ヘッドライン

【モバマス】モルフェウス・チルドレンの日常

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495346148/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 14:55:48.69 ID:klEFas/30
荒木比奈、二宮飛鳥、森久保乃々のユニット『モルフェウス・チルドレン』のお話


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/21(日) 14:58:28.70 ID:klEFas/30

乃々「うぅ……前のお仕事が押してしまって、ダンスレッスンに遅れてしまいました」


乃々「比奈さんと飛鳥さんはもう練習始めてるかな…」

乃々「運動神経の悪いダメ久保なので一番足を引っ張ってるのに遅刻なんて…今日はこのままレッスン行かなくても…」

乃々「でも二人に申し訳ないし、行かないと……レッスンルームの前まで来ちゃいましたし……」




星輝子「親友が無断欠勤?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493227241/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/27(木) 02:20:42.04 ID:LPxeR5DN0
事務所内ソファ
早坂美玲「そうなんだよ!ウチはちひろが働かせすぎたからって聞いてるぞッ!」


森久保乃々「あのPさんならありえなくはないんですけど…」


白坂小梅「ちひろさんは…どす黒いオーラ持ってるし…」


輿水幸子「あのプロデューサーさんが無断欠勤したなんて信じられませんしね」


輝子「でも…それってウワサなんだろ…?」


美玲「うぐっ、まぁそうだけど…」

幸子「嘘かもしれないし、本当かもしれませんよ?」

小梅「そ、そうだ……」

乃々「どうしたんですか、小梅さん…?」

小梅「私たちで…調べてみるのは、どう…?」





幸子「Sachiko.Coume.Protect」 小梅「SCP紹介ラジオ…!」 その7

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494076759/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/05/06(土) 22:19:19.68 ID:uTabnWRA0
注意:ホラーやキャラ崩壊の要素があるかもしれません


小梅「は、始まりました…SCP紹介ラジオ…第7回目、です…」


小梅「この番組は…SCP Foundationという創作サイトの中から、私…白坂小梅がSCPを紹介していく番組、です…そして…?」

幸子「カワイイボクこと、輿水幸子が小梅さんのお話を皆さんと一緒に聞く番組です!」


小梅「今日は、ゲストに来てもらってるよ…」

乃々「も、森久保乃々です…よろしくお願いします…」


幸子「の、乃々さん…なんでまたこんな番組に…」

乃々「プロデューサーさんに、次の仕事はラジオかトークショーかと、選択を迫られて…」

乃々「ラジオ番組なら…最悪、机の下でも収録ができるので…こっちにしたんですけど…」

小梅「自分で選んだなら、しょうがないよね…楽しんでいってね…」

乃々「ど、どういう意味ですか…!?小梅さんのお話を聴くだけの番組じゃないんですか…!?」

幸子「…怖くないSCPの紹介であることを祈りましょう…」

小梅「ふふっ…」





早坂美玲「これからは、ウチらのターンだ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493554124/

1 : ◆S6NKsUHavA 2017/04/30(日) 21:08:44.84 ID:D+4uS1fU0
第6回シンデレラガール総選挙の中間発表がありました。
それを受けて、今回名前の無かった早坂美玲を応援する意味で短編を書きました。

デレステのイベント「∀nswer」を下敷きにした、その後のお話です。





堀裕子「なんでも増えるーむ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1493287882/

1 : ◆i/Ay6sgovU 2017/04/27(木) 19:11:22.38 ID:nV3Ry2zy0

~事務所・廊下~


森久保乃々「……」トコトコ

星輝子「……あ」

輝子「乃々ちゃんじゃないか……フヒ」

乃々「あ、輝子ちゃん、こんにちは」

輝子「あれ、その花瓶と花……どうしたんだ?」

乃々「この前の撮影の時にいただいたんです……。せっかくだから事務所にも……と思いまして」

輝子「そ、そうなのか。うん、いいと……思うぞ。なんて名前なのかはわからないけど、ね」

乃々「実は私もわかってなくて……。赤くて綺麗だな……としか」

輝子「やっぱり、こ、こういうのは凛さんや夕美さんに聞くのがいいの……かな」

乃々「部屋にいたら聞いてみます……」

輝子「それがいい……」






【モバマス】乃々「催眠SSのはずでした」 真尋「催眠要素は無いけどね!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492780524/

1 : ◆t75xgIUKkY 2017/04/21(金) 22:15:24.45 ID:0abFgbyGo

乃々「てめーは乃々を怒らせたんですけどオオオオオオオオオオオオオオオオオオオォ!!!!!」ビリビリビリビリ



ほんわほんわほんわ


モバP(以下P表記? すごーい!)「……ってガチギレしながら筋肉でシャツをビリビリに破く乃々が見たい!」ばんばん!


