ヘッドライン

【デレマス時代劇】メアリー・コクラン「トゥルーレリジョン」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1496721334/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 12:55:35.29 ID:1yBFooTu0
第1作 【モバマス時代劇】本田未央「憎悪剣 辻車」
第2作 【モバマス時代劇】木村夏樹「美城剣法帖」_
第3作 【モバマス時代劇】一ノ瀬志希「及川藩御家騒動」
第4作 【モバマス時代劇】桐生つかさ「杉のれん」
第5作 【モバマス時代劇】ヘレン「エヴァーポップ ネヴァーダイ」

読み切り 
【デレマス時代劇】速水奏「狂愛剣 鬼蛭」
【デレマス時代劇】市原仁奈「友情剣 下弦の月」
【デレマス時代劇】池袋晶葉「活人剣 我者髑髏」 
【デレマス時代劇】塩見周子「おのろけ豆」
【デレマス時代劇】三村かな子「食い意地将軍」
【デレマス時代劇】二宮飛鳥「阿呆の一生」
【デレマス時代劇】緒方智絵里「三村様の通り道」
【デレマス時代劇】大原みちる「麦餅の母」
【デレマス時代劇】キャシー・グラハム「亜墨利加女」
【デレマス時代劇】メアリー・コクラン「トゥルーレリジョン」

2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 12:56:29.82 ID:1yBFooTu0
※ロリと綺麗な東郷さん。 別世界。

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/06/06(火) 12:57:10.83 ID:1yBFooTu0
メアリー・コクランは忠義を知らぬ。

それは彼女が異邦人だからではない。

そもそも人の情を知らないのだ。




鷺沢文香「アドリブで・・・桃太郎の劇の・・・」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494169833/


1 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:10:33.53 ID:JqKuIw0X0

鷺沢文香(ナレーター)『昔々、あるところにおじいさんとおばあさんがおりました』

文香『おじいさんは山へ柴刈—』


上条春菜(おじいさん)「竹製、木製の眼鏡フレーム・・・この世界観ならば追求せねばなりません! いざ!」ダッ


文香『・・・・・・山へ特性の眼鏡作りへ』

文香『おばあさんは川へ洗た—』


荒木比奈「大丈夫、大丈夫・・・出番まで、それまでだけちょっとだけ原稿を・・・締め切りヤバいっス・・・!」カキカキ カキカキカキ


文香『・・・・・・おばあさんはお家でお仕事に追われていました』

文香『そんな時、川上から大きな桃がどんぶらこ、どんぶらこと流れ去ってゆきました』

文香『お・わ・r—え? 続けるのですか?』



2 : ◆h8PchLJM6BH7 2017/05/08(月) 00:15:03.45 ID:JqKuIw0X0


鷺沢文香(19)


荒木比奈(20)


上条春菜(18)





【モバマスSS】 お題は星の数だけ 12夜目

市原仁奈「時子おねーさんと法子おねーさんがケンカしてるでごぜーます」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1492434478/

1 : ◆Si5ECPaBLY 2017/04/17(月) 22:07:59.23 ID:LXYGgBNh0


・モバマス・デレマス・デレステのSSです




4月17日 事務所

―――――――――――――――――
―――――――――――――
―――――――


時子「だから言ってるじゃない。これは貴方が折れれば済む話よ」


法子「こればっかりは、いくら時子さんとはいえ譲らないよっ! 先に時子さんが謝って!」


時子「ハッ! 家畜に謝るご主人がいると思ってるわけ?」

法子「うーっ! もう! 時子さんの分からず屋!」

時子「アァン? 分からず屋ですって? この私が?」

法子「そうだよ! 分からず時子さんだよ!」

時子「クックック……この私に対してその口の聞き方とは、随分えらくなったものねぇ?」

法子「ふんっ! 褒められたって前言撤回はしないんだからね!」

時子「褒めてないのだけど」

法子「このドーナツに誓って!!!」

時子「……少し怒気が下がってきたわね」






木場真奈美「カッコイイより」菊地真「カワイイを!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488973116/

1 : ◆Xz5sQ/W/66 2017/03/08(水) 20:38:36.82 ID:VC9IP/fR0
===

 彼女から相談を持ち掛けられた時、菊地真は思わずこう聞き返してしまった。

「カッコイイのに……困ってる?」

「そうだ。カッコイイことに困ってるんだ」

 真の対面に座る女性、木場真奈美がどうしたものかといった様子でため息をつく。

「実は先日、ある仕事を任された時のことなんだが。メンバーが私、美優、あいの三人でね」

「はい」

「それぞれメイドの恰好をして……確かプロデューサー君は、イメージビデオとか言ってたかな」

「イメージビデオですか? メイドさんの恰好で」

 真が訊くと、真奈美は「うむ」と頷いて。

「なんでも『必殺お仕置き人』とかいう漫画の宣伝らしい。個人的なことを言わせてもらえば、メイドは本来使用人だろう?
 なら、叱る側ではなく叱られる側だと思うのだが……」




神谷奈緒「なんで土下座してんの…?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488199109/

1 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/02/27(月) 21:38:30.18 ID:SXCBEPY30

金は命よりも重い・・・・!




