ヘッドライン

P「ちーちゃん」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/22(土) 10:18:54 ID:5/H8sJG2
※書き溜めあり
※765・モバマスで同じプロダクションという設定

P「俺は決めた」

P「名前が「ち」で始まる子を、ちーちゃんって呼んでやるぞ!」

P「どんな反応が返ってくるか……ふふふ、楽しみだぜ!」




相川千夏「青い麦」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1571491881/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/10/19(土) 22:31:21.98 ID:HME+3Lfz0



「ねえ、ずっとしたかったことがあるんだけど、いい?」




 初共演の時、何回目かの練習が終わった後だった。
 
 控え室で私は台本を読み返しながら一連の流れを改めて確認していたときに、彼女は話しかけてきた。

 いつも快活な彼女にしては、珍しく控えめな口ぶりだった。

 どうしたの? と私が聴くと、もじもじとしながら――今思えば、とてもわざとらしいのだけど――ゆっくりとした足取りで私に近づいてきた。

 多分それは、普段の私だったら無意識に身を引いて、距離をとるような近さだったのに、私はそのまま受けいれて。

 きっと、アイドルという仕事がそうさせたのだと思う。特に相手が共演者なら。



 ともかく、彼女はいとも簡単に私に近づいて、私の視界を奪っていった。



 私のかけていた眼鏡を取ったかと思うと、それを自分にかけたのだ。








[ 2019/10/20 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)

日刊モバマス北海道組-2nd Season-【後編】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510229589/


505 : ◆NtxTVv4ssokL 2018/08/09(木) 21:31:54.98 ID:bnqy32f90
【ハグの日】

美由紀「ぎゅーっ!」

アーニャ「ぎゅーっです♪」

千秋「二人共なにしてるの?」

美由紀「ハグだよ!」

千秋「それはわかるのだけれど、どうしてハグしてるのかしら?」

アーニャ「それはですね……『ハグの日』だからです」

千秋「ハグの日……?」

美由紀「うんっ!」

美由紀「だからね、千秋さんにもぎゅーっ!」

千秋「えっ!?」

アーニャ「ぎゅーっです♪」






ちひろ「●REC」




日刊モバマス北海道組-2nd Season-【前編】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510229589/


1 : ◆NtxTVv4ssokL 2017/11/09(木) 21:13:09.86 ID:/2FgYLHlO
モバマス北海道組の日常をゆったり書いていきます


日刊モバマス北海道組

の設定が引き継がれていますが、読んでなくても大丈夫だと思います。

メインで登場する北海道出身アイドル
柳瀬美由紀(14)
双葉杏(17)
黒川千秋(20)
相川千夏(23)
梅木音葉(19)
アナスタシア(15)





モバP「夏探しツアー?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567246702/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/31(土) 19:18:23.17 ID:b57WSKaT0

※秋探しツアーから始まり最後の季節となっていますが、読んでなくても特に問題はありません。

※前作同様黒服というオリジナルキャラクターが出てきます。






モバP「そうだ、北海道いこう」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376733077/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:51:18.11 ID:5hvrFQQCo
千川ちひろ「し尺倒壊に怒られそうなタイトルですね」

