ヘッドライン

桜守歌織「元気モリモリ桜守ーっ♪」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1553779924/

1 : ◆AsngP.wJbI 2019/03/28(木) 22:32:05.51 ID:WqK3eqvFo
歌織「……なんちゃって…………ふふっ」



ガタッ

歌織「…………はっ!」

大神環「……かおり…………?」

歌織「環ちゃん!!??」





環「……みんなに教えなきゃ」ダッ

歌織「教えるって!!?? 待って! 環ちゃん!!」ダッ





【ミリマス】ミリP「23歳のキスマーク」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540652669/

1 : ◆SESAXlhwuI 2018/10/28(日) 00:04:30.11 ID:Sd3UEiJq0

ガチャリ

ミリP(以下、P) 「ただいまー」

百瀬莉緒(以下、莉緒) 「おかえり、プロデューサーくん♪」ニッコリ

P 「……なんで当たり前のように家にいるんだよ」

莉緒 「良いじゃないの、たまには♪」フフ

P 「昨日も泊まったと思うんだけどな……」

莉緒 「もう、細かい事は気にしないの!」

P 「まったく、調子良いんだから……」チラッ





【ミリマス】紬「歌織さんと2人っきりで気まずい」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1540082469/

1 : ◆X0TyCi.5oo 2018/10/21(日) 09:41:10.21 ID:c76q7egn0
############
  楽屋
############

紬(今日は歌織さんと歌番組にでます。それにしても緊張します……)


P「大丈夫か紬。顔が真っ青だけど」

紬「あなたには私が大丈夫そうにみえるのですか?」

P「おおっとすまん」

歌織「まぁまぁ。紬ちゃんも緊張しているから、キツく言ってしまうのよね」


紬「……申し訳ございません、いつもあなたには厳しくあたってしまって」

P「ははっかまわんよ。こうやって楽屋でいつも通りのやりとりをしてれば、緊張もほぐれるってもんだ。本番まではまだ時間もあるし、リラックスしていようぜ」




【ミリマス】超ケーキバイキング!~海里音高校vs帝花女学院 もう一つの闘い~

1 : ◆U2JymQTKKg 2018/09/18(火)23:43:16 ID:T1A
某超テニス漫画でやってた幕間のアレを超ビーチバレーでやってみたくなったので。

3 : ◆U2JymQTKKg 2018/09/18(火)23:45:48 ID:T1A
海美「ねぇ、お姉ちゃん、本当にいいの?」

紗代子「もちろん!あの帝女に勝ったんだからちゃんとお祝いしないとね」

恵美「へへっ、ありがと、センパイ!やったね、海美」

未来「あ、あの~……私も付いてきて良かったんですか?」

紗代子「もちろん!未来ちゃんがいたからこそ、今日まで超ビーチバレー部が続いたんだよ!」

恵美「そ!未来がいなかったら帝女と戦うこともできなかったってこと」

海美「隠れた勝利の立役者ってわけだね」

未来「で、でへへ~。なんだかそこまで言われると照れちゃいますね」

紗代子「照れなくていいよ。胸を張って!これからは3人で海里音高校を背負って立つんだから!」

未来「は……はい!」




【ミリマス】星梨花「あ、あの……プロデューサーさん……」モジモジ

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1534653966/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/08/19(日) 13:46:06.33 ID:rjYNqui70
P「どうした星梨花?」

星梨花「え、えっと……」

P「?」

星梨花「……よ」

P「よ?」






















星梨花「……よ、呼んだだけーっ!」エヘヘ

P「……は?」




美咲「なんとぉ! キスしないと出られない部屋ですよぉ♩」【ミリマスSS】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532396387/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2018/07/24(火) 10:39:47.38 ID:tkzt7nMdO
※キャラ崩壊注意


P「……え? なんですって?」

美咲「シアターに『キスしないと出られない部屋』が実装されました!」

P「……耳がおかしくなったかな」

美咲「音無先輩発案、社長さんのポケットマネーで実現しました! えへへぇ~」

P「いや他に金使うとこあるでしょ社長……ていうかまた小鳥さんは……」

美咲「これを機にアイドルのみんなの親愛度アップが図れそうですね!」

P「いや親愛度下がりますよこんなん……。俺は絶対入りませんから、青羽さんも気をつけて下さいね」

美咲「はーい。でも一応みんなにアナウンスしておきますね」

P「みんな普通に回避するだけだと思いますけど……」






P「風花と歌織さんにrelationsを歌ってほしい」【ミリマスSS】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530536549/

1 : ◆j0rAA45egQ 2018/07/02(月) 22:02:29.61 ID:CZYI9e8R0
※キャラ崩壊注意/ほぼプロデューサーが喋ってるだけ


P「莉緒。お前にわかるか、この気持ちが!」

莉緒「どうしたのよプロデューサー君、いきなり」


P「どうしたもなにもそのままだ。あの二人にrelationsを歌ってほしいんだよ!」

莉緒「relationsって言うと……美希ちゃんの持ち歌よね?」

P「ああそうだ。千早や律子とのデュオもあるな」

莉緒「……それを二人に歌ってほしいの?」

P「めっちゃ歌ってほしい」




【ミリマス】彼女はその手を繋ぎたい

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1528502925/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2018/06/09(土) 09:08:45.99 ID:92nMLp/t0
===

新参者のこの私が、765プロライブ劇場に
『お昼寝部』なる活動の存在があることを知ったのは、

歌を教え教わる先生と生徒の立場でありながらも、
同時に、アイドル仲間でもある環ちゃんとお話してた時。

「みんなで色んなトコ行って、遊んでから、眠るんだぞ!」

いつでも元気一杯の環ちゃんは、
その時も説明をしている間ずっと忙しなく体のどこかをぴょこぴょこさせて。

身振り手振りのその度に、彼女がたてがみのように括っている長い髪の束が、わさわさ。

三時のおやつにと用意されたケーキを食べるのと、
お話をすることの二つを同時にこなそうと無茶するから、

テーブルの上には口の中に入れ損なったスポンジなんかが、ぽろぽろ。




[ 2018/06/16 18:55 ] グリマスSS | TB(0) | CM(0)

【ミリマス】 アイドルのねぎらいかた

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529068360/

1 : ◆iS7ssyYWSI 2018/06/15(金) 22:12:41.24 ID:iIgS2iqk0
莉緒「ねえPくん、私たちに何の相談?」

P「この前、仕事を頑張った茜を撫でていた時に思ったんだ。人の頭を撫でることは難しいことだ、と」

風花「難しい?」

P「ああ。相手は人間。犬や猫とは勝手が違うし、わしゃわしゃ撫でたら髪型が崩れてしまい、それを嫌がる者もいるだろう」

P「どう撫でればいいのか、そう考えだすと『人の頭を撫でる』ことが難しく思えてしまってな……」

麗花「なるほど、Pさんは困っているんですね!」

千鶴「……訳が分かりませんわ」

あずさ「まあまあ、千鶴ちゃん、Pさんも困ってるみたいだし、ね?」

このみ「このメンツを揃えた理由は?」

P「なんとなく大人組なら相談相手として適任かなと。青羽さんも小鳥さんも忙しそうですし」

歌織「はあ」

P「というわけで、『撫でる』以外の方法でアイドルをねぎらうことについて意見を聞かせてください」




ページランキング