ヘッドライン

P「俺の隣に立つなって言ってるだろ!?」貴音「……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/07(水) 22:46:25.00 ID:FGseIOst0
真美「またやってるよ、兄ちゃんとお姫ちん」

真「プロデューサーもいい加減諦めればいいのに」ハァ

雪歩「で、でもプロデューサーにとっては深刻な問題だろうし。でも四条さん可哀想……」

真美「でもあれはどうしようもないっしょ→」

P「用があるなら30cmは離れろっていつも言ってるだろ!?」←156,5cm(自称)

貴音「あなた様は、いけずです……」←169cm

真「だよねー」アハハ

雪歩「笑い事じゃないよぉ、真ちゃん」




真美「耳だけでイク?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/29(月) 02:43:44.68 ID:NMrUKs5j0
真美「亜美ー ちょっとこれ見て」

亜美「なになにぃ? 『人妻洋子は欲求不満 耳だけでイっちゃう』??」

真美「これってHなことっしょー? ほら昨日あのー そのぉ」

亜美「オマンゴイグ?」

真美「ちょ はっきり言わないでよー」

亜美「すまんこ」テヘ

真美「もー  それでさ、これって耳でもアソコくらい気持ちよくなれるってことだよね」

亜美「ふむふむ」

真美「明日伊織ちゃんに試してみようよ→」

亜美「んっふっふー 名案だねー」





亜美「ねえねえまこちん、これ食べる?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1586961129/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/04/15(水) 23:32:09.85 ID:iJJTielj0

真「ああ、ありがと」モグモグ

亜美「んふふ~おいしい?」

真「うん、結構イケるよ」

亜美「よかった~まこちん、こっちも食べてよ」

真「ありがと、いただくよ」





P「そろそろ3時だな、響、パンツをとってくれ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/22(月) 14:54:02.50 ID:eLBDqLYq0
響「ね、ねえ、プロデューサー。今、パンって言ったのんだよね?」

P「いや、パンツだ」

響「……」

P「今、履いてるパンツをくれ」

響「うぎゃー! へ、ヘンタイ! ヘンタイプロデューサー!何言い出すんだよ、いきなり!」

P「なんだ、響はパンツくれないのか……他のアイドルは、みんな言えばくれるんだけどなぁ」

響「えっ!?」

P「はぁ」

響「……」

P「しょうがない、春香にでも……」

響「わ、わかった! わかったよ! 自分の履いてるのあげるから、春香にはもらわないで!」

P(チョロいな)

P(その後、恥ずかしがる響から奪ったパンツで、俺は猛烈にパンコキ
  使用後のズッシリとした重みのあるパンツを響に返した)

響「うう……なんかベタベタするし、イカみたいな匂いがするぞ……」

P「パーフェクトコミュニケーション、だな!」




美希「おにぎり波~」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/05(金) 18:06:08.87 ID:gzvQyrFi0




【安価】P「豊胸サプリのテストをしてほしい?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1585023359/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2020/03/24(火) 13:15:59.42 ID:WoJQ7i/10
友人「ああ。1ヶ月間毎日飲んでもらってどれだけ成長するか確かめてもらいたいんだ」

友人「確かお前アイドルのプロデューサーになったんだろ?主にバストにコンプレックス持ってる子たちに飲ませてあげろよ」

P「…ちゃんと報酬は出るんだろうな」

友人「もちろんだ。小切手も用意してある」

P「ええと、1,10,100,1000,10000,100000…100万だと!?」

友人「もしサイズアップしたら1サイズごとにプラス20万だ」

P「…何人分データが欲しいんだ?」

友人「できれば3人くらい」

P「わかった」

-------

P「というわけでこのサプリのテストをしてほしいんだ」

P「もちろんテストしてくれた人にはモニター料を授与させる。先着3人だ」

春香「あの…美希と貴音さんとあずささんが来てませんけど」

P「あいつらに飲ませたらお向かいごえするだろ」

伊織「絶対なるわね」

P「じゃあやりたい人手をあげろ」

>>2
>>3
>>4

※美希、貴音、あずさを除くAS組から選んでください




貴音「問おう。あなた様が私のますたぁか」P「いやPだけど」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/03(月) 20:20:17.01 ID:8CGlwhbJ0
貴音「サーヴァント四条貴音、召喚に従い参上しました」

P「召喚じゃなくて電話しただけだけどな」

貴音「これより我が人生はあなた様と共にあり、あなた様の運命は私と共にある―――ここに、契約は完了しました」

P「なんだこれプロポーズか」

貴音「ますたぁ、空腹は敵です。食事にしましょう」

P「さっきラーメン食べただろ。太るぞ」

貴音「えくすかりばぁ!」ペチン

P「いてっ、平手っ!?」




真「護身術ですか?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/07(日) 21:25:55.13 ID:f8qHSlAR0
ただただ護身術を学んだりするSSです

前から書いてみたかったので書いてみました。




美希「真クンが座っておしっこしてたの」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 19:08:15.74 ID:+nVje2urO
美希「男のくせに情けないの」




ページランキング