2 : ◆U.8lOt6xMsuG 2017/02/27(月) 21:39:15.93 ID:SXCBEPY30

P「お願いします、お願いしますからお金をくださいお願いします」

奈緒「…」


P「返すんで、必ず返すんでお金をくださいお願いします」

比奈「…」


P「お願いします、一生のお願いですからお願いします」

比奈奈緒「「……」」





モバP「南条光が隣の席だった?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486710865/

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/10(金) 16:14:26.00 ID:IR24n+060
普段ならこれでもかと騒ぐ子らがおらず、珍しく静かな午後のひと時。
そこへ、これまた珍しく電話をかけてきた小関麗奈が開口一番そう言った。

何それ、自慢?

「んなワケないでしょ。いちいちこっちのこと気にしてきて、鬱陶しいったらないわよ」

「消しゴムのカバーは子供っぽいヒーロー物だし」

「ヒーローソングの鼻歌は聞こえてくるし」

「プリントの隅にヘッタクソな落書きしてるし」

「静かになったかと思えばヨダレ垂らして寝てるし」

ほんと、バカなんだからと呆れたようにため息をつく小関。

なんだよ、やっぱり自慢じゃないか。

「バカ」

あんたの仕込みじゃないでしょうね、とジロリとこちらを睨む。おお、こわいこわい。

期待に添えなくて悪いけど、俺はその辺はノータッチだ。





池袋晶葉「逆睹の衣」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1486117853/

3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/02/03(金) 19:37:41.69 ID:yevocZsvO


~晶葉のラボ~



晶葉「光、少し理科のお勉強をしよう


南条光「どうしたんだ突然?それより例の・・・」


晶葉「まあ、まずは聞いてくれ。話はそれからでも遅くはないはずだ」

光「博士がそう言うなら聞くけどさ」

晶葉「そうしてくれると助かる」

晶葉「では光よ、『質量保存の法則』は知っているな?」

光「ああ!それなら授業で習ったぞ!」

光「化学反応が起こって物が溶けたり別の物に変わっても、重さは変わらないってヤツだろ」

晶葉「その通りだ、きちんと授業を受けているようで安心したよ」


晶葉「ならば『エネルギー保存の法則』はどうだ?」


光「それは聞いたことないな」

晶葉「だが、名前から何となくは察せるだろう?」

光「さっきの『質量保存の法則』のエネルギー版ってこと?」

晶葉「Exactly、そうだな、例えば・・・」


晶葉「ここに文香が淹れてくれた紅茶がある」

晶葉「元々は暖かかったのだが、今は冷めてしまっている」

晶葉「さて、紅茶がかつて持っていた熱はどこに行ってしまったのだろうね?」

光「そりゃあ無くなっちゃったんじゃ・・・いや、違う、エネルギー保存の法則か!」

晶葉「そう、よく気付いた」




奈緒「今日で魔法少女ハートフルままゆも最終回かー」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1484149868/


1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/01/12(木) 00:51:08.49 ID:QT6dRbho0
――深夜、神谷家(奈緒の部屋)

奈緒「何だかんだ、まほまゆも今日で最終回か……視聴率1%台まで落ち込んだけど、よく打ち切りにならなかったな……」カチッ、カチッ

奈緒「さーて、ネットのまほまゆの人気投票、今日が発表だけどどうなった?」カチッ!



『みんな、たくさんの投票ありがとう! 特に人気だった上位3人からのコメントがあるよ!』


まゆ(闇)『まゆが1位……ですか? すっごく嬉しいです……これで、Pさんもまゆのことだけを見てくれますよね……そうですよね?』

まゆ(聖)『こんなにたくさんの人が……まゆを応援してくれたんですか? 2位なんて、まゆ……とっても嬉しいです。みなさんの平和のために、これからもまゆは頑張りますね』

ふじとも『わわっ!? あたしが3位なの? 2人のままゆと一緒なんて……でも、あたしとままゆは親友だからとっても嬉しいわ! みんな、応援ありがとう!』


『人気キャラクター上位3人のオリジナル壁紙のダウンロードはこちら!』



奈緒「うわぁ、たまげたなぁ……闇ままゆは投票締め切り直前まで圏外ランクだったのにこれはひどい……」

奈緒「しかし壁紙は気合入ってんな……ままゆ2人がふじともを抱っこしてるオリジナルイラストか。まさか運営は最初からイラストを用意していて、この結果にするつもりだったんじゃ……」

奈緒「最後の最後まで視聴者と深い溝を作っていく運営か……まあいいや、そろそろまほまゆも始まるし視聴に切り替えるか」


……
…………




ページランキング