ヘッドライン

【ミリマス】亜利沙「あっ、あの!桃子ちゃんセンパイ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1552915741/

1 : ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:29:02.36 ID:gqjpjAg80
微百合です。
エログロはないです。

2 : ◆UaO2oQStPs 2019/03/18(月) 22:30:21.90 ID:gqjpjAg80


桃子「何?亜利沙さん」

亜利沙「あっ、あの、ですね、その…」モジモジ

桃子「なに?はっきり言ってくれないとわかんないよ」

亜利沙「は、はいっ!その、ですね、桃子ちゃんセンパイにお願いがありまして…」

桃子「お願い?」

亜利沙「はいっ!お願いです!」

桃子「それで?そのお願いって何?」

桃子「亜利沙さん、変なことじゃないよね?」ジトー

奈緒「亜利沙、自分全然信用されてへんで?」

亜利沙「ひ、ひどいですぅ、桃子ちゃんセンパイ~」シクシク

奈緒「まあ、日頃の行いやな…しゃーないで亜利沙」ポン

亜利沙「奈緒ちゃんまでぇ~」シクシク




高坂海美「えっ、待ってこれ母乳!!??」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1552483357/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/03/13(水) 22:22:38.12 ID:3P4vhNDmo
 
──────

…………ナーオー…………




……ナーオー……!!



奈緒「ん?」


  ナーオー!!!!!!


海美「なーおーーーーーーーーー!!!!!!!!」

奈緒「うるさい!!!!!!!」





【方言】星梨花「それじゃあ千早さん、この部分からお願いします!」【講座】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1547880544/

1 :福岡市民 ◆KzaOfIMA9g 2019/01/19(土) 15:49:04.66 ID:Tek3SOhzO
【博多弁】星梨花「未来ちゃん、こんおっとっととっとっと?」 未来「?」【講座】

上記SSの続編という位置づけ。今回は博多弁を中心とした日本各地の方言を題材にしました。


ーーーー


千早「……お前、さっきから何ば言いようとや?のぼせあがるとも大概にせれ!」

星梨花「は?別にのぼせあがっとらんし。先生こそ何言いようとー?」

千早「“そげなおおまんたれはつまらん”って注意してやりよったい!それも分からんとや!?」

星梨花「しゃあしかったいきさん!」

千早「先生に向かって“きさん”ちゃ何や!そげんくらされたいとか!?」

星梨花「やれるもんならやってみい?逆にぼてくしこかしちゃあけんね」

千早「貴様ぁー!表出れ!!」バンッ!

星梨花「おう、上等たい!」ガタッ!





横山奈緒「暇な話」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1541502757/

1 : ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:12:38.00 ID:fHc8FUzx0
・キャラ崩壊注意

よろしくお願いします。

2 : ◆mlWKfiIW4s 2018/11/06(火) 20:17:46.73 ID:fHc8FUzx0
~~事務所~~

横山奈緒「ひまっひまっひまっ~」

北沢志保「……」(台本熟読中)

奈緒「ひまぁーやなぁー」

志保「……」ペラッ

奈緒「ひぃ~まぁ~やぁ~なぁ~~~~~~~~~~~~~」

志保「……」イラッ

奈緒「ひぃ~~まぁ~~やぁ~~なぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」

志保「……奈緒さん」

奈緒「はい! はいはいはい!! この奈緒に何か御用でしょうかお嬢様!!」

志保「生命活動停止してください」

奈緒「あたりキツない?」




琴葉「はあ。仕事帰りに野球観戦、ですか」奈緒昴ロコ「行くー!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540793477/

