ヘッドライン

みりあ「早起きしたら皆集まってきたの!」悠貴「凄いですっ!」

1 : ◆6RLd267PvQ 2019/02/17(日)01:29:39 ID:Zfi
特にオチはない散文。

もしかしたらこんな日もあるかもしれない。

2 : ◆6RLd267PvQ 2019/02/17(日)01:29:59 ID:Zfi
みりあ「ごみ袋、外に出してくるねー」

みり母「お願いー」

みりあ「うんしょ、うんしょ…」ドサッ

みりあ「ほっ…これで全部かな。戻って朝ごはん食べなきゃ…あれ?」

悠貴「いっちにっ…いっちにっ…」

みりあ「おーい!」

悠貴「はいっ?…あ、みりあちゃんっ」

悠貴「みりあちゃん、おはようございますっ」

みりあ「悠貴ちゃんおはよー!一人?」

悠貴「はいっ。日課のランニングをしていましたっ」

悠貴「みりあちゃん、ゴミ出しですかっ?偉いですねっ」

みりあ「え?えへへ、そんなことないよー。普通だよ普通~♪」




美波・夕美「「バレンタインチョコを作るよ!」」文香「真心込めて…」グッ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1549810953/


1 : ◆hAKnaa5i0. 2019/02/11(月) 00:02:34.30 ID:aQ6QpGKk0
(事務所)

美波「バレンタインチョコレートを作るわよ! 夕美ちゃん!」カッ!

夕美「バレンタインチョコレートを作ろうね! 美波ちゃん!」カッ!

2人「「やるよ!!」」ガシッ!

ニュッ

文香「おはようございます……今日もまた熱意に満ち満ち溢れていますね……美波さん……夕美さん……」

美波「おはよう文香さん! 今年の私はひと味違うのよ! 必ずプロデューサーさんの心と胃袋を鷲掴みにしてみせるわ!」グッ

夕美「おはよう文香さん! 今年の私もひと味違うんだよ! プロデューサーさんを1発で惚れさせちゃうくらいすごいチョコを作るんだから!」グッ

文香「……なるほど……バレンタインデーに賭ける並々ならぬ想いと気概を感じます……料理は不得手ですが……私も負けてはいられませんね……」キラ-ン

美波「ええ、文香さん。チョコ作りは私もサポートするから一緒に頑張りましょう!」

夕美「私も手伝うよ! 友達だもんね!」

文香「……ありがとうございます……お二人の友情にはいつも感謝していますよ……」ニコリ

美波「いいのよ。さて、と。それじゃあ早速話し合いを始めましょうか♪」

夕美「そうだね♪」

美波「文香さん。頼んでおいた材料は用意してくれたかしら?」

文香「はい……例のブツは志希ちゃん経由でひと通り確保しました……」ドサドサドサ

美波「準備万端ね。ではーーー」

3人「「「チョコに何を盛ろうか♪」」」

【大量の志希ラボ産の薬】テ-ン!




【モバマス】いんてぐれいてっどこまんどおぺれーしょんおーがにぜーしょん

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1548492922/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/01/26(土) 17:55:22.63 ID:tW7Nk8EDO
ガチャ

唯「ただいまー」

唯P(以下P)「お帰り、唯」

唯「もー、プロデューサーちゃんったら」

「そこは」





「おかえり、ゆい。ご飯にする?お風呂にする?」

「それとも~~~?」

P「それを俺にやれって?」

唯「あはははー☆」




三好紗南「あたしと茄子さんに、LIVEツアーのお仕事?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1466683338/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 21:02:19.09 ID:k8Pew/Oa0
・前回

鷹富士茄子「お花見に行きましょう♪」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 21:03:37.11 ID:k8Pew/Oa0
§ある日§

P「おはよう。朝早くに呼び出して悪いな」

茄子「プロデューサー、おはようございます」

紗南「来たね、Pさん! きょうはどんな企画を持ってきてくれたの?」

P「ふたりには今回、ミュージカル公演に出てもらうことになった。企画名は――『戦記公演・暗黒竜と光の剣』」

紗南「『暗黒竜』って、もしかして……?」

P「そうだ。紗南の想像通り、ゲームの設定を借りた脚本らしい。といっても、俺はやったことないんだけど」

茄子「公演でしたら、いつもより大人数になりそうですね」

P「うちのユニットを含めて、アイドル部門から6人が出演するぞ。配役の表が、確か……ああ、これだ」




美波・夕美「「清楚力を取り戻そう!」」文香「押忍…」ビシッ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546870276/


1 : ◆hAKnaa5i0. 2019/01/07(月) 23:11:16.85 ID:a5fJMic00
せい-そ【清楚】
[名・形動]飾りけがなく、清らかなこと。また、そのさま。「清楚なアイドル」「清楚な女子大生」「あのお姉さんたちは清楚だ」
[派生]せいそさ[名]

せい-そ-りょく【清楚力】
清楚に満ち溢れているさま。「ほとばしる清楚力」「彼女には清楚力がない」





相葉夕美「それに、貴方がくれた花だから」

1 :名無しさん@おーぷん 2018/12/23(日)21:48:28 ID:eyN
相葉夕美ちゃんのお話です。アイドルごとにPがいる設定。
クリスマスはまったく関係ありません

2 :名無しさん@おーぷん 2018/12/23(日)21:48:48 ID:eyN

 男というのはいつだって格好つけたい生き物だ。それが女の子の前ならなおさらそう。
 俺が今、スーツ姿で花屋にいるのもそういう理由だ。似合わないとはわかっている。だけど、俺にも譲れないものがあるんだよ。




