ヘッドライン

雪歩「ア○ル」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/22(火) 23:05:36.87 ID:0/5aAn9d0
ガチャッ

真「おっはよーございまーす!今日も清々しい朝ですねっ!」

シーン…

真「あれ?誰もいないのかな?うーん…ちょっと早く来過ぎちゃったかな?」

ユラァ…

真「あ、雪歩いたんだね!おはよう!

雪歩「…………」

真「雪歩?」

雪歩「アナル」

真「…えっ?」




【ミリマスSS 】モテモテ千鶴さん

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510672074/

1 : ◆UEry/CPoDk 2017/11/15(水) 00:07:55.05 ID:cx/0zLRB0
ミリマスSSです。

※アイドルにプロデューサー以外の男性の陰がチラつくのは好きじゃない、という方はご容赦下さい。

2 : ◆UEry/CPoDk 2017/11/15(水) 00:13:28.54 ID:cx/0zLRB0
翼「へへ、じゃーん!ここに写ってるのが私のお兄ちゃんです。どうですか、かっこいいでしょ?」


伊織「へえ、たしかに似てるわね」


千鶴「さすがは兄妹ですわ」


翼「ちょっと!もっと感想あるでしょ、かっこいいとかイケメンだとか。」

伊織「はいはい、アンタがブラコンだってのは良くわかったわ。」

千鶴「ま、自慢出来る程の兄がいるというのはいい事ではありませんの。」

翼「でしょ~?すっごいモテるんですよ、それにとっても優しいですし。

 あ、そう言えばデコリーナ先輩にもお兄さんいるんですよね、写真無いんですか?」

伊織「その呼び方は止めろって言ってるでしょ。無いわよ、アンタじゃあるまいし。

 でも自慢できるってとこは似たようなものかもね。見た目だけじゃなくて頭もいいもの。」

翼「なーんだ、センパイもお兄さん大好きなんじゃないですか〜」

伊織「アンタと一緒にしないでよね。本当の事を言ってるだけだもの、仕方ないわ。」

翼「はいはい分かりましたよ。デコリーナ先輩はブラコン、と。」

伊織「こら!」




【ミリマスSS】 コロちゃんとコロッケ屋さん

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510587155/

2 : ◆UEry/CPoDk 2017/11/14(火) 00:33:46.53 ID:JWVi9Suc0
~事務所~

伊織「あら、ロコだけなの?」


ロコ「はい、コトリはちょっとショッピングだそうです」


伊織「あんたツイてるわね。さっきロケ先のデパートで今話題の高級コロッケを貰ってきたんだけど、2個しかないのよ」

ロコ「いただけるのですか?」

伊織「1つずつね。それじゃ、いただきまーす」


ロコ「…こんなものですかね?」

伊織「ま、コロッケだしね」




貴音「…にいづますたー」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/12(土) 22:40:41.14 ID:x4Th5k6zO
貴音「…それは、どのような?」...メンヨウナ

P「ふふふ、お前たちにはこれから何人かで新妻を演じてもらう」

やよい「うっうー!プロデューサーのお嫁さんですー!」

春香「…プロデューサーの、お嫁さん…」

千早「…ふふっ。ふふふ」ポー

P「用意はいいか?」

P「なら、貴音からスタートだ!」

※新妻中、Pは出てきません




亜美「お菓子ちょうだい!」真美「ちょうだい!」冬馬「ねぇよ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1509448326/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 20:12:07.29 ID:kfrwdGvp0
亜美「えー!なんでないの!」


