ヘッドライン

こずえ「みんなにいたずらするよー…」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1499689561/

1 : ◆VlC8r8Zzak 2017/07/10(月) 21:26:01.67 ID:5X6dKKfm0
モバマスSSです

こずえちゃんなりにいたずらを頑張ったそうです



2 : ◆VlC8r8Zzak 2017/07/10(月) 21:26:36.95 ID:5X6dKKfm0
こずえ「こずえはねー…しょうらいまおうさまになるのー…」


こずえ「だからみんなにいたずらしてー…わるいこになるのー…」

こずえ「わるいこになってー…まおうさまのだいいっぽだよー…」

こずえ「まずどうしよー…」




モバP「クールなアルバイター」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496159492/

2 : ◆eF6RWyN1IM 2017/05/31(水) 00:52:00.08 ID:TIjUaz8L0
モバP「この日の撮影……どうしても手が足りませんね」

ちひろ「ええっと、うーん……都合がつきそうな人は居ないですよね」


モバP「そうなると短期のバイトでも雇いますか」

ちひろ「そうですね。ある程度の力仕事になるのでそれで募集かけておきます!」

モバP「そうしましょう。それじゃあそろそろ帰りましょうか」

ちひろ「ですね。今日、一緒にご飯でもいきませんか?」

モバP「いやーすみません。しばらく友人が遊びに来てまして……」

ちひろ「あら、そうなんですか? それじゃあ無理ですねぇ」

モバP「ですね。申し訳ないです」

ちひろ「いえいえ」




モバP「アイドルはいいぞ!」桐野アヤ「ああ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495947449/

1 : ◆/2YZffw1UE 2017/05/28(日) 13:57:29.97 ID:IKvcL+ZkO
ランニングしてたらアイドルになった。

突拍子もない言い方だけど、アタシがどうしてアイドルになったのか、思い返せばそういうことだ。

「君、そういうの好きなのか?」

「ん?」

通りがかった家電屋さんの表のテレビで、アタシの好きなボクシングの試合をやってて。足を止めて観ているところだった。

ランニングで火照った体のまま試合に熱中していたアタシは、急に男の人に声をかけられたことに驚くより、そうそうアタシ格闘技好きなんだっいい試合だよな!アンタも好きかっ?くらいに思って、実際、そんな風に返した。

「ああ!アンタも好きなのか?」

「そっか。うん。好きだよ」

「そっか。へへ」

そのまま、こっちの選手は前の試合のケガに苦労してるみたいでさー、アタシは応援してるんだけどアンタはどっちを応援してるんだ?なんて続けようと、いや実際続けたのか、よく覚えていないけど、その男が、アタシの顔を見て頷いてから、こう言ったのはよく覚えてる。

「じゃあ、君もなってみないか。アイドル」

「は?」

しばらく固まったあと、アタシが観ていたテレビの横の、別のテレビから、アイドルの甘い歌声が耳に入った。

「アイドルはいいぞ」

「……。……、は、ああ?アイドル!?」

こうしてアタシはアイドルになってしまったのである。




フレデリカ「ふんふんふふわぁー♪」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495196077/

1 : ◆ganja..OLI 2017/05/19(金) 21:14:37.33 ID:APeuoKiN0
デレマスなんですよ
あいも変わらずふわふわと

2 : ◆ganja..OLI 2017/05/19(金) 21:17:19.96 ID:APeuoKiN0

フレデリカ「フンフンフフーン♪ おつかれー♪」ガチャ


こずえ「ふれでりかー……おつかれー……」


フレデリカ「わぉー、こずえちゃんおつかれおつかれ~♪」

こずえ「ふれでりかー……ふれでりかはなにしてたー……?」

フレデリカ「フレちゃんはねー、写真を撮ってもらったのだよ~」

こずえ「かわいいおふく……きたのー……?」

フレデリカ「今日はねーかわいーのじゃなくて、かっこいーのを着たんだよー」

こずえ「かっこいーのー……」

フレデリカ「かっこいーのー♪ 今日はキュートなフレちゃんはちょっとおやすみしてー、クールなフレデリカだったのだ~」




槙原志保「ブレンド」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488116408/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/26(日) 22:40:08.37 ID:T0tCVrJB0
志保「緊急会議を開きます!」


アヤ「なんだよ、太ったのか?」


志保「いの一番にそれを聞きますか!?」

伊吹「あ、それあたしも思った」


志保「違うんです! 今太ったことは問題じゃないんですよ!」

アヤ「太ったのかよ」

伊吹「あたしたちアイドルだよ? ダイエットしなくていいの?」

アヤ「アイドルなのに思いっきり肌を焼いてた奴に言われちゃおしまいだな」

伊吹「ねえそれあたしのこと!?」

アヤ「さあ?」





モバP「新しいぷちデレラ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1420374174/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 21:22:55.26 ID:9FbxgA3c0
前回の続きみたいな物です
モバP、美穂「ぷちデレラ?」

