ヘッドライン

モバP「アイドルの趣味に付き合う」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/04(金) 21:16:04.58 ID:tq+eoXFh0
P「さて、事務所所属のアイドル達との付き合いも長くなってきた」

P「とはいえまだ分からないことも多い。男と女、って決定的な違いもあるしな」

P「という訳でよりアイドルを知る為に、アイドルの趣味を俺も体験してみることにした」

P「さて、まずは」


渋谷凛「あ、いらっしゃいプロデューサー」


P(凛から)




【モバマス】PP「あんまゆどもえを」ルキトレ「プロデュース!!」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 20:44:12.09 ID:Cb2EVAQv0
前回の続きです

前スレ
社長「うちでプロデューサをやってくれないかね?」モバP「」 -


あらすじ

Pである赤羽根が主力アイドルを引き抜いて移籍した上に 他のアイドルも脱退してしまい 
倒産寸前にまで追い込まれたモバイルプロダクション

モバプロの社長はこの危機に旧知の知り合いであるパッションプロデューサー(略PP)を新たなPとして雇い入れる

PPは再建計画として赤羽根に捨てられ引き篭もっていた3人のアイドル 村上巴 双葉杏 佐久間まゆを引き戻して
彼女たちのプロデュースが始まる




【モバマス】社長「うちでプロデューサをやってくれないかね?」モバP「」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 21:02:14.43 ID:abx7KZVI0
喫茶店


社長「すまないね オフの日に呼び出したりして」

モバP「いえいえ 社長には昔お世話様になったんで パフェそろそろ持ってきてくださーい!!」

社長「実は君に頼み……というか相談があってね」

モバP「ふぁいふぁい」モシャモシャ

社長「私がアイドル事務所をやっているのは知っていると思うんだが」

モバP「あんまり名前聞きませんけどね」

社長「今までプロデューサー1人でアイドルを20人ぐらい掛け持ちしてもらっていたからね」

モバP「ブラックですね」

社長「そのプロデューサーがアイドルを連れて余所に移籍してしまった」

モバP「自業自得ですどうもありがとうございました パフェまだですかー!?」




紗枝「プロデューサーはん?楽しかったどすか?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1373550118/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/11(木) 22:41:59.10 ID:qBvuvxUNo

紗枝「昨日はみりあはんとぎょうさん楽しんだみたいどすな…」

紗枝「嘘はいけまへん」

紗枝「見とったもの…」

紗枝「写真でも見ます?音声でもええどすけど…」

紗枝「…?…大したことはしとりまへん」

紗枝「それより、うちはどうなるん?」

紗枝「プロデューサーはん?」

紗枝「うちを捨てるん?」

紗枝「…」

紗枝「何がちゃうんどすか!!」

紗枝「いっぱいお付き合いしたやろ!!何がちゃうん!?」

紗枝「…で、どうするん?」





【モバマス】村上巴「炯々」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1540211986/

1 : ◆77.oQo7m9oqt 2018/10/22(月) 21:39:47.28 ID:99pKLtt90
独自設定あり。
よろしくおねがいします。

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします 2018/10/22(月) 21:44:18.94 ID:99pKLtt90

 ホコリを被っていた小学校の卒業アルバムには、あまり思い出を詰めた覚えがない。〈旅立ち〉と金糸で刺繍された奢侈な装丁の表紙を開き、最初のページから順繰りにたどったが、なまじな懐古の念すらわたしの心中には立ち上ってこなかった。それはそうだ。なんせわたしがこの母校に在籍した期間は最後の一年だけに過ぎない。

 グラウンドの狭さも、サビが浮いた遊具の彩りも、盛況が伝わってきそうな数々のイベントを切り取った写真も、どこか他人事のように過ぎ去っていく。

 やがてたどりつく。唯一自分の記憶として自信を持てる〈六年二組〉のクラスページ。わたしが一年を過ごした場所。――彼女がいた場所。

 褪せたように見えてしまう古びた思い出の中に、ただ一枚のあなたの髪だけが鮮やかだった。




[ 2018/10/23 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)

