ヘッドライン

高森藍子「サ、サンタさんが来るまで起きてます・・・!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494881904/

1 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/16(火) 05:58:25.07 ID:akyqfqVD0


相葉夕美「藍子ちゃん、大丈夫?」

藍子「だいじょうぶです・・・!」グシグシ


藍子(大丈夫じゃないです・・・ね、ねむい・・・!)ウツラウツラ

藍子(考えてみれば当然のことだったんです・・・人生の3分の1を占める睡眠・・・)カクッ カクッ

藍子(それを少しのお昼寝で乗り越えようなどと・・・)フワー


モバP(以下P表記)(限界は近そうだ・・・)



2 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/16(火) 06:00:47.91 ID:akyqfqVD0


高森藍子(16)


相葉夕美(18)


十時愛梨(18)




十時愛梨「ティーバッグ? ティーバック?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494752510/

1 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/14(日) 18:01:50.80 ID:FG8DGNQm0


愛梨「どっちでしたっけ~? あれ~?」

相原雪乃「その・・・ティーバッグ、ですわね。ティーバッk―おほん、もう一つの方は・・・」

東郷あい「・・・女性ものの下着の一種だね。愛梨君たちはスカートを穿くことがほとんどだから知らないかもしれないが、タイトなドレスやパンツを穿く時に合わせるとシルエットがキレイになるんだよ」

相川千夏(もらい事故かしら)

高森藍子「ま、間違えないようにしたいですね・・・!」




2 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/14(日) 18:09:04.83 ID:FG8DGNQm0


十時愛梨(18)


高森藍子(16)


東郷あい(23)


相原雪乃(22)


相川千夏(23)


相葉夕美(18)


愛野渚(18)





喜多見柚「多くは望まないカモ♪」北条加蓮「私、欲張りになったね」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494223481/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 15:04:41.67 ID:bgGzu2wC0
――まえがき――



後半は「第5回シンデレラガールズ総選挙」を取り扱ったお話です。ご理解の上お進みくださいませ。



「にぱゆる」シリーズ、続きます。
第3話/全5話。喜多見柚編。

北条加蓮「何してんの?」相葉夕美「こっちこっちっ」 (完結済み)
相葉夕美「ありすちゃんには……ニチニチソウかなっ」橘ありす「ニチニチソウ?」 (完結済み)

イマココ)喜多見柚「多くは望まないカモ♪」北条加蓮「私、欲張りになったね」

橘ありす「子供扱いとか、しなくていいですから」高森藍子「ありすちゃん……」
高森藍子「今日はどこに行こうかな?」喜多見柚「遊びに行こうっ!」


※ここから読んでも大丈夫で原作無視まみれで相変わらず短くないです

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/08(月) 15:05:17.76 ID:bgGzu2wC0
「柚の思い出(0)」


――回想・ある雪の日の公園――

『……? だれ?』

プロデューサーだよ。アイドルの。

『へーっ、アイドルのプロデューサーなんだっ』

『え?』

『プロデューサー? ってことは、スカウト? ……柚を?』

そう。君をスカウトしたいんだ。

『えっ、えっ、アタシを!? え、あのっ、アイドルってあのアイドル……だよね?』

『わーっわーっ!? すすす、スカウト受けちゃった!? アタシが!?』

『……あ、でも』

『アタシ、なんにもできないよ? 歌とか音痴だしみんなに笑われるし、ダンスとか全然やり方知らないし。可愛くなんてないし』

大丈夫だよ。練習すれば、すぐにできるようになるから。

『……アタシ、すっごく頑張ったりとかもできないよ?』

頑張ることだけが、アイドルじゃない。

『そなの?』

アイドルは、楽しいよ。




相葉夕美「ありすちゃんには……ニチニチソウかなっ」橘ありす「ニチニチソウ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494051678/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 15:21:18.81 ID:Gt954f0G0
――まえがき――

「にぱゆる」シリーズ、続きます。
第2話/全5話、相葉夕美編。

北条加蓮「何してんの?」相葉夕美「こっちこっちっ」
イマココ)相葉夕美「ありすちゃんには……ニチニチソウかなっ」橘ありす「ニチニチソウ?」
喜多見柚「多くは望まないカモ♪」北条加蓮「私、欲張りになったね」
橘ありす「子供扱いとか、しなくていいですから」高森藍子「ありすちゃん……」
高森藍子「今日はどこに行こうかな?」喜多見柚「遊びに行こうっ!」

※ここから読んでも楽しめます
※原作無視だらけです
※加蓮編よりは多少マシですがやはり短くはないです


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 15:22:03.89 ID:Gt954f0G0
「<ニチニチソウ>橘ありす」


――事務所――

「うんっ、よく似合うよ。ニチニチソウの花飾り!」

首を振ってみた。薄桃色の可愛らしい花飾りによってまとめられた黒髪が、少し遅れてついてくる。
なんだか、楽しい。

「気に入ってくれたみたいだねっ」
「こういうのは子供っぽく見られるから、あまり使わなかったんです。……でも、私の考えすぎだったみたいですね」

手を伸ばして、鏡像がそっと造花に触れるのを見て、そんな当たり前のことが少しだけおかしくて、くすり、と破顔した。
その仕草に夕美がまた小さく笑った。気に入ってくれた~、と誰かに報告するかの如く声を弾ませる。なぜだか、くるくるくる、と回り始める。




