ヘッドライン

モバP「そうだ、北海道いこう」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376733077/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/17(土) 18:51:18.11 ID:5hvrFQQCo
千川ちひろ「し尺倒壊に怒られそうなタイトルですね」

P「気にしたら負けです」

ちひろ「しかしなんでまた北海道に?」

P「ちょっと自分探しをしてみたくなりまして」

ちひろ「うわぁ……」

P「なんですか! なんですかその反応!?」

ちひろ「ま、まあいいです。ここのところ働き詰めでしたから、たまにはリフレッシュしに行って、どうぞ」

P「でもどこへ行けばいいのか皆目見当がつかないんですよね」

ちひろ「じゃあなんで北海道いこうとか言い出したんですか!!??」




【モバマス】 レッドバラードで保護者になりましょう

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496935483/


1 : ◆HEEmBAy13Q 2017/06/09(金) 00:24:44.18 ID:XWDK+AQc0
レッドバラードの面々が居酒屋で話すだけのSSです。




礼子「ふふ、ふふふふ!」

千夏「いきなり笑って何ですか? 気持ち悪いです、礼子さん」

礼子「開幕から当たりきつすぎないかしら千夏!? 私、何かした!?」

アヤ「いや、それはもう……」

千秋「あるわね。この前のラジオで」

千夏「あいさんは犠牲になったのよ、礼子さんのイタズラに……!」

礼子「私なりに考えて番組を盛り上げようと……!」

千夏「その結果があいさんの飲み物をアルコール入りの物に変えるなんて、ねえ? 私、大変だったんですけど?」

礼子「いいじゃない。あの回、凄く反響あったんだし」

千秋「その結果が」

アヤ「今のこれだからな……」

あい「フフ、フフフ……」





【モバマス】 レッドバラードで振り返りましょう

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1476628338/


1 : ◆HEEmBAy13Q 2016/10/16(日) 23:32:18.37 ID:37OEiklP0

レッドバラードのメンバーがSSA初日公演を独断と偏見込みで振り返るお話です。
書き上げましたので連投していきます。
あと、ネタバレが多数にあると思いますのでご注意を。
またこのシリーズでのちなったんは例によってアレですが、今回はあいさんも若干ぶっとんでおりますがこんなあいさんもいいですよね! よね……?


居酒屋


礼子「さいたま」

千秋「スーパーアリーナ」

アヤ「初日」

あい「……公演」

千夏「……お疲れさまでした」

5人『かんぱーい!!』

アヤ「いやーそれにしても!」

千秋「盛り上がりました」

礼子「お酒がすすむわー」

あい「うっうっうっ……薫ぅ……」

千夏「唯ちゃん……」

千秋「あ、あの……」

アヤ「乾杯して速攻泣いてるとか……」

礼子「千夏はともかく、あのあいもだからね」

千秋「それこそ衝撃的だったのもあるかもね」

礼子「それはあるわね。薫ちゃんがライブメンバーに選ばれた時のあの喜び様はしばらくネタに出来たものね」

アヤ「そしたら、注文したのが来る前に」

千秋「色々を振り返りましょうか」





【モバマス】千夏「ツェストビィエン…?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1558564865/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/23(木) 07:41:05.98 ID:lmZRFa+8O
千夏「…って、何?」

唯「もー、ゆいがわかんないから聞いてるのに、ゆいがわかるわけないじゃん!」

千夏「ごめんなさい、まるで意味がわからなかったからつい」

唯「でもそっかー、物知りなちなったんならわかると思ったのになー」

千夏「唯ちゃんがそう言ってくれるのは嬉しいけど、私も知らないことの方が多いわ」

千夏「ところで、何で急にそんな訳の分からない単語?を?」

唯「こないだスマホいじってたらなんか目についてさー、いちおゆいも調べたんだけど全然で」

唯「で、ちなったんならわかるかなーって思ったんだけど」

千夏「期待に添えなかった、と」

唯「ちなったんもわかんないことあるってのはちょっち意外だったよ」

千夏「響きからして日本語ではないと思うけど…あるいはズンドコベロンチョのような都市伝説の固有名詞かしら…」

唯「ぷふっ、ず、ズンドコベロンチョって何ー!ちなったんがそれ言うのかわいー、もっかい言って録音する!」

千夏「……言わない」

唯「えー!!」




モバP「ここを知ってる人がいるなんて珍しいな」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 21:02:10.93 ID:oL9O+hxu0
「今日はPさん以外にもお客さんが来てるんですよ」

