ヘッドライン

渋谷凛「ゴースト レイト」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1593869583/

1 : ◆TOYOUsnVr. 2020/07/04(土) 22:33:03.95 ID:4if+2Hlr0

嫌な空気の夜だった。真綿で首を絞められているかのように呼吸がしにくかった。
空にはどんよりと重たい雲が浮かび、月も星も見えない。
現在私がいる場所が神社というのもあって、言いようのない気味の悪さが漂っていた。
唯一の光と言えば本殿の賽銭箱の上で、ちかちかと明滅している頼りない電灯のみで、それがいっそう私の気分を落ち込ませる。
胸の内に滞留しているもやもやとした不快な何かを乗せるように、はぁ、と息を吐いた。

「こういう日も、あるよ」

背後から、優しく温かい声が届く。「うん」と力なく返事をして見やれば、そこには柔らかな笑みを浮かべたスーツ姿の男、アイドルである私のプロデュースを担当してくれている彼、プロデューサーがいる。

「失敗は誰にでもあるし、普段は簡単にできることがどうしてか上手くいかない、なんて日もある」
「うん」
「だから気にするな、とは言わないけど」

彼は一歩を踏み出して、私の隣に並ぶ。
そうして「凛」と短く私の名前を口にして「ちょっと話そうか」と続けた。

私が肯定も否定も返さずにいると、彼はそれを肯定と受け取ったのか本殿の方へと歩き出して、石の階段に腰かける。
自身の隣の空間をぽんぽんとしているのを見るに、こっちにきて座れ、ということらしい。
素直に私はそれに従って、彼の隣に腰かける。
ややあって、彼が口を開いた。

「凛はさ、こういうこと考えたことある?」
「……?」
「もし、自分をプロデュースしているのが俺じゃなかったら……違う人だったら、って」
「ない、けど」

けど、プロデューサーが担当しているのが私じゃなかったら、ということなら、ある。
喉元まで出てきた言葉をぐっと飲みこんで、再び私は「ない」と繰り返した。

「俺はね、あるんだ。凛がもっと、才能も実力もコネクションもある人に担当されていたら、って」
「……」
「そうしたら、きっと凛はもっともっと早くに曲をもらっていただろうし、大きなライブも俺と一緒に活動するより一年は早くできたんじゃないか、とか。……そういうこと、何年か経った今でも未だに思う」
「…………そっか」

私が思っていたこととほぼ同じこと彼が言うものだから、びっくりしてしまう。が、同時に温かい気持ちにもなる。
なんだ、似た者同士だ。

「でも、こうも思うんだ」
「ん?」
「やっぱり凛をプロデュースするのは俺がいいな、って」
「……生放送で、失敗しちゃうアイドルでも?」
「もちろん」

少し照れくさそうに彼は口角を上げて「凛じゃなきゃ嫌だぜ」と平常とは異なる口調で、私の肩を小突いてくる。
それだけの単純なことなのに、気付けば私の気分は随分と軽くなっていて、魔法みたいだ、と思う。
すっかり晴れやかな気分になった私は、軽い冗談のつもりで「私は別に、プロデューサーじゃなくてもいいかな」とおどけて彼を小突き返した。

「えー」

わざとらしく悲しそうな顔を作って、プロデューサーは立ち上がり「さて、そろそろ宿に戻ろうか」と歩いて行く。

その後ろ姿を最後に、プロデューサーは、消息を絶った。




[ 2020/07/05 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【モバマス】P「猫を飼い始めたんですよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1593862877/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/07/04(土) 20:41:17.16 ID:7jKqaIFBO
P「5歳の猫なんですけどね。もう最強に可愛くて」

ちひろ「いいですねぇ。写真とかないんですか?」

P「もちろんありますよ、動画も。観てくださいこれ」

ちひろ「きゃー茶トラ! 可愛いー!」

P「でしょう」

ちひろ「動画は? 早く観せてください!」

P「ちょっと待ってくださいね」

ちひろ「……はっ!」

ちひろ(後ろからすごい圧を感じる)


凛・まゆ・響子・藍子「……」ゴゴゴゴゴ


ちひろ(あれはPラブ勢の一角!? なんであんなに真に迫って……あっ、そうか! 犬や猫などのペットは恋愛の敵!)

ちひろ(ペットを愛ですぎて、恋人を作る気がなくなるというのはよく聞く話。だから危機を感じてるのね)

P「ほら、ちひろさんこれですよ」

ちひろ「きゃーー! お腹見せてるー! ボールで遊んでるー!」

P「可愛いでしょう」

ちひろ「めちゃくちゃ可愛いです。また写真動画撮ったら見せてもらえますか」

P「いいですよ」

ちひろ(でもプロデューサーさん、気をつけてくださいね。猫に気をとられ過ぎるとアイドルたちがヤバいですから)

ちひろ(……というのを声にして忠告したほうがいいんだろうけど)

P「ふふ、いやあ本当に世界一可愛い。今日は早く帰らないとな」

ちひろ(この状態じゃ、どれだけ言ってもメロメロね)




P「俺の妹が果てしなくニート」凛「なんで私に言うの?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:33:06.22 ID:NI9ggbus0
P「凛…そんなこというなよ…」

