ヘッドライン

【モバマス】白菊ほたる「私は、黒猫が苦手です」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503211895/

1 : ◆cgcCmk1QIM 2017/08/20(日) 15:51:35.97 ID:7paV1WT90

・「アイドルマスター シンデレラガールズ」の二次創作です。
・花火アイプロやシンデレラガールズ劇場135話の後ぐらいに起こった話として書いています。
・独自設定あり。


2 : ◆cgcCmk1QIM 2017/08/20(日) 15:52:12.90 ID:7paV1WT90

●秋、土曜の昼下がり/事務所前

ほたる「私は、黒猫が苦手です」


安部菜々「あら、それは初耳ですね」


菜々「理由を、聞いてもいいですか?」

ほたる「―――最初から苦手だったわけじゃないんです」

ほたる「私、昔から黒猫さんが寄ってくることが多くて」

菜々「あっ、うらやましい」

ほたる「小さなころは、そばにいてくれるのを喜んでいたんです……私、お友達が少なかったから、よく黒猫さんと一緒に遊んで……」

菜々「猫、かわいいですよねえ―――」

ほたる「―――でも、いつのころからか、言われるようになったんです。『ほら、白菊にまた黒猫が寄ってきた』って」

菜々「……」




永吉昴「シンデレラガールズと試合だって?」真壁瑞希「……試合ではありません」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502425706/

1 : ◆VHvaOH2b6w 2017/08/11(金) 13:28:26.62 ID:4oOaqokS0
瑞希「共演です。ごえつどうしゅう、だぞ」

昴「だってマジでやるつもりだから、本気出せってプロデューサーが言ってたぜ?」

瑞希「やると言っても野球の試合ではありません。……ライブです」

昴「なんだ、そっちかよ。でもよ、気になるウワサを聞いたんだけどさ」

瑞希「なんですか?」

2 : ◆VHvaOH2b6w 2017/08/11(金) 13:31:26.28 ID:4oOaqokS0
永吉昴


真壁瑞希




【モバマス】悪魔とほたる

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502567174/

1 : ◆cgcCmk1QIM 2017/08/13(日) 04:46:14.93 ID:9q2x+pA+0

・Twitterに投稿したデレステSSを修正、まとめたものです
・「アイドルマスター シンデレラガールズ」の二次創作です。
・短い。

2 : ◆cgcCmk1QIM 2017/08/13(日) 04:47:13.13 ID:9q2x+pA+0


悪魔「突然だが、魂と引き換えに三つだけ願いをかなえてやろう」

ほたる「何でも?」


悪魔「我が力の及ぶ範囲でな」

ほたる「私の不幸に、他の人を巻き込まないようにしたいです」

悪魔「……それは我が力の及ばぬ願いだ。他の願いにするがいい」

ほたる「……そうですか。ごめんなさい。他に願いはありません」

悪魔「いや何も無いってことは無いだろう。金とか力とか恋人とか」

ほたる「……?」

悪魔「……興味なさげだな」

ほたる「はい、あんまり…」




白菊ほたる「幸か不幸か」二編

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502500497/


1 : ◆eNG1oV0yHU 2017/08/12(土) 10:14:57.28 ID:cmzcdCY2O


これはまだ、あなたと彼女が出会う前のお話



3 : ◆eNG1oV0yHU 2017/08/12(土) 10:20:45.33 ID:cmzcdCY2O
〈猫の籠〉


ある日、道端で籠を地面に置いている男性がいました

籠はプラスチック製で、蓋付き
蓋にはパチンと止められるようなフックが備わっています

ほたる(何の籠だろう…?)


蓋は半分まで開けられていて、中で何かが動いているのが見えます


子猫「にゃー」


ほたる「!」

ほたる「猫さん…」




茄子「ど根性ほたる」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502459311/

1 : ◆6QdCQg5S.DlH 2017/08/11(金) 22:48:32.16 ID:33OihHJh0
朋「ねぇ、晶葉ちゃん。これ何?」


晶葉「ん、これか?」


晶葉「これは立体を面にうつす機械だ」

朋「……どういうこと?」

晶葉「ふむ……実際に見てもらったほうが早いな」

晶葉「実演するが、見てくれるか?」

朋「もちろん!」

晶葉「よし」

晶葉「じゃあ、まずはこの白い箱とりんごを用意する」

朋「用意周到ね」

晶葉「まあ成果は誰かに見て欲しいものだからな、やはり誰かに見てほしいからな」

晶葉「で、この白い箱の前にりんごを置く」

朋「ふむふむ」

晶葉「そして、そのりんごの後ろに箱が来る位置から銃を撃つ」

朋「あ、光線銃なんだ」

晶葉「……で、少し待つと……」

朋「……あれっ!?」

朋「りんごが消えた!?」

晶葉「いや、その後ろだ」

朋「その後ろ……あっ、箱にりんごがうつってる!」

晶葉「……という機械だ」

朋「へぇ……すごいわね……!」




【デレマス】白菊ほたる「雨の嫌いな私と、藍子さんとの帰り道」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501844051/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 19:54:11.88 ID:KH9kjux40
アイドルマスターシンデレラガールズの白菊ほたると高森藍子の小話です。

地の文あり、マイナーCP、ちょい濃いめの百合要素、注意してください。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/04(金) 19:56:08.93 ID:KH9kjux40

 天気は気分屋だ。
 ちっぽけな人間たちに操ることは難しい。

 そう、例えば折り畳み傘の有無で変えることなど、不可能に決まっているのだ。

「ふふっ♪」

 しかし、だからこそ今日は最高の日と言えるだろう。
 これから「雨の日が好きです!」なんて、インタビューで話しちゃう日も近いかも。

 なんせ、この『黒猫さんアンブレラ』初披露の日が——!




