ヘッドライン

静香「疲れる毎日」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505220190/

1 : ◆KakafR9KkQ 2017/09/12(火) 21:43:10.48 ID:diuTZC230

未来「わー! 本物の静香ちゃんだー!」【ミリマス】

静香「夢の線上で」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488959876/

↑の二つの書き直し&続きです。

※大らかな心で見てください
※今度はエタらないように頑張ります

2 : ◆KakafR9KkQ 2017/09/12(火) 21:43:48.71 ID:diuTZC230
事務所


未来「わー! 本物の静香ちゃんだー!」

静香「え? 何言ってるのよ未来」

未来「すごーい! 本物だー! 可愛いー!」

静香「ちょ、ちょっと」

未来「髪も凄い綺麗だし、スタイルいいし、ほんとにほんとに静香ちゃんだぁ!」

静香「み、未来ってば……」

未来「静香ちゃーん!」

静香「ちょっと未来! い、いきなり抱き付いてこないでよ! 恥ずかしいでしょ!」

未来「えー?」

静香(いつもスキンシップ多い子だとは思ってたけどこんなに激しい子だったかしら!?)




最上静香「え?クレシェンドブルーで白雪姫?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1505132326/

2 : ◆TDuorh6/aM 2017/09/11(月) 21:19:37.67 ID:wjzbStIOO


茜「ふっふっふっ……ついに!この茜ちゃんが!聞いた事を何でも答えてくれる鏡を手に入れたのだー!」


星梨花「茜さん、何をやっているんですか?」


茜「よくぞ来てくれた星梨花ちゃん!なんとー!はい、もがみん!」

静香「え、私ですか?えっとね星梨花、今度クレシェンドブルーの五人で舞台をやるらしいの」


星梨花「わぁ、それで白雪姫なんですね!素敵です!」

茜「なんだけどねー、なんと台本が無いのだよワトソン君。完全アドリブで白雪姫をやるんだって」

静香「それで、今のうちにある程度アドリブに慣れておく練習をする事になったの」

茜「本番はまた別のセリフとかになるだろうけど、練習は裏切らないからね。まぁ茜ちゃんに練習なんて必要ないけど!」

星梨花「そう言えば、麗花さんと志保さんは何処にいるんですか?」

静香「魔法の鏡の服を着てスタンばってるわ」

茜「魔法の鏡役がなんで二人いるのかは謎なんだけどね!」





星梨花「プロデューサーさんと夜のお散歩」【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504877958/

1 : ◆z80pHM8khRJd 2017/09/08(金) 22:39:19.01 ID:e6wKF1F40
「プロデューサーさん、プロデューサーさん」

控えめに体を揺すられ目を覚ます。

目を開けると向かい席に座って俺を下からのぞき込こむように見つめる星梨花の姿があった。

星梨花、箱崎星梨花。

765プロが誇る箱入り娘アイドルであり、天衣無縫を体現したかのような性格と見た目に思わずクラリとくるようなファンも少なくないという。

小動物的仕草とそのクリッとした瞳に思わず動揺させられながらも、そのことを悟られないよう装いながら返事をする。





【ミリマス】ミリP「星梨花のお父さんですか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504789150/

1 : ◆SESAXlhwuI 2017/09/07(木) 21:59:11.26 ID:e3dNHs5z0

ミリP(以下、P) 「それって、確か箱崎財閥の……」

高木社長(以下、社長) 「その通りだ。彼が今日キミと話がしたいという事でね」

P 「話ですか……星梨花のプロデュース方針についてかな」

社長 「キミ、予定は大丈夫なのかね?」

P 「はい、今日の営業は午前だけの予定ですし……終わった後なら迎えると思います」

社長 「そうか!それなら、彼にはそう伝えておこう」

P 「そういう事なら、星梨花のプロデュース資料も色々持っていこうかな……」

P 「音無さん、最近の活動の成果まとめてもらっても良いですか?」

音無小鳥(以下、小鳥) 「はい!お任せください!」


P 「……それにしても、急に呼び出しなんて珍しいな。何があったんだろう」





星梨花「あなたのいちばんに」【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504707570/

1 : ◆z80pHM8khRJd 2017/09/06(水) 23:19:30.85 ID:BRmAnK330
さて問題です。

未来さんの1番のお友だちと言えば誰でしょう?

おそらく静香さんの名前が頭に浮かんだのではないでしょうか?

じゃあ……わたしの1番のお友だちとはいえば誰でしょう?

