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

P「何でたかみきのSS無いんだよ! いい加減にしろ!!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/10(水) 19:00:34.18 ID:l0qeZw+10
美希「貴音聞いてよー」

貴音「どうしました? 美希」

美希「誰かがね、ミキのお昼ご飯のおにぎり食べちゃったの! さっきまでそこに置いてたのに…」

貴音「面妖な…(あれは美希のおにぎりだったのですか…)」

貴音「それでは共に昼餉をとりに行きませんか? わたくしも丁度お腹が空いていたところなのです」

美希「もちろん行くの! …あ、でもラーメンはやめてほしいの。最近そればかりでさすがに体重が気になるの…」

貴音「そうですか…。それは真残念ですが、美希がそう言うのなら仕方ありませんね」

美希「ごめんね貴音」

貴音「いいのですよ。では何処に行きましょうか」



小鳥(どうして美希ちゃんはナチュラルに貴音ちゃんの膝の上に座っているのかしら……しかも対面座位)




P「よーし、安価で千早をトップアイドルにしてやる!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/20(金) 20:19:18.66 ID:kiGFxo/W0
千早「安価......一体なんですか?それは」

P「千早がBランクになってしばらく経った」

P「もう少しでトップアイドルになれる!」

P「その為にも安価の力を使うんだ!」

千早「昔は、歌さえ歌えればトップアイドルなんてどうでもよかったんです」

千早「でも、今は違います」

千早「その安価というものを使えば、トップアイドルになれるということですか?」

P「......」

千早「......?」

P「......よ、よーし!早速やってみよう!」

千早「ちょっと待ってくださいどうして一瞬黙ったんですか」

P「まずは『>>3』からだ!」

P「『>>3』をすればきっと成長できるぞ!」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/20(金) 20:20:14.31 ID:+GgNo58j0




P「股ドン?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1410707067/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL) 2014/09/15(月) 00:05:19.47 ID:llbH57gc0

春香「プロデューサーさん! 股ドンですよ、股ドン!」

P「マタドン? そりゃ新種のポ○モンか何かか?」

雪歩「ちがいますぅ! ポケ○ンじゃないですぅ!」

真「ほら、ちょっと前に『壁ドン』って流行ったじゃないですか」

春香「あれの進化バージョンですよ、進化!」

P「あー……壁ドンって、アレだろ?」

P「うちみたいな安アパートで、隣のカップルがギシアン始めてクソうるせー時にこうやって……」ドンッ!

千早「くっ!」

真「ちょっ、72いきなり千早の胸を叩いてるんですか、プロデューサー!」

雪歩「いくら私よりひんそーでちんちくりんの壁みたいな胸だからって、ひどいですぅ!」

千早「……くっ」フルフル




P「雪歩!ステップアップの時間だぜ!ツッコミを習得せよ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/24(月) 13:13:49.11 ID:FxPxfc9I0
P「雪歩ってさ、おっとりしてるよな」

伊織「そうね」

伊織「っていうかなんで私なのよ」

P「あ?」

伊織「ヤンキーか」

P「ふっ、まぁご存知こういう場ではビシバシ無意識にツッコミ入れちゃうお前が必要なんだ」

伊織「私意外の連中がしっかりしなさすぎなのよ」

P「いや、これからは雪歩みたいなおっとり系ゆったり系のダボダボアイドルも
 ビシバシとツッコミできる時代なんだ! そうじゃないと生き残れないんだ!」

伊織「随分と偏った先入観ね」




雪歩・真「青いロケットを飛ばそう」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1409317896/

1 :1 2014/08/29(金) 22:11:46.80 ID:koomCluv0
・アイマスSSです。
・真誕SSになります、真ちゃん誕生日おめでとう!!!
・地の文あります。

ではよろしくお願いします。




ページランキング