ヘッドライン

【モバマス】凪・りあむ・あきらのさとり世代ラジオ(仮)

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1577620809/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/29(日) 21:00:10.14 ID:8huzWa5V0
凪「凪と」

りあむ「りあむと」

あきら「あきらの」

凪・りあむ・あきら「「「さとり世代ラジオ(仮)!!!」」」

凪「というわけで、始まりました。さとり世代ラジオ(仮)」

あきら「このラジオでは、さとり世代と呼ばれる私達が、私達のペースで」

りあむ「だらだらおしゃべりする番組だぞ!」

凪「それではみなさんまた来週~」

りあむ「まてまて!! まだ始まったばかりだぞ!!」

あきら「りあむさんうるさいデス」

りあむ「いやツッコミ!!」

凪「まぁ冗談はこれくらいにして、さとり世代ラジオ(仮)の初めての収録場所はなんと下町の商店街です」

りあむ「ほんとスタッフアホなの!? なんでラジオの収録をロケみたいな場所でやるんだよ!! こういうロケはテレビでやるから面白いんじゃないの!?」

あきら「りあむさんよくしゃべりますね、進行の邪魔なので少し黙ってください」

りあむ「え? これりあむちゃんが怒られる流れなの? 病む」

凪「それでは、商店街を少し歩いてみましょう」




【アイマス】雪の大地にて……

1 : ◆Vysj.4B9aySt 19/12/08(日)10:58:35 ID:wsB
――新潟

杏奈「うぅ……おこた、おこた」ブルブル

甜花「甜花、こたつの家の子になる……」ガタガタ

杏「ふぅ~やっぱり、日本人の冬はどてらにこたつにみかんだよね……あ、あきらぁ~、みかんの補充まだ?」モグモグ





あきら「……」プルプル



「どうして、またウチにいるんですか!!」




【デレマス】あきら「# 初めて……だったのに」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1572602405/

1 : ◆f1tFKtbZna.K 2019/11/01(金) 19:00:06.23 ID:BR24HTmDO
チュンチュン

―めっきり寒くなった朝

あきら「ん……」

―そろそろ布団が恋しくなる朝。少女は違和感に気付き起きる

あきら「あ……ここ、どこデスか?」

―ぼんやりしながら見知らぬ天井を眺め、何か異変がないかあちこち確認する

―ふと、腰に激痛が走り顔を顰める

あきら「あ、痛たたた……そういえば、無理矢理されたんだった」

あきら「痛いからやめてって言ったのに……」

あきら「あ……顔に……」

―それは顔だけでなく、服のあちこちにもついていた

―謎の白いもの

あきら「# 人生一番ひどい顔……はぁ」

あきら「うぅ……服までシミになっちゃうデス」

あきら(さすがにこんなマズイの、もう嘗めたくないな……)

―そして一人呟く



あきら「初めてが…あんなんだなんて……」




【デレマス】流れる星は消えて去り、暗闇ですら星は見つからない

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571542899/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/20(日) 12:41:39.25 ID:5oAXejHDO
凪「この間、Pが番組スタッフと話しているのを聞いてしまいました」

凪「Pははーちゃんを推していましたが、久川シスターは凪の方だけ欲しいそうです」

凪「はーちゃんは胸こそおっきいが、よくある一人のアイドルに過ぎず、ネギでもカギでもなく凪は」

凪「キャラクター性から、双葉杏や宮本フレデリカを合わせた以上の働きを期待できるそうです」

凪「やったね。はーちゃんを差し置いてアイドルへの登竜門が開けました」





凪「Pが強引に……抱き合わせみたいに推していましたということは、もう事務所でもわかっていたのでしょう」

凪「……なぜ、何も努力していない凪が認められ、あれだけアイドルになりたがっていたはーちゃんがあんな扱いなんでしょうか」

凪「キャッチ22です。答は見つかりません。憲兵隊に捕まりますよ」

凪「では。よきアイドルライフを」




久川颯「同期でしゃっふる!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571392705/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/18(金) 18:58:25.94 ID:YCIhNpQ+0
パターン1 あかりと凪の場合

凪「いいですか?今都会で大流行しているのはマンションポエムです」

あかり「マンションポエム……」

凪「そう。田舎にはそもそも高級マンションが存在しないからマンションポエムなんてありませんでした。でも都会は違う」

あかり「都会……!」

凪「一見何を言っているかわからない。しかし、その言葉は土地の神話を増幅させるというわけです。まさに神秘」

あかり「…………?」

凪「マンションポエムを極めること、それすなわち都会を極めること。高みへ登りたければついてきな……」

あかり「……んご!」





【モバマス】あきら「346チャンネル?はぁ、正気デスか?」

1 : ◆Dm8ArSIo3MOQ 19/07/21(日)04:08:30 ID:Asn
モバP(以降P表記、雑なフリありがとう)「正気とは失礼な。至って真面目な話だよ」

あきら「♯真面目な話 ♯出来た件」

P「♯新人アイドルが辛辣な件」

あきら「まぁそれは冗談だという事にして」

P「冗談では無いんだ?」

あきら「要はこの事務所のアイドルさんたちでチャンネル作って何か動画配信とかしようって話?」

P「流石、話が早くて助かる」

P「ほら、最近巷ではよ、よ…よーつべ?ってのが流行ってるだろ?だからウチも流行には便乗しようって話になってさ」

あきら「どこから突っ込めば」

P「既に何人かには話をしておいてあってさ、幾つか動画を撮ってきて貰ったんだよ」

P「で、事務所の公式チャンネルから配信に使えそうなものをあきらにチョイスして貰いたいんだけど、どう?」

あきら「はぁ、つまり検閲デスか」

P「間違ってはないけどもさ」

あきら「別にいいですよ。事務所の皆さんには自分の配信にも協力して貰ったりしてるし」

P「そっか、助かる。じゃあ早速お願い出来るか?」

あきら「ん」

P「ちょっと待ってな。今再生準備するから…あ、コーラとポップコーン持ってこないと」

あきら「映画鑑賞じゃないんだから」

P「あきらはコーラとメロンソーダどっちがいい?メロンソーダは美玲のだけど」

あきら「♯コーラ一択 ♯まだ死にたくない」

P「お待たせ。それじゃあ上から順番に観て行くぞ。忌憚のない意見を頼むな」

あきら「もうちょい詰めてください。狭い」グイグイッ

P「俺にじゃなくてだね」




姫川友紀「ホームランをダービーするやつ」

1 : ◆uMEAzbBMSc 19/07/06(土)22:33:54 ID:B7Z

結城晴「うーっす」

姫川友紀「……」

晴「あれ? 誰もいねーのかな……」

友紀「……」カチカチ

晴「なんだ、友紀いるじゃんか。おっす」

友紀「あぁ うん、おかえりー」カチ

晴「いや おかえりって……オレ今日事務所来たの初めてなんだけど」

友紀「……んぁ、晴ちゃんか。ゴメンゴメン」




ページランキング