ヘッドライン

白菊ほたる「あなたが」高森藍子「この世界から」

1 : ◆cgcCmk1QIM 2019/01/08(火)21:01:21 ID:Wm8
「――あら、ほたるちゃん。私、56分後にこの世界から消えてしまうんですって」

 藍子さんが不意にそんなことを呟いたのはフェリーの船室、夜明け前のころでした。

 私と藍子さん、二人での地方ロケからの帰路の手段として、Pさんはカーフェリーを選択したのです。

 Pさん自身は3等船室、私たちは二人部屋。

 悪いとは思ったのだけど滅多に無い船の旅に二人ではしゃいでしまって、沢山お喋りして。

 そしてぐっすり寝て起きて――まだ、夜明け前。

 眠った時間が同じだからか、起きる時間も同じでした。

 船はまだ入港前、Pさんはまだ眠っているでしょう。

 船の施設も自販機ぐらいしか動いていないはずです。

 時間をもてあまして二人で身支度したり、他愛の無い話をしたり――
 
 藍子さんの呟きは、そんなときに出てきたものでした。




【モバマスSS】周子「鍋の闇」

1 :名無しさん@おーぷん 2019/01/08(火)23:17:01 ID:rJ6

【GBNS部屋inこたつ】

周子「......」

泰葉「.........」

ほたる「.........」ホタホタ

千鶴「.........」

周子「...あのさ」

泰葉「はい」

周子「あたしは泰葉に今から鍋しない?って言われて来たんだよね」

泰葉「そうですね。お誘いさせていただきました」

千鶴「周子さん、来てくれてありがとうございます」

周子「それはありがたいけどさ...なんで泰葉と千鶴ちゃんは押し黙ってるの?」

泰葉「それは...」

ほたる「皆さん、ついに始まりましたよ...闇鍋大会が!」

泰葉「こういうことなんです...」

周子「帰りたいーん...」




【モバマス】あかり「皮を」ほたる「剥きます!」

2 :名無しさん@おーぷん 2019/01/02(水)18:47:45 ID:bPc
あかり「…」

ほたる「……」

あかり「………」

ほたる「…………」

あかり「……………」\ヤマモリンゴ!/

P「お前たち何してるんだよ!」




【モバマス】ほたると菜々のふたりぐらし・ふゆ


1 : ◆cgcCmk1QIM 2019/01/01(火)10:25:37 ID:vws

・Twitterに投稿したデレステSSを修正、まとめたものです
・事務所が潰れて路頭に迷ったほたると地下アイドル時代の菜々さんが同居しています
・白菊ほたる、安部菜々のコミュ1以前の話として書いています

2 : ◆cgcCmk1QIM 2019/01/01(火)10:26:03 ID:vws


【ちゃるめら】

(某所のラーメン屋台)

菜々「おじさん、こんばんは。一杯おねがいします」

ほたる「あ、私も……」

屋台店主「こんばんはナナちゃん、ほたるちゃん。レッスン帰りかい?」

菜々「ナナのバイトとほたるちゃんの学校が終わってからのレッスンだと、どうしても終わりが遅くなっちゃうんですよねえ」

ほたる「そうですよね……」

菜々「でも平日この時間のレッスンは日曜のお昼とかと比べて圧倒的にお得だから遅いのは我慢です」

ほたる「そうなんですよね……!!」

屋台店主「はい、おまちどう」

菜々「いただきまーす……おいしい!」

ほたる「寒いと、よけい美味しく感じますね」

菜々「本当はこんな時間によくないんですけど、たまには自分への御褒美、いいですよね」

ほたる「菜々さん」

菜々「はい?」

ほたる「御褒美、今週三度目です……」

菜々「――ラーメン、おいしいですね」

ほたる「ラーメン、おいしいですね……」




【モバマス】ほたる「事務所で宿題を皆と」

1 :名無しさん@おーぷん 2018/12/26(水)01:07:52 ID:ey2
※白菊ほたる一人称視点です。

前作

岡崎泰葉「...13歳会議?」

泰葉「Pさんの家が燃えた!?」

【モバマス】やすはとほたる

はじめます

2 :名無しさん@おーぷん 2018/12/26(水)01:09:11 ID:ey2


 ...皆さん、年の瀬にいかがお過ごしでしょうか。白菊ほたるです。

クリスマスが終わり、世間の空気が年末へと変わっていっています。

この感覚は毎年恒例とは言え毎度忙しなく、また、わけもなく高揚します。

私としてはこの一年はアイドルとしてのお仕事に...大事な友人達と遊ぶ機会も増えて。

とても...楽しかったと自分では思います。

しかし、不幸というものは突然遭遇するものです。

......私は今。GBNSの皆と一緒に...