白菊ほたる「わたしにできること」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493314575/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/28(金) 02:36:16.46 ID:8oAJsxq30
※注意事項

・アイドルマスターシンデレラガールズのSSです
・暗い
・デレステの白菊ほたるコミュメモリアル1を下敷きにしています
・暗い
・独自要素あり

          ◆◆◆

俺はモバP。
俺が白菊ほたると出会ったのは、ある番組の収録の後のことだった。
同じ事務所所属の、バーター出演するはずの売れっ子がドタキャンして現場に来なかった。
そうして大きな仕事を失ったのはおまえのせいだと前の事務所のプロデューサーに非難され、解雇されたのだと。
そう寂しげに言った彼女を放っておけなくて、俺はほたるをスカウトした。
いかに売れっ子だろうと、ドタキャンをするなんてのはプロとして失格だ。
ひいては、そういう可能性があるアイドルを放置していた事務所こそが責任を追求されるべきであって、決してほたるのせいであるはずはない。
ほたるは、幸せになるべきだと、強く思ったのだ。
むろん、義侠心からだけのことじゃない。
小さいけど澄んだ声。
13歳とは思えない、儚げで整ったルックス。
なによりも、それでもアイドルになりたい、という思い。
ほたるにはトップアイドルになれる資質が確かにあるとそう信じたからだ。
俺は彼女をスカウトし、レッスンを積ませ、同じ事務所のアイドルたちと積極的に交流させた。
自慢じゃないがうちのアイドルたちはルックスだけでなく性格もいいのだ。
その優しさがきっとほたるを癒すだろう。
ほたるには悪い評判もあったが、なんのその。
俺は走り回って彼女に仕事を取ってくる。
たしかにほたるが来てから奇妙に不運なできごとがありはしたが、どれも小さなことだった。
俺は気にするほたるを平気だと、気にするなと笑い飛ばして、自分がほたるの言う不幸なんかに負けないと見せつけた。
その甲斐あって、俺やアイドルたちと、ほたるはうまくやっていけていた。
バカな俺は、あの日までそう信じ込んでいたんだ。




[ 2017/08/04 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

白菊ほたる「幸か不幸か」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501703751/

1 : ◆eNG1oV0yHU 2017/08/03(木) 04:55:51.08 ID:FHeLTwSoO

これはまだ、あなたと彼女が出会う前のお話

2 : ◆eNG1oV0yHU 2017/08/03(木) 05:03:10.45 ID:FHeLTwSoO
〈ほたるとカエル〉


ポツポツ…

ザァァァァァァァ


ほたる(外出した途端に、雨が…)



今日もまた、私は不幸体質です


私が出かける時はいつもこう

でも、こんな時のために折りたたみ傘を持ち歩いてはいます

せっかくのお出かけですが、どうやら足元を濡らすしかないようです


ぴょん

ほたる「!」

カエル「ケロケロッ!」

ほたる(カエルが茂みから飛び出して来ました…)

カエル「ケロケロ!」

ほたる「…あなたには、この雨は幸運だったようですね」

カエル「ケロケロッ!」

ほたる「…けろけろ」にこっ




【デレマス】白菊ほたる「ちょっと髪が伸びた私と、藍子さんとの昼下がり」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501598434/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/01(火) 23:40:34.84 ID:Io7RghiN0
アイドルマスターシンデレラガールズの、白菊ほたると高森藍子の小話です。

地の文ありです。マイナーCP注意ですぞ、珠美殿!

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/08/01(火) 23:42:04.53 ID:Io7RghiN0
「ただいま戻りました……」

 昼の野外ロケも無事(少しの事故で)終わり、事務所に戻ってきた。
 昨日が雨だったこともあり、今日は一段と蒸し暑い。
 いつもの手袋を薄手の物に変えたり、白めのコーデで統一したりと対策は打ったが、それでも暑さは収まらなかった。




【デレマス】白菊ほたる、10歳の夏

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501437575/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 02:59:35.54 ID:JGoEMGt90
・アイドルマスターシンデレラガールズ 白菊ほたるのSSです。
・地の文あり マイナーCP オリジナル設定 初投稿 の四重苦です。

暖かく見守って下さい。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/31(月) 03:00:27.07 ID:JGoEMGt90

 白菊ほたるの、十歳だった私の、とある夏を話そう。
 その日、私は母親と共に東京に訪れていた。
 親戚に用があった、そう記憶している。

 私を見下ろす、天まで届きそうな建物の数々。
 炎天下を行き交う人々の、逞しさと力強さ。
 大きな音で走る宣伝車を見て、声を上げる。
 狭い感覚で何度も走り去る電車を見て、母親の裾を引く。

 私は、太陽に熱せられた東京の街に期待を抱き、心の底から喜んだ。
 私の憧れの街、あの人たちが住む街、あの東京が、ここに。




ページランキング