ヘッドライン

杏「杏・輝子・小梅のシンデレラジオ 第3回」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1390748522/


1 :以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/27(月) 00:02:02.18 ID:qA7h7IAE0
今回は過去作のリメイクになります
内容的にはそんなに変わってないですけど、よかったらどうぞ




輿水幸子「シンデレラガールズアルターコードF?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472138888/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/08/26(金) 00:28:08.99 ID:3rbiXq320
ここは、アイドルの女の子達が暮らす別の世界

剣と魔法と銃とッ!が登場する世界…

物語は、ある3人の少女の出会いから始まる…




美玲「ポポポポポポポ、ポポポポポ!」乃々「えっ? なんて?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463295618/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/15(日) 16:00:18.08 ID:XXch3iaxO
美玲「ポポポ、ポポポポポ」

乃々「……?」

美玲「ポポポー、ポポポポポッポ」

乃々「……」

乃々「なんて言ってるのか全然わからないんですけど……」

美玲「ポポ?」

美玲「ポポポポポッポ、ポポポポ」

乃々「?」

美玲「ポポポー、ポポポポポッポ、ポッポポポポッ!」

乃々「あの、ごめんなさい、わかりません……」

美玲「ポポポポ……」




【モバマス】幸子「またハブられました!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1461583546/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/25(月) 20:25:47.10 ID:F/3g+H+70
輝子「きゅ、急にどうしたんだ、幸子ちゃん…?」

幸子「またボクだけハブられているんです!!」

小梅「お、落ち着いて…? い、一から説明して欲しいな…」

幸子「響子さんの新SSRですよ!!」





輝子「フヒ……サティスファクションタウンでライブ……?」 モバP「ああ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1438637872/


1 : ◆C2VTzcV58A 2015/08/04(火) 06:37:52.15 ID:tLdefhGz0
鬼柳「サティスファクションタウンにアイドルを?」

ニコ「はい。この街にも、キラキラしたものを取り入れたらいいんじゃないかって」

ウェスト「この前テレビでアイドルのステージを見て、そう思ったんだ」

鬼柳「アイドル、ね……そういや、最近はブーム来てるんだったか。この町には縁がねえが」





モバP「安価でアイドルにセクハラする」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1444305841/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/08(木) 21:04:01.64 ID:2ZcQG+TEo
はい

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/10/08(木) 21:04:45.15 ID:NiaQinbUO
卯月の尻を揉む




小梅「あの子とイタズラ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1444967792/

1 : ◆F3dKQlobsM 2015/10/16(金) 12:56:32.72 ID:F8400bTh0
小梅「輝子ちゃん…机の下にいるかな…?」

輝子「フヒ…いますよー……小梅ちゃんなんか用か…?」

乃々「森久保もいますけど…どうしたんですか…?」

小梅「あ、乃々ちゃんも…ち、ちょっと、実験してみたくて…付き合ってくれる…?」


ギラッ


乃々「実験…ですか?」(なんか今…)

輝子「どんなのかわからないが…小梅ちゃんの頼みなら協力するぞ…」(変な感覚が…?)





武内P「ノンケの証明」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1602379126/

1 : ◆SbXzuGhlwpak 2020/10/11(日) 10:18:46.12 ID:3tMV5qMAO
注意事項

・武内Pもの

・武内Pもの







ワイワイ、ガヤガヤ


武内P「ここは……法廷?」


「今日は誰?」

「ほらあそこ。あの顔が怖くて大きい人」

「あ、CPのプロデューサーじゃん。何やらかしたんだろ」


武内P(噂で聞いたことがあります。346プロの地下6階には、プロデューサーとして許されざる者を裁く場所があると)

武内P(12歳のサッカー好きの少女をお城のようなホテルに連れて行った者は、メキシコ送りになったとか)

武内P(黒服の男たちに無理矢理連れてこられた法廷のような場所……まさか噂が本当だったとは)

武内P(しかし……なぜ私が? 心当たりはないのですが)

まゆ「心配しなくても大丈夫ですよ、CPのプロデューサーさん」

武内P「佐久間さん!? 佐久間さんは私がここに連れてこられた理由をご存じなのですか?」

まゆ「はぁい。まゆは今回弁護士の役割を与えられていますから。CPのプロデューサーさんにかけられている疑惑が何であるか、そして無実であることもちゃーんと知ってますから」

武内P「そ、そうでしたか。よろしくお願いします。それで、私にかけられている疑惑とは――」


『来たぞっ!!』


ザワ……ザワ……!


武内P「……ッ!?」

まゆ「……検察官役の方が来たようです。気をしっかりもってください。何せあの人は――」



――ホモは嘘つき

――大胆な告白はホモの特権

――疑わしきは腐女子の有利に



まゆ「この三つの原則を駆使し、数えきれないほど多くの男性にホモの烙印を背負わせた人……っ」

由里子「大西由里子……推参。今宵こそは、まゆPとCPのプロデューサーの赤裸々な関係を証明してみせるじぇ!」

武内P「」





佐久間まゆ
http://i.imgur.com/3ZsN97I.jpg

大西由里子
http://i.imgur.com/TQozyrl.jpg




ページランキング