ヘッドライン

黒埼ちとせ「私の、すけべ魔法使い」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1570982563/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/10/14(月) 01:02:43.91 ID:8UFKsoQO0
ちとせ「………」

P「ちとせ」

ちとせ「………」

P「おーい、ちとせ? 大丈夫か」

ちとせ「あー……うん。平気。今日はちょっとローテンションなだけ」

P「そうか……辛くなったら、すぐに言うんだぞ」

ちとせ「最近千夜ちゃんのツッコミが鋭くて辛いの」

P「そうか……自業自得だな」

千夜「主を正しい道へ導くのも僕の役目ですから」

ちとせ「ほらぁ、こういうとこ」

千夜「お前、運がよかったですね。テンションが低い時のお嬢さまに話しかけて無事でいられるとは」

P「なんだ、運が悪いと血でも吸われるのか」

千夜「『……っるさいな』と舌打ちされます」

P「血の気が引きそうだ」

ちとせ「私そんなこと言ってる?」

千夜「たまにですが。私は慣れています」

ちとせ「愛してるよ、千夜ちゃん♪」

千夜「私もです。お嬢さま」

P「ダメ男に引っかかる真面目な女の子みたいだ」

ちとせ「女の子同士なのでセーフだよー」

P「漫才やってるうちに調子戻ってきたか?」

ちとせ「そうみたい。魔法使いの魔法かも?」

P「まあ、笑顔は万能な魔法とも言われるからな。俺との漫才で笑ってくれるのはいいことだ」

ちとせ「へっ」

千夜「フッ」

P「もうちょっと可愛らしく笑えないか?」





白雪千夜「今日はお前とふたりきり……?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1569769957/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/09/30(月) 00:12:37.43 ID:rPMEZBG40
P「何故距離をとる」

千夜「生物には危機感知能力というものがあります」

P「俺の後ろに虎でも見えたのか?」

千夜「獣の気配は感じましたが」

P「そうか? ははっ、俺も少しはワイルドな男の雰囲気を身に着けてきたのかな」

千夜「ワイルドなのは勝手ですが、スーツを着ているならネクタイくらいちゃんと締めてください。少し曲がっている」

P「え、マジか」

千夜「大マジ」

P「どれ……んー、自分じゃよくわからないなぁ」

千夜「はぁ。仕方ありませんね」クイッ

P「うおっ」

千夜「ほら、これで直りました。以後、気をつけるように」

P「ありがとう。今日はサービスがいいな」

千夜「お嬢さまがいる前では絶対にしないのでご安心を」

P「ラブラブだとか、変に煽られるもんな」

千夜「お嬢さまの言動には日々振り回されることが多いですが、あれに関しては特に理解が及びません。何故私がお前と……」

P「『ひゅーひゅー、まるで新婚さんみたい♪』とか言ってくるもんな」ハハッ

千夜「お前、その身の毛がよだつお嬢さまの声真似を今すぐやめろ……さもなくば」ピキキ

P「下手に真似してすみませんでした……」

千夜「『噛みついちゃうよ?』」

P「前から思ってたけど、千夜はちとせの声真似めっちゃうまいよな」

千夜「噛み殺すよ?」

P「それは言ったことないだろ」

千夜「4,5年前の腐女子時代にはよく言っていました」

P「さらっとパーソナリティーが開示されている」

千夜「お前を殺す」

P「デデン!」

千夜「これは私がよく言っています」

P「物騒」





モバP「無名のコーヒー」

1 : ◆5F5enKB7wjS6 19/09/23(月)00:53:35 ID:WBg


―――事務所


がちゃ


P「はぁ……そろそろ資料室も整理しないとなぁ」スタスタ

P「ファイル崩れたら確実に生き埋めになるぞ……って、あれ?」


P「――ちひろさーん。もしかしてコーヒー淹れてくれました? ありがとうございます」

ちひろ「へ? いえ、私ではありませんよー。少し離れてましたから」

P「え、そうでしたか。じゃあ誰が……?」




【デレマス(デレステ)】黒埼ちとせ「私の望みは――」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1558883455/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/05/27(月) 00:10:55.14 ID:iNeaJ/HC0
ちとせ「あなたの望みは、なぁに?」