静香さん? エミリーちゃん? それとも……?





星梨花「ほろよいせりか」【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504621068/

1 : ◆z80pHM8khRJd 2017/09/05(火) 23:17:49.31 ID:LL5sTROp0
星梨花「おはようございます」


P「おお星梨花、良いところに来た」

星梨花「?」

P「このお菓子食べないか」

星梨花「ありがとうございます、でも大丈夫です。事務所のみんなにも悪いですし」

P「それがな……貰い物のお菓子なんだが、賞味期限が近くてな。かといって捨てるのももったいないし……一緒に食べないか?」

星梨花「……そういうことなら」

P「おお、食べてくれるか」

星梨花「えへへ、実はちょっとお腹がすいてたんです」

P「なら言ってくれればいいのに」

星梨花「ちょっとよくばるのは恥ずかしくて……ではお茶をいれてきますね」

P「ありがとう。ぜひ頼む」




星梨花「エミリーちゃんとハンバーガーショップ」【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504530989/

1 : ◆z80pHM8khRJd 2017/09/04(月) 22:16:29.41 ID:v069oPHR0
エミリー「日本の夏は、とても蒸し暑いですが……こうして扇子で扇ぐと、少し和らぎますよ。ジュニオールさんも、ぱたぱたぱた~っ」

星梨花「ありがとうございます、エミリーちゃん。ジュニオールもとても気持ちよさそうです」

エミリー「それはなによりです。とても風流な、夏の過ごし方ですね」

星梨花「えへへ、そうですね」





箱崎星梨花、初めてのファミレス

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1504097338/

1 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/30(水) 21:48:59.08 ID:Z3gSwJgM0

ミリP(以下、P) 「ファミレスに行ってみたい?」

箱崎星梨花(以下、星梨花) 「はい!静香さんが、いつも未来さんや翼さんと勉強をしに行っているのは知っているんですけど……わたしはまだ行ったことがなくて」


星梨花 「ふぁみれすっていうのがどういう場所かは、まだ分からないんですけど……静香さん、いつも勉強してるみたいだから」

星梨花 「きっと、皆さんが勉強を真面目にしてる所なんだって思ったんですけど」

P 「……それは、ちょっと違う気がするけどな」

星梨花 「えっ?違うんですか?」

P 「まぁ、それは行って確かめてみた方が早いか……さて、誰に」





【ミリマスSS】クレシェンドブルーの百分の五物語

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501582616/

2 : ◆TDuorh6/aM 2017/08/01(火) 19:17:35.78 ID:07Ux64x9O


志保「それで、どうして私達は集められたんですか?」


茜「もうすぐ茜ちゃんが企画した合宿だからだよしほりん!」


星梨花「わぁ!そう言えば、もうすぐなんですね!」


静香「理由になってないと思うんですけど……」


麗花「それでね?夜のキャンプファイアーの時に私達5人で怖い話を披露しよう!って事になったの!」


茜「そ、それで今のうちにそれぞれネタ練っておかないと即興じゃ大変だからね!その打ち合わせみたいなものかな」

志保「なるほど……とは言え、今考えろって言われても苦しい事に変わりはありませんが」

静香「怖い話、ね……どう言うのがいいのかしら」

星梨花「私、聞いた事があります……お饅頭が怖いっていうと、本当にお饅頭が襲ってくるそうです!」

茜「プリンが怖い!!」

麗花「じゃあ私が食べておいてあげるね!」





【ミリマス】みんな揃ってクレシェンドブルー!

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493457449/

2 : ◆TDuorh6/aM 2017/04/29(土) 18:18:48.05 ID:yenveTvPO


何かが、足りない。

そんな違和感を感じたのは、アイドルユニットであるクレシェンドブルーと打ち合わせをしている最中だった。
来月末にライブを控え、少しずつ厳しくなるレッスンの合間を縫ってのミーティング。
それぞれが改善点や修正案を出し合い、形を作っていくその過程で。
何故かはわからないけれど、どうにも変な違和感を感じていた。

「この曲、星梨花少し遅れてるわよ」

「…あ、静香さんはこの時端の方が次の曲に…」

「わーい!わーい!」

「あの、麗花さんはもう少し真面目に打ち合わせを…」

なんだろう。
まるで、書類の重要な一文がまるまる抜けている様な。
まるで、集合写真に一人だけ写っていない様な。
まるで、満席のライブ会場で一席だけぽっかり空いている様な。

そんな、感覚。




ページランキング