北条加蓮「何してんの?」相葉夕美「こっちこっちっ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493964062/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 15:01:03.04 ID:2Dg0Pq0D0
――まえがき――

「にぱゆる」シリーズ、はじまります。
第1話/全5話、北条加蓮編。

イマココ)北条加蓮「何してんの?」相葉夕美「こっちこっちっ」
相葉夕美「ありすちゃんには……ニチニチソウかなっ」橘ありす「ニチニチソウ?」
喜多見柚「多くは望まないカモ♪」北条加蓮「私、欲張りになったね」
橘ありす「子供扱いとか、しなくていいですから」高森藍子「ありすちゃん……」
高森藍子「今日はどこに行こうかな?」喜多見柚「遊びに行こうっ!」

※原作無視だらけです
※ちょっと短くないです

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/05(金) 15:01:44.99 ID:2Dg0Pq0D0
「【長め】がぶーっ」


――事務所――

<がちゃ

高森藍子「おはようございますっ♪」


<しーん

藍子「あれ?」

藍子「今日は、10時からミーティングの予定のハズだけれど……まだ誰も来ていないのかな?」

藍子「みなさんが来る前に、お茶を用意しておこうっと」




周子「エピュキュリアン」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494275248/

2 : ◆ikbHUwR.fw 2017/05/09(火) 05:28:15.33 ID:SEqu5qx+0
周子「エピクロス主義?」




志希「そ、人間は快楽を産出する行為をなすべきであるって思想。エピクロス主義者のことをエピュキュリアンともゆー。ホントはもっと細かな派生とか、それぞれに解釈の違いとかがあって、一概にこういうものとは言い切れないんだけどねー」


周子「なんか小難しいねー、つまりどういうこと?」

志希「自分が楽しいと思うことをやるのが結果的に体にもいいみたいな感じかにゃ?」

周子「たとえば?」

志希「気温の低いところで、暖かいものに触れると気持ちいいでしょ。寒さってのは人体に害だからね、自分の体を守ろうとする行為を快楽と感じるのだ」

周子「それはまぁ、わかるかな」

志希「空腹感なんかもわかりやすいかな。エネルギー不足の信号。だからおなかを空かせたごはんは美味しい」

周子「なるほど」

志希「同様に、苦痛だと感じることは体によくないとも言えるわけだねー。食欲がないときに無理して食べるとかね」

周子「ふーん?」

志希「ちょっと昔は食事に対する信仰ってのはやたらめったら強くてね。『体が弱ってるなら無理にでも食べるべきだ!』なーんて言う人が珍しくなかったらしいよ。だけど、食欲がないってのは、消化器官、胃とか腸が弱ってるのが原因の大半で、そんなところにがっつり食べ物押し込まれたら、一層胃腸にダメージが来る。当然だね。食欲がないのなら、食べないことが正しい。こんなのもエピクロスの一例」




藍子「観葉植物に話しかけてあげてくださいね 喜びますから♪」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493823873/

1 : ◆2sEm9azZw/EN 2017/05/04(木) 00:04:34.12 ID:/oZ2ry0p0

~事務所~


モバP(以下P)「…………」

夕美「ほらっ Pさん! 恥ずかしがらない! 自然体で!!」






夕美「花冠のお姫様ティアラ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492268497/

2 : ◆2sEm9azZw/EN 2017/04/16(日) 00:06:09.54 ID:Fvx9yjxx0


――高原


デレマスP(以下P)「まさか夕美とここにもう一度来るとは思わなかったな」

夕美「それって私と来たくなかったってこと?」シュン.....


P「いやいや! そうじゃなくて! 一回行ったっきりの場所が多くてな……」

P「その……不快な思いをさせてごめん」

夕美「……なんて冗談だよ! ほらっ、一応ピクニックなんだから楽しまないとね♪」




夕美「うおおおおお!!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492222941/

2 : ◆ikbHUwR.fw 2017/04/15(土) 11:23:22.23 ID:HjEM8U9J0
――4月15日、トレーニングルーム



『ボスッ! ドスッ!! ボゴォッ!!!』



未央(…………なんだこれ)




拓海「お、未央じゃねーか珍しいな」


未央「たくみん……なんか、ゆーみんが一心不乱に拳を振るってる姿が見えるんだけど、私の目が悪くなったのかな? それとも頭かな?」

拓海「ああ、アタシにもそう見えてるから、アタマがわりぃのはお互い様だな」

未央「そっか、ちょっと安心したよ…………説明を求めていい?」

拓海「そうだな……ちなみに未央は、今日が何の日か知ってるか?」

未央「そこの荒れ狂うフラワーガールの誕生日だよね。私もそれでお祝いに来たんだけど」

拓海「知ってるなら話が早いな。つまりそういうことだ」

未央「いや、わかんないよ! 誕生日を機にイメチェンなの? 方向性それでいいの?」

拓海「違う違う。夕美の、つーかアタシらのプロデューサーがさ、夕美の誕生日祝いで何かプレゼントしたいって思って、何を渡そうか悩んでたらしいんだよ」

未央「悩む必要ある? ゆーみんならお花あげれば確実に喜ぶでしょ」

拓海「そりゃそうだけどよ。花だと、夕美は日常的にあげたりもらったりしてるから、イマイチ特別感がねぇとかで」

未央「まぁ、わからなくもないけど」

拓海「そんで本人に訊いてみたらしいんだな。何か欲しいものあるかって」

未央「安全策ではあるね。それで?」




ページランキング