ヘッドライン

【モバマス】松山久美子「オナラソムリエのススメ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1483267727/

1 : ◆K1k1KYRick 2017/01/01(日) 19:48:47.90 ID:HrENejUoo
明けましておめでとうございます。
一応メインはマツクミさんですがアイドルがオナラをしますので注意です。



2 : ◆K1k1KYRick 2017/01/01(日) 19:49:27.13 ID:HrENejUoo
ぷぅ。

きらびやかなアイドルたちのたむろする346プロダクション事務所の一角で

何とも間の抜けた放屁音が鳴った。

屁主である松山久美子は表情を変える事なく、落ちた手鏡を拾い上げて机の上に戻した。

彼女の尻の向こうにはプロデューサーがいる。

しかし彼は久美子に対して眉をひそめる事なく作業を続けた。

「プロデューサー、今度のライブについてだけど……」

小室千奈美が反対側からプロデューサーに企画書を差し出す。

ここでは他のアイドルユニットとは違い、事務員すらも配置されていないため

プロデューサーと待機組のアイドルが事務員の仕事も兼ねている。

「ああ、これか」




モバP「大人ならば誰でも」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1478882144/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2016/11/12(土) 01:37:51.59 ID:/QnXmBJo0
 今日のバイトの上がりまであと5分。今出て行ったお客さんが最後。商品の詰まった棚の並ぶ、決して広くはない店内が、途端にもの寂しく感じられる。

 普通だったら早く時間が過ぎればいいと思うのだけれど、今日は、そうじゃなかった。

 今日もというべきか。

 あの常連さんが来ていないのだ。

 ある時期から、足が遠のいているのは、薄々察していた。

 宅配での注文は増えていたから、余計にいぶかしんだ。

 アイドルだったと知って、媒体を通じて彼女の声に姿に接するようになって、事情と符号した。


 僕のバイトしているこの店の紅茶は、高い――紅茶に限った話ではないけれど。

 とにかくこの、手のひら大の缶ひとつで、僕の2時間分の時給に相当する。

 それを来る人来る人、話のついでのように幾つも買ってゆく。

 定番と、お気に入りと、新作があったらとりあえずそれもという感覚で。

 紅茶ひとつとっても、住む次元の違いが如実に現れるんだなと痛感した。

 そう考えたら、僕みたいな学生バイトがおいそれと声をかけてよい相手じゃないのは明らかだった。

 僕自身は客単価の高い店でバイトしてるだけで、大層な家柄なんかないし。
  
 わきまえているつもりだった。

 問題は――向こうから、話しかけてきたこと。





モバP「三度目の正座」 巴・美波・留美「・・・」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1477819530/


1 : ◆Si5ECPaBLY 2016/10/30(日) 18:25:30.34 ID:SygrSGMz0


モバP(以下P)「そこに直れ」


巴「・・・」

杏「・・・」

美波「・・・」

留美「・・・」

紗枝「・・・」

加奈「・・・」

菜々「・・・」

千夏「・・・」

音葉「・・・」

千秋「・・・」

智絵里「・・・」

保奈美「・・・」

久美子「・・・」

李衣菜「・・・」

美由紀「・・・」

アナスタシア(以下アーニャ)「・・・」






相葉夕美「高峯のあの事件簿・毒花」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1475582733/


1 : ◆ty.IaxZULXr/ 2016/10/04(火) 21:05:34.17 ID:ofQLnKj40
あらすじ
行方がつかめない大学生を探して欲しい、という依頼が舞い込みました。その大学生は温室で遺体が見つかった事件の関係者のようで……。



前話
高峯のあ「高峯のあの事件簿・ユメの芸術」

あくまでサスペンスドラマです。
設定はドラマ内のものです。

それでは、投下して行きます。





【モバマスSS】つめきり

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460891114/

1 : ◆yz988L0kIg 2016/04/17(日) 20:05:14.93 ID:jEsO6OsCO
・佐城雪美ちゃんとペロとプロデューサーのお話です


2 : ◆yz988L0kIg 2016/04/17(日) 20:06:01.64 ID:jEsO6OsCO
事務所の一角で、一人の少女がソファでくつろいでいる。

正確には一人と一匹。

少女の右手には黒い爪切り。

その一匹の獣の毛もまた黒く。

「ペロ……つめ……伸びてる……」

彼女は黒猫を抱きかかえる。

黒猫は暴れない。

ネイルサロンの客のごとく、すっと手を出す。

パチン

パチン

パチン

右手が終わったら、左手。

彼女は黙って爪を切り、黒猫は黙って手を差し出す。




友紀「アハハハハハ」美羽(ユッキーさんが壊れた)

