ヘッドライン

【モバマス】晶葉「高校生になれるスイッチを作るぞ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529241421/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/17(日) 22:17:01.35 ID:g/rvVNNO0
まゆP「合コン行かない?」

ありすP「おっ、行く行くー」

ありす「絶対合コン行けなくなるビーム!」ビビビ

ありすP「あばばば」ビビビ



ありす「ふぅ・・・まったく、私という者が居ながら・・・」プリプリ

ありす(やはり・・・未だ幼い私を、四年も待ってもらうのは、無理が有るんでしょうか・・・?)ウィーン

晶葉「おっ、ありすじゃないか」カチャカチャ

ありす「晶葉さん、借りてた光線銃、お返しします」

晶葉「ああ、そこに置いておいてくれ」カチャカチャ

ありす「・・・?何作ってるんですか?」

晶葉「高校生になれるスイッチだ!」

ありす「・・・ふむ」

ありす(もし私が高校生になったら・・・)ホワホワホワン




池袋晶葉「逆転の蹴」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528599561/


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/10(日) 12:04:03.26 ID:e5T+d7mQ0


池袋晶葉「う~~む・・・」

ロボ「・・・」ヌーーイーーンヌーーイーーン

晶葉「やはり上手くいかんな」

原田美世「やっほー晶葉ちゃん!それ新しいロボット?」

晶葉「ああ、美世か。その通り、新しく作ったものだ」

ロボ「・・・」ヌーーイーーンヌーーイーーン

晶葉「このあいだ体を動かす力学について学んでな、その知識を利用して作ってみたのだが・・・」

ロボ「・・・」ヌーーイーーンヌーーイーーン

美世「ずいぶんゆっくり動くんだね。太極拳の再現でもしてるの?」

晶葉「いや、そんなつもりはないんだがな」

美世「じゃあもっとギア上げていこうよ」

晶葉「残念ながらこの子のギアはこれで最大だ」

晶葉「新しく試してみた方法では思った以上にスピードが得られなくてな・・・」

美世「へぇ~、そうなんだ」

 




池袋晶葉「いつか未来の私へ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528631130/

1 : ◆.FkqD6/oh. 2018/06/10(日) 20:45:30.54 ID:fXGkoYq2O

――――

いつだったか、仕事を片付けてコーヒーを淹れていた時の話を思い出す。

「そういえば、――はどうしてプロデューサーになろうと思ったんだ?」

コーヒーを二つのカップに注ぎながら、彼女がぽつりと聞いた。

カップを受け取りながら、ぼんやりと考える。

「うまく説明できないけど、これだ、って思えたからかな」

「迷ったとき、こっちだって思ったのがプロデューサーの仕事だったんだ」

「そうか」

それっきりだったので、コーヒーに口を付ける。

彼女はしばらくカップを見つめた後に、スティックシュガーを入れてかき混ぜ始めた。



「じゃあ、晶葉はどうしてロボットを作ろうって思ったんだ?」

彼女はしばらく答えなかった。コーヒーを半分ほど飲んだところで、

「いつか話そう」

すまない、と小さくこぼした。







[ 2018/06/11 02:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

池袋晶葉「私のおもい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528561197/

1 : ◆foQczOBlAI 2018/06/10(日) 01:19:58.00 ID:iSezCjGx0

正直な話、私は誕生日というものが好きではない。

誰がどれだけ祝ってくれたか、一種の友達検定のようなものだと認識してしまっている。

おおよそ華々しい青春とはかけ離れた位置にいる私は、どうもネガティブな思考に陥りがちだ。

不幸中の幸いと言うべきか、今年の私の誕生日は日曜日だ。

学校に行かなくていい、これだけでも幾分か気持ちが軽くなる。問題の先延ばしに過ぎないのだが。

しかし、事務所には行かなければならない用事が存在する。今度の仕事の軽い打ち合わせだそうだ。

ああ、気が重い、気が重い。




[ 2018/06/10 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

池袋晶葉「逆導の幸」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527938134/


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/06/02(土) 20:18:40.56 ID:3CZFUKgj0


~事務所~


橘ありす「ミスディレクション・・・ですか?」


池袋晶葉「そう、ミスディレクションだ」


鷺沢文香「人の視線や思考を誤った方向に誘導する技法ですね」


晶葉「やはり文香は知っていたか」

文香「はい、ミステリー小説の叙述トリックに用いられることもありますので」

ありす「具体的にはどんな技法なんでしょうか?」

晶葉「そうだな・・・私が知っているものなら手品が挙げられる」

晶葉「例えば、トランプマジックを演じるとき、マジシャンが観客に向かって『このカードの数字を覚えておいてくれ』とカードをかざす場面があるだろう?」

ありす「はい、テレビで見たことがあります」

晶葉「その時、ありすはどこを見る?」

ありす「それはもちろんカードを見て数字を覚えますが・・・」

晶葉「だろうな。『見ろ』と言われたから『見る』。ついそうしてしまう」

 




南条光「ルーム・オブ・ザ・きらり」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376988073/

2 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 17:41:40.38 ID:dln76bcrP
杏「ぐ~……」

光「何やってるんだ、杏?」

杏「すぴ~……」

光「ねぇってぱ!」

杏「……杏は寝てるよ」

光「起きてるだろ」

杏「うるさいなぁ……杏は抗議するんだ! こんなに杏を酷使する鬼畜プロデューサーに!」

杏「週休8日を希望する!」

光「だからPの机の上で寝てたのか」




モバP「がーるずとーく!」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 19:29:18.84 ID:21SJ0QDr0
P「アイドルって可愛いですよね」

ちひろ「そうですね」

P「で、俺は自分が絡まないアイドル同士のやり取りが見たいんですよ」

ちひろ「はい、それもまたいいものですよね」

P「というわけでちひろさん」

ちひろ「はい」

P「そんなテープが!」

ちひろ「ありますよ。まだたくさん」

P「ありがとうございます!」

ちひろ「それじゃあ、えーっと……>>8ちゃんと>>11ちゃんのやり取りを撮ったのからいきましょうか」

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 19:30:35.86 ID:7Z9xmtEJ0
杏ちゃん!

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/05(水) 19:31:37.98 ID:kG5RVaT2O
池袋




【モバマス】14歳組の学校事情

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1526151911/


2 : ◆uK0l/KjPyl6F 2018/05/13(日) 04:06:34.67 ID:yj8cGlU/0
晶葉「ただいまもどった。ちひろはいるか?」



美由紀「おかえり!ちひろさんならいないよ?晶葉ちゃんはお仕事だったの?」



晶葉「いや、少しちひろに頼まれたおつかいをこなしてきただけだ。美由紀は1人か?」


美由紀「美由紀はね、お留守番!幸子ちゃんもいるよ!」


晶葉「そうか、それでちひろはどこに行ったのだ?」


幸子「おはようございます晶葉さん!ちひろさんならさっき大慌てでどこかへ行きましたよ?あ、はい美由紀さん。お茶です」



美由紀「幸子ちゃんありがとー・・・美味しいよ!」


幸子「フフーン!そうでしょうそうでしょう!」


晶葉「む、そうなのか。まったくちひろめ、私に面倒事を押し付けておいて・・・」


美由紀「何をしてきたのー?」


晶葉「いやなに、すぐにわかる」


幸子「どういう意味ですか・・・ってフギャー!」


美由紀「うわぁ!どうしたの・・・って愛海ちゃんかー」




ページランキング