ヘッドライン

【モバマスSS】凛「乃々は渡さないよ」雪美「負けない……」

1 : ◆qTT9TbrQGQ 平成31年 04/20(土)04:26:15 ID:4B3
凛「むっ……」

雪美「むぅ……」

森久保「ふ、ふたりとも、もりくぼのために、あらそわないでぇ……」


ガチャ

P「おはようございm……この状況はなんだ?」

森久保「プロデューサーさん、おはようございます。えーとですね……それが、もりくぼも、なにがなんやらで……」




【モバマスSS】雪美「乃々と……プロデューサーの膝の上、シェア……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1555334853/

1 : ◆qTT9TbrQGQ 2019/04/15(月) 22:27:34.23 ID:dqhOU1v90
――事務所

雪美「プロデューサー……」ポスッ

P「雪美、膝の上に来るときはちゃんと言ってくれ」

雪美「膝の上……乗るね……」

P「膝の上に乗る前に言ってくれ」

森久保under机(今日も雪美さんは膝の上……居心地、いいんでしょうか……いいんでしょうね……)ジー

雪美「……………………」




モバP「拾った」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/31(木) 00:31:40.40 ID:IwmcKY4p0
ちひろ「何をですか?」

P「アイドル候補生ですよ!」

ちひろ「え、人間拾ったんですか?」

P「はいっ!」

ちひろ「そして、その方はどちらに?」

P「すぐそこにいますよ! ほら入れ!」

「嫌だっつってんだろうが!」

P「あーもう、仕方ないな……ちょっと待っててください」

ちひろ「は、はい……?」




森久保乃々「アルバイトの面接」


1 : ◆WdqAFCAR4Znc 2019/03/29(金)01:46:27 ID:j04


関連:
森久保乃々「ちょっとしたブーム」

2 : ◆WdqAFCAR4Znc 2019/03/29(金)01:49:11 ID:j04
森久保乃々




モバP「まゆのヤンデレを治す!」【前編】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1363363988/


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/16(土) 01:13:08.24 ID:tRSksxSDO
◆モバマスSSです。
◆キャラが崩壊するかもしれません。
◆思い付きでやったので書き溜めがないです。
◆コレジャナイ感が漂う可能性が有ります。生暖かい目で見守って下さい。




まゆ「楽しくお話♪」美玲「もりくぼカケル!」


1 :名無しさん@おーぷん 2019/02/14(木)03:18:22 ID:IIf

・「アイドルマスター シンデレラガールズ」のSSです
・描写について、複数のコンテンツの要素や独自の解釈を含むことがあります



佐久間まゆ「さぁ、今回も始まりました。机の下が舞台のトークバラエティ、『もりくぼカケル!』」

早坂美玲「不定期放送だからって、見逃しちゃダメなんだからなッ!」

まゆ「MCはお馴染み、あなたに愛を届けたい、佐久間まゆと」

美玲「あ、愛ッ!? えぇと、愛とかはよく分かんないケド……は、早坂美玲でお送りするぞッ!」

まゆ「うふふ。美玲ちゃん、可愛いですねぇ♪」




【モバマス】乃々「キレイな夢を見たんだ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1549899093/

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2019/02/12(火) 01:10:59.00 ID:kEcSo673O
キレイな夢を見たんだ
混ざりたくて今も奮闘中

 ──例えばそれは、出番を控えた舞台袖。
 ──例えばそれは、初めて出演する番組の収録前。
 ──例えばそれは、トレーナーさんにこっぴどく叱られた帰りの車内。

 そんな不安になった時、緊張した時、失敗した時…。私の頭の中では、いつもこのフレーズが流れます。

 力強いドラム。冴えるギター。キレのあるベース。そして、荒く温かいボーカル。
 弱気で、臆病で、逃げ腰な私とは似ても似つかないと、自分でも思います。

 ですけど。

 そんなもりくぼのイメージとはまるでかけ離れたこの歌は、“あの日”から私とPさんの背中を押してくれる、大切な応援歌となっているのです。


◇  ◆  ◇  ◆  ◇  ◆  ◇ 




[ 2019/02/12 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【デレマスSS】乃々「Pさんが」美優「私の」七海「赤ちゃんを抱いてるれす」

