ヘッドライン

【モバマス】みりあ「わらび~も~ち!」薫「ほっかほか~」朋「ん?」

1 : ◆Vysj.4B9aySt 19/07/26(金)20:25:40 ID:Zxw
ミーンミーン

ミミミーン

朋「暑いね……」

雪菜「事務所はクーラーが聞いてるけど、撮影する時とかライトが熱いですからねぇ……」

海「まったく……二人ともそんなんでは、今年の夏を乗り越えられないよ!」



朋「あ、オカ……海ちゃん、お昼は青葉丼で」

雪菜「あ、私もぉ」

海「誰がオカンか!!」





朋「どっかのワイドで自爆してなかった?」

海「それはそれ」




【モバマス】海「暑い夏には」薫「苺入りのおにぎりー!」朋・雪菜「えー」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1532093380/

1 : ◆K7qLUv4H.Lbp 2018/07/20(金) 22:29:40.69 ID:Y//51HwDO
ナレーター『それは先日の「瑞樹のイチオシ」の撮影中のことでした』

スタッフA『30分休憩入りまーす』

スタッフB『お疲れー』

スタッフC『いやぁ、暑いっス』

瑞樹『みんな!お疲れ様!デザート代わりに、うさぎ亭の冷たいプリンを持ってきたわ。よかったらどうぞ』

スタッフA『わー』

スタッフB『川島さんのお勧めかぁ……楽しみだなぁ』

ナレーター『そんな中、川島さんは別のものを取り出していた』

スタッフC『あれ?川島さんはプリンじゃなくてシュークリームなんですか?』

瑞樹『これ?うん、焼きシューよ。さすがに人数分はなかったからね』

『それに……これは19年前、私の…私たちの知り合いの女の子。どこにでもいた普通の女の子が好きだったものなの』

『でもその子はある日、突然、自らの命を……』

『だから命日ってわけじゃないけど、みんなで今日は食べようねって約束してるのよ』

パクッ

『……ん、おいしい』

スタッフA『川島さん……』

スタッフB『ぐすっ……』




杉坂海「ほたるがライバル?」水木聖來「うん」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527261885/

1 : ◆8rI.G6zKUs 2018/05/26(土) 00:24:45.36 ID:QlKbucxDO
聖來「あ、海ちゃーん! 先週プロデューサーさんとほたるちゃんと一緒にドッグラン行ったときの写真、持ってきたよー!」

海「あぁ、この前言ってたやつ? 見せて見せて。 ……おー、いい表情だね、二人もわんこも!」

聖來「ありがと! 広くって思いっきり走り回れるし、アスレチックとかもあって楽しかったよ!今度海ちゃんも一緒に行こうよ!」

海「いいね、楽しみにしてるよ。それにしても、改めて言うのもなんだけどさ、聖來さんとほたるってタイプも違うし歳も離れてるだろ? あんまりイメージ結び付かないから仲が良いのって最初は少し意外だったよ」

聖來「そう? ユニット組む前からほたるちゃんとはよく一緒にレッスンしたりわんこの散歩したりしてたよ」




白菊ほたる「幸せの白いふわふわ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515918559/

2 : ◆8rI.G6zKUs 2018/01/14(日) 17:30:59.46 ID:31Gu9RNoO
フレデリカ「うーん? いないなー、どこかなー? ここかな? あープリン発見!」


ガチャ

ほたる「おはようございます」


フレデリカ「ほたるちゃん! おはぼんじゅーる〜♪ わーお、その帽子可愛いねー、新しいやつ?」

ほたる「いえ、前から使ってるものですけど……ありがとうございます」

フレデリカ「あれー、そうだっけ? ねぇねぇところでほたるちゃん今から予定ある? 一緒に探すの手伝ってくれない?」

ほたる「探し物ですか……? いいですよ、何を探してるんですか?」

フレデリカ「えっとねー、白くてフワフワで幸せになるやつ! なんて言ったっけなー、ソフラン?」

ほたる「柔軟剤……?」




藤居朋「占い師探偵!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515500359/

1 : ◆ty.IaxZULXr/ 2018/01/09(火) 21:19:19.33 ID:l08Tn8jb0
あらすじ
遺体の第一発見者だからって、あたしのことを疑うなんてひどい刑事だわ。なら、自分で解決しちゃおうかしら、それがいいわね。名付けて、占い師探偵藤居朋!


