ヘッドライン

【モバマス】池袋晶葉「出来たぞ助手!!アイドルのオナニー事情がわかる眼鏡だ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1546502122/

1 : ◆q4ctS9nNro 2019/01/03(木) 16:55:22.90 ID:gepRGEUXo
モバP「ただの眼鏡にしか見えないが……」

晶葉「なんとレンズを通してアイドルを見るとアイドルが最近したオナニーを回想できるぞ」ドヤァ

モバP「また変なのを作ったのか……晶葉お前まだ中学生だろ?」

晶葉「オナニーして何が悪い!職業柄ムラムラしてるアイドルは多いぞ!!」

モバP「お、おう……なるほど一理ある」

モバP「疑問なんだが、自慰行為にそんな種類あるのか」

晶葉「あるに決まってる、スタンダードな指オナや角オナ、フェチなアナニーまで様々だ」

晶葉「それに事務所で何人か危険なオナニーしてる者がいると噂だ、それが事故や事件に繋がったらどうする」

モバP(「オナニー」連呼してるアイドルがすでに事件なんすけど)

モバP「わかった、とりあえずコレでアイドルを調べればいいんだな」

晶葉「頼んだ助手、データはこちらでも確認できるように自動保存されるぞ」サッ

モバ「とんでもない事を言って立ち去りやがった」




池袋晶葉「やっと出来たぞ助手!タイムマシンだ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1546108214/

1 : ◆VPucqebyL. 2018/12/30(日) 03:30:14.96 ID:/yBj/uhz0

※タイムマシンが出来た(タイムマシンが出来たとは言っていない)

※キャラ崩壊注意


2 : ◆VPucqebyL. 2018/12/30(日) 03:31:43.01 ID:/yBj/uhz0
モバP(以下P)「ついに出来たのか!?」

晶葉「あぁ!着想から1週間…ここまで早く出来たのも助手、キミの力添えがあってこそだ」

P「ちひろさんから許可を取るのは骨が折れたが…タイムマシンはSFファンの…いや、人類の夢だからな!」

晶葉「その通りだ!早速使ってみたいだろう!?」

P「みたーい!!!!」

晶葉「良い気概だ!このマシンは時間移動者が2人必要だ、ということを言っておいたが…」

P「あぁ、大丈夫だ博士!さっきそこに美優さんがいた!」

美優「あの…これは一体どういうことでしょうか…?」オロオロ




池袋晶葉の星

1 : ◆ovkeuV2NPI 2018/12/26(水)00:42:30 ID:gkE
池袋晶葉のスターライト、よだかの星、あるいは星の煌めき




[ 2018/12/26 22:25 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【モバマス】池袋晶葉「出来たぞ助手!!アイドルの性癖がわかる眼鏡だ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1544952999/

1 : ◆q4ctS9nNro 2018/12/16(日) 18:36:39.52 ID:dn+Sud30o
晶葉「なんとレンズを通してアイドルを見ると性癖とともに普段妄想しているシチュエーションを見れるぞ!」ドヤァ

モバP「良くわからないが、借りてもいいのか?」

晶葉「もちろんだ助手!所属アイドルの事を知るのもPの仕事だろ?」

モバP「ありがとな!それじゃまずはお前からだ晶葉ァ!!」

晶葉(スッ…)

モバP「逃げ足だけは早いな…さて誰に使おうか…この眼鏡」




晶葉「アイドルを融合させるマシンだ!」モバP「アイドルフュージョンアップ2!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484314559/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/13(金) 22:36:00.22 ID:876zUgnr0

 事務所

モバP「気づいたら師走を駆け抜け、年始か……」

卯月「>>1が年末の忙しさでひいこら言っている内に、気づけば年が明けましたね~」

モバP「ウルトラマンオーブも素晴らしい最終回を迎え、俺のテンションはウルトラマンマックスだった」

凛「終わった今は?」

モバP「ジャグジャグさん成分が足らなくて泣きそう」

未央「そっちっ!?」

ちひろ「最初はみんなで『うわ、何この不審者……』って、感じだったんですけどね」

晶葉「役者の青柳さんの圧倒的な演技力に、徐々に明かされるジャグラーの過去、ガイへの愛憎」

モバP「気づけば、ジャグジャグさんなしでは生きていけない身体に……」

未央「その言い方、やめて」

凛「私らは青柳さんに勝てないの?」

卯月「キャラクターとご本人のギャップが、人気に拍車をかけている感じはありますが」

モバP「アマゾンプライムがなければ即死だったぜ……!」

ちひろ「いつからアマゾンの勢力に入ったんですか?」

モバP「ウルトラマンさん達のご活躍を見れる以上、俺はいつだってアマゾンに魂を売り渡す……!」

晶葉「なんて迷いない瞳なんだ……!」






モバP「アイドルフュージョンアップ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473425571/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/09(金) 21:52:52.21 ID:mgpz7JsD0

