ヘッドライン

武内P「もしも歴代シンデレラの皆さんがレベル5(超能力者)だったら」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1582471267/


1 : ◆nvrVoonYD. 2020/02/24(月) 00:21:07.70 ID:Fu8fpxyi0

【路地裏】

スキルアウトA「ねぇねぇ彼女、俺たちと遊ばない?絶対後悔させないからさー」

スキルアウトB「まさか拒否なんてしないっしょ?こんな時間に一人でうろついてるわけだし」

凛「…」

スキルアウトC「つか、マジ可愛いねぇ…クールな感じもいいわー」

スキルアウトD「まぁこれからキャラ崩壊しちゃうわけですが…ぐふw」




【モバマス】ちひろ「頭に紙袋を被ったスーツ姿の男がテレビを見てる…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460198103/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/04/09(土) 19:35:03.50 ID:91gT+9v60
こんばんわ。オリPです。

総選挙が始まりましたね。オリックス?知らん。

ゆっくり更新していきます。お付き合いよろしくお願いします。


???「ああ、ちひろさん。どうしたんですか?そんなドン引きな目でこちらを見て?」


ちひろ「プロデューサーさんですか!?何やってるんですか!?」


モバP「ははは。オリックスを応援したいが、顔が出てファンだと思われるのが恥ずかしいので、こうしてテレビを見てるんですよ」


ちひろ「…通報しますよ?」


モバP「止めてください。お願いします…」


ちひろ「別に恥ずかしくないじゃないですか?野球を見る子は入れども、特定の球団を応援するのは、プロデューサーさんと友紀ちゃんときらりちゃんだけですよ?」


モバP「偶然、地上波でオリックス戦やってて、見るに堪えない試合をしている時に被って、『プロデューサーってこんな恥ずかしい球団応援してるんだwww』と思われないためです」


ちひろ「ここで、スーツを着ている人は社長とあなただけですよ!バレバレですから!」


モバP「2人に1人。特定されなければいいんです!」


ちひろ「あんたは雇い主にも風評被害を出させるんか!」




【モバマス】むーりぃのえほん~むーりぃとふしぎななかま~

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1579333347/

1 : ◆IlPINxJdBA 2020/01/18(土) 16:42:27.45 ID:0Nqj0wkb0
デレマス二次創作、というか森久保が書いた本をイメージした雑文です
えほんと言いつつイラストはありません。すまん




【モバマス】アイドルに飯を食わせたいだけのお話

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1578561439/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2020/01/09(木) 18:17:20.22 ID:VArspuw60
アイドルマスターシンデレラガールズの二次創作です
今回はワンステップス、ヘレン、ライラ、小梅と食事するだけのお話

幽霊居酒屋閉店してたのをこのSS書く時に知りました…テレビであんだけ見たのになあ




佐久間まゆ「新年だって譲れません」渋谷凛「当たり前でしょ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1577976387/


2 : ◆5AkoLefT7E 2020/01/02(木) 23:47:27.53 ID:qm3eCark0

~1月1日:事務所前~


星輝子「うう……振袖の撮影……緊張する……」トコトコ

早坂美玲「コケないように気をつけろなッ!」トコトコ

輝子「ふ、不安だ……って、あれは……」

森久保乃々「……」トコトコ

美玲「あれ? おーい、ノノ!」ブンブン

乃々「あ……美玲ちゃんと輝子ちゃん……」

美玲「やっぱノノだったか! あけおめだぞッ」

乃々「明けましておめでとうございます……」

輝子「おめでとう……LINEでは言ったけど……こうして面と向かって言うのは……リア充っぽい……な……フヒ……」

美玲「やっぱり直接言ってこそだなッ」

輝子「で、でも、乃々ちゃん、元日はお仕事入ってなかったような……」

美玲「あ、そうだそうだッ! ウチとショーコは仕事があるから一緒に事務所に来たケド……」

乃々「い、いえ……やっぱりみなさんに新年のあいさつくらいは……と思いまして……それと……」

美玲「それと?」

乃々「い、いえ、なんでも……ないです……」

美玲「?」

乃々「と、とにかく、事務所に入りましょう……!」

美玲「お、おう……」

輝子「?」


~事務所~

ガチャ

美玲「あけおめーッ! って、うわ」

輝子「あけましておめで……わあ」

乃々「あ、明けまして……ひうっ!?」


渋谷凛「……」ギロッ

佐久間まゆ「……」ジーッ


美玲「し、新年からやってるのかッ!?」





【デレマス】由愛「コピー本」むつみ「完成」乃々「しました……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1577544988/