1 : ◆nzxhv4bDzU 2018/10/29(月) 15:11:17.53 ID:3qN6vGtc0
 9月初頭某日 13時37分 阪神甲子園球場

奈緒「おーええ席やなあ」


昴「内野も外野もバッチリ見えるな! 選手も近いぜ!」


ロコ「プロデューサーにアプリシエーションです!」


琴葉「大阪での仕事ついでに野球観戦でもして来いだなんてびっくりしたわ。なんでもグリーンシートのペアチケットをスポンサーから頂いたとか」


奈緒「さすが琴葉、説明セリフもめっちゃ自然やな、うん」

 自然です。自然。





【ミリマス】北沢志保「うそつきの口紅」

1 : ◆CS7uVfQgX. 2018/09/25(火)19:15:48 ID:BIi
こんばんは。

アイドルマスターミリオンライブ!のSSになります。

では、デレそうでデレてない…志保のお話です。

2 : ◆CS7uVfQgX. 2018/09/25(火)19:16:32 ID:BIi
事務所

志保「プロデューサーさん」


P「んー?お疲れ志保、どうした?」

志保「今忙しいですか?」

P「いや、別に火急の仕事じゃないから忙しいってほどでもないな。どうした?」

志保「いえ、次の撮影の現場まで送っていただけたらなって」

P「おっけー、キリつけちゃうから10分ぐらい待てる?」

志保「はい、お願いします」




【ミリマス】超ケーキバイキング!~海里音高校vs帝花女学院 もう一つの闘い~

1 : ◆U2JymQTKKg 2018/09/18(火)23:43:16 ID:T1A
某超テニス漫画でやってた幕間のアレを超ビーチバレーでやってみたくなったので。

3 : ◆U2JymQTKKg 2018/09/18(火)23:45:48 ID:T1A
海美「ねぇ、お姉ちゃん、本当にいいの?」

紗代子「もちろん!あの帝女に勝ったんだからちゃんとお祝いしないとね」

恵美「へへっ、ありがと、センパイ!やったね、海美」

未来「あ、あの~……私も付いてきて良かったんですか?」

紗代子「もちろん!未来ちゃんがいたからこそ、今日まで超ビーチバレー部が続いたんだよ!」

恵美「そ!未来がいなかったら帝女と戦うこともできなかったってこと」

海美「隠れた勝利の立役者ってわけだね」

未来「で、でへへ~。なんだかそこまで言われると照れちゃいますね」

紗代子「照れなくていいよ。胸を張って!これからは3人で海里音高校を背負って立つんだから!」

未来「は……はい!」




【ミリマス】昴「我ら!」真美「劇場で!」亜美「遊び隊!」琴葉「いけません!」

2 : ◆OtiAGlay2E 2018/09/13(木)23:49:36 ID:dzm
―劇場控え室。

昴「おーい、ロコー。キャッチボールしようぜー!」

ロコ「うぅ…なんでロコが…。スバル、またコトハにアングリーされますよ?」

昴「へーきだって!今なら琴葉もいないからさ!それに今回は秘策があるんだ」

ロコ「うぅ…絶対に後からアングリーされますからね…それにシークレットプランってなんなんですか…」

昴「それは見てからのお楽しみっと…へへ、じゃあさっそくグローブをはめて…」

???「なにをしようとしてるのかしら?」




【ミリマス安価】P「日替わりアイドル?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528865676/

1 : ◆X4Pj7hxVEI 2018/06/13(水) 13:54:36.73 ID:uxx2xqCCO
安価ルール
・765ASまたはミリオンスターズ、事務員含む54人から1人ずつ
・連投なし
・被りなし
・無効の場合は安価↓
で進行します。安価は初めてなので時間かかります。方言間違ってたらごめんなさい。


時間つぶしに過去作でも

伊織「アイドルたちがエセ科学に騙されているわ!」

春香「ポッキーだよ!」美希「トッポなの!」

2 : ◆X4Pj7hxVEI 2018/06/13(水) 13:55:18.66 ID:uxx2xqCCO
P「戻りました~」

小鳥「お疲れ様です。今日もコンビニ弁当ですか?」

P「はい、体に良くないのは分かっているんですが、弁当作るのがめんどくさくて」

小鳥「夜はどうしているんですか?」

P「夜は米だけ炊いて、おかずはスーパーの惣菜です」

小鳥「そんな生活していたら体壊しますよ…」

P「まあわかってはいるんですけどね…はあ、誰か俺の世話してくれないかなあ…」

小鳥「ピ、ピヨッ!?じゃあわた」

社長「ウオッホン!そこでだ!」

P「うわっ!社長いたんですか!?」

小鳥「」

社長「君の担当アイドルたちに日替わりでお世話をしてもらうというのはどうだね?」




【ミリマス】志保「担当Pはおせっかいで困る」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1367134563/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/04/28(日) 16:36:03.83 ID:BOa3xR0G0
志保「私ひとりで大抵のことはできるんだから、放っておいてくれればいいのに」

静香「あー、その気持ち分かるかも」

志保「スケジュールは目を通せば覚えられるし、仕事場だってひとりで行けるし、レッスンは集中したい。だから一々ついてこられても迷惑なのよ」

静香「うんうん」

志保「私には合わない、ああいう面倒見のいいだけのPは」

静香「私のところも似たようなものかな、Pには犬みたいに追いかけまわされて。んー、私は大丈夫だから助けが必要な人をサポートしてあげてっていつも思うわ」

志保「心配性なのよ、私だって子供じゃないんだから……」

静香「まったくだわ」




ページランキング