ヘッドライン

【ミリマス】紬「プロデューサーに構ってもらいたい……?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502892941/


1 : ◆SESAXlhwuI 2017/08/16(水) 23:15:42.18 ID:NI5LmSx80

白石紬(以下、紬) 「…………」


ミリP(以下、P) 「でな?ここはこの文法を利用して、形容詞を置く」

望月杏奈(以下、杏奈) 「む、難しい……形容詞って、なに……?」

P 「折角の宿題だしガッツリと調べようか……ほら、辞書」

杏奈 「開くの、めんどくさい……」

P 「ったく、しょうがないなぁ……」ペラペラ

P 「はい、ここ」

杏奈 「……ありがとう、ございます……」

紬 「……あの、プロデューサー」

P 「どうした紬、お前も宿題か?」

紬 「……あなたは馬鹿なのですか?」ハァ

P 「えっ」





白石紬「私がモバプロに、ですか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502567440/


2 : ◆GO.FUkF2N6 2017/08/13(日) 04:52:57.25 ID:qIDPR+zG0

765P(以下P)「ああ。前回は響に神谷さんと入れ替わってもらったんだが、今回はその役を紬にお願いしたいんだ」

紬「それは 765 プロの代表として行く、ということですよね? そんな大役、私に勤まるのでしょうか?」


P「大丈夫大丈夫。それに今回のモバプロの相手はミステリアスな人だから、きっと紬の参考になると思うよ」

紬「まったく、あなたはいつも適当な」


ガチャ


響「はいさーい! おっ、P に紬、どうしたんだ?」


P「このあいだ響にモバプロに行ってもらっただろ。次は紬にお願いしようと思ってな。先輩としてなにかアドバイスしてやってくれるか?」

響「な、なんだって!? 紬!!」ガシッ

紬「は、はいっ!?」ビクッ

紬(あの響さんが真剣な顔を! まさか P の言う通りなにかアドバイスを?)





響「モバプロはおそろしいところだぞ! やつらの言うことを信じちゃダメだからな! 気を付けろっ!」

紬「後輩の不安を煽るようなこと言わないでください」




【ミリマス】静香・志保・紬「めんどくさいガールズ!?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1501403797/

1 : ◆naW/SGFIO. 2017/07/30(日) 17:36:37.69 ID:KdAqW0bLo
劇場――事務室

ミリP(以降P表記)「ちょ、ちょっとまて! 誤解しないでくれ!」

静香「わざわざレッスンの合間に私たちを呼び出しておいて」


志保「呼び出された先の事務室のテーブルにこのメモ」


紬「……」


静香「なにが誤解なんですか?」

志保「私たちにあてた言葉と受け取るほかないんですが」

紬「……」

P「ち、違うんだ。そのメモはお前たちに見せるつもりじゃなかったんだ。意外とお前たちが集まるのが早くて……」




【ミリマス】白石紬「あなたはエッチなのですか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499675790/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/07/10(月) 17:36:31.21 ID:aCNVt51G0
===

「一つ、確認しておきます。あなたはエッチなのですか?」

 問われ、男は言葉を失った。

 今、目の前に立つ見目麗しい少女はその澄んだ瞳を真っ直ぐに向け、彼の返事を待っている。

 だがしかし、ここは何と答えることが正解なのか? 

「はい」か「いいえ」か、単純な二択のハズなのに、
 男にはそのどちらを選んだ場合でも、来るべき未来は同じ物に思えてならなかった。

 そしてまた、その予感と予想は至極正しい。

 どちらを選んでもバッドコミュ。

 彼にはとても気の毒だが、この質問に正解など、
 最初(ハナ)から用意されていない。




[ 2017/07/20 22:25 ] グリマスSS | TB(0) | CM(1)

百合子「名探偵百合子にお任せあれ」【ミリマス】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500049934/

1 : ◆z80pHM8khRJd 2017/07/15(土) 01:32:14.48 ID:JpBZxNDY0
杏奈ちゃんは眠そうな目に似合わぬ速さで画面をリズムよく叩いていく。

曲が終わり、画面にはFULL COMBOと表示された。……すごい!

