ヘッドライン

モバP「プロダクションを建ててフェスへ行こう」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/14(月) 15:03:34.50 ID:FOy3BUpC0
P(アイドルのプロデュースに夢見てプロダクションを建てて約半年……。)

P(所属アイドルが佐城雪美、小早川紗枝、浜口あやめ、喜多見柚、桃井あずき、望月聖の6名…。)

ちひろ「………」カタカタ

P(…………)

ちひろ「Pさん、メール来てますよ。」

P「えっ!あ、ありがとう確認するよ。」

P(もしかして……。)カチカチ

『 モバイルプロダクションの皆様

  プロダクションマッチフェスティバル本戦のご案内
  お世話になっておりますフェス運営事務局です。
  (中略)
  それでは、当日お待ちしております。

                      フェス運営事務局』

P「………………」




モバP「>>2と>>3でss……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 20:05:10.89 ID:ES+vCZGZ0
いい加減前回、前々回とキャラかぶりしそうなんや~。

というわけで、今回はできるだけキャラ名なしのお題オンリーでお願いしたい。

それじゃ、お付き合い願うで~




モバP「まゆのヤンデレを治す!」【前編】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1363363988/


1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/03/16(土) 01:13:08.24 ID:tRSksxSDO
◆モバマスSSです。
◆キャラが崩壊するかもしれません。
◆思い付きでやったので書き溜めがないです。
◆コレジャナイ感が漂う可能性が有ります。生暖かい目で見守って下さい。




モバP「朝起きたら女になってた……」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1385652961/

1 :VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/11/29(金) 00:36:01.54 ID:85lbVXUBo
P「……ケホッ。なんか身体がだるい……頭クラクラする……」

ちひろ「大丈夫ですか?」

P「あぁ、はい。とりあえず事務仕事だけもう少しで終わるので……そうしたら休憩させてもらいますね……」

ちひろ「無理はしないでくださいね……はい」

P「はい?」

ちひろ「その仕事、私が済ませておきますから早めに帰って寝てください。今は大事な時期なんですから」

P「いや、これぐらい大したことじゃないですよ。それに仕事だって少ないわけじゃ……」

ちひろ「い い か ら! 私に任せておいてください。今度の大きなイベントに向けて張り切ってるのはわかりますけど……」

P「……すみません」

ちひろ「いつも頑張ってるPさんへのご褒美だと思っていただいても結構です。さぁ、私の気が変わらないうちにどうぞ」

P「それじゃあ、遠慮なく……帰りますね……」

ちひろ「はい、お疲れ様でした♪」

  ガチャッ  パタン




モバP「映画『戦え!マスターアツミン』……?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376998834/

1 : ◆.FkqD6/oh. 2013/08/20(火) 20:40:34.83 ID:sVmBkgy20
・モバマスSS
・棟方愛海メイン
・一部キャラ崩壊などあり


それでは、よろしくお願いします。

2 : ◆.FkqD6/oh. 2013/08/20(火) 20:45:46.41 ID:sVmBkgy20

P「俺のデスクの上に、一枚のDVDがある」


『戦え!マスターアツミン』


P「これは……」


『全てを揉み、全てを救え!』


P「このキャッチコピー……ギリギリアウトだな」


『すべての女性と出会い、揉むこと!?それがマスターアツミンの使命……。』


P「愛海がパッケージを飾ってる時点で嫌な予感しかしないが」


P「再生してみるか」





【モバマス】P「木場さんがイッテQに出演!?」

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/12(水) 04:19:46.38 ID:hclZ6l2J0
注意

・イッテQ見てない人でも読めるように書きましたが
わからないネタがあったらすいません

・木場Pのみなさんごめんなさい

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/12(水) 04:21:39.94 ID:hclZ6l2J0
立木文彦(以下、N)『12月某日、汐留、日本テレビ』

N『我々はある女性アイドルを呼び出した』

――――――――控室

バンッ!!

ディレクター(以下、D)「……あれ? いない?」

N『その時だった!』

がしっ!

木場「貴様ら何者だ?扉の向こうから邪悪な気配がプンプン臭っていたぞ」ギリギリ


D「いたいいたい!離してください!」

木場「言え!CIAか?NSAか?」

N『この女、今まで何に追われていたのだろうか?いきなりスタッフを締め上げている』




[ 2018/09/09 16:55 ] モバマスSS | TB(0) | CM(3)

池袋晶葉「なに、眼鏡の修理をしてほしいって?」


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/26(月) 04:54:05.61 ID:s/o3u4eS0
P「ああ、できないか?」

晶葉「……プロデューサー。私は発明家であって修理屋じゃないんだぞ」

P「それでも晶葉なら何とかできるだろ? 頼む! ほら、このとおりだ!!」

晶葉「とは言われてもね、君。これはさすがにプロでも修復不可能じゃないのか」

P「そこをなんとか!! 晶葉のことだ、タイムふろしきみたいな発明品もあるんだろ? それでちゃちゃっと……」

晶葉「あのね、プロデューサー。いくら万能な科学でも出来ることと出来ないことがあるんだよ。壊れた眼鏡を元に戻すなんて、非科学的な……」

P「……くっ、じゃ、じゃあ、眼鏡作ってくれよ!! それなら科学的だろ!!」

晶葉「なっ!? む、無茶言うな!! そういうのこそ私の管轄外だ! 眼鏡屋にでも任せてろ!!」

P「頼むよ、晶葉……これがないと仕事にならないんだって……なぁ、実はなんかあるんだろ? 一時的に視力の良くなる薬とか、度を自由に調整できる単眼鏡とかさ……」

晶葉「とは言われてもなぁ……んー……ん? ……待てよ、眼鏡……眼鏡か……」

P「……なにかあるのか?」

晶葉「ああ、少し、昔作った発明品で心当たりがあってな」

―――

晶葉「あった、あったぞプロデューサー! これだ!!」

P「おお、眼鏡!! ……と、なんだ、そのピンバッジ」




ページランキング