ヘッドライン

池袋晶葉と一緒なら

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560176400/

1 : ◆foQczOBlAI 2019/06/10(月) 23:20:00.52 ID:H019NCNX0

「P、私は死ぬ前に海が見に行きたい」


事務所に来た俺の担当アイドル、池袋晶葉の開口一発目の言葉だった。

……またなにかに影響されたな。もう、ほんとこの子は影響されやすいんだから。

とりあえずデコピンを一発入れておく。


「いてっ、なにをするんだ!」

「アイドルが死ぬなんて言うんじゃない」

「アイドルじゃなかったらいいのか?」

「いや、死ぬなんて軽々しく口に出すなが正しいな。それで、何を見たんだ?」

「ふふふ、わかってしまったか。知ってるか、P。天国ではみんな、海の話をするんだぜ」







[ 2019/06/11 06:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

橘ありす「タチバナ・ジョーンズ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559828840/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/06(木) 22:47:20.56 ID:vB+A+MHjo


~闇の間(蘭子の部屋)~


神崎蘭子「む・・・?」

蘭子「・・・ない・・・」

蘭子「黄金郷への道を示す魔導書がない!?」

蘭子「虚無の深淵に飲まれたか?あるいは我が魔力を欲する不届き者の仕業か!?」

蘭子「とにかく探さねば!」






脇山珠美「忍者と侍の」浜口あやめ「あれやこれや」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559567112/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/03(月) 22:05:13.27 ID:cFPTOZZxo

デレマスSSです。
1、2レス程度の超短編をほんのいくつか。
ウンチクの多くは昔どこかで見たような・・・という程度の知識なので真に受けないようお願いします。





池袋晶葉「やぁ、プロデューサー!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2019/05/25(土) 22:05:04 ID:Hm6da0Sg
池袋「例のモノが出来たぞっ!」

P「……はぁ。」

池袋「むっ! なにか不満なのか?」

P「また、ろくでもない発明品なんだろ?」




[ 2019/05/26 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(2)

モバP「仮にボックス?」 晶葉「うむ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1558157230/

1 : ◆tkiF6VoKRk 2019/05/18(土) 14:27:10.98 ID:yYcvuobu0
モバP(以下、P)「この電話ボックスみたいなのか?」

晶葉「その通り!」

P「・・・」

P「ちなみにどういった発明品なんだ?」

晶葉「電話ボックスの受話器に、『仮に○○の世界だったら』という感じで自分の望む世界を話すとその通りの世界になるというものだ!」


P「それパクリだよ」



・書き溜めをどんどん投下していきます
・誤字脱字がありましたらすみません





モバP「うちの可愛いアイドルたち」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1416914718/

1 : ◆9YekyNr6gdfr 2014/11/25(火) 20:25:18.90 ID:9hpLFr3qO
モバP「晶葉ー」

晶葉「ん、どうしたのだP」


モバP「ちょっと自己紹介してみよう」

晶葉「いきなりどうしたのだ、私のことなら知っているだろう?」

モバP「いや、世間にお前の可愛さを知らしめるためにな」

晶葉「世間も何も、ここは事務所ではないか」

モバP「いいんだよ、選挙も開催されることになったんだから」




池袋晶葉「天才と博識」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1556635161/

1 : ◆foQczOBlAI 2019/04/30(火) 23:39:21.56 ID:E1TQkRPL0

アイドルになり始めたときの私と今の私を比べてみると、それはそれは枕に顔をうずめたくなるものであった。

というのも自分への自信のなさからロボに頼り切ってしまっていたと感じる。

昔は自分よりロボを優先していて、ロボをステージのメインと捉えている節もあった。

アイドルは自分の才能を誇示するための手段の一つだとさえ考えていた。

でも今は違うだろう。

ターニングポイントを挙げるとするのならPに出会えたことと、もう一人彼女に出会えたことかな。


「なんか感謝の気持ちを込めたロボでも作るかな」


優しく微笑みながら私を支えてくれた、誰よりも頼れる彼女。





【モバマス】P「晶葉のサイン」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1556170084/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/04/25(木) 14:28:05.19 ID:0T05Ppt90
P「お仕事お疲れ様、晶葉」

晶葉「うむ。今日はこのインタビューで終わりだったか、Pよ」

P「そうだな、あとはもう事務所に帰るだけだ」




[ 2019/04/25 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
ページランキング