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1460036825/

1 : ◆saguDXyqCw 2016/04/07(木) 22:47:06.05 ID:ZA8fEiaM0

四月・上旬

美羽(うー、海外の長期ロケがあったから、事務所に来るの久しぶり)


美羽(みんなに会えるの、楽しみだなー)

時子「あら、美羽じゃない」


美羽「時子さん! お疲れ様です」

時子「海外ロケに行ってたんでしょ、御苦労さま」

美羽「そうなんですよ」ア、オミヤゲドーゾ

時子「ロケはどうだった?」アリガト

美羽「大変だったけど、楽しかったですよ! 色んな物も見れましたし。サボテンとかパンダとかライオンとかとか」

時子「どこへロケに行ったのよ、貴方?」

美羽「でも、あれですよね……楽しかったですけど、夜一人になったとき、なんだか寂しくなっちゃって……」

時子「……ふうん?」


美羽「そんなとき、時子さんもなりませんか……とーきこきょーを想う事が!」ドヤッ!



時子「黙りなさい」ペシンッ

美羽「痛いっ!」








古澤頼子「モナリザの微笑」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1447165805/


1 : ◆LhnLdWWANE 2015/11/10(火) 23:30:08.70 ID:PEhhksiqo
アイドルマスターシンデレラガールズのSSです。

当SSはアイドル名「ことわざ」でタイトルをつけているシリーズです。


以前のお話に戻る場合は SS wiki を通ってください。

前々回
藤原肇「一に養生二に薬」

前回
梅木音葉「好奇心は猫を殺す」

2 : ◆LhnLdWWANE 2015/11/10(火) 23:30:34.51 ID:PEhhksiqo

 ─ 前回のお話 ─


・NNN芸能の強襲。前川みく率いる「にゃん!にゃん!にゃん!」が攻めてきた

・Cuプロの協力(?)でなんとか防げた


3 : ◆LhnLdWWANE 2015/11/10(火) 23:33:16.82 ID:PEhhksiqo


 ─ ○○プロ・事務室 ─




時刻は9時ちょっと。少し日差しが強くなってきた時間。




松山久美子「おはようございまーす・・・って、ん?」




西川保奈美「はい、胃薬とお水」

モバP(以下P)「ありがとう・・・ごくっ、ごくっ・・・ふぅ」

保奈美「大丈夫?顔色悪いけど」

P「やらなきゃ・・・やらなきゃいけないんです。保奈美は気にしないで大丈夫だから」

保奈美「気にするなって方がムリよ」

P「ですよねー・・・うん」

P[頬を叩く]

P「いったぁっ!あ゛ぁ゛!おっけー!行ってくる!!」

保奈美「行ってらっしゃい」






モバP「アイドルにブライダルの仕事が」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1422337794/

1 : ◆H/.g2LSEoc 2015/01/27(火) 14:49:55.18 ID:34aA1zTd0
P「ブライダルの仕事を?」

「はい。最近、若者の結婚式離れが…」

P「確かにそうですね。だからアイドルを?」

「はい。人気アイドルをモデルにして少しでも」

P「ふむ」

「それに新郎は最近人気の○○に」

P「えっ?テレビや雑誌でよく見る○○さんを?」

「そうです。だからお願いできませんか?」

P「…アイドルに話してみますが、誰がいいですかね?」

「できれば小さい子にも興味をもってもらいたいので。そうですね10人ほど」

P「わかりました。こちらで聞いておきます」

「お願いします」




本田未央「サンセットノスタルジー」【モバマスSS】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441124811/

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 01:27:30.50 ID:7DpChFpM0



~未央の家~



本田未央「だからね、それ以来、私達がステージに立つ時には必ず食べ物の名前を掛け声にしてるんだー」



??「へー・・・すごいなー」


未央「えへへ、NGも仕事が少しずつ増えてきたし、これからもっともっと頑張らなきゃね!!」


??「・・・未央ちゃん、アイドル活動ってやっぱり楽しい?」


未央「え?・・・うん、いろいろあったけど、今すっごく楽しいよ!」


??「そっか・・・あ、そろそろ寝る時間だ」


未央「おっと、もうこんな時間だ・・・それじゃ、またお話しようねー」


??「うん・・・未央ちゃん、明日、楽しみにしててね」


未央「へ?明日何かあったっけ?」


??「えへへっ、それじゃ、お休みなさい」プツッ


未央「あ、ちょ、ちょっと・・・切れちゃった・・・」


未央「うーん・・・何だったんだろう・・・まあいいか、早く寝よ」






ページランキング