凛「まぁいいけど」

P「そんなことで問題の我が妹の登場だよ」

ガチャ

杏「あつい、だるい、帰りたい、なんでこんなところに連れてこられたのかわからない」

P「紹介しよう…我が不肖の妹こと杏だ」




依田芳乃「よしのやー」 鷹富士茄子「せかんどっ!!」

ちひろ「そこに3人のアイドルがいますよね?」武内P「…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462971662/

1 : ◆nvrVoonYD. 2016/05/11(水) 22:01:02.67 ID:IIFna5Lno

ちひろ「一人だけ好きなアイドルを連れていっても良いですよ」


卯月「ガンバリマス!」

凛「フーン」

未央「イエーイ」


武内P「…」




【モバマス】ちひろ「……プロデューサーさん」 P「…………」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/30(月) 01:04:46.58 ID:z9BopIg90
ちひろ(まただ)

ちひろ(今日もプロデューサーさんは言葉を発さない)

ちひろ(プロデューサー業も最近では疎かになってきている)

ちひろ(私やアイドル達がフォローしているものの、これではきっとこの事務所は・・・)




[ 2020/06/18 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)
[タグ] モバマス 渋谷凛

【モバマス】社長「プロデューサーを見つけてきたぞ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1379580933/

1 :以下、新鯖からお送りいたします 2013/09/19(木) 17:55:33.98 ID:7WPAUkSEO
ちひろ「ついに社長のお眼鏡にかなうプロデューサーが見つかったんですね!」


社長「うむ!一目見たときから彼なら大きなことをしてくれると確信できたんだよ」


ちひろ「事務仕事の負担も減りますし、社長がそこまでいう人ならスカウトの腕も期待していいんできますよ」


社長「ああ!彼の目を見たときから直感したよ……人を見る目、若者の瑞々しいセンス、希望をもった心!その全てを兼ね備えているとね!」


ちひろ(社長ったら本当にべた褒めですね……本当にどんな方なんでしょう?)


社長「まぁ、いつまでも見てもいない人間に賛辞を送っても埒もあかないね……」


社長「では、入ってきてくれ!」

ガチャ

モバP(以外P)「失礼しま…あ痛っ!」ゴンッ


ちひろ「………えっ?」


社長「おおっと……大丈夫かね?」


P「す、すみません……ははは、図体ばかりでかくて申し訳ありません」


社長「いやいや、我が事務所がまだまだ小さいだけだよ……君の大きさはそこまで関係がないよ」


P「小さいなんてそんな!……でも俺がここをもっと大きく改築できるくらい頑張りますね!」


社長「うむ!よくぞ言ってくれた!!事務所のこれからは君にかかっているぞ」


モバP「はい!……あと、そこにいるのはもしかして…」


社長「うむ、前もって説明したとおり彼女が事務員の千川ちひろくんだ」


ちひろ「は、はい……千川ちひろです」


社長「これからは彼女と共にアイドルのサポートから営業、事務仕事などをこなしてもらう!」


P「はい!……ではこちらも僭越ながら自己紹介を…」


P「これからアイドルのプロデューサーとしてこの事務所の一員に加わりました!Pです!これからよろしくお願いします!!」ドーーーーーーン


ちひろ(で、でかい……社長がPさんの胸くらいってどういうこと!?)




【モバマス】凛「先輩アイドルに負けない」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/06(日) 19:48:03.45 ID:/056XJuU0
――――――


凛(……)ジー


P「……同じ事務所にいるのに、なんだか久しぶりな気もするなあ」

春香「ほんとです。プロデューサーさんが私を捨てて、一人にするから……」

P「ひ、人聞きが悪いな。プロデュースをやめたわけじゃないし、もう付きっきりじゃなくてもなんとかできると思って」

春香「そうですけどー……なんだかさみしいです」

P「おいおい……」




[ 2020/05/29 22:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【モバマスSS】流行が嫌いな人たち?

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478262184/

2 :オリP 2016/11/04(金) 21:23:49.95 ID:gXKBe9y/0
@ハロウィン


卯月「ハッピーハロウィーン!ガオー!」


未央「トリックオアトリートー!」


凛「…何やってるの?」


卯月「え?どこからどう見ても、ハロウィンですよ!」


未央「未央伯爵のコスプレに、しぶりんは驚いちゃったかな?」


凛「…ハロウィンは、元々収穫を祝うお祭りなんだよ。ただコスプレして、お菓子貰うだけじゃないんだからね」


卯月「そうだったんですか!初耳です!さすが凛ちゃん。博識ですね!」


未央「それがすらすら言えるあたり、しぶりんもしかして一夜漬けかなー?」


凛「そんなわけないでしょ。ただ流行だからやるっていう考えが嫌いなだけ」


未央「この様子だと、アレですな。しまむー」




P「朝起きたら女の子になってた」凛「新しい子・・・?」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/19(火) 22:16:07.14 ID:pDnWbuZYO
P「…凛」

凛「新しいアイドル候補生?ごめんね、いまちひろさんもプロデューサーもいな――」

P「俺だよ、俺がプロデューサーだ」

凛「?…私のプロデューサーは女じゃないけど……あ、もしかして新しいプロデューサー?」

P「違うって!俺がモバマスプロのただ一人プロデューサーだよ」

凛「うーん、ごめんね今プロデューサーに連絡入れるから」ピッ

P「…」プルル

凛「……なんでアンタが携帯持ってんの」ピッ

P「だから俺がそのプロデューサーなんだってば!」




[ 2020/05/26 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
[タグ] モバマス 渋谷凛
ページランキング