このページはアフィリエイト広告を利用しています
ヘッドライン

紅莉栖「覚えててくれてるかな……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1437828340/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/25(土) 21:45:50.63 ID:cfwrUvNP0

紅莉栖「ハロー……あー暑い」

紅莉栖「あれ……誰もいないの?」

紅莉栖「って、誰もいないのに鍵かけてないじゃない。 岡部ね」

紅莉栖「あー、ほんと暑い……」パタパタ

紅莉栖「……」

紅莉栖「……」

紅莉栖(岡部、今どこ……と)スッスッ





紅莉栖「ジップ●ックは用意してるわね?」

2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/02/03(日) 21:26:28 ID:zMchx12U
「「「「…」」」」コクッ

紅莉栖「よろしい」

紅莉栖「…スゥ」

紅莉栖「それでは第△回ラボメンガールズの会を開催します!」

ワー ワー トゥットゥルルルルー マッテマシタニャ! グッ …パチパチ




ルカ子「毎日毎日、チクニーが止まらないんです……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1435991992/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/04(土) 15:40:02.92 ID:oR2oyfm00
岡部「お、おう」

るか「ホントはイケないことだってわかってるんですけど……」

紅莉栖「ちょ、ちょっと待って。いったい彼女は何を言っているの」

るか「あの日あの時、チクニーという存在に気づかなければチクニーの魅力に取り憑かれずに済んだのに、っていつも思うんです……」ウルウル

岡部「そ、そうか。今一度聞くが、それがルカ子のやり直したい過去、なのだな?」

るか「は、はい。チクニーを知らない頃の自分に戻りたい、んです」ウルウル





ページランキング