P「その言い方じゃまるで客が俺しかいないみたいじゃないですか」

「うふふ、たまにはあの子達も連れて来てあげてくださいね」

P「機会が有れば、ですね」

「甘々のミルクティを用意して待ってますよ♪」

P「あはは、では今日はアールグレイでお願いします」

「はい」

P「……本当だ、俺の他にも人来てるや」

??「……」

P「……珍しいの」

「お待たせしました、アールグレイといえばアイスですよ、どうぞ!」

P「ありがとうございます……ん、美味しい」




モバP「初雪だってよ」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 19:48:11.63 ID:creozD2R0
双葉杏「えー……」

柳瀬美由紀「今年は遅かったなぁ」

黒川千秋「もうそんな時期なのね」

相川千夏「私の故郷はあまり雪の降らない場所なのよね」

梅木音葉「こっちは、家の中が寒くて辛いです……」

P「お前らこたつから出てくれよ、俺入れないじゃん」




モバP「北へ還れ!」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/19(水) 00:05:46.64 ID:fLeAJaE60

双葉杏「ねぇプロデューサー、帰っていい?」


柳瀬美由紀「プロデューサーさん……午後からの予定はなに?」


相川千夏「Pさん、眼鏡を新調したの。どうかしら。」


黒川千秋「プロデューサー、今日のレッスン甘いわ。もうちょっとレベル上げてもいい気がするのだけど。」


梅木音葉「Pさん……、事務所にピアノ起きませんか?」



P「この偏り方は……」




唯「Pちゃんのおしりにスタドリの瓶が入っちゃってやばたにえん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526209923/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/05/13(日) 20:12:03.32 ID:0H9e1RbL0

※ここに警告文のあるものとする



P「おしりがファンファンする」

唯「ウケる~」

P「わあ、唯ちゃんが楽しんでくれてる。俺の不幸も報われるってもんだ」

唯「この『ウケる』は、なに言っていいか分かんない時に使う『ウケる』だよ」

P「ギャル語は難しいなあ」

千夏「どうしてそんなことになったのよ……」

P「総選挙を乗り切る為に、スタドリ飲んで気合を入れようかと思ったんだけどさ。直腸から直接栄養を吸収した方が効果的なんじゃないかと思って」

千夏「頭が悪すぎる」





[ 2018/05/15 14:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

双葉杏「北海道のみんなと天体観測」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1513175187/

1 : ◆NtxTVv4ssokL 2017/12/13(水) 23:26:27.24 ID:47US6UojO
アーニャ「みなさん、星を観に行きましょう」


柳瀬美由紀「星!? 観に行くー!」


相川千夏「いいわね、いつ行くのかしら?」


アーニャ「今日です」

千夏「急な話ね」

アーニャ「すみません……でも、今夜流星群が観れるんです」

美由紀「ホントっ!? でも、場所はどうするの?」




日刊モバマス北海道組

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1498230583/

1 : ◆NtxTVv4ssokL 2017/06/24(土) 00:09:43.15 ID:S+8wRlg/O
モバマス北海道組の日常をゆったり書いていきます

登場するモバマス北海道組
柳瀬美由紀(14)
双葉杏(17)
黒川千秋(20)
相川千夏(23)
梅木音葉(19)
アナスタシア(15)


2 : ◆NtxTVv4ssokL 2017/06/24(土) 00:12:49.49 ID:S+8wRlg/O
注意
設定や口調がおかしいところがあると思います
多目にみてください

3 : ◆NtxTVv4ssokL 2017/06/24(土) 00:17:19.14 ID:S+8wRlg/O
『眼鏡』


美由紀「・・・・・・」ジー


アーニャ「・・・・・・」ジー


千夏「・・・・・・」ペラ


千夏(二人はなんで私をみてるのかしら?)

美由紀「・・・・・・」ジー

アーニャ「・・・・・・」ジー

千夏「二人とも私の顔になにかついてるかしら?」

美由紀「ううん、眼鏡みてただけだよ」

アーニャ「Да・・・・・・千夏の眼鏡大きいです」

千夏「そ、そう」

美由紀「・・・・・・」ジー

アーニャ「・・・・・・」ジー

千夏「・・・・・・二人ともかけてみたいの?」

アーニャ「Да・・・・・・かけてみたいです」

美由紀「みゆきもかけたい!」

千夏「二人分のスペアあったかしら」ガサガサ

みゆアニャ「」ワクワク

千夏「・・・・・・あったわ、はい」

美由紀「アーニャちゃん、似合う?」

アーニャ「Да・・・・・・すごく似合ってます」

美由紀「えへへ、すぱすぃーばだよ!」

美由紀「アーニャちゃんもすごく似合ってるよ!」

アーニャ「спасибо・・・・・・私もうれしいです」

千夏「喜んでもらえてよかったわ、今度みんなで眼鏡を買いに行きましょうか」





ページランキング