ちとせ「あなた、私が欲しいんでしょ?」

ちとせ「アイドル? ……あはっ、楽しそう」

ちとせ「いいけど、いくつか条件を守ってね。できる?」

ちとせ「ひとつは、私を退屈させないこと」

ちとせ「ふたつめ。私に嘘をつかないこーと」

ちとせ「みっつめは……なーに、その顔。もう待てないの?」

ちとせ「じゃあ、契約しよっか」

ちとせ「もう、後戻りはできないよ」




【モバマス】P「千夜と色々」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1568374998/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/09/13(金) 20:43:19.15 ID:ZoEDZLDL0
モバマスSSです
誤字脱字キャラ崩壊口調崩壊を含むかもしれません
お嬢様がくっ付けたがり
それでも宜しければどうぞ




【モバマス】嫉妬した白雪千夜に射精管理される話

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1565399676/

1 : ◆q4ctS9nNro 2019/08/10(土) 10:14:36.49 ID:KQbaExlJo

 ─お嬢様の時の戯れに付き合った。ただそれだけだったのに……

「お疲れ様ー!2人ともいいステージだったぞ」

「本当?私たちの魅力伝わった」ギュウウウ

「ちとせ!抱きつくなよっ」

「えぇ~いいじゃん」

 ─それは嫉妬心

「お前」ギロッ

 最近お嬢様とプロデューサーの仲がいい。まるで恋人のようだ。このままだといつかお嬢様の貞操がアイツに奪われてしまうかもしれない。




白雪千夜「ばー……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1565191200/

1 : ◆C2VTzcV58A 2019/08/08(木) 00:20:00.74 ID:6wqhlklP0
ちとせ「おはようございまーす……ふわぁ」

P「おはよう、ちとせ。眠そうだな」

ちとせ「低血圧なの、知ってるでしょう? 朝は弱いの」

P「……体調悪いなら、無理はするなよ?」

ちとせ「あ、違う違う。そういう気遣ってほしいムーブじゃないから安心して? 私、本当にしんどい時はちゃんとサボるから♪」

P「なら安心した。今日も朝からレッスンだから、頑張れよ」

ちとせ「任せて。そろそろあの鬼トレーナーのこと、私の虜にしたいと思ってるから」

P「はは、あの人は手ごわいぞ? 俺が口説いてもまったく相手にしてくれないからな」

千夜「お嬢様とお前の魅力値を一緒にするな。自惚れもいいところです」

P「千夜もおはよう」

千夜「おはようございます。自惚れもいいところです」

P「いや、ちゃんと聞こえてたから」

ちとせ「自惚れもいいところだよ?」

P「それ以上やるといじめだぞ?」

ちとせ「あは♪ 冗談冗談、吸血鬼ジョークだよ」

P「人間のジョークとどう違うんだ」

ちとせ「え、わからないの?」

P「全然わからない」

ちとせ「仕方ないな~。千夜ちゃん、説明してあげて?」

千夜「えっわかりました」

P「今『えっ』って戸惑ったの見逃さなかったからな」

千夜「戸惑っていませんが」

ちとせ「そうだよ? 私の僕ちゃんは冷静沈着なんだから♪」

千夜「吸血鬼ジョークに通常のジョークと違いはありません。お嬢様のその場の思い付きです」

ちとせ「千夜ちゃん?」

P「冷静沈着にはしご外してきたな」




【デレマス】ちひろ「ノーパンしゃぶしゃぶですか?!」?「っ!」ガタガタッ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1562641890/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/07/09(火) 12:11:30.41 ID:AIjfx1BDO
モバP(以下P)「しーっ、声が大きいですよ。アイドルのみんなに勘違いされるでしょうが」ボソボソ

ちひろ「すみま……というよりどういう事ですか?」

ちひろ「まさか、可愛くて優しくて天使で女神な私をそのようなあられもない恰好にさせると!?」





P「あー、ないない。アリエナイ」

ちひろ「この野郎」




ページランキング