白菊ほたる「徒花」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1545543590/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/23(日) 14:42:57.50 ID:CtT+YwYx0
どこまでも広がる闇

上も下も

右も左もない

前か後ろかもわからない




[ 2018/12/23 19:05 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)

白菊ほたる「どきどき呑み会」片桐早苗「……」

1 : ◆cgcCmk1QIM 2018/12/21(金)15:04:40 ID:Ccq

◎クリスマス後のある夜/女子寮・松尾千鶴私室前

ほたる「こんばんは、こんばんは。入れてください(ノックしてもしもし)」

千鶴「誰?(扉の中から)」

ほたる「私です、ほたるです」

千鶴「ほたるちゃん? 嘘じゃないでしょうね」

ほたる「ううん、本当にほたるです」

千鶴「ほんと?」

ほたる「ほんとですよ」

千鶴「ほんとのほたるちゃんなら、泰葉さんのモノマネが出来るはず」

ほたる「えっ」

千鶴「できないの? やっぱり偽者なんじゃ――」

ほたる「えっ、ええと――(ハイライトを消して)『命令。ソコノ市民、停止シナサイ』」

千鶴「(扉ガチャー)そのマニアックなチョイス、ほんとにほたるちゃんだ!」




【モバマス】やすはとほたる

1 :名無しさん@おーぷん 2018/12/18(火)22:22:23 ID:Jvm
このSSはフィクションです。

登場する人物・団体・アイドルの評判は架空であり、実在のものとは関係ありません。

ただPは複数います。

前作

岡崎泰葉「...13歳会議?」

泰葉「Pさんの家が燃えた!?」

二人でダラダラ話すだけです。

2 :名無しさん@おーぷん 2018/12/18(火)22:23:32 ID:Jvm



【事務所~GBNS部屋inこたつ】

泰葉「...」


ほたる「......」


泰葉「......ねえ、ほたるちゃん」

ほたる「......どうしたの泰葉ちゃん」

泰葉「冷蔵庫にね」

ほたる「冷蔵庫に?」

泰葉「差し入れのイチゴタルトが入ってるの」

ほたる「知ってる。かな子さんが持ってきてくれたおいしいやつだ」

泰葉「取りに行っ」

ほたる「や」

泰葉「......」

ほたる「...や」

泰葉「......すごい食い気味だったけど...なんで?」

ほたる「寒いから」

泰葉「ちょっと頑張ろうという気は...」

ほたる「ないかな」




岡崎泰葉「...13歳会議?」

1 :名無しさん@おーぷん 2018/12/16(日)14:47:25 ID:BZk


【事務所】

泰葉「...なにそれ?」

裕美「ほたるちゃんが今日いない理由」

泰葉「せっかくこたつ出したのにね」

千鶴「当然のように事務所にこたつがあるという事実がすごいよね」

裕美「暖かいからいいよ」

泰葉「まあ、そのうち戻ってくるか...」

千鶴「...それって何やるの?」

裕美「13歳の皆で話し合いするんだって」

泰葉「そうじゃなくて。...そこがわからないんじゃなくって...」

千鶴「何やるのって話だよ」




泰葉「Pさんの家が燃えた!?」

1 :名無しさん@おーぷん 2018/12/11(火)17:36:41 ID:h0a
【事務所】


泰葉「...それでPさんは大丈夫なの!?」ユサユサ

裕美「落ち着いて泰葉ちゃん、頭グワングワンしないで...」

泰葉「あ、ごめん」パッ

裕美「ふぅ...くらくらする」

千鶴「一応大丈夫だったみたいだよ」

泰葉「よかったぁ...」

ほたる「......私のせいかな」

泰葉「なんで?ほたるちゃん...もしかして付け火でもしたの?」

裕美「言い方が怖い」

ほたる「そんなことしないよ!私の...不幸が...」

泰葉「そんなわけないでしょ、もしそうなら私達全員火がついてるよ」

裕美「...お尻に?」

泰葉「私達そこまでギリギリじゃないもん」





ページランキング