池袋晶葉「できたぞ、助手! アイドルをフュージョンさせるマシンだ!」

モバP「また唐突に……ドラゴンボールか? いや、これは……オーブリングか?」

ちひろ「オーブリングがパソコンに繋がれて、他にも機材が」


モバP「オーブリングとは? ウルトラマンオーブの変身道具である。
2枚のカードをオーブリングに通すことで、オーブは
    カードのウルトラマンの力を借りて、変身できるウルトラマン……なのだが」

モバP「オーブ自身は『力を借りなければ変身できないほど、弱体化したウルトラマン』だ」


晶葉「説明乙。CMを見て思いついたんだ。他アイドルの特性を学んだ際の、好事例になると思ってな。
    もちろん、それに対応するカードも作ってある!」 ズラ

モバP「カード、多っ! ていうか、思った以上にまともな理由で作ったんだな」

晶葉「失敬な! 私の発明はいつだってまともだ!」 プンプン

ちひろ「発明の評価はさておきまして、そのカードを通すと二人のアイドルを一人のアイドルに」

晶葉「ああ、マシンが反映させてくれる。さすがに、第三者が力を借りるわけではないが」

ちひろ「ちなみに、このオーブリングは」

晶葉「光から借りた」

『アタシのオーブリングゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!!!???????』

モバP「……借りたんだよな?」

晶葉「うむ。綺麗に戻せるが、分解するのが本人的に想定外だったらしくて」

ちひろ「あぁ……」






奈緒「晶葉がシャーペン片手に悩んでる」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1544319529/


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/09(日) 10:39:21.75 ID:HCZZqscro

奈緒「よう晶葉。珍しいな、宿題か?」

晶葉「いや違う、というわけでもないか。ある意味宿題とも言える」

奈緒「なんだよ歯切れが悪いじゃないか」

晶葉「学校のものではないということだよ」

奈緒「仕事関係ってことか。忙しいのはいいことだな」

晶葉「ふふん、嬉しい悲鳴だよ。研究時間が削られてしまうのは一長一短だがね」

奈緒「いやまあ話は聞いてたけどさ、実際にイタズラ組をテレビで見てびっくりしたよ」

晶葉「とはいえ奈緒さんの功績でもあるじゃないか」

奈緒「テキトーに呼んだ名称が正式採用されてしまったことを功績と呼ばないでくれ」

晶葉「わはは、奈緒さんは照れ屋だな」

奈緒「で、ノート開いて何を悩んでたんだ?」

晶葉「いやあ、その、堂々と口にするのはちょっと恥ずかしいのだよ」

奈緒「なんだなんだ本当に珍しいじゃないか」

晶葉「実はだね、歌詞を書いていたんだ」

奈緒「歌詞ィ!?」

晶葉「うむ。いいリアクションをありがとう」

奈緒「なんだよCDデビュー決まったのか! よかったじゃん!」

晶葉「いや?」

奈緒「えっ?」





[ 2018/12/09 18:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

奈緒「晶葉がコーヒー飲んでる」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1543636416/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/12/01(土) 12:53:37.09 ID:VheBWPIRo

独自の設定となっております。
短いです。

奈緒「晶葉がぼんやりしてる」 の続きとなります。

よろしくお願いします。




[ 2018/12/01 22:25 ] モバマスSS | TB(0) | CM(2)

奈緒「晶葉がぼんやりしてる」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1543319645/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/27(火) 20:54:05.57 ID:peAUAIzho

独自の設定となっております。
短いです。

よろしくお願いします。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/11/27(火) 20:54:44.83 ID:peAUAIzho

奈緒「おい晶葉、何してんだ、大丈夫か?」


晶葉「ああいや、すこしぼーっとしていたんだ。ちょうど新作の試運転が終わったところで」


奈緒「お、そりゃお疲れ様。今度はどんなの作ったんだ?」

晶葉「悪いが企業秘密というやつでね、上役からストップがかかってる」

奈緒「もうあたしらとは完全に雇用形態が違うな?」

晶葉「はっはっは、冗談だよ奈緒さん。とはいえまるっきりウソってわけでもないが」

奈緒「すまん晶葉、冗談がどの部分なのかまるでわからん」

晶葉「なに、上役が麗奈のやつってだけのことだよ」

奈緒「まーた妙ちくりんなイタズラのために駆け回ってんのかアイツ。って待て、麗奈が上役?」

晶葉「うむ。実はちょっと前に秘密組織を結成したのだ」

奈緒「思いっきり秘密組織のことバラしてるけどいいのか晶葉」

晶葉「別に構わないんじゃないかな、ただの仲良しクラブみたいなものだし」

奈緒「そういうアレなのな」

晶葉「もちろんまともな活動内容みたいなものもない」

奈緒「いいじゃないか、あたしもそういうの好きだぜ」

晶葉「こういうのは正直初めてだからちょっと嬉しくてね、奈緒さんに自慢してしまった」

奈緒「よしよし、あたしにだったらいくらでも自慢していいからな」ナデクリナデクリ





[ 2018/11/27 23:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
ページランキング