1 :名無しさん@おーぷん 2019/02/09(土)04:15:26 ID:6xj

https://i.imgur.com/RuZHSGD.jpg
https://i.imgur.com/BWTCBJQ.jpg
https://i.imgur.com/E5N8awJ.jpg

2 :名無しさん@おーぷん 2019/02/09(土)04:17:34 ID:oMF
この前の

【デレマスSS】乃々「どろぼうねこ…」梨沙「どっちが!」まゆ「うふふ…」


あと宜しければこちらを先に…

【デレマスSS】まゆ「Pさんのお家で」聖・柑奈・イヴ「宅焼」

3 :名無しさん@おーぷん 2019/02/09(土)04:18:26 ID:oMF


事務所にて


P「おう。みんなおはよう。…って美優さんの子供じゃないですよっ!?」

森久保乃々「えっ…。じゃあ…も、もりくぼ…いつの間にか一児の母に…」

P「なってないなってない」

三船美優「ふふ…よく眠ってる…。パパの腕の中で安心してるのかな…」

P「いやあの…」

美優「眠ってる時の目元はあなたによく似てると思いませんか? お口の形は私似…かしら?」

P「いや…誤解の上にとんでもない既成事実を上乗せするのはやめ」

浅利七海「Pの子れすか~?」

P「直球! いやしかし冷静な七海が今はありがたい。違うぞ。俺の子じゃない」




森久保「詩を投稿していたら事務所の皆さんに読まれていました」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1548423956/

1 : ◆qTT9TbrQGQ 2019/01/25(金) 22:45:56.77 ID:kvMA8kqV0
どうも、森久保乃々です。
現在、大きな悩みを抱えています。

少し前に、「詩を投稿していたら美玲ちゃんがファンになっていました」事件がありました。あ、事件の名前は、たった今つけました。
事の顛末は"美玲ちゃんが楽しそうで良かったです"で終わらせておきましょう。それ以上語ると、ねたばれぇ……


森久保「詩を投稿していたら美玲ちゃんがファンになっていました」


あの後、美玲ちゃんは、もりくぼの詩を色々な人に紹介していたみたいです。布教、というやつですね。
もちろん、もりくぼのものとは知らずに、です。

布教の成果は、出てしまったようです。

「凛さん、"小さな森のポエム帳"って、知ってますか?」

「それならもう全部読んだよ、まゆ。面白かった。蒼い風を感じたよ」

まゆさんと凛さんが、もりくぼのよく知っている詩について、ニコニコと話しています。
蒼い風ってなんですか。そんな鮮やかな色纏う波紋が飛び立ちそうな風、もりくぼの森には流れませんけど。

「うふ、蒼じゃなくて、緑の風ですよね?」

まゆさんが、もりくぼの心の声を代弁してくれました。




渋谷凛「連れていってほしい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1547822704/

1 : ◆WO7BVrJPw2 2019/01/18(金) 23:45:04.66 ID:pSLCOGdy0

――夏の終わりのある日・事務所

モバP(以下P)「なんだって?」

渋谷凛「もう一回言うよ。連れていってほしい場所があるんだ」

P「なんだ藪から棒に」

凛「訳は話すけど、ちょっと長くなる」

P「連れてけって、なんか遠い場所なのか」

凛「遠い……うん、そうだね、多分ちょっと遠い」

P「要領を得ないな」

凛「都内でも大丈夫だと思うんだけど」

P「それなら自分でいけるだろう」

凛「うーん、ちょっと難しいかな。あと、保護者も欲しい」

P「普通親御さんに頼まないか、そういうの」

凛「いや、いろいろ吟味した結果、プロデューサーが適役なんだ」

P「……よくわからん」クル

凛「あ、ちょっとこっち向いてよ」

P「こう見えても忙しいんだぞ。お前だってレッスンあるだろ」

凛「……」





ページランキング