1 : ◆f1tFKtbZna.K 2019/12/28(土) 23:56:28.88 ID:aYdovtoDO
―男は少女を抱きながらささやく

モバP(以下P)「本音で言うと、お前とは離れたくない。だが、お前が言うとこのままだと二人共ダメになってしまう……」

早耶「Pさん……じゃあ…………行くんですね」グスッ

―少女の目から一雫落ちる。だが、それを懸命に堪えながら搾り出すように声を出す

早耶「早耶は……いえ、私は待ってます。そしてPさんと再び……」

早耶「それまで涙は見せません。もう弱虫な私は見せられませんから」

P「早耶っ!」

―少女の言葉を噛み締めるように聞いた男は、今生の別れと言わんばかりに抱きしめる

P「必ず……必ず戻ってくるから。そしたら……」

―そう言う男の口元を指で遮り

早耶「Pさん……」

―口付けを交わす

―それは今まで食べたスイーツより甘く、今まで服用した薬より苦く、そして心が篭った深く熱い口付けであった



―そして男女の影は一つになり、一夜が明けた

~~~~~~~~~~~~ホワンホワン




輝子「やってみたいことが、あるんだ…」美玲「何だ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1577509602/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/12/28(土) 14:06:42.73 ID:G9crktv10
輝子「乃々を5人集めて、スーパー森久保を、作ってみたいんだ…」

美玲「…は?」

輝子「スーパー森久保を作るのは、とても難しい…。でも、私なら、できると思う…」

美玲「…何言ってんだショーコ?」

美玲「ノノが5人ね…」

美玲「…見てみたいぞ!ノノが5人集まるんだもんな!」




南条光「スーパーロボット大戦@ しんでれらがあるず」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1430479392/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/05/01(金) 20:23:22.39 ID:gXs3LmWp0

……

新西暦187年

人類に逃げ場なし


恐竜帝国、妖魔帝国、メガノイド、ハルシュタイン軍

様々な人類の敵が出現し、世界は混迷の渦に落とされた。

しかしそんな計り知れぬ脅威に、敢然と立ち向かう者達がいた。


スーパーロボット。

自由と平和を守る、愛と正義の使者。

彼らの活躍により、多くの悪は滅び、人々は歓喜に沸き立った。


しかし……

その熾烈な戦いすらも、これから来たる真の絶望の

序章に過ぎなかった。


戦え、スーパーロボット達よ

この地球の明日のために







【モバマス】P「従妹が可愛くなってた」凛「恋敵の予感」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574415769/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/11/22(金) 18:42:49.74 ID:HGalRKc70
キャラ崩壊注意



P「この前親戚の集まりがあってさ。そこで久しぶりに従妹と再会したんだけど、めちゃくちゃ可愛くなってたんだよ。いやぁ、女の子の成長は早いよな」

凛(プロデューサーが他の女の子を褒めるなんて……恋敵の予感!けれど正妻の私はうろたえないよ)

凛「それで?その子はいつ事務所に来るの?」

P「ん?」

凛「どうせその子もアイドルにするつもりなんでしょ?」

凛(その従妹にも『アイドル恋愛禁止』の枷が付けば、私と条件は一緒。それならお嫁さんの私がヒロインレースに負けるわけはないもんね)

P「いや、スカウトするつもりはないけど」

凛「ん?」

P「確かに素質はあると思うけど……何かと引っ込み思案な子でさぁ。流石に嫌がってるのを無理矢理ってのは……」

凛「プロデューサーは……その子と仲良いの?」

P「あぁ、結構良いよ。子供の頃なんかはよく実家近くの森で遊んだなぁ」

凛「何かエピソードとかある?」

P「その子が森深くで迷子になっちゃって、一人で泣いてる所を俺が見つけてやったりしたっけ」

凛(フラグは十分……やばいッ!!!!)

凛「プロデューサー。今度親戚の集まりに私も連れてってよ。挨拶とかしておきたいしさ」

P「何だ凛。まるで俺のお嫁さんにでもなったかのような口ぶりだな?悪いがアイドルであるお前を親戚の集まりに連れていくわけには……」

凛「連 れ て っ て」

P「はい」




[ 2019/11/22 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
ページランキング