ヘッドライン

P「なあ律子、小鳥さんって可愛いよな」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/02/24(金) 15:15:04.44 ID:tYsvc7vs0
小鳥(!!)

小鳥(プロデューサーさんが私のことを!!)

律子「そうですね なんだかんだで常識も頼りがいもありますし」

P「だろ? 年がいも無くっちゃなんだけど可愛らしい一面もあるしなー」

小鳥(キャーキャーキャー)

律子「ええ ぜひとも私のお嫁さんにしたいですね」

P「あ、やっぱり? 頑張れよ、応援してるからな!」

律子「おや、ありがとうございます」

小鳥(…………)

小鳥(……………………え)




【アイマス】涼「夢子ちゃんに告白された」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/21(水) 22:35:25.27 ID:+MO6Iwsd0
 
律子「へえ、桜井さんに? はい、コーヒー」

涼「うん。ありがとう」

律子「じゃあ、早速スキャンダル対策を練らないとね。あちらの事務所にも連絡しないと。
連携すれば、よほどの事じゃない限りは……」

涼「ちょ、ちょっと待ってよ」

律子「なに? 照れなくていいのよ。ってなんだか、そんなに嬉しそうじゃないわね。まさか……」

涼「うん、つきあうことにはなってない」

律子「そうなの?」

涼「うん」

律子「……えぇー?」




[ 2020/05/19 16:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(1)

律子「私がエビフライ宣伝部長ですって!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 14:00:38.66 ID:akA3LNbt0
律子「そんな仕事イヤですよ」

律子「それにこれからプロデューサーとして働こうと思ってるときになんて仕事とってくるんですか」

P「そこをなんとか!」

律子「イヤなもんはイヤなんです!」

律子「とにかくその仕事はキャンセルしてください」

P「その頭のエビフライはお飾りか?」

律子「エビフライじゃありません!こういう髪型ですから」

律子「あぁ…エビフライのことを考えるのもおぞましい」

P「お前、エビフライに親でも殺されたのか?」




[ 2020/05/18 20:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

律子「一人暮らしを始めたら」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/11(金) 22:56:45.19 ID:prfDtzIo0
真「……Zzz」

律子「真、起きなさい。まーこーとー!」

真「うわっ……。って、なんだ、律子か。おはよー」

律子「おはよう。そろそろしっかり起きて」

真「ん……って、ボクいつの間に寝ちゃってたんだろう。しかも、なんだこれ。動きにくいよ、律子」モゾモゾ

律子「かいまきよ。あんた、こたつで寝入っちゃったから、引っ張り出して、それにくるんで寝かせておいたのよ」

真「あー、こたつで寝ると風邪ひいちゃうからねえ……。よいしょっと。脱げた脱げた」モゾモゾ

律子「またすぐこたつに……」

真「だってさー」




伊織「うちの社長とそのイトコがうざいことこの上ない」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/26(水) 14:40:46.97 ID:LwG5UGws0
律子「ダーリン、あーんして♪」

涼「あーん」

律子「……どう?」

涼「……ん。これ、美味しいよ! リンゴの焼き具合が絶品だよ! 律子姉ちゃん」

律子「ふっふー。そうでしょう? これもダーリンに料理を教えてもらってるおかげね」

涼「いやいや、僕だってこんな絶妙な焼き具合にできないよ。さすが律子姉ちゃん」

律子「そんなことないわよ。こないだのパエリアとかとても真似できないわよ。盛りつけの綺麗さとか、私まだまだだもん」

涼「あれはそんな難しいわけじゃ……。そうだ、今度一緒に作ろうよ」

律子「本当? ありがとう、ダーリン♪」

涼「こちらこそだよ。はい、律子姉ちゃんも、あーん」

律子「あーん」




律子「プロデューサー殿がウザすぎて困る」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/11(火) 19:38:42.08 ID:FiS7C8/V0
P「おっはよーん」

小鳥「おはようございます」

律子「おはようございます」

P「おっ、今日もメガネが似合うね律子」

P「それとも律子がメガネに似合うのかな?」

律子「意味のわからないことを朝っぱらから……どうでもいいですよ」

小鳥「大変ね律子ちゃん……」

P「律子、愛してるぜ」キリッ

律子「そうですか」

P「なんだよぉー! そこは、」

P「『私もです、プロデューサー殿』///」

P「って頬を赤らめながら言うところでしょ!?」




律子「時が流れて」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/03(月) 01:54:35.80 ID:4o+YuiXf0
こらぁ、亜美!

うわぁ! りっちゃん!

まぁたこんな悪戯してぇ!!

ごごご、ごめんよ→!

ま、まぁまぁ律子さん落ち着いて!

春香まで味方するの……?

うっ……怖い眼で睨まないで欲しいかなー……?

今のうちぃっ!

あっ、こらっ! 真美も逃げるなーーっ!!




[ 2020/05/08 11:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

P「律子のオ○ニーが想像以上に激しかった」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/08(木) 20:40:49.59 ID:OfuxF5EX0
律っちゃんが一番凄そうじゃね?




[ 2020/04/25 22:55 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)

律子「11月の8日から1週間、有給をとらせていただきます♪」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/01(木) 19:08:32.33 ID:tbM5bTY40
P「ん? 別にいいけど」

律子「社長には、先月のうちに話はしてあります。とりあえず大きな営業は入れていないんですけど、竜宮小町の3人の事もよろしくお願いしますね」

P「わかった」

律子「じゃあこれから、局の方へ行ってきます」

P「ああ、気をつけてな」

小鳥「ちょっとちょっと、プロデューサーさん!」

P「え、なんですか小鳥さん?」

小鳥「珍しいですよね、お仕事第一の律子さんが有給なんて。しかもこんな早くから、予定を組んで」

P「そう言えばそうですね。まあ、なんか用事でもあるんじゃないですか?」

小鳥「用事って?」

P「それは……法事とか?」




P「律子は説教デレ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 22:22:50.30 ID:T1E6Oyn40
春香「おはようございまーす」

バンッ!!

春香「ぅひっ!?」

律子「いい加減にしてくださいプロデューサー!」

春香(あちゃ~、プロデューサーさんてば律子さんに説教されてる)

律子「何度同じ失敗を繰り返せば気が済むんですか。先週の木曜も同じでしたよね!?」

P「ごめんなさい……」

春香(今出て行ったらマズいよね?)

律子「なぜ今朝はおはようのキスがなかったんですか?」


春香(ワッツ!?)




ページランキング