デレジョジョ その3 前編【デレマス&ジョジョ】


2 :名無しさん@おーぷん 2018/09/17(月)15:54:49 ID:7YU

その1


??「さあ……行きましょう」


悠貴「は、はいっ!!」


??「次のステージに進む為に……」

??「必ず手に入れます……」ゴゴゴゴゴ


悠貴「……」ゴクリッ


??「ものすごい美容効果を発揮するという、伝説の……」



??「『スーパー化粧水』を……!」バァーン




モバP「イエーイ! 今日は俺の誕生日だぜ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527157363/

1 :1zumo ◆9LDA7uWN8A 2018/05/24(木) 19:22:43.66 ID:EMN0J96N0
以下P表記で行きます。
あと美波は俺の妹

2 :1zumo ◆9LDA7uWN8A 2018/05/24(木) 19:23:17.80 ID:EMN0J96N0
P「いやあ、俺もとうとう28歳かあ。本格的に三十路が見えてきたなあ」カチャカチャ

P「誰か祝ってくれないかなあ~。祝ってほしいなあ~」カチャカチャ

P「今日は卵の黄身が二つあった上に茶柱も立った。絶対にいいことあるよなあ」カチャカチャ

P「……ああ、誰か来ないっかなっと!」カチャカチャッターン

P「いよっし。書類仕事終わりっと」

早苗「おはよー!」

P「あ、早苗さん。おはようございます」

早苗「あら? なんか嬉しそうね。そんなにお姉さんに会いたかったの~?」

P「いえ、そういうわけではないんですけど」

早苗「はっきり言われるとむかつくわね」

P「ああいや、会いたくないわけでもないんですけど、嬉しいのが顔に出てたのは別の理由です」

早苗「へえ、いいことでもあったの?」

P「いいこと? いや、いいことがあったのではなくこれから起こるというか」




若林智香「みんな目玉焼きに何をかけるのかなっ☆」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1363853474/

1 : ◆hhWakiPNok 2013/03/21(木) 17:11:14.58 ID:1+49zCXL0
智香「ひゃっほーう☆ 突然だけど質問だよっ☆ みんな、目玉焼きには何をかけるのかなっ?」

島村卯月「えっと、私はお醤油だね」

P「まあ普通だな」

卯月「えへへ、ありがとうございます。オーソドックスですけど、やっぱり一番美味しく食べられると思うんですよね」

P(ありがとうございます?)

佐久間まゆ「まゆは、お塩をかけて食べますよぉ。卵本来の味がわかって、とっても美味しくないですかぁ」

P「まゆはシンプル派か。なるほど」

まゆ(Pさんには将来まゆが、朝食に美味しい愛情入りの目玉焼きを焼いてあげますからねぇ)

まゆ「うふ、うふふ、えへへ」

P「?」




村上巴「結婚雑誌…」

1 :名無しさん@おーぷん 2014/12/01(月)22:09:52 ID:sJS
「のう、何で事務所にこんなもん持ってきたんじゃ?」

俺が事務所に戻ってきた時、ソファに座っていた巴が俺の前にやってきてこう言ってきた。
恐らく和久井さん辺りだろうと思うが、そう怒るような事でもないだろうに。

「怒っとるわけじゃのうて、仮にもアイドルなんじゃけあかん、ということじゃ」

まあ、確かにそれをスタジオの控え室とかで落としてたりしたらマズイかもな。

「でもそれを本人に渡すのも何だか気が引けるから、元の所に置いとけよ」

「…元の所か、ほれ」

一息ついた後、バサッとその雑誌を俺のデスクに放り投げた。

「…え、俺?」

「元々そこに置いてあったんじゃ。お前の私物かと思ってのう」

男はこんなもん持ち歩かないよ。

「…ま、それはそれとしてじゃ。Pは結婚というものは考えとるんか?」

「え?」

ふいに巴が質問してくる。
13歳の疑問ではないだろうな。




[ 2018/03/20 22:25 ] モバマスSS | TB(0) | CM(0)
[タグ] モバマス 村上巴

【モバマス】クリスマスパーティー13's 2017X'masLive

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1514209540/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/12/25(月) 22:45:40.86 ID:bwh0KPIDO
巴「今日集まってもろぉたなぁ他でもない」


由愛「……」


ほたる「……」


巴「今年のクリスマスはウチらのライブじゃな」

ほたる「うん……頑張ろうね」

由愛「成功させようね……」

巴「心意気やよし。で、そのクリスマスライブじゃが、物販の話をせにゃあいけん」




ページランキング