ヘッドライン

P「他人の便意を100倍にする力?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 00:54:35.32 ID:aEi3taDG0
P「なーんていうのを変なおっさんに授けられる夢を見たんだ」

律子「プロデューサー大丈夫ですか?病院まで送りますよ?」

P「そんな可哀想な人を見るような目でみないで、お願いだから」

律子「妙なことばっか言ってないで仕事してください」ハァ

P(確か念じるだけでおkって言ってたなぁ……)

P「えいっ!」

律子「!!?」きゅるるるるる~!




真壁瑞希「クール系美少女です」

1 :名無しさん@おーぷん 20/01/26(日)15:36:49 ID:3Kb
(EScape撮影)

パシャッ

真壁瑞希「……」

パシャッ

白石紬「……」

パシャッ

北沢志保「……」

ハイ、オツカレサマデシタ

瑞希紬志保「ありがとうございました」




律子「声真似エステ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1577803540/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/31(火) 23:45:40.92 ID:Rkb9gdbDo
律子「『声マネエステ回転』……何よこれ。字、間違ってるし」

亜美「エステだよーエステ!」

律子「アンタまた変な遊び始めたんじゃないでしょうね」

亜美「いやいや。亜美はりっちゃんの日頃の疲れを癒そうと思って」

律子「そう? それは嬉しいけど……」

亜美「ささっ、どうぞ中へ」





小鳥「この音無小鳥には夢があるっ!」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/24(火) 19:57:25.575 ID:LSxpCtRJ0.net
小鳥「そう・・・それはッ!」

小鳥「本来真面目にこなさなければいけない仕事を堂々とサボりッ!そしてその勤務中に!」

小鳥「アイドルたちの百合百合しい姿を眺めること!!!」

『(小鳥にとって)背徳的なはるちは』にあこがれるようになったのだ!




律子「ジョン・カーペンター?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447843172/

1 : ◆3QFkN49T2. 2015/11/18(水) 19:39:32.76 ID:mumhVx1V0

永遠の中二病映画監督 ジョン・カーペンターの作品を紹介していくSSです

少しでも古い映画に興味を持って頂けたら幸いです





P「アイドルどもにサプライズプレゼントをくれてやる」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 22:30:40.44 ID:jlke0dzR0
P「常々思うが職場がブラック過ぎて笑えない」

P「プロデューサーの仕事だけでもいっぱい!いっぱい!おっぱい!いっぱい!なのにあいつらのワガママとかマジ聞いてられない。誰とは言わんが」

P「だが機嫌取りはしなければいけないのが保護者の辛いところで」

P「そうだ、ついでだからサプライズでもかまして、ここらで一度俺の存在というのを知らしめておこう」

P「まずはあんまりワガママじゃないやつらからやっていくか・・・春香とか」

サプライズfor春香>>4

プレゼントfor春香>>8

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 22:32:43.66 ID:Hf60Qvb10
あずさにプロポーズ

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/17(日) 22:33:18.49 ID:dgnC1vTU0
結婚式のパンフレット




P「気付いたらアイドルのスキンシップが深刻な事態になってた」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/28(火) 20:23:36.65 ID:iv2ltXsP0
美希「ハニイイイイイイイイイイイ!!」バッターン

あずさ「あらあら~、美希ちゃんどうしたの?そんなにあわてて」

美希「あずさ!ハニーは!?ハニーはどこなの!?亜美とあんなことしたってホントウなの!?」

あずさ「み、美希ちゃん落ち着いて~」




【ミリシタ】I have a Dream. ~Melty Fantasia IF STORY ~

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574556028/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/24(日) 09:40:28.41 ID:FWFOK6Xu0
こちらは

『アイドルマスターミリオンライブ!シアターデイズ』内のイベント及び劇中劇である『Melty Fantasia』をモチーフにしたお話です。ドラマCD未視聴で書いたため、良く知らない人でも読める……はずです。きっと。

なお、そのため幾分か(結果的にですが)オリジナル設定となっております。ご注意下さい。


それでは、お楽しみいただければ幸いです。




律子「3年経ったらPが自覚なしのハーレムを作っていた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/13(日) 22:41:44.56 ID:d0UX0ul50
P「ふぅ……かなり疲れたけど、これで今日の仕事は終わりか」

雪歩「ふふっ、お疲れ様です。プロデューサー。お茶、入りましたよ」


律子「雪歩は二十歳になって更に淑やかさが増しているし」


あずささん「プロデューサーさん。肩、凝っていませんか?よいしょ、っと。うふふ」

P「うわっ!ちょっとあずささん、膝枕は流石に立場上まずいですって……!」

律子「あずささんは己の長所をフルに活かした積極アピール……更には」




【アイマス 】亜美真美「「りっちゃんはね」」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571148130/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/15(火) 23:02:10.95 ID:2PR8o8Jl0
亜美「うあうあー!?」

真美「困ったYO!」

雪歩「どうしたの?亜美ちゃん、真美ちゃん」




ページランキング