ヘッドライン

白菊ほたる「ずびねす、春の背伸び祭り」

1 : ◆cgcCmk1QIM 20/02/19(水)22:16:42 ID:9bM
○都内某所・事務所近くのカフェ

関裕美「はあ、おねえさんぽくなりたいなあ」

松尾千鶴「どうしたの、突然」

白菊ほたる「もう既に裕美ちゃんの姉力はかなりのものだと思うんですが」

岡崎泰葉「姉力って何」

ほたる「そう、あれは私が冷たい雨の中に駆け出してさまよっていたあの日……」

千鶴「あっこれ長くなる奴だ」

泰葉「ほたるちゃんは裕美ちゃん大好きだもんね」

ほたる「もちろんみんな大好きですけどね」

裕美「真剣なんだよ、もう」

千鶴「解ってる。裕美ちゃんはいつでも真面目だもんね」

泰葉「そしてちょくちょく真面目故に暴走する」

ほたる「乃々ちゃんと私と裕美ちゃん。3人でくすぐりあいをしたのは良い思い出です」

裕美「それ以上混ぜっ返すと『きっ』てしちゃうからね?」

千鶴「ごめんなさい」

ほたる「ごめんなさい」

泰葉「ごめんなさい……それで、どうしておねえさんぽくなりたいの」




【デレSS】素直じゃ言えない

1 : ◆wRCzQQeCqE 19/11/08(金)00:11:32 ID:TzR
・白菊ほたると松尾千鶴の百合(ちづほた)です。
・一部独自設定含みます。




P「ちーちゃん」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2014/02/22(土) 10:18:54 ID:5/H8sJG2
※書き溜めあり
※765・モバマスで同じプロダクションという設定

P「俺は決めた」

P「名前が「ち」で始まる子を、ちーちゃんって呼んでやるぞ!」

P「どんな反応が返ってくるか……ふふふ、楽しみだぜ!」




松尾千鶴「私、不器用なものですから。」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1375616470/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/04(日) 20:41:10.30 ID:JXSVh4cM0
P「千鶴ー。」

千鶴「なんですか?」

P「すまんがこの書類運んでくれないか?」

千鶴「....別に構いませんが。不器用なので上手く出来ないと思いますよ?」

P「失敗したとしてもそれは俺の責任だよ。」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



P「.....なぁ、千鶴。」

千鶴「はい。」

P「なんで書類が増えてるんだ?」

千鶴「普通に運んだだけですが。」

P「二枚が百枚ってどういうことだ....」


千鶴「私、不器用なものですから。」

P「不器用過ぎるだろ....」




[ 2019/08/23 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)

【モバマス】裕美「レンジで作る」ほたる「絶対に」泰葉「爆発する」千鶴「プリン」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560170204/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/06/10(月) 21:36:44.15 ID:LhFlcSVDO
裕美「じゃ……じゃあ、行きます」

三人「はい……」ゴクリ

ピッ

ヴィィィィィン









チュドーーーン

裕美「ふぇぇ……」

千鶴「な、何でですか!?」




白菊ほたる「クチクラをみなぎらせたいです」

1 : ◆cgcCmk1QIM 19/05/21(火)20:38:09 ID:eau
【5月15日夜/女子寮・岡崎泰葉の部屋】

(谷底試聴中)

ほたる「ステキな曲でした……!」

泰葉「ステキな曲だったね。13歳のアイドルのデビュー曲としては重たすぎないかとも思うけど」

ほたる「でも、なんていうか、共感できてしまって」

泰葉「解る」

ほたる「私もこの歌の花のように、クチクラをみなぎらせてあるがままの自分で頑張っていきたい……!」

泰葉「うんうん――ところでクチクラってなに?」

ほたる「……なんでしょう?」




【モバマス】やすはとちづる


1 :名無しさん@おーぷん 2019/02/27(水)18:36:47 ID:RNH

【事務所~GBNSの部屋】

泰葉「......暇だね」

千鶴「だね」

泰葉「私達二人ってのも久しぶりだね」

千鶴「うん」

泰葉「...最近何かあった?」

千鶴「...あんまりないかな」

泰葉「そっかー...」

千鶴「うん」




[ 2019/02/27 20:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)

【モバマスSS】周子「鍋の闇」

1 :名無しさん@おーぷん 2019/01/08(火)23:17:01 ID:rJ6

【GBNS部屋inこたつ】

周子「......」

泰葉「.........」

ほたる「.........」ホタホタ

千鶴「.........」

周子「...あのさ」

泰葉「はい」

周子「あたしは泰葉に今から鍋しない?って言われて来たんだよね」

泰葉「そうですね。お誘いさせていただきました」

千鶴「周子さん、来てくれてありがとうございます」

周子「それはありがたいけどさ...なんで泰葉と千鶴ちゃんは押し黙ってるの?」

泰葉「それは...」

ほたる「皆さん、ついに始まりましたよ...闇鍋大会が!」

泰葉「こういうことなんです...」

周子「帰りたいーん...」




モバP「デコっ可愛がり」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373130583/

1 : ◆Pss0m75fis 2013/07/07(日) 02:09:43.64 ID:tkurwOIho

case1.松尾千鶴



モバP「千鶴たそ~」

千鶴「止めてください......恥ずかしいじゃない、嫌じゃないけど」

モバP「千鶴は可愛いなぁ!」ナデナデ

千鶴「何で撫でるんですか......手、暖かくて気持ちいいかも」

モバP「手が暖かいと心は冷たいらしいけどな」ナデナデ

千鶴「少なくともあなたは例外です、ハッ!」

モバP「(・∀・)ニヤニヤ」

千鶴「全部、聞いてたのね」カァァ

モバP「独り言ならもう少しエレガントにすべきだな」ナデナデ

千鶴「前言撤回、あなたやっぱり意地悪です///」




ページランキング