前回のあらすじ
ちひろさんが不思議なドリンクを作りました。そのドリンクを飲むとぷちデレラが誕生します。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/04(日) 21:24:09.52 ID:9FbxgA3c0
【新年】

ちひろ、P「あけましておめでとうございます」


P「そういえば、新しく仲間になるぷちはどの子なんですか?」


ちひろ「それは来てからのお楽しみです!」


ドア「アイドルさんの初出勤でやんす」


茄子「新年あけましておめでとうございます♪」
ぷち茄子『おめでとうございます♪』


P「あけましておめでとう。今年1年よろしく。ぷち茄子もこれからよろしくな」


茄子「『はい♪』」


P「あれ?茄子だけなんだ。ちひろさんならあと2、3人にドリンクを飲ませているのかと」


ちひろ「へっ?」


アイドル's「『新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします』」


P「…うん。よろしく!ちひろさん、ちょっとこちらへ」






槙原志保「プレゼントにはパフェ! じゃなくって……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1482661094/

1 : ◆ZPGxfNZwMg 2016/12/25(日) 19:18:15.06 ID:tHYu7hMUo
ーークリスマス前のある日


槙原志保「はぁ~……」


小松伊吹「どうしたの、いかにもーなため息しちゃって。レッスンキツかった?」


志保「そうじゃなくって……。二人とも、この後パフェ食べに行きません?」

桐野アヤ「いいのか? 志保、さっきトレーナーさんにも『たるんでるぞ』って言われてたろ」


伊吹「物理的にね」

志保「うぅっ! それを言われると……」

アヤ「な?」

志保「うぅぅ……。でも、駅前のお店で新作があるって言っててー……」

アヤ「前も三人で行ったろ」

志保「あそこに行ったのもうずっと前ですもん! あと、パフェを食べないと頭はたらかないですー……」

アヤ「パフェ限定かよ」





槙原志保「オーダーはアシスタントさん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1481753075/

2 : ◆ULuwYLs/ds 2016/12/15(木) 07:06:24.96 ID:tcOcmlYz0

事務所

prrrrr

prrrrr

モバP「……?」ガチャ

モバP『もしもし』

モバP『あ、ちひろさん。どうしました?』

モバP『風邪ですか!? はい、こっちは大丈夫ですよ』

モバP『いえいえ今日はたいした仕事もありませんし』

モバP『気にしないでください、はい。どうかご自愛してください』ガチャ

モバP「……」

モバP(今日のちひろさんの仕事は……っと、書類整理だけか)

モバP「これぐらいなら俺でもできるな」




心「しゅがしゅがふわぁ、だぞ☆」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1479559817/


1 : ◆ganja..OLI 2016/11/19(土) 21:50:17.93 ID:yTQvycod0
デレマスなんですよ
しゅがふわな短いお話です

3 : ◆ganja..OLI 2016/11/19(土) 21:52:58.44 ID:yTQvycod0

心「おつかれっしたー……」ガチャ


こずえ「しんー……おつかれさまー……」


心「あ、こずえちゃん、お疲れ様☆ でもしゅがーはぁとって呼んで☆」

こずえ「なにしてたのー……?」

心「はぁとはダンスのレッスン終わったから、帰るだけ☆ こずえちゃんは何してたの?」

こずえ「おにんぎょうでねー……あそんでたのー……」

心「お、はぁとが一緒に遊んだげよっか」

こずえ「んー……えんりょするー……」

心「正直者だな☆ おい☆」

こずえ「それよりおはなしー……しんー……おはなししよー……しろー……」

心「おっけー♪ でもはぁとって呼んで☆ 呼べ☆」




亜季「きたえる、くつろぐ、話する」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1478345323/

1 : ◆ganja..OLI 2016/11/05(土) 20:28:44.07 ID:qvX5nDnL0
デレマスなんですよ
またまたまたまたぐらいでゆるっとお話するお話でございます

2 : ◆ganja..OLI 2016/11/05(土) 20:31:55.13 ID:qvX5nDnL0


ガチャッ


亜季「有香殿、おはようございます」


有香「あ、おはようございます!」


亜季「時子殿もおはようございます」

時子「……」


亜季「それにお疲れ様、でありましょうか」

時子「……」

亜季「それにしても時子殿をトレーニングルームで見るのは珍しい気がしますな……ダイエットですかな?」

時子「アァン?」ビュン

亜季「回し受けであります!」ガッ

有香「! 恐ろしく速い鞭さばき、私でなければ見逃してしまいます……!」

時子「この私が豚のように醜く肥えたようにでも見えると……?」

亜季「時子殿は変わらずお綺麗ですが、返事が無いのでつい冗談を」

時子「……減らず口は鞭を捌いた事に免じて見逃してあげるわ」

亜季「有香殿直伝の回し受けですからな!」

時子「チッ」ギロッ

有香「えっ? いや、えっ?!」

時子「余計なことを……あの子といい類は共を呼ぶのかしら」

有香「?」

時子「忘れなさい」




ページランキング