[ 2018/12/24 06:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(2)

【モバマス】水曜日の午後には、温かいお茶を淹れて

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1543927057/


2 : ◆Z5wk4/jklI 2018/12/04(火) 21:40:49.14 ID:gOTfw+RA0
1.Syringa vulgaris

「あんたみたいな人、芸能界に居るべきじゃないと思う」

 オーディションが終わった直後の控室の中、低くて冷たい声で、その人が言った。

「さっき言ってたよね。誰かを元気にするために頑張りたい、だっけ? じゃあまず、あたしを元気にしてよ。あんたが落ちて、あたしが通ったら、あたし超元気になれるよ」

 私は何も言い返すことができなくて、ただ、その人の目を見つめ返すしかできなくて。

「中途半端な気持ちで来んの、迷惑」

 そこまで言って――その人は、私の目のまえから、煙のように消えちゃった。ううん、消えちゃったと思ったのは私の勘違い。控室の床が崩れて、私は暗闇へと真っ逆さまに落ちていたんだ。
 その人は、見下すように、私のことを見下ろしてた。
 私は必死で、どこかにつかまるために手を伸ばし――

---

「……あ」

 スマートフォンにセットしていたアラームが鳴ってる。部屋のカーテンのすきまから、柔らかい朝日が差し込んでいた。
 ベッドの外までぐっと伸びっぱなしの右手。私は身体を起こして、枕元のスマートフォンのアラームを止める。

「……んんっ……ふぅ」

 伸びをして、ひとつ息をついた。首元にはじっとりと嫌な汗。

「また、同じ夢……見ちゃったなぁ」

 右手を胸に。まだ少し、鼓動が早いまま。
 一か月ほど前、たまたまオーディションで一緒になった他のプロダクションの人から言われた言葉は、頭のなかでずっと渦を巻いてた。グループ面接形式の、ドラマのキャストを決めるためのオーディション。意気込みを聞かれ、私は誰かを元気にしたいと言い、その人は自分自身が輝きたいと言っていた。
 オーディションが終わってから、控室でその人は強い声と表情で、私に……さっき夢で見た通りのことを言ったんだ。
 オーディションの結果は、私は落選。彼女は通過。
 友達やトレーナーさんは、気にする必要はないと言ってくれたし、私も気にするつもりはなかったけど……どうしてか、あのときの言葉は、私が自覚してるよりもずっと深く私の胸に刺さったみたいで、こうしてよく夢にも現れてる。
 気にする事ではないとは思っているけど。でも……私はデビュー以来ずっと、外部のオーディションに落ち続けていて。
 誰かのためになりたいと思っていたはずの私は、誰のためにもなれないまま、時間だけが過ぎていった。

---




【モバマス】花と蛇【アルラウネ夕美×ラミア志希】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1543149712/

1 : ◆FreegeF7ndth 2018/11/25(日) 21:41:52.96 ID:BE6ccMDyo
●まえがき

3行あらすじ
※アルラウネの夕美には、おしべとめしべがあります。
※ラミアの志希とアルラウネの夕美が、バトルからセックス(?)になだれ込みます。
※タイトルに反してSM要素は少ないかなと思います。

アルラウネの夕美


ラミアの志希





P「嫁-1グランプリ…?」まゆ「開催ですよぉ♪」キラ-ン

2 : ◆xdzsAQ.Z/3h2 2018/10/08(月)21:14:24 ID:TgE
(事務所)

ジ-ジ-! ジ-ジ-!
ミ-ンミンミンミンミンミミミ! ミミミ! ミ-ミミン!

P「もう6月か…あっついなぁ…」

P「梅雨も一瞬で終わったし。夏だよ夏。ウェルカムトゥ夏」クテ-

響子「もう。ダメですよプロデューサーさん。暑いからといってグダグダしているのは」プンスカ

P「アイスが食べたい」クテ-

響子「朝から3本食べてるじゃないですか!」

P「あと1本! あと1本だけ!」カッ!

響子「…」

響子「まったく…これが最後ですよ。はい。『しろくまバー』です」スッ

P「ありがとう。響子は優しいなぁ。いいお嫁さんになるなぁ」シャクシャク

響子「も、もうっ。褒めても駄目です! 不摂生は身体に毒なんですからね。知りませんよ♪」ニマニマ

P「もう1本」ゲプ-

響子「だ、駄目です! 駄目ですから! 私は持ってきませんよ!?」

P「…」ジ-

響子「いくら見つめられても! アイスは持ってきませんから!」

P「アイス…」ジ-

響子「断固たる意志を持ってお断りします! 絶対に持ってきません!!」カッ!




渋谷凛「・・・焼きいも~」相葉夕美「石や~きいも~♪」高森藍子「おいもっ♪」

1 : ◆VMJ7jgxHww4G 2018/09/25(火)18:51:51 ID:BHl


渋谷凛「この時間でもまだ涼しいね、ハナコ」テクテク

ワンッ

凛「ちょっと前は早朝か夕方くらいじゃないと散歩してられなかったけど」スタスタ

ワフッ ワフツ

凛「もうすっかり秋なんだ・・・」


ヤキイモ~ イシヤ~キイモ~ オイモッ


凛「・・・!」


2 : ◆VMJ7jgxHww4G 2018/09/25(火)18:53:09 ID:BHl



渋谷凛(15)
身長165cm 44kg B80-W56-H81




ページランキング