真美「今日は何の日なのかわかんないの!?」


冬馬「いやわかるしさっきまで持ってたぞ、ただ全部配ってなくなっただけだぜ」


亜美「ちぇー、どうやら間に合わなかったみたいだね真美」


真美「そうだね亜美、あまとうの作ったお菓子はおいしいって地味にアイドル業界で有名なのに」


冬馬「なんだ?そんなに食いたかったら作ってやってもいいぞ?」


真美「本当!?」


亜美「本当に本当!?」


冬馬「ああ、だが今はもう時間ないしお前たちに渡すのは来週の土日あたりになるが」


真美「それじゃあハロウィン終わっちゃうじゃん!」


亜美「ハロウィンにお菓子もらわなきゃ意味ないよー!」


冬馬「んなこと言われてもなぁ…」




美希「星井美希の、正直眠いの。なの!」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/30(水) 00:41:20.09 ID:FL5gn6LW0
美希「こんばんは。ミキだよー。この収録、レッスン明けでリアルに眠いの……あふぅ」

美希「前回の放送、いっぱい意見をくれてありがとね!ミキも参考になったの!…ホントは前回の放送前の収録だけど」

美希「でも、きっとお便りもいっぱい届いてると思うな。千早さんも一緒だったし!」

美希「それじゃあ、今回もテキトーにゆるゆるでいくのー!」

美希「VTR、れぇっつすたぁ~とぉ~♪なの!」




P「お前たちにそれぞれ属性を考えてきた」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/06/16(土) 21:28:08.41 ID:esFjlbF8O
――765プロ事務所

貴音「…はて。属性、ですか」

やよい「うっうー!何だかゲームみたいですー!」

伊織「属性…ね」

雪歩「…今度こそ…今度こそ…」ブツブツ、ブツブツ

あずさ「あらあら、うふふ~」

P「そうだ。元からあるお前たちの属性ではなく…」

P「新しい属性を付与することで、お前たちの魅力を引き出したい!」バーン!!!!




真「765プロのみんなってかわいいよね」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/01/31(火) 23:29:48.59 ID:uebjIFwn0
伊織「どうしたのよ、急に」

真「いや、ボクってどちらかというと女の子から人気があるじゃない?」

伊織「確かにそうね」

真「でもやっぱり男の人からの人気が欲しいじゃない?」

伊織「じゃない?って言われても」

真「だから765プロのみんなを観察することにしたんじゃない?」

伊織「とりあえずその口調どうにかならない?」




【予定は未定】ライラ「ほぼ」 千早「二周年」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1508768739/


1 : ◆Hnf2jpSB.k 2017/10/23(月) 23:25:40.06 ID:tfAwqUCYo
・アイマス×モバマス
・散歩?
・ヤマ、オチ特になし

よろしければお付き合いください


↓なお前回
【予定は未定・番外編】とある楽屋にて

2 : ◆Hnf2jpSB.k 2017/10/23(月) 23:26:46.03 ID:tfAwqUCYo

千早「皆さんこんばんは、如月千早です」


ライラ「こんばんはですねー」


千早「例によって、前回から間が空いてしまいました」

ライラ「もう秋になってしまいましたですねー」

千早「でもなんというか」

ライラ「はいです?」

千早「前回からそんなに時間がたってない気もするのよね」

ライラ「あー、分かる気がしますです」

千早「順調に感覚がマヒしてきた証拠かしら」

ライラ「慣れというのは怖いでございますよ」

千早「……そうね」




P「もしも告白されるなら」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 22:17:12.55 ID:sBqLWg7RO
――765プロ事務所

P「もしも告白されるなら…」ボソッ

小鳥「えっ?」

P「ねぇ、小鳥さん?もしも…もしもアイドル達から告白されるなら…どんな感じになるんですかね」

小鳥「あ~。あの娘たちもお年頃ですからねぇ。ふふっ。プロデューサーさんったら、気が気じゃないんですね。
この間も、同じような妄想してましたもんね」クスクス

P「えぇ。万が一、俺が彼女達から告白されるとしたら、どんな風に告白されるか以前のも参考にしてもう一度考えてみたんですよ」

小鳥「ふふっ。プロデューサーさん、相変わらずそういうの考えるの好きですね」




ページランキング