百合子「杏奈ちゃんって本当に音ゲー得意なんだね! ノーツ見えなかったよ」


杏奈「音ゲーはとにかく慣れ……。慣れたらIMPRESSION→LOCOMOTION!のMMも……余裕」


百合子「私も早くプロデューサーレベル35になってロコちゃんの曲プレイしたいなぁ」

今日は私たちのレッスンも終わりあとは自由時間。ただ雨が降っているからやむまで杏奈ちゃんと事務所で時間をつぶしているところ。





【グリマス】P「青の系譜水入らずで」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499849073/

3 : ◆TDuorh6/aM 2017/07/12(水) 17:45:38.84 ID:Z5Im2aBtO


P「……」

千早「お疲れですか?プロデューサー」


P「んー…まぁな」

千早「最近新しい子も増えて、仕事も苦労も絶えないとは思いますが…偶には、少し息抜きしてもいいんじゃないですか?」

P「まぁだから今少しソファで休んでたんだけどさ」

千早「静香、志保に次いで白石さんと言った少しばかり手のかかるアイドルも含め全員を見ているんですから…」

P「…まぁ千早は、以前より圧倒的に手が掛からなくなったな」

千早「私だって、いつまでもプロデューサーに抱えて貰うわけにはいきませんから」

P「ははっ、前は『そんな事が歌の上達に繋がるんですか?』って噛み付いてきてたのにな」

千早「ふふっ、私も成長しましたから。みんなと一緒に、もちろんプロデューサーさんとも」

P「そうか、それは光栄だ」





【ミリシタ】P「【ば】のつく日常」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499607805/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/09(日) 22:45:56.62 ID:BH4DMVqN0
紬「もしかして、あなたは……バカなのですか?」

P「いや、違う……とは思うんだけど」

紬「全く……では何故私が呆れているのかご理解いただけていますか?」

P「ええと……何でだろう」

紬「今日は一緒に、再びあの店に和スイーツを食べに行く約束をしていたではありませんか」

P「あっ、そうだった! すぐに用事を片づけるからちょっと待っていてくれ!」

紬「全くもう……」




【SS】紬「私の生まれた場所で」【ミリシタ】

1 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:02:50 ID:tip
ミリマスのSSです。
百合、R-18です。

2 :◆KakafR9KkQ 2017/07/08(土)22:03:45 ID:tip
「ふしゅ~」

部屋に着くなり、エミリーさんはへたりこんでしまいました

よほど疲れが貯まっていたのでしょう、瞼は重そうで、今にも眠りそうな様相です

「エミリーさん、今お布団を用意しますからね」

「はぃ…… ありがとう…… ござい…… ましゅ……」

眼下に座る和装の金髪少女を見下ろしていると、自然に笑みがこぼれてしまいます

とても似合っていますよ、エミリーさん




【ミリシタ】???「だらー!だらー!」P「……んん?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499517567/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/08(土) 21:42:08.88 ID:5EepJQ8b0
―――事務室―――

紬「(……何故だか事務室が騒がしい。誰かいらっしゃっているのでしょうか)」

紬「おはようございます、プロデューサー」ガチャ

P「お、おお! 紬か! 待ってたぞ!」

紬「……待っていた? 私を、ですか?」

P「ああ。この子、お前の知り合い……ああいや……なんて言えばいいのか」

紬「……歯切れが悪いですね。何かやましい事でも?」

P「そういうワケじゃなくて……」

???「だらー!」ヒョコッ




【グリマス】紬「玻璃色鉢と青文魚」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499262307/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/05(水) 22:45:08.09 ID:tLs23THS0
「アイドルマスターミリオンライブ シアターデイズ」内キャラクターの「白石紬」のSSとなります。
地の文が存在します。苦手な方はご遠慮ください。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/07/05(水) 22:46:32.11 ID:tLs23THS0
時々、確かめるようにビー玉を覗いてしまう事がある。
少女が「綺麗だ」と呟く視線のその先は、どこまでも見え透いている。
忘れてしまいたいわけではない、もう一度戻りたいわけでもない。




[ 2017/07/06 06:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(1)
[タグ] グリマス 白石紬
ページランキング