ヘッドライン

睦月型『トリック・オア・トリート!』

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1446284606/

1 : ◆X.RTjDe.k0Qh 2015/10/31(土) 18:43:26.97 ID:gQnroPyKO
提督「ふう……長かったな、秋刀魚祭り」

提督「賞品の大漁旗はもらえなかったけど、磯風を迎えられたから良しとしよう」

提督「今日はハロウィンか……かぼちゃとか集めさせられたりしないよな?」

トントン

提督「ん……入れ」

ガチャ

睦月型『トリック・オア・トリート!!』




【艦これ】水無月「睦月型のあだ名を決めるよ!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1471165313/

5 : ◆fv0Hu3TKLg 2016/08/14(日) 18:39:43.00 ID:Sps6iJc/0
水無月「さっちん! おっはよぉ~!今日も一日頑張ろっ!?」

皐月「おはよう!水無月! えへっ、水無月となら今日もボクは頑張れるよ…ありがとっ」


水無月「ながながぁ~、整備なんてほっぽってあそぼうよぉ~ 水無月退屈だよぉ~」スリスリ

長月「こ、こらっ じゃまするんじゃあないっ! 終わったら付き合うから大人しくしていてくれっ…」


提督「……」

提督「着任したばかりなのにもう慣れてきたみたいだな。よかったな、水無月。」

提督「特に睦月型のみんなとはべったりだな…随分大所帯になってきたなぁ。睦月型は。」

睦月「そのとおりなのです!にひひっ」

提督「うおっ いつの間に…」

睦月「司令官! はいっ! これ、大会議室の使用許可願いにゃしぃ。」

睦月「今度の睦月型主催の水無月ちゃんの親睦会に使うのです!」

提督「お、おう。いいぞ。そういうことならあとで判子押しとくから。」

睦月「にひひっ ありがとうにゃしぃ!司令官!」タタタッ


提督「ふっ、可愛い駆逐艦娘が増えるのはいいことだ。」ウンウン

金剛「…………ロリコン…」




提督「スイッチ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1470298514/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/04(木) 17:15:14.43 ID:riz9uXOe0
愛宕「うふふ、菊月ちゃんとってもキュート・・・」

菊月「あ、ああ・・・」

提督「はぁ」

愛宕「でもねぇ・・・駆逐艦っていうのがねぇ・・・」スッ

愛宕「はいいいぃ!!」カンチョー


ズ ド ン !




[ 2016/08/05 17:55 ] 艦これSS | TB(0) | CM(0)

【艦これ】三日月「菊月の部屋を掃除していたら薄い本が出てきました……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463096397/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/13(金) 08:39:57.30 ID:txcXANmv0

三日月「朝です。今日はとても天気のいい朝」

三日月(私が取った行動は、本当に思い付きの行動だった。なんとなくやっただけ)

三日月(本日は秘書官の仕事もなく、遠征もない日。だから久しぶりに姉妹でも連れてどこかに行こうっかなーって思って、菊月の部屋をノックしたの)

三日月(返事はなく、ちょっと部屋を覗いたら菊月の姿は見えなかった。加えてなぜだか部屋は散らかっていて、本が大量に落ちていた)

三日月(もう、仕方ないですね! っとなり部屋に入り私は掃除を開始した)

三日月(本を集め、本棚に戻そうとした時、何か飛び出ている本がありました。それを抜いて確認すると、私は呆気を取られました)

『これならイケそうです! R-18本』

三日月「……薄い本が出てきました……」


※短め






[ 2016/05/13 17:55 ] 艦これSS | TB(0) | CM(0)

【艦これ】三日月「甘えられない理由」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1442750960/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/20(日) 21:12:59.61 ID:sJe9DHQQo

 シャワーのような大雨が振る冬の夜。闇深い海から港へ向けて、荒れた波が打ち付ける。
 海に相対するいっそ黒いほど鬱蒼と茂る山々も、もう輪郭すら定かではない。
 そんなある遠征艦隊司令部では、暖かな執務室の窓辺で外を見つめる一人の駆逐艦娘の姿があった。

三日月(すごい雨。司令官は大丈夫でしょうか)

三日月(慌てていたみたいだけど、書類忘れとかそれに……)

三日月(……送迎車の事故とか)

三日月「…………」

三日月(考えるとそわそわしちゃう。なに考えてるのかしらわたしったら)

三日月(ホットココアでも淹れて落ち着きましょうか)

三日月(砂糖を入れないでうんと苦くすれば眠気覚ましにもなりますし)

 三日月は窓辺を離れた。
 応接室と繋がっているこの部屋には客に茶を出すための電気ケトルがあるからそれでお湯を沸かせるのだ。
 数分もしないうちにカチリと音がして湯が沸いたら、ココア粉をたっぷり落としたマグへ中身を注ぐ。
 コポポポ、と湯気が立ち上るのと控えめなノックの訪れは同時だった。

三日月「はい。司令官はまだお帰りになられていませんよ」

 仕事を終えたケトルとマグを手に持ったまま、振り返った三日月はしっかりと声を張って返事を返した。
 廊下に満ちる冷気を執務室に入れまいと気を使ったのか扉が半分ほど開くと、縁から顔を覗かせたのは菊月だった。

菊月「三日月……まだ寝ないのか?」

三日月「菊月。 ええ」

菊月「だが、もうここに居て一時間は経つ」

三日月「だからこそです。お疲れでしょうし、一人くらいお迎えした方が喜ばれますから」

 三日月は気にしないで、と笑った。

菊月(……司令官を労わりたい、か)

三日月「先に寝ちゃってください」

菊月「……うん。おやすみ」

三日月「おやすみなさい。ああそうね、寝巻着とお風呂道具もお出ししておきましょうか」

 ケトルを置いて意識を切り替えた三日月は立てた指先を口元に寄せて思案する。
 優しい音で扉が閉じる間際、菊月の浮かべた呆れた風な表情に気付くことはなかった。




[ 2015/09/21 13:25 ] 艦これSS | TB(0) | CM(0)

【艦これ】提督「三日月が可愛すぎてつらい」菊月「……うむ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1434912102/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/06/22(月) 03:41:52.99 ID:z7JH8qLj0
 〈司令室〉

提督「…………」 カリカリ

菊月「…………」 カリカリ

提督「――うわあああああああああッ!!」

菊月「!? ど、どうしたんだ……?」

提督「……つらい」

菊月「は?」

提督「三日月が可愛すぎてつらいんだよぉ!!」

菊月(なんだ、いつもの司令官か)


※三日月ちゃんは天使。




[ 2015/06/22 13:25 ] 艦これSS | TB(0) | CM(0)
ページランキング