そんなサスペンスドラマにアイドル達が出演するようです。
設定は全てドラマ内のものであり、現実のものとは関係ありません。

それでは、投下していきます。





【モバマス】血を吐きながら続ける悲しいパン食い競争

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1507911173/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/14(土) 01:12:53.22 ID:2tyTYMvDO
P「パン飽きた」

海「あと少しで折り返しだからさ、もうちょい頑張って、ホラ」


P「やだやだ! パンをドリンクで流し込むの飽きた! ママァたまには違うもの食べようよぉ!」

海「仕方ないだろ、ルールなんだから」




杉坂海「シャナナ」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500486514/

1 :墓堀人 ◆2C5kzhFqI. 2017/07/20(木) 02:48:34.58 ID:RWzCqF9B0
P「Zzz…」



ガチャリ



P「Zzz…」



カチャカチャ




P「Zzz…」



ゴソゴソ




P「Zz………ん?」

P「(あれ…?何か物音が…台所からか…?)」

P「(ああ、そっか俺今実家に帰ってきて……ねえよな。ここの俺のアパートだし…)」



ガタッ



P「(え、何これ怖い)」




朋「今日はそばを離れないからね!」【SS】

1 :◆6QdCQg5S.DlH 2017/07/01(土)23:30:11 ID:sj1
海「おはようございます……っと」


モバP「おはよう」

海「プロデューサー。おは――」

朋「あ、海ちゃんおっはよー」


海「――」

モバP「……あれ、海?」

朋「どしたの、固まっちゃって?」

海「――どうしたの、はこっちのセリフだよ」

海「なにしてるんだい、二人とも?」

海「……朋をおぶってさ」




モバP「アイドルはいいぞ!」桐野アヤ「ああ?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495947449/

1 : ◆/2YZffw1UE 2017/05/28(日) 13:57:29.97 ID:IKvcL+ZkO
ランニングしてたらアイドルになった。

突拍子もない言い方だけど、アタシがどうしてアイドルになったのか、思い返せばそういうことだ。

「君、そういうの好きなのか?」

「ん?」

通りがかった家電屋さんの表のテレビで、アタシの好きなボクシングの試合をやってて。足を止めて観ているところだった。

ランニングで火照った体のまま試合に熱中していたアタシは、急に男の人に声をかけられたことに驚くより、そうそうアタシ格闘技好きなんだっいい試合だよな!アンタも好きかっ?くらいに思って、実際、そんな風に返した。

「ああ!アンタも好きなのか?」

「そっか。うん。好きだよ」

「そっか。へへ」

そのまま、こっちの選手は前の試合のケガに苦労してるみたいでさー、アタシは応援してるんだけどアンタはどっちを応援してるんだ?なんて続けようと、いや実際続けたのか、よく覚えていないけど、その男が、アタシの顔を見て頷いてから、こう言ったのはよく覚えてる。

「じゃあ、君もなってみないか。アイドル」

「は?」

しばらく固まったあと、アタシが観ていたテレビの横の、別のテレビから、アイドルの甘い歌声が耳に入った。

「アイドルはいいぞ」

「……。……、は、ああ?アイドル!?」

こうしてアタシはアイドルになってしまったのである。




モバP「海のいる部屋」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473486002/

1 :sage 2016/09/10(土) 14:40:03.15 ID:62dShHzp0
のんびりと書いていきます

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/10(土) 14:42:02.90 ID:62dShHzp0
---山口県 杉坂家の一室---



ガラッ



海「あー、やっと着いたー♪」


P「よいしょっと...はぁ...」

海「Pさんはこの部屋使っていいからね...って、どうしたの?」

P「いやなに...その...」

海「ふふっ♪なぁに?もう疲れちゃった?」

P「す、少しな...海はタフだなぁ...」

海「Pさんが弱すぎなんだよ」

P「お、俺ももう若くないのかな...」

海「なーに言ってんの!まだまだでしょ♪」バシッ!

P「あいててっ...」

海「この部屋はね、海が見えるんだよ、ほら」

P「おー、本当だ...綺麗に見えるなぁ」

海「でしょ?まあ、とりあえず荷物置いてゆっくりしてなよ、ごはん出来たら呼ぶから」

P「ああ、でも悪いな、休みもっと取れればよかったんだけど5日しか取れなくて」

海「まあしょうがないよ、忙しいんだし、休み取れただけでも良しとしなきゃ」

P「それに...海の帰省についてきたばかりか実家にまで泊めてもらって...」

海「いいんだって、ていうか元々はウチが誘ったんだからさ、それに弟たちだってPさんと会いたがってたんだし」

P「そうか...」

海「そうそう、なにもないとこだけどゆっくりしてってよ」

P「そうだな、じゃあそうさせてもらうよ」

海「あ、あとウチの部屋は隣だからなにかあった時は呼んでね?」

P「ああ、わかったよ」

海「へへっ、じゃ後でね♪」







[ 2016/09/11 11:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(1)
[タグ] モバマス 杉坂海
ページランキング