ヘッドライン

【ガルパン】ねこにゃー「もしあれが現実になったら。」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510580618/

1 : ◆yef3W6r46A 2017/11/13(月) 22:43:38.45 ID:A74pJpKR0

TV「FIGHT!!!」


ねこにゃー「………」カチャカチャカチャカチャ


TV「波動拳!!!」


ゴモヨ「ありえない……」

ねこにゃー「ん?」

ゴモヨ「人は手から火の玉なんて出せない……」

ねこにゃー「当たり前……」

ゴモヨ「ゲームとはいえ、おかしいと思わない?」

ねこにゃー「全然…」

ゴモヨ「私は納得できない…」


TV「KO!!!」


ねこにゃー「確かにゲームを含め、フィクション作品は非現実的なものが多いよ……」

ねこにゃー「メタいこと言えば、ボク達どころかこの世界すら存在しないし……」

ねこにゃー「でも……逆にフィクション作品をすべて現実にしたらどうなるのか……」

ねこにゃー「2人で考えて見よっか………」

ゴモヨ「うーーん……」

_____________________


ねこにゃー「っというわけで、ショートコント集。」

ねこにゃー「テーマは、『もしあれが現実になったら』。」

ねこにゃー「始まりだニャン♪」

ゴモヨ「誰に言ってるの!!?」






【ガルパン】みほ「もっと学園十色の短編集です!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510582025/


1 : ◆o8JgrxS0gg 2017/11/13(月) 23:07:05.97 ID:izrf7FiJo

【オープニングです!】


アズミ「…え?その話、いますること?」

ルミ「隊長の命令がなくてヒマだけどさ、まだ試合中だよ?」

メグミ「…分かってるわよ。いい?もう1回言うわよ?」

アズミ「どうぞ?」

メグミ「年上のお姉さんっぽくて、どことなくエロいのがアズミ」

アズミ「照れるわね」

メグミ「ボーイッシュっぽくて、メガネかけてるのがルミ」

ルミ「外面の特徴って言うなら、そうかな」

メグミ「…私は?」

アズミ「…」

ルミ「…」

メグミ「ちょっと…」

アズミ「いや…」

ルミ「ご、ごみん…」

メグミ「ビジュアルだけでいうと一番地味だし…ねぇ?」

アズミ「でも、大洗戦だとセンターにいたし、普段から良い戦車回してもらってるじゃない」

メグミ「それは戦車道の能力としての話でしょ?キャラクターとして没個性じゃないかな、って…」

ルミ「んー、そんなことないと思うんだけどなー…」





優花里「わあ! 猫ですよ猫!」麻子「え?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/04/04(木) 22:05:41.22 ID:eWJ3sJHX0
麻子「ふあぁ~……ここは……格納庫か?」

麻子「何故私はこんなところで寝てたんだ……?」

麻子「思い出せない…」

優花里「あれ? 猫?」

麻子「ん?」

優花里「危ないですよー。こんな所で寝てちゃ」

麻子「あ、ああ。だが私にも何で寝てたのかが……」

優花里「寝るならあっちの日向の方が気持ちいいですよ」

麻子「……は?」




みほ「無法地帯ウォー」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494752430/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/14(日) 18:00:30.38 ID:b9kOhbh50
ここは無法地帯大洗町

みほ「さぁ命が惜しかったらお金を置いていってください」

鉄パイプを構える少女がいた

ねこにゃー「ひぃ」ダッシュ

みほ「優花里さん!そっち行ったよ!」

優花里「わかりました!」シュタッ

もう一人の鉄パイプを持った少女が屋根から飛び降りてきた
のちの秋山優花里である

優花里「さあ財布を置いて逃げた方が身のためですよ」

ねこにゃー「はい!それじゃさよなら!」

みほ「やったね」ハイタッチ

優花里「ですね!」ハイタッチ

みほ「いくら入ってた?」

優花里「二万円くらいですね」

みほ「あんまり多くないね、沙織さんのお店でラーメンでも食べよっか」

優花里「ですね」

お袋の味 沙織

みほ「こんにちは」ガラガラ

沙織「あっみぽりんいらっしゃい」

優花里「仕事終わりに食べに来ました」






みほ「新生徒会のお悩み相談…?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507474752/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 23:59:12.98 ID:9XdxsAO2O
優花里「はい!私たち新生徒会3人を含むあんこうチームで大洗の悩みを解決していくんです!」