P「気にしたら負けです」

ちひろ「しかしなんでまた北海道に?」

P「ちょっと自分探しをしてみたくなりまして」

ちひろ「うわぁ……」

P「なんですか! なんですかその反応!?」

ちひろ「ま、まあいいです。ここのところ働き詰めでしたから、たまにはリフレッシュしに行って、どうぞ」

P「でもどこへ行けばいいのか皆目見当がつかないんですよね」

ちひろ「じゃあなんで北海道いこうとか言い出したんですか!!??」




【モバマス】 レッドバラードで保護者になりましょう

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496935483/


1 : ◆HEEmBAy13Q 2017/06/09(金) 00:24:44.18 ID:XWDK+AQc0
レッドバラードの面々が居酒屋で話すだけのSSです。




礼子「ふふ、ふふふふ!」

千夏「いきなり笑って何ですか? 気持ち悪いです、礼子さん」

礼子「開幕から当たりきつすぎないかしら千夏!? 私、何かした!?」

アヤ「いや、それはもう……」

千秋「あるわね。この前のラジオで」

千夏「あいさんは犠牲になったのよ、礼子さんのイタズラに……!」

礼子「私なりに考えて番組を盛り上げようと……!」

千夏「その結果があいさんの飲み物をアルコール入りの物に変えるなんて、ねえ? 私、大変だったんですけど?」

礼子「いいじゃない。あの回、凄く反響あったんだし」

千秋「その結果が」

アヤ「今のこれだからな……」

あい「フフ、フフフ……」





【モバマス】 レッドバラードで振り返りましょう

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1476628338/


1 : ◆HEEmBAy13Q 2016/10/16(日) 23:32:18.37 ID:37OEiklP0

レッドバラードのメンバーがSSA初日公演を独断と偏見込みで振り返るお話です。
書き上げましたので連投していきます。
あと、ネタバレが多数にあると思いますのでご注意を。
またこのシリーズでのちなったんは例によってアレですが、今回はあいさんも若干ぶっとんでおりますがこんなあいさんもいいですよね! よね……?


居酒屋


礼子「さいたま」

千秋「スーパーアリーナ」

アヤ「初日」

あい「……公演」

千夏「……お疲れさまでした」

5人『かんぱーい!!』

アヤ「いやーそれにしても!」

千秋「盛り上がりました」

礼子「お酒がすすむわー」

あい「うっうっうっ……薫ぅ……」

千夏「唯ちゃん……」

千秋「あ、あの……」

アヤ「乾杯して速攻泣いてるとか……」

礼子「千夏はともかく、あのあいもだからね」

千秋「それこそ衝撃的だったのもあるかもね」

礼子「それはあるわね。薫ちゃんがライブメンバーに選ばれた時のあの喜び様はしばらくネタに出来たものね」

アヤ「そしたら、注文したのが来る前に」

千秋「色々を振り返りましょうか」





【モバマス】千夏「ツェストビィエン…?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1558564865/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/23(木) 07:41:05.98 ID:lmZRFa+8O
千夏「…って、何?」

唯「もー、ゆいがわかんないから聞いてるのに、ゆいがわかるわけないじゃん!」

千夏「ごめんなさい、まるで意味がわからなかったからつい」

唯「でもそっかー、物知りなちなったんならわかると思ったのになー」

千夏「唯ちゃんがそう言ってくれるのは嬉しいけど、私も知らないことの方が多いわ」

千夏「ところで、何で急にそんな訳の分からない単語?を?」

唯「こないだスマホいじってたらなんか目についてさー、いちおゆいも調べたんだけど全然で」

唯「で、ちなったんならわかるかなーって思ったんだけど」

千夏「期待に添えなかった、と」

唯「ちなったんもわかんないことあるってのはちょっち意外だったよ」

千夏「響きからして日本語ではないと思うけど…あるいはズンドコベロンチョのような都市伝説の固有名詞かしら…」

唯「ぷふっ、ず、ズンドコベロンチョって何ー!ちなったんがそれ言うのかわいー、もっかい言って録音する!」

千夏「……言わない」

唯「えー!!」




モバP「ここを知ってる人がいるなんて珍しいな」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 21:02:10.93 ID:oL9O+hxu0
「今日はPさん以外にもお客さんが来てるんですよ」

P「その言い方じゃまるで客が俺しかいないみたいじゃないですか」

「うふふ、たまにはあの子達も連れて来てあげてくださいね」

P「機会が有れば、ですね」

「甘々のミルクティを用意して待ってますよ♪」

P「あはは、では今日はアールグレイでお願いします」

「はい」

P「……本当だ、俺の他にも人来てるや」

??「……」

P「……珍しいの」

「お待たせしました、アールグレイといえばアイスですよ、どうぞ!」

P「ありがとうございます……ん、美味しい」




ページランキング