まひろ「今日も病気だねっ! Pさん!」ガラガラ


P「どうすればいいのかな……晶葉に筋肉増強剤とか作って貰えばいいのかな」ずずー

まひろ「プロテインなら常備してるよPさんっ!」ジャラジャラジャラジャラ

P「はっはっは有能だなあまひろは。でもアイドルが常備するもんじゃ無いぞ?」なでなで

まひろ「何言ってるのPさん!? この世の問題は概ね筋肉によってなんとかなるんだよ!?」ピカー

P「うーん茜よりも論理的思考が出来ると本人は思ってる分タチが悪いなーまひろは」

まひろ「えへへっ、そんな褒めないでよもーっ!」シュッシュッ

P「褒めてないぞ筋肉メガネー。あと照れ隠しにパンチはやめような」パシッパシッ

まひろ「拳で語り合ったらマブダチだって拓海さんが言ってたよ!」シュッシュッ

P「うちの事務所、近距離パワー型のバーサーカー多過ぎないかなあ」パシッパシッ

まひろ「私のパンチを一発残らず受け止められるPさんもその系統だと思うよ!」シュシュシュシュシュシュ

P「この業界で生きて行くのに最低限のスキルだしなあ」シュパパパパパ





紗枝めし!【小早川紗枝とコロッケ編】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492349356/


2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/04/16(日) 22:37:28.98 ID:BUNrXUHl0
店員「ありがとうございました!また今後ともご贔屓によろしくお願いしますわ」

紗枝「はい、今後ともよろしゅうに~♪」

綺麗な店員はんやなぁ

紗枝「商店街来てぎょーさん買い過ぎたなぁ。おまけまでもろてしもて」

熱々のコロッケ・・・はむっ、サクッサクッ!

ほっくほくのお芋のお上品な甘さにひき肉の食感

揚げてあるのに軽ぅて食べやすいわぁ・・・サクッ

ん~♪お夕飯の前にこないなもん食べてどないしよ

せやけどこのふわ~っとしたええ香りがまた食欲を・・・はむっ




ライラ「見てください見てください」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492303763/

1 : ◆DSKMPfejbQ 2017/04/16(日) 09:49:24.26 ID:gVVXNK6L0
ライラさんがみんなとお話しするSSです。
短いと思うのでよかったらお目通しください。
それとよかったら第六回シンデレラガールズ総選挙にてライラさんに一票お願いいたします。


2 : ◆DSKMPfejbQ 2017/04/16(日) 09:50:29.13 ID:gVVXNK6L0

池袋晶葉「むぅ…」


ライラ「どうしましたかアキハさんー?」

晶葉「ん? ライラか…いや、ロボ作りに夢中になってたからか少し目が疲れただけだ」

ライラ「おー…アキハさん見てください見てください」

晶葉「?」

ライラ「なんとアイスがふたつありますです。でもライラさんは一度にふたつも食べたらおなかをくだすからダメなのです…」

晶葉「…そうだな。貴重な助手におなかをくだされたら困るから私がひとつもらおう」

ライラ「お茶もありますですよー」





モバP「輝子ー!乃々ー!」オーイオーイオイオイちひろ「ええ……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1490880612/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/03/30(木) 22:30:17.01 ID:1dYg9R6wo
注意
男性Pです
デレステイベントコミュネタバレあり






ちひろ「ただいま戻りましたー」

モバP(以下P)「うわあああああああああ!」ボロボロボロボロ

ちひろ(ええ……)ドンビキ

ちひろ「えーっと……Pさん、何を泣いているのですか?」

P「あっ、ち、びろざん、しょうこが……のの、が……ふっ、ぐうぅ、ヴうううぅぅ……!!!」ボロボロ

ちひろ「輝子ちゃんと乃々ちゃん……あっ、インディヴィジュアルズですか? この前のイベントは大成功でしたね! 三人の成長が感じられて、泣いちゃったんですか?」

P「ふぅ、ぐすっ、たじかに、成長したことはうれしいけど、そうじゃないんでずよぉ」ボロボロ

ちひろ「はあ、いったい、何があったんですか?」

P「うっ、実は――」ボロボロ





【モバマスSS】 凛「乃々を孕みたいんだけど」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491704895/

1 : ◆Q/Ox.g8wNA 2017/04/09(日) 11:28:15.51 ID:M+5QNWEYO
凛「プロデューサーはどう思う??」



モバP「………おう」

凛「おう、じゃなくて。意見が聞きたいんだけど」

モバP「意見と言われてもな……カウンセリング行く時間作るか??としか……」

凛(クソデカ溜息)「はぁーっ…プロデューサーまで奈緒や加蓮みたいな反応するんだね、困ったものだよ…」

モバP「俺としてはお前が、自分の友人が真っ当な感性を持ち合わせている事を理解してくれない事の方が困るんだけどな?」

モバP「……要するに、乃々みたいな子供を産みたいって事か?? それなら理解出来る」
モバP「いや、勝手に子作りされても困るんだけどな。アイドルだし」

凛「違う違う、それじゃあ乃々とは別人じゃない。相手も居ないし、そんなんじゃないよ」

凛「私は乃々本人を孕みたいの」





ページランキング