麻子「私はいらないだろ…」

沙織「勉強系は麻子がいた方が助かるし、何より仲間じゃない!」

麻子「ケーキを食べてくれ、って悩みが来たら起こしてくれ」

みほ(華さんが食べちゃいそう…)

華「私はお花と食事担当です。みほさんは戦車道とボコ担当でお願いします」





華「今日は>>2さんからのお悩みです」




2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/08(日) 23:59:48.53 ID:0p4PJnat0




アンチョビ「助けてくれ西住! まほが口をきいてくれないんだ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496328876/

1 :※百合注意 2017/06/01(木) 23:54:36.33 ID:saY3d3iWo

みほ「きゅ、急に電話がきたと思ったら……」

みほ「何があったんですか?」

アンチョビ『うう……』

アンチョビ『もう3日も口をきいてくれなくて……』

みほ「……同じ大学だったからルームシェアするんだー、って言ってから、いつも仲良くしてましたよね」

アンチョビ『ああ……』

アンチョビ『その、一緒に住む内にこう、絆が深まったっていうか……』

アンチョビ『毎朝おはようの囁きからはじまって、朝食に対しても褒めてくれてて……』

アンチョビ『そういう日常が崩れてしまうのかと思うと、どうしたらいいのか……』

みほ「何かあまり聞きたくないし知りたくもなかった身内の一面が見えそうなので切りますね」 ピッ




みほ「抱き枕?」優花里「そ、それはですね」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/30(土) 00:09:04.90 ID:7a/pngij0
優花里「えっと、あの……」

みほ「どういうことかな?」ニコ

優花里「その……」グス

みほ「私の抱き枕でなにしてたのかな?」

優花里「あうぅ………」ポロポロ

みほ「というより、こんなのどこから仕入れたの?」

みほ「ねぇ?」




みほ「急用ができました」優花里「えっ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508319750/

1 : ◆.dsCc9AhxA 2017/10/18(水) 18:42:30.63 ID:gpsa2en60
しほゆかSSです

2 : ◆.dsCc9AhxA 2017/10/18(水) 18:44:20.95 ID:gpsa2en60
今日は憧れの西住殿と一緒におうちに遊びに来ています。おうちといっても、下宿ではなく実家。つまり西住流総本山です。帰省に付き合わせていただきました。

大学選抜のときにぽつりと「行きたい」って零したこと、西住殿は覚えていてくれたのです。感激です。

一緒にパジャマパーティしたり戦車の訓練なんかもしてみたり。最早デートを通り越して夫婦生活じゃないですか!と冷泉殿に言ったら馬鹿を見る目をされましたが気にしません!

ちなみに、その冷泉殿は戦車免許取得者講習だかがあるらしくパス、五十鈴殿は華道関係の予定で、武部殿は年齢を偽って婚活セミナーに参加するそうです。つまり西住殿と二人っきり!

まあ、シチュエーション的には天国なのです。天国なのですが……


しほ「…………」ズモモモモモモ

優花里「…………」


お母さん、お父さん。わたしは今、地獄に来ています。




【ガルパン】みほ「ふしゅん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507834633/

1 : ◆o3qhmpCK4I 2017/10/13(金) 03:57:13.91 ID:/tzPqsWB0
最終章公開以前に書き溜めたものなので、ネタバレなし。

2 : ◆o3qhmpCK4I 2017/10/13(金) 03:58:24.27 ID:/tzPqsWB0
みほ「もぐもぐもぐ」

みほ「あむあむ」

みほ「ずず…っ」

みは「はぁ……」

みほ「もぐもぐもぐ」


テレビ「嫁が待っとき!言うて
 タンッタンッタンッタン来て
 電気パンッ点けて
 足の裏バーンッ見たら
 おかきやったんです」

みほ「ふふぉっ」




ページランキング