ヘッドライン

雪歩「春になったら」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/20(月) 20:04:36.19 ID:ci9pVl1N0
【765プロ】

P「おい、新P君。今度のファンクラブイベントの構成なんだがな…」

新P「あ、はい。その件ならすでに先方に伝えてあります。それで…」

P「おう。ご苦労さん…」




小鳥「お二人ともお疲れ様です。はい、どうぞ。」

P「おう、ありがとな。ピヨスケ。」

新P「ありがとうございます。音無さん。」

P「ふう…しかし新P君が来てからもうすぐ一年になるのか。」

新P「そうですね。あっという間でした。」




雪歩(プロデューサーとキスしたいなぁ)

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/08(金) 11:17:19.199 ID:f/BDxQ4Bp.net
雪歩(プロデューサーとキスしたいですぅ)

ソワソワ

P(ん?雪歩のやつソワソワしてるな…もしかして…)

P(…オシッコ我慢してるのか?)

雪歩(プロデューサープロデューサープロデューサープロデューサープロデューサー)

ソワソワソワソワ

P「おい雪歩」

雪歩「ひゃい!?…な、なんですかぁ」

雪歩(も、もしかして私がプロデューサーとキスしたいの表情に出ちゃってた??)

P「我慢できないのならしてもいいんだぞ?」

雪歩「」




[ 2020/05/27 22:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

春香「仮面ライダーって寂しいね」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 21:15:25.09 ID:SID0xi3v0
春香「ライダァァァ……」ゴォォォォ

コブラ男「おのれ……おのれ仮面ライダー!!」

春香「キィーック!!」シュピィィィン

コブラ男「ぐわああああああああ!」

春香「……」スタッ

コブラ男「ぐ……ショッカーに、栄光……あ……」バタン

春香「ふぅ……」

春香(今日も勝てた……なんとか、だけど)ハァハァ

千早「春香っ!」タッ

春香「千早ちゃん」シュルン

千早「大丈夫?怪我は?」

春香「見える所には無いから大丈夫。ほら、私ドジだから。体の傷は転んだって言えばさ……」

千早「そうじゃないわよ!……そうじゃ、ないわよ」




律子「一人暮らしを始めたら」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:56:45.19 ID:prfDtzIo0
真「……Zzz」

律子「真、起きなさい。まーこーとー!」

真「うわっ……。って、なんだ、律子か。おはよー」

律子「おはよう。そろそろしっかり起きて」

真「ん……って、ボクいつの間に寝ちゃってたんだろう。しかも、なんだこれ。動きにくいよ、律子」モゾモゾ

律子「かいまきよ。あんた、こたつで寝入っちゃったから、引っ張り出して、それにくるんで寝かせておいたのよ」

真「あー、こたつで寝ると風邪ひいちゃうからねえ……。よいしょっと。脱げた脱げた」モゾモゾ

律子「またすぐこたつに……」

真「だってさー」




雪歩「私が一番だよ!」美希「美希こそ一番なの!」真「」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/19(水) 01:54:14.52 ID:0RBpuSfOO
雪歩「美希ちゃんは黙ってて!」

美希「むー! 雪歩は穴掘って埋まっててよ!」

雪歩「そ、それは私の台詞だよ!」

美希「うるさいの! いつもうじうじしてすぐ泣くくせに!」

雪歩「な……もう怒ったから!」

美希「べーっだ!」

真「ちょっと! ちょっと待ってよ二人とも! どうしたのさ!!? なんで喧嘩なんかしてるの!?」

雪歩「こうなったら本人に直接」
美希「聞いたらすべて丸っとさくっと収まるの」



真「うん? で、どうしたのさ」

雪歩「真ちゃんはどっちがいいの!?」
美希「真くんはどっちが好きなの!?」

真「え? えぇえ!? なんのこと!? いきなりどっちって言われてもボクわかんないよ! ちゃんと説明してよ!?」




千早「…はむはむ」P「甘噛するのやめてくれる?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/13(木) 16:44:44.05 ID:A+DcMRSJ0
千早「どうひてれふか?」ハムハム

P「…あのな千早」

千早「はひ」ハムハム

P「…千早は765プロのアイドル…だよな?」

千早「…はむはむ」ハムッ

P「―っ///…あのな、千早」

千早「…はむ?」ハムム?

P「俺はプロデューサーだよな?」

千早「…はむはむ」ハムハム




雪歩「彼女は毎夜、短剣を手に迎えに来ますぅ」

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/12(水) 01:11:44.04 ID:SPZKkP5N0
コツ、コツン。
窓に小石のぶつかる音。

「……」

カーテンを端に寄せ、ガラス越しにその姿を見る。
コツ、コツン。
尚も飛んではぶつかる小石。

「……」

無言で小石を投げる彼女。
萩原雪歩のよく知る彼女。
黒々とした髪に引き締まった身体、菊地真。
時計は2時を指していた。




千早「生っすか!?の新コーナー? 2回目ですか?」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/09(日) 21:37:31.61 ID:zpP9QnRo0
美希「日曜午後の新発見! 神出鬼没の生中継、生っすか!?サンデー!!」

千早「この番組は、赤坂・ブーブーエススタジオから全国のお茶の間の皆さんへ、毎週生放送でお届けしています」

はるかさん「かっかー!」ハリキッテイキマショウ

千早「今日は春香がお休みのため、私と美希とはるかさんの3人でお送りします」

美紀「春香、何でお休みなの?」

千早「謹慎――映画の撮影よ。主役だって」

美希「すごいの! 何ていう映画?」

千早「……世界一あざとい恋人」

美希「……ああ、なの」




雪歩「・・・でこちゃん!」伊織「・・・えっ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 20:15:49.41 ID:qcrHddW2O
伊織「ただいまー、あれ?雪歩だけ?」

雪歩「うん。おかえりなさい、いお・・・」

雪歩「・・・でこちゃん!」

伊織「・・・えっ?」




P「最近アイドルが可愛くてしかたない」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/25(木) 19:27:07.33 ID:7cAoHc1K0
P「まずい、まずいよなぁ……」

小鳥「あら?プロデューサーさんどうしたんですか?」

P「あ、あぁ……小鳥さん……」

小鳥「なんだかずいぶんと思い詰めたような……」

P「実は……こんなことを言うのもアレですけど、最近アイドルたちが可愛くて可愛くて……」

小鳥「なぁんだ、そんなことですか。うちの子たちはみんな可愛いですよ、当たり前じゃないですか」

P「いえ、それはそうなんですけどね、なんかこう……アイドルとしてじゃなくて一人の女の子としてですね」

小鳥「ピヨッ!?」

P「もういろいろとマズいんですよ……アレとか……」

小鳥「アレですか……///プロデューサーさんも男の人ですものね///」

P「あくまでも俺たちの関係はプロデューサーとアイドル、間違いなどあってはならないのです……」

律子「どこまで本気か分からないですけど、本当にやめてくださいね?」

P「あぁ、分かってるよ律子……」

律子「ならいいですけど……」

P「とはいえ、この前もこんなことがあってなぁ……」




ページランキング